2018年2回函館4日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒5だった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、雨の影響でプラスの数値の開催日が続いたが、先週はマイナスの数値だった。
 先週は1回開催2週目以来土日ともに良馬場だった。しかもBコースに変わって最初の週で、マイナスゾーンに戻ったが、雨の影響が残って土曜は水準に近いレベルだった。日曜は土曜よりも乾いて馬場差はマイナス方向に動いた。連対馬については、土日を通して見れば大きな偏りはないが、日曜は中団・後方の馬が多くなった。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒9からマイナス0秒5への変動、日曜がマイナス0秒2だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、開催日によって時計の出方は異なる。前の開催6日目は雨の影響でかなり脚抜きの良いコンディションだったが、それ以外の開催日はマイナスの数値であっても、マイナス1秒台には至っていない。
 雨の影響が残ってダートは土日ともに稍重。ただ、土曜は1700m換算の数値ではマイナス0秒9でスタートして、10Rはマイナス0秒5と朝の方が時計の出やすいレベルだった。日曜はさらに乾いてマイナス0秒2で、水準寄りの数値になったと言えるだろう。連対馬の脚質を見ると、逃げ・先行が優勢で、土日の10鞍中8鞍で連対。特に土曜の連対馬10頭中7頭が逃げ・先行で、全てのレースで絡んでいた。


  タイム分析
 2018/07/15 (日)  芝=-0.5  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 ロードワンダー    牡2 未勝利 1:11.1 +0.6 --- +0.9 -0.3 E C 7.33
4R T1200 ボーンスキルフル    牝3 未勝利・牝 1:09.5 -0.4 --- -0.1 -0.3 C D 8.46
5R T1800 アフランシール    牝2 新馬 1:49.8 -0.8 -0.8 -1.1 -0.5 A C 4.88
6R T2000 ウィナーポイント    牝3 未勝利 2:01.9 -0.3 -0.4 -0.2 -0.5 C C 8.33
9R T1200 タイセイソニック    牡3 下北半島500 1:09.4 ±0 --- +0.3 -0.3 D C 5.80
10R T2600 マサハヤダイヤ    牡5 北海H1000 2:39.7 -0.9 --- -0.2 -0.7 C C 6.10
11R T2000 エアアンセム    牡7 函館記念HG3 1:59.8 +0.7 -0.6 +0.6 -0.5 D D 7.40
 2018/07/15 (日)  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1000 ホッコータピタン    牝3 未勝利 1:00.7 +0.8 --- +0.9 -0.1 E D 7.11
3R D1700 ナイルデルタ    牡3 未勝利 1:48.2 +0.6 --- +0.8 -0.2 D D 6.78
7R D1000 グラスレオ    牡3 500万下 0:59.2 ±0 --- +0.1 -0.1 C D 7.50
8R D1700 バンパークロップ    牝4 500万下 1:46.6 +0.2 --- +0.4 -0.2 D D 9.67
12R D1700 リアンヴェリテ    牡4 渡島特別1000 1:44.7 -0.9 --- -0.7 -0.2 B D 8.58

