2018年2回新潟9日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒6。直線1000mは土曜がマイナス0秒2、日曜がプラスマイナスゼロだった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、2000m対象の数値は9日目まで全てマイナス1秒台だったが、日曜はマイナス0秒6で土日の開きはこの開催で最も大きくなった。なお、週単位で見ると、徐々に水準方向に近づいている。
 金曜日の雨はごく少量で土曜は良馬場。9日目より少し時計が掛かるようになったのは、開催進行に伴う芝の傷みによるモノだろう。土曜の夕方から日曜にかけて雨が降り、日曜は稍重で時計が掛かるようになった。また、日曜日の特に後半、直線で内を開けるようになっていて、最後に伸びるのは外に持ち出した馬だった。今週はAコース使用が6週目となる。先週日曜日の感じだと、良馬場でもマイナス1秒までは行かない馬場差だと思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がマイナス0秒1。そして土曜は1200mのレースが無く、日曜1200mの馬場差はマイナス0秒8だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、先週土曜までは全てプラスの数値だったが、日曜はこの開催で初めてマイナスの数値だった。1200mは全てマイナスゾーンだが、先週日曜がこの開催で最も時計の出やすいコンディションだった。
 金曜日の雨は少量で土曜は良馬場。この開催の標準的な時計の出方だった。土曜から日曜にかけて雨が降り、日曜は重馬場となって1800mも1200mも速い時計が出るようになった。1着馬は全て4コーナーで3番手以内。日曜の1200mはハイペースが多くて、直線で差し馬もかなり伸びていたが、新潟のダートらしく後ろから差し切るのは難しかった。


  タイム分析
 2018/08/25 (土)  芝=-1.0 / 直線=-0.2  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1800 クィーンユニバンス    牝2 未勝利 1:47.4 -0.7 --- +0.2 -0.9 C D 8.42
2R T1200 グッドジュエリー    牝3 未勝利 1:09.4 -0.2 --- +0.4 -0.6 D D 11.60
5R T1600 レッドアネモス    牝2 新馬 1:36.8 +1.2 -0.9 +1.1 -0.8 SL C 6.27
6R T1800 ゴールデンフィジー    牝3 未勝利 1:47.7 +0.4 -1.0 +0.3 -0.9 C C 7.27
10R T1000 グラミスキャッスル    牝5 稲妻S1600 0:55.1 +0.6 -0.1 +0.7 -0.2 D D 9.00
12R T1200 セイウンリリシイ    牝3 500万下 1:08.2 -0.8 --- -0.2 -0.6 C D 11.64
 2018/08/25 (土)  ダ=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1800 ユキノアンビシャス    牡3 未勝利 1:55.4 +1.6 --- +1.3 +0.3 E D 10.42
7R D1800 プレシャスリーフ    牡3 500万下 1:53.9 +1.1 --- +0.8 +0.3 D C 6.80
9R D1800 タイキフェルヴール    牡3 瀬波温泉1000 1:51.3 -0.7 --- -1.0 +0.3 A C 7.30
11R D1800 サルサディオーネ    牝4 BSN賞H 1:51.8 +1.2 -0.3 +0.6 +0.3 D D 7.38

