2018年4回阪神4日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週は阪神も3日間開催で、芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5からマイナス0秒9への変動、日曜がマイナス1秒3からマイナス1秒5への変動、月曜がマイナス1秒6だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、ほとんどはマイナスの数値だが、4日目までは全て変動で、雨の影響を受けている。そして5日目はマイナス1秒6で、この開催前半では最も速い時計の出るレベルだった。
 金曜に11.5ミリの雨が降った。土曜朝は稍重発表。昼過ぎに良に回復した。ただ、先々週の雨も下の部分には残っていて、それなりに時計は掛かっている。土曜は変動で、マイナス0秒5からスタートして、12R時にマイナス0秒9まで持ち直した格好だった。日曜以降は乾いて速くなって行く推移。それでも日曜朝の含水率は、ゴール前が10.5%、4コーナー12%としっとりめで、終日良馬場発表でも徐々に高速化して行く変動だった。月曜はマイナス1秒6。秋開催、良馬場の水準に到達している。この月曜の馬場差だけが1日を通した数値。脚質的には平等で、内・外の隔たりもない。今週からの後半2週はBコース使用となる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒1からマイナス0秒8への変動、日曜がマイナス0秒6からマイナス0秒4への変動、月曜がマイナス0秒2だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、1週目よりは2週目の方が水準方向に動いている。特に1週目は脚抜きが良く、高速馬場で5日目は水準に近いレベルだった。
 金曜の雨で土曜は重発表。11R時は稍重だった。馬場差はもちろんマイナスだが、先々週の超高速ダートとは勝手が違って、マイナス1秒1から始まって中盤から後半にかけて、マイナス0秒台に時計を要してきた。芝同様に日曜・月曜と乾きが進んで行く経緯。終日稍重発表の日曜でも、馬場差は変動でマイナス0秒6から始まり中盤でマイナス0秒4だった。良馬場発表の月曜はマイナス0秒2。水準近くまで時計が掛かって行っている。脚質的な偏りはなくて、追い込んで勝った例も5鞍あった。


  タイム分析
 2018/09/16 (日)  芝=-1.3 → -1.5  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1600 ダノンファンタジー    牝2 未勝利・牝 1:35.9 ±0 -0.3 +0.7 -1.0 D C 7.11
5R T1800 ルモンド    牡2 新馬 1:50.9 +2.0 -1.0 +2.3 -1.3 SL C 6.00
8R T2000 シャンティローザ    牝4 500万下・牝 1:59.1 -1.8 --- -0.3 -1.5 C D 7.82
10R T2000 カフジバンガード    牡3 能勢特別1000 1:59.7 -0.5 -0.4 +0.6 -1.5 D D 7.14
11R T1800 カンタービレ    牝3 ローズSG2 1:45.7 -0.1 -0.8 +0.5 -1.4 D C 5.64
12R T1200 メイケイダイハード    牡3 500万下 1:09.4 +0.1 -0.3 +0.7 -0.9 D C 7.47
 2018/09/16 (日)  ダ=-0.6 → -0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ガンケン    牡2 未勝利 1:25.2 -1.2 --- -0.7 -0.5 B E 8.31
2R D1800 マルブツメロディー    牝2 未勝利 1:54.6 -0.7 --- -0.1 -0.6 C D 8.44
4R D1800 ジューングラスミー    牡3 未勝利 1:53.8 -0.3 --- +0.2 -0.5 C D (8.50)
6R D1400 オペラアクター    牡3 500万下 1:24.5 -0.4 --- -0.1 -0.3 C D 8.07
7R D1800 リテラルフォース    牡4 500万下 1:53.0 -0.1 --- +0.3 -0.4 C D 8.20
