2018年5回中山4日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス1秒1だった。まずはここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒台だが、開幕週と比較すれば先週は水準方向に動いた。
 火曜と木曜日に雨が降って、金曜の昼はまだ稍重だった。芝については土曜の朝時点で良馬場になったが、しっとりとしたコンディションで、1週目より時計が掛かった。日曜は土曜より乾いて少しだけマイナス方向に動いたが、ずっとAコースを使用するこの開催中に開幕週のような馬場差に戻ることは考えにくい。ただし、エアレーション整備をている芝なので、踏み固められて開催後半に速い時計が出るようになるということもありますから、このまま徐々に時計がかかるようになると決めつけない方が良いかと思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒6。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒8だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、大きな動きはないものの、1800mは開幕週よりも先週の方がいくらか時計が掛かった。1200mは3日目までは同じ馬場差で、速い時計の出るレベル。
 土曜の朝が稍重だったように、含水率は1週目より高かったが、土曜の時計の出方は1週目とほぼ同じだった。まぁ馬場の表面に近いところの含水率だけで、時計の出方が決まる訳ではないということ。土曜の朝は良に近い稍重。そして土曜の後半は稍重に近い良だったので、土曜の馬場差は一定。日曜は土曜よりは乾いて、土曜より時計が掛かるようになった。秋、9月に高速化してから、特に中山のダート1800mで以前ほど大型馬の好走が目立たないようになっていたが、もう先週は500キロを超える馬の好走が多くて、真冬の中山のダートっぽくなって来た。と言っても、昨年の冬と比べるとまだ時計は速い。


  タイム分析
 2018/12/09 (日)  芝=-1.1  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T2000 ディーイストワール    牡2 未勝利 2:03.0 -0.2 --- +0.9 -1.1 E C 8.29
6R T1800 シーオブザムーン    牝2 新馬 1:53.2 +2.9 -1.0 +2.9 -1.0 SL C 10.21
9R T1200 ホウオウカトリーヌ    牝2 黒松賞500 1:09.2 -0.3 --- +0.4 -0.7 D D 8.38
10R T1800 ウインファビラス    牝5 常総SH1600 1:48.5 +1.3 --- +2.3 -1.0 E C 8.08
12R T1200 タケショウベスト    牝4 1000万下 1:08.5 -0.3 --- +0.4 -0.7 D D 9.64
 2018/12/09 (日)  ダ=-0.6 / 1200m=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 サニーストーム    牝2 未勝利 1:12.3 -0.7 --- +0.1 -0.8 C D 7.00
2R D1800 シャルロッテミノル    牝2 未勝利・牝 1:56.8 +0.7 --- +1.3 -0.6 E D 9.27
4R D1800 コスモハヤテ    牡2 未勝利 1:56.6 +0.5 --- +1.1 -0.6 E D 8.00
5R D1800 キングスバレイ    牡2 新馬 1:58.1 +1.6 --- +2.2 -0.6 E C 9.29
7R D1800 ビッザーロ    牝4 500万下 1:55.4 +1.4 --- +2.0 -0.6 E D 9.93
8R D1200 シャインヴィットゥ    牡4 1000万下 1:10.6 -0.7 --- +0.1 -0.8 C D 7.71
11R D1200 コパノキッキング    セ3 カペラSG3 1:10.2 +0.1 --- +0.9 -0.8 E C 8.23

