2018年3回中山8日目

開催一覧
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒1だった。まずはこの開催の馬場差を確認しておくと、Bコースに変わった3日目以降、マイナス1秒0からマイナス0秒7の間で推移していたが、先週日曜は水準レベルになった。
 中間は雨が降らなかった。土曜は芝が乾いて良馬場発表。気温の上昇とともに、芝の生育も順調で、コース替わりの開催2週目の馬場差マイナス1秒台に戻っていた。そして春の嵐が予測された日曜日は、夜中の3時頃から雨が降り出した。1R前には上がったが、土曜と一転して水準方向へと傾いた。日曜の馬場差マイナス0秒1は、1日を通した数値。馬場の中から外が伸びる傾向は、先々週までと同様。今週だけに限った事ではない。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がマイナス0秒8。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒7だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、週によってあるいは、同じ週でも土日で数値に開きがあり、初日と最終日は時計が出やすくなった。
 中間雨が降らず、砂が乾燥した状態なのに土曜は1800m・1200mともに先々週と比較して時計が出やすくなっていた。そこへ持ってきて、日曜未明からの雨。稍重発表の日曜は高速レベルに近づいた。土曜は風が強かったが、時計の出方に影響するほどではない。また、日曜も競馬が行われたのは風が弱まってから。こちらも影響は無い。また、脚質的な偏りもなかった。


  タイム分析
 2018/04/15 (日)  芝=-0.1  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T2200 ワセダインブルー    牡3 未勝利 2:15.5 -0.5 -0.4 -0.8 -0.1 B D 9.00
8R T1200 ラッシュアウト    セ4 袖ケ浦特1000 1:09.5 +0.7 -0.3 +0.5 -0.1 D D 8.83
9R T2000 ギブアンドテイク    セ7 鹿野山H1000 2:01.7 +0.8 --- +0.9 -0.1 E D 5.60
11R T2000 エポカドーロ    牡3 皐月賞G1 2:00.8 ±0 --- +0.1 -0.1 C C 9.19
12R T1600 フィアーノロマーノ    牡4 春興SH1600 1:34.6 +0.9 -0.6 +0.4 -0.1 D C 7.30
 2018/04/15 (日)  ダ=-0.8 / 1200m=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ドヒョウギワ    牝3 未勝利・牝 1:55.0 -0.7 --- +0.1 -0.8 C D 6.21
2R D1200 カッパツハッチ    牝3 未勝利 1:12.7 -0.2 --- +0.5 -0.7 D D 8.21
3R D1800 ボンテン    牡3 未勝利 1:55.4 -0.3 --- +0.5 -0.8 D E 8.25
5R D1800 ヒラボクラターシュ    牡3 500万下 1:53.3 -1.4 --- -0.6 -0.8 B C 7.40
6R D1200 ステラルーチェ    牡6 500万下 1:11.0 -0.9 --- -0.2 -0.7 C D 8.00
7R D1800 ダイワドノヴァン    牡4 500万下 1:53.9 -0.1 --- +0.7 -0.8 D D 7.50
10R D1200 ダノングッド    牡6 京葉S 1:09.9 -0.3 --- +0.4 -0.7 D C 7.15