9R D1200 タガノアム    牝3 夙川特別1000 1:11.1 -0.6 --- -0.3 -0.3 B C 6.38

阪神1R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。デビュー戦は芝1800mで6着だったガンケンがダート1400mで一変。
1着 ガンケン 
 1着ガンケン、前走芝の新馬戦は6着。鞍上の進言もあってダートを選択したとのこと。母の4勝が全てダートに加えて近親もダートの活躍馬が多くて、一変する血統背景にはあった。2着馬を見ながら好位を進んで、余裕の勝利。ヘニーヒューズ産駒でも中距離も守備範囲。馬格も見まわれているので、上でも通用しそうな1頭。
2着 レクスミノル 番組注目馬
 2着のレクスミノル、勝ち馬から0秒3差でBランク相当。初戦は勝ち馬と同じ芝の新馬戦で7着。揃って2戦目の初ダートで変わった訳だが、ダート1700mの未勝利戦でレコード勝ちを収めたサージュミノルの半弟ならこちらも納得がいく。内枠で引くに引けない面もあった。3着以下は2秒2以上離していて、次走はチャンス濃厚と思う。
阪神3R 2歳未勝利・牝 注目
 勝ったダノンファンタジーについて。
1着 ダノンファンタジー 勝ち馬注目
 6/3の東京グランアレグリアが完全タイム差がマイナス2秒1。驚きのAランクで楽勝した新馬戦の2着馬で、今回番組注目馬になっていた。0秒3差でこの馬でも1分33秒9。文句なしのAランクだった。それから3ヶ月半、目先の1勝にはこだわらず、じっくりと充電に充てて、今回はプラス18キロ。馬体を成長させての2戦目だった。1000m通過1分1秒2のスローでも、好発を控えて折り合いに専念させて、直線はノーステッキで軽く気合いをつけただけ。時計や上がりは関係ないレベルの楽勝で、今後はさらに楽しみになって来た。暮れか来春か、牝馬GIを賑わせる存在だと思いますし、やがてはグランアレグリアと再戦の時が来るはず。
2着 レッドヴィータ 
 2着以下は2馬身以上離された。2着レッドヴィータは勝ち馬には完敗だったが、この馬もスローペースを最後方から上がり600m推定34秒2、最速の脚で追い込んでいる。デビュー戦は札幌1800mで、逃げてクラージュゲリエの0秒3差2着。勝ち馬は札幌2歳S3着ですから、この時も相手が悪かっただけ。2戦を経て、両極端な競馬を経験したのも好感が持てた。ランクは低いが、すぐにチャンスは来ると思う。
阪神5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神9R 夙川特別 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。タガノアムが昇級戦を勝って連勝。
1着 タガノアム 
 1着のタガノアム、前半600m34秒1、後半37秒0。超の字のつく程のハイペースではないが、結果追い込み馬同士で決着した。500万下をCランク勝ちしての昇級戦。好調子に物を言わせた形だが、最後方から最内をスルスルと追い上げての勝利。進路が空いていたのも運もあったでしょうし、また、最短距離を走ってきたので、昇級すると過信は禁物だと考える。
2着 ハニージェイド 
 2着のハニージェイド、勝ち馬にクビ差で同タイムだった。展開有利だったにせよ、こちらは外を追い込んで来たので、勝ち馬よりも評価は高くなる。前走4着のように出して行くと甘くなるので、現状思い切って脚を溜めるのが一番。ただ、次走もハマるかと言うとそこまでの確証は持てない。
3着 タテヤマ 
 3着争いも接戦だった。3着タテヤマは先着2頭から0秒1差でCランク。好走時は常に外枠で、今回も枠には恵まれた。ただ、昇級戦であと1本欲しい仕上げ。それを考えれば中身はあった。次走も外枠なら好勝負必至と思う。
5着 ソーディヴァイン 
 5着ソーディヴァインは内枠から逃げて一旦は突き放した。後ろの決着だけに評価できますし、本来は1400mが得意な馬。次に1400mで逃げてペースが緩めば面白いと思う。
6着 アルーアキャロル 
 1番人気アルーアキャロルは6着だった。初めての関西遠征で、馬体が大きく減少していた。内枠で出遅れて、外に出すのに手間取った面もあった。体重が戻って、次走外枠でも引ければ巻き返して来るはず。
阪神11R ローズS 重賞
