2018年5回中山6日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒8だった。まずはさかのぼって、6日間の馬場差を確認しておくと、開幕週はマイナス1秒6でスタートし、その後マイナスの馬場差ではあるが、概ね水準方向に近づいている。
 火曜から水曜にかけて降った雨の影響が少し残っていて、土曜は良馬場でもしっとりとした馬場状態。その影響もあって1週目より時計が掛かるようになっていた。日曜は土曜よりは乾いていたが、朝に霜が降りた影響で土曜とあまり変わらない状態。時計の出方もあまり変わらなかった。Aコースを3週連続で使用しているので、芝は傷んで来ているが、見た目にはそれほど傷んでいない。残りの3日間も引き続きAコースだが、極端に時計がかかるとか内が傷んで外を回す馬が多くなるといったことはなさそう。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒5、日曜がマイナス0秒4。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒1からマイナス0秒8への変動、日曜がマイナス0秒6だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、5日目つまり先週土曜の1800mだけはプラスの馬場差で、他は全てマイナスの数値。
 火曜から水曜にかけて降った雨の影響で土曜の前半は稍重。午後から良馬場となった。そのため1200mは変動だが、1800mは変動ではない。これは強い北風が吹いていたことが影響している。中山で北風が吹くと、最後の直線が向かい風となるが、ダート1200mは前半の追い風の区間が長く、風の影響で時計がかかることがなく、馬場が湿っていた前半はそのまま速い時計が出た。1800mは向かい風の区間を2回走るので、風の影響が大きく、馬場が湿っていても乾いていても時計の出方が変わらなかった。土曜の1200mはラップだけ見ると、全て超ハイペースのように思ってしまうが、追い風になっていた前半が速くなっているだけ。そして1800mは、向正面で一気にペースアップしてその後ゴールに向かって、著しく時計が掛かっているように見える。そういうラップになっているが、これも追い風の区間でペースアップしているだけ。ということで、土曜のラップの見方には注意したい。また土曜の1800mは風の影響で、上がりがものすごくかかっていても、前が残るというレースが続いた。上がりがかかっているのに差せないようでは…という評価は間違っているので、注意したいところ。なお、土曜は芝でも風の影響はあったはずだが、同じ風速でもダートの方がかなり影響が大きい。で、芝の土曜7Rで途中のペースが速くなっているのは、風の影響だと思われるが、ダートほど起伏の激しいラップにはなっていません。日曜は土曜よりは乾いた馬場だが、風の影響がなくそのため1800m以上は、土曜よりはかなり速い時計が出るようになり、逆に1200mは土曜より時計が掛かるようになった。


  タイム分析
 2018/12/16 (日)  芝=-0.8  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1600 カレンブーケドール    牝2 未勝利 1:35.5 -0.6 --- ±0 -0.6 C C 6.60
6R T1600 レッドアステル    牝2 新馬 1:36.8 +0.4 -0.3 +0.7 -0.6 D C 9.75
10R T1200 アルマエルナト    セ7 南総SH1600 1:08.6 +0.2 --- +0.7 -0.5 D D 10.33
11R T1800 アドマイヤリード    牝5 ディセン 1:48.1 +1.4 -0.5 +1.6 -0.7 SL D 7.33
12R T1800 レッドシルヴィ    牝5 1000万下 1:48.9 +1.0 -0.3 +1.4 -0.7 SL D 7.67
 2018/12/16 (日)  ダ=-0.4 / 1200m=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ボストンテソーロ    牝2 未勝利 1:12.5 -0.5 --- +0.1 -0.6 C D 8.00
2R D1800 メイプルガーデン    牝2 未勝利・牝 1:57.1 +1.0 --- +1.4 -0.4 E D 9.44
4R D1800 ラストクローザー    牡2 未勝利 1:57.0 +0.9 --- +1.3 -0.4 E D 7.50
5R D1200 ジャパンスウェプト    牡2 新馬 1:12.4 -0.8 --- -0.2 -0.6 C C 8.71
7R D1800 サイモンジルバ    牝3 500万下・牝 1:54.9 +0.9 --- +1.3 -0.4 E D 7.92
8R D1200 ミヤギウイング    牝3 500万下 1:11.4 -0.5 --- +0.1 -0.6 C D 7.93
9R D2400 サノサマー    牡4 香取特別1000 2:34.5 -0.5 --- ±0 -0.5 C C 6.71