中山4R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒8速い勝ちタイムだった。2走続けて2着だったワセダインブルーが今回は1番人気に応えた。
1着 ワセダインブルー 勝ち馬注目
 1着ワセダインブルー、7戦目の初勝利。レースを使いながら強くなって行くのはハービンジャー産駒の特徴。連続2着していたので、今回は順当勝ちだが、あと一歩でAランクだった。立派。武豊騎手も中団外めで自信を持って乗っていた。牡馬としては小柄だが、スタミナが豊富で長い脚を使える。500万下に行っても、中・長距離では上位候補に入る。そんな感じがした。
2着 アルビオリクス 
 2着が2番人気のアルビオリクス、3着はトーセンヴァロンと人気順での決着だった。2着アルビオリクス、ディープインパクト産駒だが腰が甘くてスタートが下手。溜めても切れるタイプでもないので、マクりが現在の戦法。ただ、0秒3差でBランクと内容は確実に良くなっていた。東京は乗り方が微妙だが、2000m前後ならマクっても我慢が効くと思う。
3着 トーセンヴァロン 
 2着が2番人気のアルビオリクス、3着はトーセンヴァロンと人気順での決着だった。3着のトーセンヴァロン、勝ち馬から0秒7差でCランク相当。ディープインパクト産駒でもエンジンの掛かりが遅い。東京替わりは歓迎だが、距離はあった方が良いタイプに思う。
4着 エスポワールカフェ 
 4着のエスポワールカフェ、2200mで高レベルになる流れを途中から先頭に立って踏ん張っていた。ハービンジャー産駒の特性を活かした騎乗、これも長めの距離でチャンスがあると思う。
中山5R 3歳500万下 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。番組注目馬、ヒラボクラターシュが勝った。
1着 ヒラボクラターシュ 
 1着ヒラボクラターシュ、前走2着が完全タイム差マイナス0秒5のBランク相当だった。今回も同じ稍重で、マイナス0秒6。ほぼ同じ内容で走っての楽勝だった。ただ、4コーナーではかなり外を回っていて、その分を考慮すれば、進境もあった感じもある。取り口の安定したタイプ。ダートの中距離ならオープンに昇級しても大きくは崩れないと思う。
2着 ゲンパチカイナル 番組注目馬
 2着のゲンパチカイナル、0秒3差で自身のタイムランクはCになるが、4コーナーで少し内に押し込められるシーンもあった。勝ち馬のように惰性がつかなかった面もあって、それを踏まえれば高レベルに扱っても良い内容では走れていた。ダートではまだ底が割れていない。自己条件はすぐに勝てると思う。
3着 プレシャスリーフ 
 3着のプレシャスリーフ、内めをロス無く回って差し込んで来た。これ以上はないにしても、東京ダート2100mで遅い時計の未勝利勝ちからすると、速い時計にも対応できたのが今回の収穫。中4週明けてダート2100mの500万下がある。そこなら上位候補。
中山7R 4歳上500万下 
2着 スターライトブルー 解説推奨
 今開催の馬券Summaryでも取り上げた元JRA未勝利馬の再転入組。園田での連勝時に一足前に再転入して500万下を勝ったワンダーラジャを負かしていて、通用すると見て本命を打った。結果は2着だが、速い流れを勝ち馬より先に動いて半馬身差なら、目処の立つ内容だった。未勝利時には芝で3戦連続2着があって、現在1000万級の馬何頭にも先着していた。今回の自身のランクはギリギリD。時計が平凡と多少でも人気が落ちるなら、しめたもの。東京の芝の好走時は追い込んでいた。東京マイルの待機策なら弾けてくるはず。
中山9R 鹿野山特別 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
中山10R 京葉S 
2着 ベストマッチョ 
 1番人気2着だった。1枠1番がアダになった。包まれたくないので、無理してでも逃げるしかなく、超ハイペースに。それでも勝ち馬以外には差させなかったのですから、能力上位は明らか。次走外枠ならアッサリまであるだろう。
中山11R 皐月賞 GI
 先行争いがポイントでしたが、アイトーンが先手を取って先団3頭が後続を離して進むという展開だった。前半1000m59秒2、後半が61秒6。前3頭が飛ばして、予想通りのハイペース。ラップ内容は同じ中山2000mのホープフルS、京成杯と似ていた。離れた4番手を追走のエポカドーロが馬場のほぼ中央を力強く抜け出して行く。先行勢の中ではジェネラーレウーノが粘っていたが、これをサンリヴァルが交わして2着。後方組ではステルヴィオの4着が最先着。ワグネリアンは最後狭くなって7着に終わった。
 4着から7着ワグネリアンまでが後方から大外を回ってた組。最先着のステルヴィオで残り600mで先頭と3秒1も離されていたのでは、常識的には届かないと思う。
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。皐月賞のメンバーランクはC。ダノンプレミアムが出ていればBになっていた。完全タイム差はプラス0秒1で、タイムランクもC。人気を裏切った後方待機組は、その位置取りから見直しは必要だが、それらの組の最速の上がりでも勝ったエポカドーロを0秒3しか上回っていないのですから、レベルの面からは過大評価は禁物。
1着 エポカドーロ 
 エポカドーロが勝って、オルフェーヴル産駒は初年度からクラシック制覇という事になった。戸崎騎手は1レース前に馬場に出て、芝の様子を点検していた。それだけ自信があったのだと思う。内容としては、前を行かせておいて、離れた2番手から一旦抜け出したスプリングS2着と同様だが、今回はGIで2馬身差の完勝ですから、さらに強さを増していた。母が短距離指向の高いダイワパッション。オルフェーヴルの牡馬は少しスピード不足の産駒が目立つので、このくらい軽い母系の方が合うと思う。ダービーはダノンプレミアムが加わりますし、他路線からの素質馬も多くなる。簡単には行かないと思うが、少し渋めの馬場ならチャンスも出てくるだろう。
2着 サンリヴァル 
 2着がサンリヴァル、3着にはジェネラーレウーノと続いた。2着サンリヴァルは同じようなハイペースとなったホープフルSで強い競馬をしたのが4着のこの馬だった。勝ち馬とほぼ同位置。一番有利なポジショニングではあったが、消耗戦に強いルーラーシップ産駒らしく、バテない強みを活かした。ただ、ダービーは底力と瞬発力の差が出るかもしれない。
3着 ジェネラーレウーノ 
 2着がサンリヴァル、3着にはジェネラーレウーノと続いた。3着のジェネラーレウーノ、先行争いを演じたアイトーン8着、ジュンヴァルロは15着。1頭だけ踏ん張れたのは、やはりハイペースの京成杯で前で押し切った事が大きいと思う。0秒6差でも強い競馬をしていた。中山向きは確かだが、父が意外性のあるスクリーンヒーロー。ダービーでも印の回る範囲内にはいる。
4着 ステルヴィオ 
 2番人気のステルヴィオは4着だった。2400mが長いので、NHKマイルCの選択肢もある。その場合は上位候補。
5着 キタノコマンドール 
 3番人気キタノコマンドールは5着。4コーナーでは1番大外だった。3戦目のキャリアを考慮すれば力は示していた。前走時に騎乗した福永騎手は左回りが良いとコメントしていたと聞いている。今年から皐月賞5着までがダービーへの出走権が与えられる。権利を得て、次は大きく変わってきそう。
6着 グレイル 
 6着のグレイル。推定の上がり600mは4着馬・5着馬と並んで最速だった。共同通信杯の結果から、速い上がりには限界があって、このぐらいが理想。ダービーもそうした流れになれば、頭角を現してくるだろう。
7着 ワグネリアン 
 1番人気のワグネリアンは7着。福永騎手は1コーナー手前から外に出そうとしていましたし、実際その通りになった。ラストは狭くなったとしても、今回は仕掛けてからの反応が鈍かった。前2走と比べてパドックで落ち着いていたが、うるさいぐらいの方が結果の出るタイプなのかもしれない。東京スポーツ2歳Sの内容から、左回りだと違ってくると思うが、評価は微妙になってきた。
福永祐一騎手前回より落ち着いていましたし、雰囲気は良かったです。いいスタートを切って、道中は打ち合わせ通りのポジションにつけることができました。ただ、3角過ぎから仕掛けても反応がなかったです。ノメるようなところはありませんでしたが、いつものように加速できませんでした。勝ち馬を射程圏に入れられていたので、届くと思ったのですが……。残念です。
10着 タイムフライヤー 通信簿
 6番人気10着だった。ホープフルSで4コーナー先頭から4着だったサンリヴァルが今回は2着。ホープフルSを勝てたのは展開が向いたからという見立てで間違っていないと思う。

