2018年4回京都9日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒4からプラス0秒2への変動、日曜がプラス0秒2だった。さかのぼって9日間の馬場差を確認しておくと、7日目つまり3週目まではマイナスの数値だったが、先週は土日ともにプラスの数値だった。
 京都も雨の影響が残る中でスタートして、土曜日芝で最初のレースである3R、2000m換算の数値でプラス0秒4。その後乾いて行ったが、後半プラス0秒2で大きな差はなかった。そして日曜は土曜後半と同じでプラス0秒2。京都については先週まで4週間全てAコースが使用されていて、最終週の上雨の影響を受けたために馬場が乾いて行っても、時計の出方はあまり変わらなかった。このようにやや時計の掛かるコンディションだった事もあってか、中団・後方に位置した馬の上位進出が目に付いた。なお、今週からの5回開催では、前半2週がBコース、後半2週はCコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒8からマイナス0秒5への変動、日曜がマイナス0秒4だった。さかのぼって9日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値ではあるが、1日目の終盤を除けばマイナス1秒台になる事はなかった。
 土曜は雨の影響が残っていたが、後半で乾いて行き、水準方向に動いた。日曜は土曜後半と大きな違いはないが、さらに乾いて水準に近いレベルになった。連対馬の脚質についてだが、土曜は逃げ・先行馬が全てのレースで絡んでいたものの、日曜はそのような偏りはなかった。


  タイム分析
 2018/10/28 (日)  芝=+0.2  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1600 ベストタッチダウン    牡2 未勝利 1:36.4 +0.8 --- +0.6 +0.2 D D 9.14
3R T2000 ヤマカツシシマル    牡2 未勝利 2:05.1 +2.8 -0.9 +1.7 +0.2 SL C 6.25
5R T1600 メトロポール    牝2 新馬 1:35.9 ±0 --- -0.2 +0.2 C C 6.29
6R T1200 メイショウケイメイ    牝2 500万下 1:10.6 +1.1 -0.3 +0.7 +0.1 D D 8.25
9R T2400 スティルウォーター    牝5 鳴滝特別1000 2:30.2 +4.1 -1.1 +2.8 +0.2 SL C 5.67
11R T1800 エアウィンザー    牡4 カシオペ 1:47.5 +2.0 -0.3 +1.5 +0.2 SL D 8.50
12R T1400 ボンセルヴィーソ    牡4 1000万下 1:22.0 +0.7 -0.3 +0.3 +0.1 D C 7.77
 2018/10/28 (日)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 クリスタルオーブ 牝2 未勝利 1:13.6 +0.5 --- +0.8 -0.3 E D 7.77
コウエイバンビーノ 牡2
4R D1800 ダノンスプレンダー    牡2 新馬 1:54.1 -0.8 -0.3 -0.7 -0.4 B C 7.18
7R D1800 レッドアトゥ    牝4 500万下 1:51.9 -0.7 --- -0.3 -0.4 C D 9.08
8R D1200 バーニングペスカ    牡3 500万下 1:11.1 -0.8 -0.2 -0.7 -0.3 B C 4.86
10R D1800 ロードアルペジオ    牡5 御陵SH1600 1:51.8 +0.8 -0.4 +0.8 -0.4 D C 7.30

