2018年3回京都10日目

開催一覧
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がマイナス0秒4だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、7日目まではマイナス1秒台だが、8日目は雨の影響でかなり時計が掛かって行った。
 金曜夜から土曜未明の雨で、土曜は時計が掛かっていた。逆に日曜は乾いて、マイナスゾーンに戻ったが高速馬場ではなかった。あと、連対馬を見ると、逃げも先行も3連対ずつしていたが、基本的には差して来る馬の方が有利だった。ただ、後方からでは厳しくて、好位か中団がベストで、その傾向は土日とも同じだった。先々週の日曜のように、極端な道悪にならない限り、差しが有利だった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒6からマイナス0秒4への変動、日曜がマイナス0秒2だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、水準寄りではあるが、プラスの数値が続いている。そして8日目からはマイナスの数値となった。
 土曜は雨の影響が残って終日稍重だった。先々週日曜ほどではないが、速めの時計が出るレベルだった。ただ、後半は乾いて行って水準レベルに近づいて行った。そして日曜はさらに乾いて、水準レベルになった。あと、連対馬を見ると逃げ馬が幅を利かせていた。実は土日で計7連対あった。これだけ逃げが頑張ったのは、今開催では初めてになる。


  タイム分析
 2018/05/20 (日)  芝=-0.4  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1800 サトノガーネット    牝3 未勝利 1:49.3 +0.9 -0.2 +1.1 -0.4 E D 8.69
4R T1400 ラルムドランジュ    牝3 未勝利 1:21.9 -0.6 --- -0.3 -0.3 B C 8.71
6R T1600 ラセット    牡3 500万下 1:33.8 -0.7 --- -0.4 -0.3 B D 8.40
7R T1800 ウインシャトレーヌ    牝4 500万下 1:47.4 ±0 -0.3 +0.1 -0.4 C C 6.13
9R T2000 アルメリアブルーム    牝4 御室特別1000 2:00.3 +0.5 -0.3 +0.6 -0.4 D D 6.33
11R T2000 マウントゴールド    牡5 下鴨SH1600 1:58.8 -0.3 --- +0.1 -0.4 C C 5.58
 2018/05/20 (日)  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 キタサンデイジー    牝3 未勝利 1:25.2 -0.4 --- -0.2 -0.2 C C 4.70
2R D1800 ボードウォーク    牝3 未勝利・牝 1:54.0 +0.1 --- +0.3 -0.2 C D 7.15
5R D1800 オノリス    牡3 500万下 1:52.8 -0.2 --- ±0 -0.2 C C 7.45
8R D1200 スペシャルホース    牡4 500万下 1:11.6 -0.3 --- -0.2 -0.1 C C 9.92
10R D1800 ハーベストムーン    牡3 鳳雛S 1:53.4 +1.6 -0.7 +1.1 -0.2 SL D 6.67
12R D1800 ヘヴントゥナイト    牡4 1000万下 1:51.0 -0.8 --- -0.6 -0.2 B D 7.17

