2018年2回中山8日目

開催一覧
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がマイナス0秒2だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認すると、3週目は雨の影響でプラスの数値になった。他の開催週は全てマイナスゾーンだが、水準に近い数値で高速馬場ではなかった。
 土日とも良馬場だったが、金曜日に雨が降ったため、土曜は少し馬場が湿っていた。乾いた日曜の方が少しだけ速い時計が出るコンディション。ただ、内側の傷んでいる部分が、進むどころかむしろ見た目には解消しつつあるように見える。これから芝が育つと速い時計が出るようになって行く可能性がありますし、特にBコースに移る3回開催の2週目からは、一気に高速化する可能性がある。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒5、日曜がプラス0秒6。1200m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒2だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、3週目以外はマイナスの数値はなく、良馬場であれば特に中・長距離は時計の掛かるレベルだった。
 土日ともに良馬場だったが、金曜日に雨が降ったため、土曜日は少し湿っていた。そのため、日曜日より土曜の方が速い時計が出るコンディションだったという事。


  タイム分析
 2018/03/18 (日)  芝=-0.2  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 アストラサンタン    牝3 未勝利・牝 1:49.4 -0.3 --- -0.1 -0.2 C C 7.69
6R T1600 アイスフィヨルド    牡3 500万下 1:35.1 -0.1 --- +0.1 -0.2 C C 5.40
8R T2000 スパイラルダイブ    牡4 500万下 2:01.9 +0.3 --- +0.5 -0.2 D D 5.42
9R T1600 ゴールドサーベラス    牡6 幕張S1600 1:34.3 +0.6 --- +0.8 -0.2 D C 5.80
11R T1800 ステルヴィオ    牡3 スプリンG2 1:48.1 ±0 --- +0.2 -0.2 C C 7.58
 2018/03/18 (日)  ダ=+0.6 / 1200m=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 エンゲージリング    牝3 未勝利・牝 1:12.9 ±0 --- -0.2 +0.2 C D 6.75
2R D1800 アドマイヤヒビキ    牡3 未勝利 1:57.6 +1.9 --- +1.3 +0.6 E D 6.53
3R D1200 ケイアイテディ 牡3 未勝利 1:13.2 +0.3 --- +0.1 +0.2 C D 6.53
クリノロマン 牝3
4R D1800 フェンドオフ    牡3 新馬 1:56.6 +0.5 --- -0.1 +0.6 C C 7.83
7R D1800 カブキモノ    牡5 500万下 1:55.1 +1.1 --- +0.5 +0.6 D D 7.25
10R D1200 ウインオスカー    牡5 千葉SH 1:11.1 +0.9 --- +0.7 +0.2 D C 8.08
12R D1800 アナザートゥルース    セ4 1000万下 1:54.7 +1.5 --- +0.9 +0.6 E D 7.00

中山2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
中山9R 幕張S 注目
 3着のチャンピオンルパン。
3着 チャンピオンルパン 
 4コーナーで押っつけていながら外からどんどん行かれるという展開だったが、直線で外に出すとよく伸びて、もう少し直線があれば2着には上がっていたんじゃないかという勢いだった。この馬、これまでに東京とあと新潟の外周りでしか好走したことがない、という典型的なストレッチランナーだが、中山で好走できたのは収穫。次走ですぐ狙えるという事ではないが、春の東京・新潟では期待できると思う。
中山10R 千葉S 注目
 5着だったハットラブについて。
5着 ハットラブ 解説推奨
 このレースのラップは前半600mが34秒8で、後半600mが36秒3。中山ダート1200mのオープンとしては前半がかなり遅くて、そのため前に行っていた馬が1着から4着までを占めたが、ハットラブは4コーナー最後方から追い込んで、上がり35秒4。このハットラブは中山ダート1200mで連勝中だったが、その2レースの前半600mは34秒4と34秒6。つまり、オープンに上がったら1000万や1600万より遅いペースになって、1000万や1600万の時より位置取りが後ろになってしまいながら、追い込んで来た。ペースが遅いのに位置取りが後ろになったのは、不可解ではあるがスタート直後にちょっと狭くなったように見えた。それで前半リズムに乗れなかったのだと思う。普通の位置取りならオープンでも通用すると思う。