中山2R 2歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
中山4R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
2着 ポルタメント 通信簿
 1番人気2着だった。勝った馬が強かったというのがあるが、自身が右回りが苦手そう。次は左回りに使ってほしい。
中山7R 3歳上500万下 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
中山10R 南総S 
12着 オーヴィレール 通信簿
 5番人気12着だった。12着だが、0秒4差。結果的に外を回したロスが大きかったが、中1週でプールも併用して長距離輸送をしているのに、体重がプラス8キロ。このレース、フルゲート16頭の所に33頭出馬投票して17頭が除外になってるが、除外されて優先出走権を取ることも半分は考慮しての調整だったんじゃないかなと推測する。
中山11R ディセンバーS タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。9着だったナスノセイカンについて触れておく。
9着 ナスノセイカン 
 直線に入るとしばらく前が壁になる。内に進路ができたので追い出したが、結局狭くなってしまって、全く追えないままゴールを迎えてしまった。1勝目こそ中山だったが、その後の4勝は中京・東京・新潟外回りといった直線の長いコースばかり。重賞3着も新潟大賞典で、ただでさえ中山内回りのスローペースはこの馬にとって最悪の状況だったのに加えて、全くを追えないのでは9着でも仕方ない。次走もまた中山内回りだと期待はしにくいが、例えば1/26の東京・白富士ステークスなどでは狙えると思う。
中山12R 3歳上1000万下 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。

  馬券Summary
ブラックタイド産駒の新馬戦と2戦目
 8/12の札幌5Rの2歳新馬戦で5番人気のブラックタイド産駒ポベーダテソーロが2着となって、このレースはBランクだった。
ブラックタイド産駒の新馬戦と2戦目
私はブラックタイド産駒はあまり人気がなくても、新馬戦で好走することが多いが、新馬戦2着の次走は連対率30%を切っているので、その傾向は頭に入れておきたいと言った。で、そのポベーダテソーロは次走5頭立ての3番人気で4着だった。同じ週に新潟の新馬戦で2着だったブラックタイド産駒のマイネルエキサイトは、次走3番人気で勝ったので、まぁ引き分けという感じだが、ブラックタイド産駒は新馬戦は走るが、新馬戦で好走したら次が危なっかしいというのは本当か?という検証を行う。
ブラックタイド産駒の新馬戦と2戦目
まずブラックタイド産駒の新馬戦の成績から。連対率11.3%が高いかと言うと微妙だが、実は5回しか1番人気になっていないことを考えれば好成績だと言える。そして2016年生まれ、つまり今の2歳世代は連対率が18.5%に上っている。2016年生まれが種付けされた2015年というのは、キタサンブラックが3歳の年で、種付け頭数が増えて繁殖牝馬の質も上がっているためだと思われる。で、ノーザンファームの生産馬・育成馬はというのは、もう血統が何であれ、新馬戦の好走確率がものすごく高いので、このノーザンファーム生産馬に限ったデータをおまけのようなモノだが、この現2歳世代からノーザンファーム生産馬が増加して、その馬たちが新馬戦を勝ちまくって、2歳世代全体の成績を押し上げていることがわかる。ちなみ、先週ブラックタイド産駒が新馬戦に4頭出走して、全て4着以下だったのだが、全てノーザンファームの生産馬ではなかった。
 ここからが本題の新馬戦で好走したブラックタイド産駒の次走だが、まぁ分かりやすく新馬戦に2着馬の次走を調べた。勝率は全体と比べて大きくは変わらないが、連対率は明らかに低い。以上をまとめると、ブラックタイド産駒は人気があまりなくても、新馬戦を好走する事が多いので、積極的に買うべきだが、新馬戦で2着や3着になった場合、次走の信頼度はあまり高くないので取り扱いに注意ということになる。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26