 タイムランクはD・メンバーランクはCだった。スタートは揃わず、1番人気のサトノワルキューレも遅れた。オークスの上位馬が不在なのも珍しいが、15頭中ディープインパクト産駒が10頭を占めて、秋の成長を期待できる素質馬が多かった。その点がメンバーランクを水準レベルに押し上げている。1000m59秒9のスローペース。基本的には前有利な流れという事で、2番手から先頭に立ったカンタービレが押し切って重賞2勝目。
1着 カンタービレ 
 カンタービレが勝って重賞2勝目になった。その1着カンタービレ、毎週重賞を勝っている騎手は違う。ペースが遅いと見るや、途中から外を追い上げて絶好位を確保。ここでもルメールマジックが冴え渡った。馬も春にフラワーカップを勝っていて、1800mが適距離だったんだと思う。残り200mで一杯のオークス13着は、たぶん距離の壁だと考える。本番も器用に立ち回ればと思う反面、紫苑S(ノームコア)と比較すると、タイムランクが低いのは気になるところ。
2着 サラキア 
 2着はサラキア、3着争いではラテュロスが先着し、ここまで3頭が秋華賞への優先出走権を得た。全てディープインパクト産駒だった。2着のサラキア、スタートで出負けしたが、折り合いに専念して切れ味を発揮した。スローペースを外から差し込んだんですから、強い競馬はしている。本番は内回りになる。スタートを五分に切れて、内で脚を温存できれば、注文はつくが通用可能な脚はある。
3着 ラテュロス 
 2着はサラキア、3着争いではラテュロスが先着し、ここまで3頭が秋華賞への優先出走権を得た。全てディープインパクト産駒だった。3着のラテュロス、内々を立ち回って、一瞬の脚を活かした。競馬の形としては最高に上手く行った口だろう。本番ではこうは行かないのではないだろうか。
5着 ウラヌスチャーム 
 5着ウラヌスチャームは番組注目馬らしい脚は使えていた。サトノワルキューレと併せ馬で追い込んで来ても負けなかった。力は牝馬オープンでも足りる。とりあえずは賞金加算が命題だと思う。
6着 サトノワルキューレ 
 1番人気サトノワルキューレは6着。出遅れて最後方から。ただでさえ、1800mは距離が短いのに直線、進路を取るまでにスムーズさも欠いていた。秋華賞、内回り2000mでも条件的な不利に変わりは無いと思う。ちょっと条件が、この路線は合わないのかなといった気がする。
阪神12R 3歳上500万下 
10着 サンライズカナロア 通信簿
 2番人気10着だった。ちょっと枠順も不利だったと思うが、直線の坂が堪えたとしか思えない止まり方でもあった。京都などの平坦コースで見直したいと思う。

  馬券Summary
今年の京都新聞杯組
 今年の京都新聞杯はタイムランクがB、メンバーランクがC。完全タイム差はマイナス0秒7であと0秒2速ければAランクだった。賞金加算に成功した1着ステイフーリッシュと2着アドマイヤアルバは日本ダービーに駒を進めて10着と9着。敗れはしたが、高レベルで激走した後の反動があったとも考えられる。ここで注目したいのは、その他の上位組が次走でことごとく勝っている点。
今年の京都新聞杯組
 まず3着シャルドネゴールドは3回中京で1000万下を完勝。1600万に上がって先週土曜中山のレインボーSは2着だったが、スローペースで脚を余していた。
4着のグローリーヴェイズ、新潟の1600万下をBランクで快勝。無事なら菊花賞に直行の予定。
5着メイショウテッコンは3歳オープンの白百合Sを逃げ切った後、福島のG3ラジオNIKKEI賞も制した。
6着のユーキャンスマイル、新潟の1000万下をAランクで勝っている。
さらに17着のシンガリ負けを期したタニノフランケルまでもが、小倉の1000万下をBランクで楽勝した。
こうして見ると京都新聞杯組のレベルの高さに驚く。なお、月曜のセントライト記念にタニノフランケルを含めて3頭が出走して、全て着外だったが、これらは京都新聞杯でも着外で、今回人気もなかった。5着メイショウテッコンが既に重賞を勝った事に加えて、それぞれのレース内容に余裕があり、またランクも高かった事から取り上げた馬たちがオープンでも活躍できるのは確かだと思う。これらを今後につなげると共に、上位組ではステイフーリッシュ・アドマイヤアルバ・メイショウテッコンが今週の神戸新聞杯に登録がある。神戸新聞杯にはダービー1着馬・2着馬も登録があって、出走してくればさらにレベルは高くなるが、京都新聞杯組は1角崩しの穴馬として狙っていく価値はありそう。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26