2018年1回中京5日目

開催一覧
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラス0秒8だった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、1週目がマイナス0秒1、2週目がプラス0秒5、そして先週がプラス0秒8と顕著に時計が掛かってきている。
 先週土曜は雪の影響が残って稍重。日曜は良馬場ではあったが、乾ききった訳ではなくその上同じBコース使用での最終日で時計が掛かっていた。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒4だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、マイナス0秒6からマイナス0秒4の間で推移しており、大きな動きはなかった。
 1回中京のダートは良か稍重で行われたが、馬場発表で時計の出方に明確な差はなかった。先週も凍結防止剤はまかれたが、時計の出方は変わらなかった。なお、連対馬の脚質にも目立った偏りはなかった。


  タイム分析
 2018/01/27 (土)  芝=+0.8  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1400 ギンコイエレジー    牝3 未勝利 1:23.1 +0.6 --- ±0 +0.6 C C 8.50
8R T2200 ファスナハト    牡5 500万下 2:15.0 +1.2 --- +0.3 +0.9 C D 4.75
11R T1200 エンゲルヘン    牝4 中京スH1000 1:09.4 +0.7 --- +0.2 +0.5 C D 11.11
12R T1600 リライアブルエース    牡5 鞍ケ池特500 1:36.1 +1.3 -0.3 +0.4 +0.6 D D 7.07
 2018/01/27 (土)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 インヴィジブルワン    牝3 未勝利・牝 1:56.8 +1.6 --- +2.0 -0.4 E D 6.47
2R D1200 マイウェイアムール    牝3 未勝利 1:12.3 -1.2 --- -0.9 -0.3 A D 6.67
3R D1800 メイショウダブル    牡3 未勝利・若 1:55.8 +0.6 --- +1.0 -0.4 E E 7.36
4R D1400 ダニエル    牡3 新馬 1:26.1 -0.5 --- -0.2 -0.3 C D 10.15
6R D1800 コンプリートベスト    牝4 500万下・牝 1:54.2 +0.6 --- +1.0 -0.4 E D 6.20
7R D1200 タガノモーサン    牡5 500万下 1:12.8 +0.3 --- +0.6 -0.3 D D 8.00
9R D1900 コリエドール    牡4 500万下 2:01.4 +0.9 --- +1.3 -0.4 E D 7.75
10R D1400 バーンフライ    牡3 はこべら500 1:26.0 +0.4 --- +0.7 -0.3 D C 7.67