函館1R 2歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
函館2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
函館5R 2歳新馬 タイムA
 基準より1秒1速い勝ちタイムだった。テングレート・ロマンティコ・ディキシーナイトが並んで4コーナーに入って行ったが、そこからテングレートが脱落。変わって先行馬を見るポジションからアフランシールが上がって行き、直線で抜け出して1着。2馬身差でディキシーナイトが2着、さらに2馬身半差でロマンティコが3着だった。
1着 アフランシール 
 上位人気3頭で決着し、3番人気アフランシールが勝った。ペース補正が0秒8ついて、タイムランクA。唯一34秒台となる上がりの脚を使ってアフランシールが一気に伸びて快勝した。アフランシールは函館2歳Sとキーンランドカップを勝ったブランボヌールの半妹。ディープインパクト産駒のブランボヌールはスプリントからマイルで活躍したが、ハーツクライ産駒のこの馬は1800mで新馬を勝ったように、距離が伸びても良さそう。道中は4番手で折り合って、瞬発力を爆発させた。早くもクラシック候補の誕生と言って良いかもしれない。
2着 ディキシーナイト 
 2着ディキシーナイトはオープン特別を2勝してデイリー杯2歳Sで2着したダローネガの全弟。今回は勝ちに行ってやられてしまったが、タイムランクはB相当で、次走勝てるだろう。
3着 ロマンティコ 
 やはりB相当の3着ロマンティコまで次走注目したい。
函館11R 函館記念 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにDだった。カレンラストショーが先手を取って直線。ペース補正マイナス0秒6がついたように、前半からゆったりとしたペースだった。残り600mから急に速くなって、200m11秒台が3つ続く上がりの競馬になった。カレンラストショーが3コーナーで、マイネルハニーが4コーナーで一杯になって直線エテルナミノルが先頭に立って、よく粘ったが、最後は馬群の中からエアアンセムが抜け出して、サクラアンプルールの追撃をわずかに抑えた。
1着 エアアンセム 
 エアアンセムが7歳にして重賞初制覇となった。エアアンセムはまだオープン特別だった頃のホープフルSを制してから早くも5年が経った。準OPで2・3着を繰り返した時代が長かったが、5歳秋から1年の休養を経て7歳にしてようやくオープン入りすると、3戦目、通算27戦目で待ちに待った重賞勝ちと。ほとんど大敗のない馬で、ここまで掲示板率67%ですから、本当に頭が下がる。まだまだ重賞戦線を盛り上げてくれると思う。
2着 サクラアンプルール 
 その後2着にサクラアンプルール、3着争いは接戦となって内のエテルナミノルが残った。2着サクラアンプルールはこちらも7歳。しかし昨年の札幌記念が初重賞制覇で、本格化は遅かった。今回も57.5キロを克服しての2着と。秋のGI戦線が楽しみ。
3着 エテルナミノル 
 その後2着にサクラアンプルール、3着争いは接戦となって内のエテルナミノルが残った。それから3着のエテルナミノル、愛知杯を勝っているように軽ハンデ得意。54キロも良かったと思う。前へ行ける事が好走条件の馬で、今回は好スタートを切ったのが大きかったんじゃないだろうか。
4着 ブレスジャーニー 
 4着から6着までが上位人気の3頭だった。4着ブレスジャーニー、2番人気だが11ヶ月の休養から3歳秋に復活して、1戦毎に良くなって来ている。今回は後方からだったが、上がり最速34秒1の末脚を披露。そろそろ完全復活が見えて来たと言えるだろうか。
6着 トリコロールブルー 
 それから1番人気のトリコロールブルー、6着だったがペースが上がった4コーナー手前で馬群に包まれて4コーナー回るまで、どこへも抜けられなかったのが全てだろう。直線よく伸びていただけに、悔やまれる一戦。次走注目。
函館12R 渡島特別 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。リアンヴェリテが函館ダート1700mで連勝。
 3着以下は大きく離されていて、狙いはたたない。
1着 リアンヴェリテ 
 逃げたリアンヴェリテが再昇級戦を問題にせず、逃げ切った。前走は降級戦の500万下で2着に2秒3という大差をつけての逃げ切り。今回は余勢を買って平均ペースでしぶとい逃げを打ち、2番手メイショウエイコウが競りかけて来ても、抜かせる事なくそのまま押し切った。リアンヴェリテはこれで降級から連勝と。タイムも優秀で、本格化なった今なら準OPでも勝ち負けする可能性は大きいだろう。問題はペースで、スンナリ逃げられるかどうか。
2着 メイショウエイコウ 番組注目馬
 2着メイショウエイコウは前走降級2戦目を勝って、再昇級戦だったが、この馬の場合は1000万下でも好走した実績がありますので、きっちり力は見せたと言えるだろう。次走は勝てる。

  馬券Summary
2歳未勝利戦・ダート中距離の研究
 前回は2歳未勝利戦・芝短距離を研究したが、今回はダート中距離。1600mから1800mで狙える条件を考えてみた。なお、データの対象範囲だが、夏があんまりないので、2017年6月から12月まで。2歳のダートの未勝利戦で1600mから1800m。
2歳未勝利戦・ダート中距離の研究
まず1つ目だが、前走4コーナーで3番手以内。これは複勝回収率が120%と高くなっている。前走前へ行った馬は軸としたい。
それから2番目エンパイアメーカー産駒だが、これは凄い。4勝2着5回3着5回。これ全部トップだが、複勝率が53.8%。回収率も単勝が188%、複勝が117%ですから是非狙いたい。
それから3つ目、前走2着馬。これはまぁ当たり前の事だが、これはやっぱりダートは勝率、前走2着馬強い。勝率が31.8%・連対率51.5%・複勝率は65.2%。人気馬ばっかりだが、単勝回収率も92%と、その人気の中では高めだと思う。
それから4つ目、中4週から8週。勝率1位の9.5%、単勝回収率は269%。いずれも1位。間隔を開けた馬に要注意という事。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-