新潟1R 2歳未勝利 注目
 2頭取り上げる。
1着 クィーンユニバンス 
 最初にまず勝ったクィーンユニバンスについてだが、600m34秒1、800m45秒8と2歳の外回り1800mとは思えない速いペースになったが、これを2番手追走から勝ち切った。直線で追い出しを待っていた割に、最後の方は脚が上がってあっぷあっぷになっていが、それは前半のペースが速かったため。これでも差されなかったという事自体を、高く評価したい。また、超スローペースだった新馬戦では伸び負けしたが、ペースが速くなって、勝てたことで瞬発力よりもスタミナ型という事がわかった。牝馬のクラシックでは、好走しにくいタイプではあるが、底力勝負になれば、それまでの成績から一変すると。そういう可能性を秘めている。
9着 ピュアヒカリ 
 また、かなりペースが速かったので、逃げて9着のピュアヒカリも次走で一変する可能性がある。
新潟3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
新潟5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
新潟9R 瀬波温泉特別 タイムA
 このレースの勝ちタイムは古馬1000万下の基準タイムより0秒7速く、1800m対象の馬場差がプラス0秒3だった事を踏まえると、 -0.7-(+0.3)=-1.0 で基準より1秒0速い勝ちタイムとなる。まずはスタート、外枠タイキフェルヴール・キータイプらが遅れた。一方カブキモノが先手を取って直線に入って行く。その外からタイキフェルヴールが上がって、さらに外からショームが接近して来た。ショームが抜け出しかけるものの、タイキフェルヴールも踏ん張っており、これら2頭が後続を離しての首位争いとなった。結果はタイキフェルヴールがハナ差で競り勝ち、2着ショームから7馬身離れてミラクルブラッド3着だった。
1着 タイキフェルヴール 勝ち馬注目
 タイキフェルヴールが帰国初戦、そして5ヶ月ぶりの実戦を制した。タイキフェルヴールはスタートが少し遅くて、しかも前が狭くなって、一旦下げてから外に出してから先行し、なおかつペースも遅くなかったが、直線でのショームとの競り合いも制した。非常に強い内容で、日本のダートではスマハマにしか負けていないという戦歴が伊達では無い事を示した。なおかつ、タイムも速いので上のクラスでもすぐに通用しそう。
2着 ショーム 番組注目馬
 2着のショームは直線で追い出しを待つ余裕があり、さらに一旦は前に出ているが、差し返された。あまり印象は良くないが、タイムは1クラス上のレベルであり、次走はかなり有力。
11着 エンパイアブルー 
 1番人気のエンパイアブルーは11着だった。前半、同じような位置にいたタイキフェルヴールが1着、そして逃げたカブキモノが4着なので、物足りない結果だが、正直なところ敗因はわからない。
新潟10R 稲妻S 注目
 新潟の直線1000mでペース補正が入るという珍しいレースなので、取り上げる。まず最初の400mが22秒5、次の200mは10秒3と速いが、後半400mが22秒3と最初の400mより速かった。
2着 ホウオウスクラム 
 前半400mを21秒台で行っても失速しない事が多い、グラミスキャッスルが逃げ切れるのは当然というラップだったが、伸びて2着のホウオウスクラムは、勝った前走が前半22秒0と速いペースだっただけに価値がある。なぜかと言うと、2回とも有利な外枠ではあったが、ペースが違っても好走できるという辺りに直線1000mの適性の高さを感じる。

  馬券Summary
代表産駒は例外
 代表産駒は例外ですという話。アーモンドアイがオークスを勝った事でロードカナロア産駒は2000m以上もOKと思われているのか、まだ2000m以上でロードカナロア産駒が人気になる事が結構ある。産駒デビュー以来のロードカナロア産駒の2000m以上での成績というのは、先週まで54回走って3勝2着6回3着5回。これだけ。
代表産駒は例外
 特に2000m以上で上位人気に推された時の成績がよろしくなくて、1番人気から3番人気の合計で連対率が31.6%しかない。ちなみに、1番人気での1着1勝と言うのは、実はアーモンドアイのオークスで、これを除けば1番人気で負けまくっている。いきなり古い話が出てくるが、ダンシングキャップ産駒なので芝で強かったオグリキャップ、Devil's Bag産駒なのに芝で強かったタイキシャトル、エンドスウィープ産駒なのに2000m以上で強かったアドマイヤムーンなど、代表産駒と言うのは父の産駒の全体的な特徴から外れている事が多い。アーモンドアイもそう言う歴代の飛び抜けた名馬だと思われるので、アーモンドアイがロードカナロア産駒全般の特徴からは外れていると考えるべきで、アーモンドアイがオークスを勝ったからと言って、ロードカナロア産駒は距離が保つというようには考えない方が良いと思う。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-