京都3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
京都4R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。ラルムドランジュが今回は先手を取って、直線に入って行った。外からタイセイトレンディが単独2番手に上がり、さらにラルムドランジュに迫って行く。2頭の首位争いとなり、内のラルムドランジュがハナ差で逃げ切った。2着タイセイトレンディから2馬身半差でクリノルーベンスが3着だった。
1着 ラルムドランジュ 
 2走続けて2着だったラルムドランジュが今回は初めて先手を取って逃げ切った。ラルムドランジュは序盤逃げ馬と併走していたが、3・4コーナーの中間ではもう単独先頭に立った。そして、そのまま何とか押し切った。前走はタイムランクBのレースで2着して、今回も好時計での勝利ですから、クラスが上がってもそこそこやれそう。あとは前走時も話したが、小柄な馬なので、体重の維持は鍵になってくる。
2着 タイセイトレンディ 番組注目馬
 そして2着タイセイトレンディは距離短縮で折り合い面は楽になったが、4コーナーを回ってしばらくの間、内に刺さってまともに追えなかった。あれが無ければ差し切っていた可能性もあると思いますし、ちょっと勿体ない走りにはなったが、短距離が合っているのは確かですし、次走も引き続き有力。
3着 クリノルーベンス 
 3着以下は2馬身半以上離された。3着クリノルーベンスはバテた馬が下がって来た時に、付き合ってしまって少し仕掛けが遅れた。ただ、上位2頭とは2馬身半差ですし、スムーズでも着順は同じだったかなと思う。
5着 リュニヴェール 
 5着リュニヴェールはロスなく運んだが、伸びは案外だった。もう少し溜めて行った方が良いのかもしれない。
6着 アプルーヴァル 
 2番人気のアプルーヴァルは6着に敗れた。外枠だった分、前に壁を作れずかなり行きたがっていた。次走も折り合い次第だろう。
京都5R 3歳500万下 
1着 オノリス 通信簿
 2番人気1着だった。オノリスは勝った。これは力通りだったと思う。ホントまぁ強い競馬だったと思う。
8着 ケールダンセール 通信簿
 3番人気8着だった。なかなか両雄並び立たず。内でちょっと窮屈な競馬を強いられた。外に出せれさえすれば、結果変わってくる馬だと思いますし、次走外枠なら見直し必要だと思う。
京都6R 3歳500万下 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。単勝1.5倍のラセットがその支持に応えて、勝った。
1着 ラセット 
 ラセットは4コーナーを回って、左からステッキを入れると内に一気にヨレてしまう。その後それを修正するために、右からステッキを入れると今度は外にヨレる形になった。ですから、それでも差し切った点は評価できるが、まだ若さが目立つ現状ですから、次走は人気とのバランスを見て買うかどうか考えたい。いずれにしろ、人気になると危うさはある。
2着 ハクサンフエロ 
 2着ハクサンフエロは逃げて粘った。詳しくは後ほどのコーナーで触れたいと思う。
2着 ハクサンフエロ 解説危険
 前半の600m34秒3のラップで逃げて2着に粘った。ペースだけを考えれば、よく粘っているようにも思えるが、道中他馬に競られる事なく、単騎で逃げられた事に加えて、先ほどタイム分析でも話した通り、直線で勝ち馬がヨレた。3着馬の進路を妨害している。ですからこの2頭が、1着・3着の2頭がスムーズに走っていれば、恐らく勝ち馬には突き放されて、3着馬には交わされていた可能性は高いと思う。速い時計で走る下地がある反面、自分の形に持ち込めないとモロいタイプなので、次走も同じ走りができるかとなると疑問ですし、あえて番組注目馬になってもおかしくない、ハクサンフエロを危険馬に選んだ。
3着 イシュトヴァーン 
 1番勿体なかったのが3着イシュトヴァーン。4コーナーを回ったところでラセットに寄られた。その後もう一度加速しただけに、まともなら2着はあったと思う。いずれにしろ芝の走りには目処が立ちましたし、次走も圏内。
5着 ジーナスイート 
 3番人気のジーナスイートは5着に敗れた。最後の直線に向くと、突っ張った走りになって伸びが無かった。今回は休み明け初戦でしたし、次走期待したいと思う。
京都10R 鳳雛S タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。この日曜10R鳳雛Sはスローペースが明暗を分けたレースになった。
1着 ハーベストムーン 
 勝ったハーベストムーンは楽な感じでハナに行って、ホントマイペースで運ぶ事ができた。今回は展開を味方につけた印象が強い。この馬3勝とも勝ち時計的には平凡なので、今後速い決着になった際の対応が鍵になってくる。
2着 グレートタイム 
 一方2着グレートタイムはペースが遅かった事もあって、自らポジションを上げていく競馬になった。結果敗れはしたが、展開面を考えれば強い競馬をしている。能力は相当高いと見て良い。
3着 コマビショウ 
 3着コマビショウは良い位置につけたが、ずっと内に刺さりながら走っていた。その分、上位2頭の争いには加われなかった。
5着 テイエムディラン 
 そして私の本命馬テイエムディランは5着だった。グレートタイムが上がって行った時に、歩調を合わせて進出したが、伸び負けした。序盤から明らかにペースが遅かったので、もう少し前で競馬をして欲しかったなと思う。
京都12R 4歳上1000万下 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。ヘヴントゥナイトが昇級後、3着・2着そして今回が1着だった。
1着 ヘヴントゥナイト 
 ヘヴントゥナイトは前に行きたい馬が多いメンバー構成だった事が影響したのか、ジョッキーが控える競馬を選択した。それでも揉まれる事なく、外めをスムーズな形で運んで5馬身差で勝利した。次回揉まれた際の不安はあるが、単純に時計だけならクラスが上がってモ通用する。ちなみに、この馬4歳馬なので次開催からクラスは下がる形になって、再度1000万下出走なら当然勝ち負けになる。
2着 アイアンテーラー 
 そして2着アイアンテーラーは逃げ馬が多い組み合わせだったので、行けるかどうか危惧したが、案外楽に行く事ができた。その分ラストまで踏ん張った。次走以降も展開が全てだろう。
3着 エルデュクラージュ 
 3着エルデュクラージュは揉まれると良くないタイプで、今回内枠がどうかと思っていたが、良いポジションで運ぶ事ができた。それを考えると、ラストの粘りは案外でしたし、着順は確かに良いが物足りなさの残る内容だった。

  馬券Summary
マル混レースの外国産馬
 マル混とは混合レースのこと。わかりやすく言えば、外国産馬が出走できるレースの事。以前はこのマル混のレースが結構多かったが、今はマル混が多い特別戦はともかく、平場に限れば、一頃と比べるとかなり数が減っている。先週は3場で障害戦を含めて合計21鞍しかなかった。ただ、そんな状況下で実は外国産馬が結構活躍した。
マル混レースの外国産馬
数字で示すとこの通り。1着5回・2着1回・3着5回・着外9回で、出走馬の半数以上が実は馬券に絡んでいる。先ほど取り上げた東京日曜6Rでは、1着から3着まで外国産馬が独占した。なぜそんなに活躍できたのか、考えたが、その理由はよくわからない。が、あえて探るとしたら、レース数が少ない分、使うレースを固定しやすくて、厩舎もそこに向けてピンポイントの仕上げができるという利点はあると思う。いずれにしろ、今週も平場のマル混のレースにおける外国産馬には注目してほしいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26