 完全に前残りになる展開で、ほぼ最後方から追い込んで来ましたし、いつも後方に置かれてしまうような馬でもないので、次走は注目。これ以上補足する事もあまりないが、このレースぶりなら1200mではなくても大丈夫だろうと感じたので、次走がどこになるか現時点でわからないのに、挙げなければならない推奨馬にはしやすいという理由もある。普通なら次走も中山1200mの京葉Sだが、阪神1400mのコーラルSでも、東京1600mのオアシスSでも狙えるんじゃないかなと思う。
15着 ナンチンノン 通信簿
 5番人気15着だった。5番人気では危険な人気馬ではない。いずれにせよ、単騎逃げの展開に恵まれない限りしばらく馬券にはならないと思う。
中山11R スプリングS 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。コスモイグナーツが後続を離して逃げた。コスモイグナーツが離して逃げていて、そのラップは1000m通過59秒6だが、2番手のエポカドーロはもう61秒ぐらいだった。4コーナーで徐々に差が詰まり、先頭を追うエポカドーロの後ろにマイネルファンロン。そしてその後ろにもうステルヴィオが迫っていた。直線で流石にコスモイグナーツは止まってしまって、残り200mでエポカドーロが先頭。しかしここからステルヴィオが鋭く伸びて差し切った。大接戦の3着争いはマイネルファンロンが制した。
1着 ステルヴィオ 
 エポカドーロ・ステルヴィオがほぼ並んで入線し、外のエポカドーロにハナ差競り勝った。スプリングSは今年で67回目となるが、ハナ差の決着は初めてだった。ステルヴィオが昨年のサウジアラビアロイヤルカップ、そして朝日杯FSとかなり後ろからの直線勝負だった。中山内周りでどうかと思ったが、コースに対応して早めに進出し、ラスト200mの伸びはいつも通りだった。ロードカナロア産駒ですし、さらに距離が伸びる皐月賞でどうかという懸念はあるが、とりあえず今回は強かった。完全タイム差はプラス0秒2だが、大逃げのコスモイグナーツを別とすると、ペース補正が入るようなラップだったので、これは気にする必要はなさそう。
2着 エポカドーロ 
 2着のエポカドーロは大逃げを地力で捕まえに行く形になって、さらに本命馬にマークされるという楽ではない展開だった。ハナ差の2着は上々の結果で皐月賞でも上位可能かなと思う。
3着 マイネルファンロン 
 離された3着争いも接戦となったが、マイネルファンロンが先着しここまで3頭が皐月賞への優先出走権を獲得した。3着のマイネルファンロン、ハイペース先行の形で力を発揮するタイプでないかと見て、本命だったが、同じようなレースをしたエポカドーロに完敗した。ただ、苦しくなったように見えながら、3着争いを制した辺りに豊富なスタミナを感じる。皐月賞で上位2頭を逆転できる確率はあまり高くないとしても、気の早い話だが菊花賞で期待できそうな気がする。
9着 ルーカス 
 2番人気のルーカスは良いところがなく9着だった。追い切りでアクシデントがあったホープフルSより今回の方が状態は良かったはずだが、2着だった東京スポーツ杯2歳Sで接戦した当時3着のシャルルマーニュも、その後は苦戦が続いている。重賞で人気になるレベルにはまだ達していない模様。
中山12R 4歳上1000万下 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
ダートAランクの信頼度
 今開催の「まりなるトリオトライフェクタ」のコーナーで何度かダート1800mはタイムランクの信頼度が高いという話が出ていると言うか、私がしているが、それが本当だという事を示すデータを出す。
ダートAランクの信頼度について
まず、Aランクのタイムでダートを勝った馬が次走で上のクラスのダートに出走した場合(上の表)。これは勝率・連対率・複勝率のどれを取っても1800mが1位。この表に出していないが、参考までに単勝回収率が惜しくも99%、そして複勝回収率が108%ある。続いてAランクのダート戦で2着・3着だった馬が、次走で同じクラスのダートに出走した場合。こちらも1800mが全ての項目で1位になっている。前走がAランクの2着・3着と言っても1秒とかそれ以上離されていた馬とか、次走が長期休養開けになってしまった馬も全て含まれている成績。これでこの成績ですから、信頼度は高いと言えるんじゃないかと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26