2018年1回函館4日目

開催一覧
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒5だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、マイナス1秒6かマイナス1秒5でほとんど変わりが無い。
 週半ば、土曜の夜にも雨は降ったが、その影響はほとんどなくて、速い時計の出るコンディションで安定している。勝ち馬の脚質については、目立った偏りはないが、連対馬という事では差し馬が優勢だった。なお、今週で1回開催は終わるが、来週まではこのままAコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、マイナス0秒2かマイナス0秒1でほとんど変わりは無い。
 水準に近いレベルで、時計の出方はほとんど同じ。差し馬がダメという事はないが、前めにつけた馬、内を回った馬が優勢だった。


  タイム分析
 2018/06/24 (日)  芝=-1.5  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 イイゾ    牝3 未勝利・牝 1:09.1 -0.8 --- +0.1 -0.9 C D 7.53
4R T1200 ニシノオトコマサリ    牝3 未勝利 1:09.2 -0.7 --- +0.2 -0.9 C D 8.83
5R T1200 アスターペガサス    牡2 新馬 1:10.0 -0.7 --- +0.2 -0.9 C C 5.00
6R T2000 アスタービーナス    牝3 未勝利 2:00.6 -1.6 -0.5 -0.6 -1.5 B D 6.62
8R T1200 アポロリュウセイ    牡5 500万下 1:08.8 -0.6 --- +0.3 -0.9 D D 9.07
10R T1800 プレイヤーサムソン    牡5 奥尻特別500 1:48.5 ±0 -0.7 +0.7 -1.4 D D 6.00
11R T1200 クリーンファンキー    牝5 UHBH1000 1:08.1 -0.9 --- ±0 -0.9 C D 8.33
 2018/06/24 (日)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1000 ペイシャディア    牝3 未勝利 0:59.9 ±0 --- +0.1 -0.1 C D 9.00
3R D1700 サンローレンス    牝3 未勝利 1:48.0 +0.4 --- +0.5 -0.1 D D 6.80
7R D1700 フリーフリッカー    牡4 500万下 1:46.7 +0.3 --- +0.4 -0.1 D D 7.22
9R D1700 リアンヴェリテ    牡4 500万下 1:44.9 -1.5 --- -1.4 -0.1 A D 5.33
12R D1700 ウェスタールンド    セ6 津軽海峡1000 1:45.0 -0.6 --- -0.5 -0.1 B C 7.15

函館5R 2歳新馬 注目
 勝ったアスターペガサスを取り上げる。
1着 アスターペガサス 
 外国産馬で、父は今年死んだGiant's Causeway。タイムランク・メンバーランクともCになるが、このレースは35秒0+35秒0=1分10秒0という前後半の600mが全く同じラップになっている。この流れを好位から抜け出した勝ち方は非常に良くて、どんなレースでもできる可能性を示唆している。2馬身半差の着差からもタイム以上の評価をしておきたい。
函館6R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。5戦続けて馬券圏内に入っていたアスタービーナスが、今回は断然の支持に応えた。
1着 アスタービーナス 
 アスタービーナスはペース補正0秒5が入ってBランクとなったが、着差以上に強い勝利だった。輸送競馬では390キロ台の体重になってしまうきゃしゃな牝馬ですから、いかにも滞在競馬向き。昇級すると減量騎手起用も1つの手だと思う。
2着 オテンバキッズ 
 2着のオテンバキッズはよく詰め寄っている。あの位置から上がり600m最速を使えたのは収穫だと思う。こちらも滞在競馬の上乗せ分があったのではないだろうか。
3着 インペリオーソ 
 3着のインペリオーソ、12番人気でノーマークの逃げになった。ペース補正が入っているように緩やかなペースでしたから、展開利があったと考えている。
函館9R 3歳上500万下 タイムA
 基準より1秒4速い勝ちタイムだった。リアンヴェリテが最内枠から先手を取って直線に入った。2番手にいたライジングドラゴンは着いていく事ができず、変わって内からフォルツァエフ、外からアポロリベリオンが上がって来るが、リアンヴェリテが2秒3もの差をつけて逃げ切った。2着争いではアポロリベリオンが先着している。
1着 リアンヴェリテ 
 リアンヴェリテが降級して圧勝した。リアンヴェリテ、降級馬だが、500万下勝ちは笠松の交流競走で、2桁着順が過去に5回もあるムラ馬。今回はハナを切って、気の悪さを出さなかったが、嫌気をさすと止めてしまうので、非常に取り扱いが難しい。Aランクでも過信は禁物だろう。
2着 アポロリベリオン 
 2着のアポロリベリオンは勝ち馬から大差。完全タイム差はプラス0秒9ですから、着順ほどの価値は見いだせない。
3着 フォルツァエフ 
 3着のフォルツァエフ、これも2着アポロリベリオンと同じ事が言える。タイム的に言うと、3歳未勝利に毛の生えた程度に近いレベル。
5着 タピゾー 
 一方1番人気のタピゾーは5着だった。全く自分のレースができなかった。連闘も敗因の1つかもしれない。敗因は何であれ、これは参考外の一戦。
函館12R 津軽海峡特別 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 ウェスタールンド 勝ち馬注目
 1年5ヶ月ぶりの実戦だったウェスタールンドが勝った。ウェスタールンドの全姉ミクロコスモスだが、今年のダービー3着馬コズミックフォースの母。今回はおよそ1年5ヶ月ぶりの実戦で、初めてのダートですから、能力の高さ、そしてダート適性の高さ以外の何物でも無い勝利。昇級してどんなレースをするか注目したい。
2着 サトノプライム 
 2着サトノプライムは降級馬だった。一言で言って相手が悪かったが、近走にはない機動力を見せている。
3着 エンクエントロス 
 3着のエンクエントロスは2着馬の動きに合わせて一緒に動いたのが良かったと思う。切れる脚がありませんから、こんな性質のレースが合う。ただ、次走もこう上手く行くとは限らないので、信頼はおけない。
6着 サウスザスナイパー 
 1番人気のサウスザスナイパーは6着だった。早めにマクって来られる展開で、この形で先を越されると、巻き返す術はない。ワンペースの先行馬のモロさが出たと言って良いと思う。

  馬券Summary
函館開幕週芝1200mの渋滞
 まず最初に先々週行われた函館スプリントSの直線の攻防をご覧下さい。インコースの馬によく注意して見ていてください。9着のダイアナヘイロー、12着のノボバカラ、14着のジューヌエコールの進路、これが塞がってしまった。こうした光景は今の競馬では日常茶飯事で、この手の不利を受けた馬、もちろん自業自得というケースも多いが、そうした馬を次走以降に狙うという手法は、極めて有効。今の時代ではこれはオーソドックスな狙いだが、復習という意味を兼ねて、注目してください。函館も2週目に入ると、案外芝の1200mもバラけて、外差しも決まり始めたが、やはりこの開幕週、インの渋滞は多かったように思う。そこでちょっとリストを作成してみた。
函館開幕週芝1200mの渋滞
 1日目8R10着バーミーブリーズ・12着ウインヒストリオン・14着ニシノアスカ
 1日目12R10着ロイヤルメジャー・13着ウィズ・15着ショウナンアヴィド
 2日目11R9着ダイアナヘイロー・12着ノボバカラ・14着ジューヌエコール
この辺が直線でちょっと前が塞がっている。この中で初日11Rで10着だったロイヤルメジャーは先週連闘で使って3着に巻き返している。こうしたケースは、他の馬でも十分あり得る訳で、リストに載っている馬はチェックして欲しいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26