  馬券Summary
オークス・日本ダービーの前哨戦で注目したい馬
 桜花賞・皐月賞が終了して今週から東京に舞台を移してオークス・日本ダービーの前哨戦が続く。そこで今回の馬券Summaryは、その前哨戦に出走すると予想され、本番を目指す有力馬を牝馬・牡馬に分けて2頭ずつ挙げてみたいと考えている。
 まず3/10阪神芝2400mゆきやなぎ賞を勝ったディープインパクト産駒のサトノワルキューレ。前半は最後方に位置、残り1000mからロングスパートをかけて、一旦エタリオウを行かせておいて、直線で差し切るという味な勝ち方だった。補正込みだが、タイムランクもBだった。牡馬の強いところを負かした点と、ステイヤーらしい勝ち方が魅力に映る。栗東角居厩舎所属、今週のフローラSをM.デムーロ騎手で予定している。
 牝馬からもう一頭、美浦古賀慎明厩舎所属のミュージアムヒル。デビューから6戦して2勝2着4回と連対率10割を誇る。アネモネS2着のレッドレグナントや桜花賞5着のマウレアなどに負けているので、勝負付けは済んでいると見られがちだが、1600m以下で脚を余す敗戦も多かった。同じ1600mでも3/10、中京のフローラルウォーク賞は余裕の差し切りだった。当時2着のアドマイヤアルバも、次走で勝ち上がっている。地味でも相手なりに走れるタイプ、こちらはスイートピーSを予定している。

 1頭目は美浦藤沢和雄厩舎のオブセッション。昨年暮12/2、阪神1800mのシクラメン賞で2勝目を挙げた。1分45秒6は2歳レコードで、タイムランクも文句なしのAだった。エンジンが掛かったのがラストの200m手前、そこから4馬身差つけた豪快な末脚はまだ記憶に新しい。この後弥生賞に出走して、4コーナーで待避所の方向へ逃げてしまう、悪癖を出して惨敗した。気性的に若さは残るが、その分伸びしろも大きくて、大きな馬体と大きなストライドは断然東京向き。予定されている青葉賞を足がかりにして、大きく飛躍してきそうな予感がする。
 牡馬2頭目は栗東友道康夫厩舎所属のスーパーフェザー。オブセッションと同じディープインパクト産駒。2016年のセレクトセールで2億6000万円の高値で取引された。デビュー4戦目となった3/31、阪神芝2400mのアザレア賞は操縦性が向上、距離が2400mに伸びて追走にも余裕が出た。上がり600m推定33秒6で2着に2馬身半差の楽勝だった。いかにも東京2400mが向いていそうな感じがある。こちらも青葉賞を予定。ペースが上がり、時計が速くなってどうかをしっかりとチェックしておきたいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26