京都1R 2歳未勝利 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
京都3R 2歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都4R 2歳新馬 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。1・2着馬が後続を離した。
1着 ダノンスプレンダー 番組注目馬
 勝ったダノンスプレンダーは父はロードカナロア。母は芝2勝のサトノノブレスの半姉だが、この配合でこんなダート馬が出るのは意外な気もするが、強かった。完全タイム差はマイナス0秒7で、昇級してもダートなら通用する。
2着 ストロングライン 
 2着のストロングラインは、3着に8馬身差で、自身もBランク走破ですから、相手が悪かった。攻め馬が地味で、人気はなかったが実勢のダートで変わった。手応え以上にしぶとくて、次走も有力。
3着 ロジシルキー 
 3着以下は離された。まず3着のロジシルキー、自身のタイムランクはDになるが、542キロの大型馬ですから、叩いた上積みは大きいはずですし、時計の掛かるダートで変わり身が期待できそう。
4着 プレイヤーズハイ 
 4着のプレイヤーズハイ、出遅れたが1・2着を別格とすれば上がり600mは最速でしたから五分のスタートが切れればタイム短縮は可能と見る。
5着 ミヤジハヤカゼ 
 5着のミヤジハヤカゼは1番人気だった。この失速はいただけないが、浜中騎手は使って行けば良くなるとコメントしている。ただ、レースを見た印象だけで評価すると、距離が長かったという見方もできる。
京都8R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。バーニングペスカは2週前に競走除外となったが、今回7馬身差をつけての圧勝だった。
1着 バーニングペスカ 
 バーニングペスカはおいでおいでの大楽勝だった。逃げ馬が上がり600m最速のワンサイドゲーム。それにしてもこれまでの詰めの甘さは何だったのかなという程の強さだった。結局は逃げた事が良かったのではないかという結論。昇級しても逃げに徹すれば通用する可能性があるだろう。
2着 セルバンテスカズマ 
 2着以下は離された。2着のセルバンテスカズマ、好位から伸びて安泰の2着でじゃあったものの、自身のタイムランクはDになる。評価に迷わされるが、相手次第だろう。
3着 スペシャルホース 
 3着のスペシャルホース、現級勝ちの実力馬だが、前走10着は頭を上げて自分から止めてしまって、今回も気難しい面を見せてかろうじて3着。アテにしづらいタイプですから、過信は禁物。
4着 ツウカイウイング 
 4着のツウカイウイング、直線は4コーナー最内から良く伸びていた。現状は追い込み一手を出し切れないので、坂のあるコースに変われば展開次第でもっとやれるかもしれない。
5着 ダブルスプリット 
 5着のダブルスプリットは休み明けの分もあったかもしれない。
京都9R 鳴滝特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都11R カシオペアS タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 エアウィンザー 
 勝ったエアウィンザー、この馬はスワーヴリチャードの勝った共同通信杯6着以外は全て3着以内の堅実派で、相手なりに走る反面で、気を抜く事から勝ち味に遅かったが、ようやく勝つ味を覚えてこれで3連勝。それまでの2連勝がクビ差の接戦でしたが、今回は2馬身差ですから、SLランクとすれば決定的な着差ですから、これはもう本格化と見て良いと思う。G3の重賞も視野に入って来た。
2着 グリュイエール 
 2着以下は2馬身以上離された。まず2着のグリュイエールだが、エプソムC3着馬。前走の新潟記念では折り合いを欠いてしまった。今回はその折り合い面はリセットできましたから、負けはしたけれども、相手は強かったし、次走以降につながる走りはできたと思う。
3着 トリコロールブルー 
 3着のトリコロールブルー、こちら直線に入って少し窮屈になったが、進路ができてからはよく伸びた。本来オープン特別では力上位ですから、叩いてさらに良くなると思う。
7着 ブレスジャーニー 
 問題は7着のブレスジャーニー。勝ち馬と同じ位置から突き放されて伸びを欠いた内容にはがっかりした。2歳時に左回りの東京で3連勝した馬ですから、もう1度左回りを、特に東京を使ってみて欲しい。それで走らなければ個人的には見切りをつける。

  馬券Summary
秋の新潟競馬 タイムランク上位馬の価値
 先週で3回新潟開催が終了。新潟は今年の全日程を終えた。秋の新潟開催でちょっと振り返っておきたい事がある。まず表の部分をご覧ください。
秋の新潟競馬 タイムランク上位馬の価値
 これは昨年2017年の3回新潟競馬で6頭いるが、タイムランクBで勝った馬。なお、タイムランクAで勝った馬はいなくて、この6頭はたまたまと言うべきか、全て古馬500万下だったが、その後の活躍が目を引いた。言うまでもなく出世頭は目黒記念を勝ったウインテンダネスだが、マジカルスペルも戦績、これ特筆できると思う。という事で、一見地味な印象はあるが、3回新潟開催のタイムランク上位馬は今年も改めてチェックすべきだと考えた。
 という事で、今度は下の部分をご覧下さい。今年の新潟の高レベル勝ち馬。たまたま偶然と言うか、何と言うか2歳未勝利戦で記録されて、昨年とは実に対照的な結果が出ているが、注意が必要だと思う。ちょっと地味でもローカル開催というだけで、人気がついてこない事が多いので、馬券的には馬券になりますからちょっと注目してください。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26