中山2R 2歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
中山3R 2歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
中山4R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
中山5R 2歳新馬 タイムE
 基準より2秒2遅い勝ちタイムだった。
中山6R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中山7R 3歳上500万下 タイムE
 基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。
中山10R 常総S タイムE
 基準より2秒3遅い勝ちタイムだった。4着だったティソーナについて。
4着 ティソーナ 
 スタートから気合をつけてハナを切って、その後上手くペースを落としたが、この後向正面の800m付近でコスモイグナーツが外から並んで来て、しばらく並走して交わして行くが、その800mから1000mにかけての11秒0が最も速いという特殊なラップになった。楽ではない先行になってしまった。そして最後に力尽きて4着になってしまうが、実は残り150m付近までは先頭で踏ん張っていた。その後坂で止まった感じもあるが、そもそもこの馬に1800mはちょっと長いんだと思う。1200mから1800mに伸ばした時に、リズムよく走れた事でその後はずっと1800mに使っているが、ベストは1400mから1600mのはず。そういう条件に出てきたら狙いたい。
中山11R カペラS タイムE
 タイムランクはE・メンバーランクはCだった。スタートでコパノキッキング・ハットラブらが遅れら。一方6枠の2頭が先行して4コーナーに差し掛かって行く。先行争いが激しくなっても不思議ではメンバーだったが、サイタスリーレッドがダッシュ良く飛び出して、単騎逃げ。600m通過33秒4だが、カペラSの過去10回中5回はこれより速く、中山ダート1200mの重賞としては超ハイペースではない。で、競り込まれることもなく、普通のハイペースで逃げたサイタスリーレッドは、もう直線で差を広げて、まぁ普通は逃げ切るはず。逃げ切り態勢に見えたが、コパノキッキングがもの凄い脚で追い込んで来て、差し切った。キタサンミカヅキもよく伸びたが、3着までだった。
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
1着 コパノキッキング 
 コパノキッキングが追い込みを決め重賞初制覇。コパノキッキングは残り200m地点では先頭から1秒以上離れていて、レースのラスト200mが12秒9ですから、自身は11秒台半ば。中山の急な上り坂の時点で、このラップは驚異的で、展開がハマったという追い込みではない。札幌1000mで連勝した時は、どちらも4コーナー先頭だったが、ラップが全く異なり、差しに回っても問題ない事はもう既にに示していたんが、藤森Sと今回は凄い追い込みだった。これでダートの1200m以下は6戦全勝。普通、ダートの短距離というのは、ほとんどの馬が展開に左右されが、コパノキッキングは左右されない。今後はどんどん重くなる負担重量との戦いになりそう。
2着 サイタスリーレッド 
 そして2着がサイタスリーレッド、3着がキタサンミカヅキだった。2着サイタスリーレッドは注文通りの逃げで、普通は勝っているパターンだが、とんでもない馬が1頭いたということ。行けないとモロいので。展開に左右されるが、行ききれると判断出来る時には狙って行きたいですし、今回のように先行馬が他に多く居ても行けたりするので、人気がなければ常に押さえておきたい馬。
3着 キタサンミカヅキ 
 そして2着がサイタスリーレッド、3着がキタサンミカヅキだった。そして3着キタサンミカヅキよく伸びたが、JRAのダート短距離重賞で58キロというのは相当厳しい。58kgで3着というのは能力の高さを示している。
8着 ハットラブ 
 ハットラブは3番人気で8着だった。勝ち負けに持ち込むには上がり35秒0辺りが必要だったが、ながつきSを勝った時は上がりが600m34秒6。そのぐらいの脚はあるが、今回は不発だった。落馬した前走の影響があったのかもしれないななどと考えてはみたが、よくはわからない。

  馬券Summary
コースが替わらなければ 信頼度抜群
 前回は東京ダート1600mで好走した馬が、中山ダート1800mでは信頼度が低いという話をしたが、では中山ダート1800mで好走した馬が、次も中山ダート1800mに出走したらどうなるか。まぁ結論から言ってしまうと、信頼度は極めて高くて、冬の中山あるいは春の中山のように、中山開催が連続する時期には、中山ダート1800mの好走馬を次走もすんなり買える事が多い。
コースが替わらなければ 信頼度抜群
 表を見ていただくと分かるが、特に2着馬、次走の勝率が高いので連軸ではなく1着固定で買いやすい。で、前回の放送と同じようにタイムランク上位の前走2着馬に関して、前走の4コーナーの位置取りで分けると、連対率は前走の位置取りに関係なく高いが、勝率は前走4コーナー4番手以下だった馬は低い。前走で先行有利とされる中山ダート1800mで差して好走しているわけだから、力はあるが、先行有利のコースで2度続けて差して好走するのも簡単ではない。ただし、東京ダート1600mで差して好走した馬に比べれば、好走確率ははるかに高い。さらに、中山ダート1800mのAランクで勝った馬について見てみると、次走ほぼ昇級戦になるが、それでいて連対率が5割もある。という事で、中山開催が連続する時には中山ダート1800mから挙がった番組注目馬が、次走も中山ダート1800mであれば信頼度はかなり高いと思っていただきたい。まぁ逆に言うと、中山ダート1800mから挙がった番組注目馬の次走が東京ダートになってしまった場合は、誠に申し訳ないが信頼度は下がってしまうと思われる。いうこと。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-