2018年2回函館5日目

開催一覧
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒9だった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、1週目は雨の影響で時計が掛かっていたが、2週目・3週目はマイナス方向に数値が動いた。
 連続開催の最終週だったが、この開催の1・2週目と比較すれば雨の影響はほとんどなく、馬場は乾いて時計は出やすくなっていた。1回開催前半ほどの高速馬場ではないが、速い時計の出るレベル。連対馬の脚質を見ると、後方からの追い込みはなく、全体として前めにつけた馬が優勢だった。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒3だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、マイナス1秒台になった日はなかった。
 開催4日目までは良馬場の日はなかったが、高速馬場と言う程ではなかった。そして稍重だった4日目を含め、後半3日は水準に近いレベルだった。連対馬の脚質については、逃げ・先行馬が優勢で、土日10鞍中逃げ・先行馬が絡んでいないのは3鞍。


  タイム分析
 2018/07/21 (土)  芝=-1.0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1800 ニシノデイジー    牡2 未勝利 1:49.7 -0.6 --- +0.3 -0.9 C D 4.20
5R T1800 アドマイヤクィーン    牝3 未勝利 1:48.2 -1.2 --- -0.3 -0.9 C C 6.82
6R T1200 ベルダニューブ    牝3 未勝利 1:09.3 -0.6 --- ±0 -0.6 C D 8.92
7R T2000 ラテュロス    牝3 500万下・牝 2:02.6 +1.4 -1.1 +1.3 -1.0 SL D 6.80
9R T1200 コーラルリーフ    牝3 500万下 1:09.0 -0.4 --- +0.2 -0.6 C C 6.69
10R T2600 シャイニーゲール    牡4 横津岳特500 2:41.6 +0.3 -0.8 +0.8 -1.3 D C 5.14
11R T1200 ダノンスマッシュ    牡3 函館日刊1600 1:08.4 -0.2 --- +0.4 -0.6 D C 5.36
 2018/07/21 (土)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1700 エトワールドパリ    牝3 未勝利・牝 1:47.2 -0.4 --- ±0 -0.4 C D 7.63
3R D1000 ヒロノオリオン    牝3 未勝利 0:59.5 -0.4 --- -0.2 -0.2 C D 8.00
4R D1700 フィールドドウサン    牡3 未勝利 1:47.3 -0.3 --- +0.1 -0.4 C C 7.15
8R D1000 リガス    牡4 500万下 0:58.6 -0.6 -0.1 -0.5 -0.2 B C 8.11
12R D1700 ツクバクロオー    牡3 駒場特別1000 1:44.8 -0.8 --- -0.4 -0.4 B C 7.42

函館5R 3歳未勝利 注目
 2番人気トーセンフレールが離し気味に逃げて直線へ入る。2番手から残り200mで並びかけた1番人気アドマイヤクィーンが競り落として勝った。
1着 アドマイヤクィーン 
 勝ったアドマイヤクィーンだが、前走4ヶ月ぶりで函館に出走して勝ち馬には離されたものの、しぶとく2着。元々4着した新馬戦は2着・3着馬がその後2勝ずつを挙げるなど、レベルの高いレースだった。今回タイムランクCだが、完全タイム差はマイナス0秒3でBに近い。前につけて勝ちに行っての勝利だけに評価できる。上のクラスでもすぐに勝ち負けまでは行かないかもしれないが、かなりやれると思いますし、いずれは勝ち上がるのではないだろうか。
2着 トーセンフレール 
 2着トーセンフレールは思い切った逃げ作戦が功を奏した。ここ2戦惜しい競馬が続いていただけに、勝ちたかったと思うが次走も前々で運べば勝てるのではないだろうか。
函館7R 3歳上500万下・牝 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
函館8R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。断然の1番人気に支持されたリガスが3馬身差をつけて逃げ切った。リガスが好スタートから逃げて快勝した。2着には2番手を回ったデルマオフクロサン。3着はインを突いたニシノオリーブが入った。
 2着デルマオフクロサン以下は3馬身以上離されており、狙いは立たない。
1着 リガス 
 勝ったリガス、降級3戦目だったがここ2走は2番手を回って惜しい2着。先手を取って今回は危なげなく勝ち切った。ペース補正がマイナス0秒1入ったようにダート1000mとしては緩みのペースだったのも幸いしたと言えそう。これで3勝目を挙げて1000万下に上がるが、1000万下の1000mダートは番組も少ないですし、ペースも速い。かなりの激戦区。すぐに通用するのは難しいと言わざるを得ない。むしろ1200mの方が可能性があるかもしれない。
函館12R 駒場特別 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。4番人気ツクバクロオーが逃げると平均ペースに持ち込んで、2着に5馬身差つけて逃げ切った。後続には何もさせない素晴らしい逃げ切りだった。
1着 ツクバクロオー 
 勝ったツクバクロオーはこれでダート4戦3勝。前走500万下を6番人気で逃げ切っていて、これで連勝となった。前走はちょっとフロック視されていた面もあったと思われるが、今回の逃げ切りはもう完全に本物。これだけのレースができれば、上のクラスで通用しておかしくない。特に近親に活躍馬はいないが、母ミヤギバスターは1戦1勝新馬勝ちだけで引退している。この母の無念を晴らす馬がついに現れたというところだろうか。
2着 スペリオルシチー 
 2着以下は大きく離されてしまったが、今回は相手が悪かったと言える。2着スペリオルシチーは降級初戦でまだまだやれそう。
3着 サトノプライム 
 3着サトノプライムは1600万下で2着の実績があって、これが降級2戦目だった。いずれも次走は勝ち負けだろう。

  馬券Summary
前走、函館か札幌で1着だった馬を狙う
 北海道シリーズのダートの話だが、昇級戦の馬とか前走オープンで勝った馬が活躍している。やっぱり同じコースで走る事が多い、それから滞在競馬で好調な馬が調子を持続しやすいという事が影響しているんじゃないかと思われる。そこで、札幌ダートの狙い方、今週から始まりますので前走函館か札幌で1着だった馬を狙ってみたいと。この方式で昨年の札幌競馬を全部調べてみた。
前走、函館か札幌で1着だった馬を狙う
結果30頭が出走して、4勝2着4回3着4回4着以下18回。勝率も連対率も良くて、複勝率なんか40%ある。単勝回収率も203%、複勝回収率89%となかなかの結果を残していますので、これ、ほとんど全部昇級戦な訳ですから、こんなに好成績なのはちょっとビックリだと思うので、是非試していただきたいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26