中京1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。
中京2R 3歳未勝利 タイムA
 基準より0秒9速い勝ちタイムだった。最内枠からマイウェイアムールが先手を取って直線に入って行った。1番人気のミルトシャトルが並びかけて、2頭の首位争いとなるが、内のマイウェイアムールが抜かせずに競り勝ち1着となった。そしてクビ差2着のミルトシャトルから3馬身半離れてヒザクリゲが3着だった。マイウェイアムールがダート2走目で勝ち上がった。
 最内のマイウェイアムールが押して先頭に立った。1番人気ミルトシャトルも譲らず併走状態で直線に入ったので、前2頭これは不利かなと思われたが、逆に3番手以降を突き放した。結局内枠から先手を取ったマイウェイアムールがそのまま逃げ切った。
 3着以下は狙いづらい。
1着 マイウェイアムール 番組注目馬
 マイウェイアムールは芝で2戦して勝てなかったが、ダートに変わって3着・1着。今回厳しい展開・厳しいペースを克服しての1着で、しかも好タイムですから評価できる。父ロードカナロアは昨年種牡馬デビュー後、先週まで産駒が中央で44勝しているが、その内芝が40勝。ダートはわずかに4勝で、勝率や連対率も芝の半分程度しかない。しかし、この4勝全て今年に入ってからの勝ち鞍。昨年はなんと1勝もしていなかった。冬場でダート戦が増えてきたら活躍馬が出てきた印象。今後はダートでも注目が必要ではないだろうか。
2着 ミルトシャトル 
 2着ミルトシャトルはこれで3戦連続の2着。相手にちょっと恵まれていない印象。次は疲れさえ出なければ、普通に勝つと思う。
中京3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
中京4R 3歳新馬 注目
 ダート1400mの新馬戦にしては、速い流れとなった。3番手のダニエルが1番人気デンコウエルドラドとの叩き合いになったが、これを競り勝って快勝。2着には2番人気デルマカシャーサが追い込んだ。勝ちタイム1分26秒1は同じ日の3歳500万下はこべら賞と0秒1しか変わらない。内容的にもはこべら賞が追い込みの競馬になったのに比べ、厳しペースを乗り切っての走破タイムですから、これは評価できると思う。
1着 ダニエル 
 ダニエルの父はダートを中心に売り出し中の新種牡馬ハードスパン。ロードカナロアとは逆にここまでダートで13勝。芝は2勝。ダートで既に持ち込み馬として全日本二歳優駿やクラスターカップを勝ったサマリーズが居て、今後も活躍が見込める。ダニエル自身も次走上のクラスで通用する能力は持っているだろう。
2着 デルマカシャーサ 
 2着デルマカシャーサ・3着デンコウエルドラドともに未勝利戦はすぐにでも勝ち上がれるのではないだろうか。
3着 デンコウエルドラド 
 2着デルマカシャーサ・3着デンコウエルドラドともに未勝利戦はすぐにでも勝ち上がれるのではないだろうか。
中京6R 4歳上500万下・牝 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
中京9R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
3着 テイルバック 通信簿
 2番人気3着だった。距離が微妙に長かったし、ペースも速かったがよく粘った。ブリンカー効果もあったと言えるんじゃないだろうか。次走も上位候補。
中京10R はこべら賞 
5着 バイラ 解説推奨
ハイペースでもう前にいる馬が厳しくなって、最後は前と後ろがガラリと入れ替わる展開になったが、内で結構厳しいレースになってしまってなかなか4着まで追い込み馬になったが、この馬は前を進みながらインでバテずに5着。次走普通のペースなら、当然勝ち負けじゃないかと思う。
中京11R 中京スポーツ杯 注目
 上位人気に支持された4歳牝馬がきっちり実力を発揮した。
1着 エンゲルヘン 
 勝ったエンゲルヘンだが、3月に3歳500万下を勝った後、およそ6ヶ月半の休養を経て1000万特別で2着。その次走である前走は不良馬場で力を発揮できず、今回はそこから3ヶ月ぶりの実戦だった。レースは全く危なげなく、直線抜け出すとそのまま後続を抑えきっている。まだまだここで止まるような馬ではなく、次走以降も十分に期待できるだろう。
2着 ワールドフォーラブ 
 2着ワールドフォーラブだが、これは昨年1月に新馬戦を勝つとチューリップ賞など強いところにぶつけられて、成績が伸びなかった。ただ、およそ6ヶ月半の休養を経て500万下を快勝。前走で1000万下を3着し、今回は2着に入った。この馬も次走注目。
3着 タケショウベスト 
 3着タケショウベストは上位2頭より1キロ重いハンデ54キロ。過去4走が2・2・3・3着の堅実派で、今回もとても届かないような後方からすごい脚を使って3着に来ている。展開次第ではいつでもこのクラスは抜けると思う。

  馬券Summary
現3歳世代ダート種牡馬ベスト5
 ダート戦線たけなわですので、今年の3歳ダート戦線、新種牡馬が活躍して従来とは大分様相が違っている印象がある。ここで1度まとめておきたいと思う。先週までのJRAダート競走の種牡馬成績ベスト5の表をご覧下さい。
現3歳世代ダート種牡馬ベスト5
 なんと言ってもヘニーヒューズの活躍がダート戦線を変えたと言えるだろう。勝ち鞍は他を圧倒して2位以下の倍近くある。しかも連対率・複勝率ともに2位と。さらに複勝回収率4位に入っていて、これだけ活躍しているのに、回収率も高いという事なのですから、まだ完全にはバレてはいない。今だからこそヘニーヒューズ買いたいなという結論が出る。連対率・複勝率はキングカメハメハが1位だが、キングカメハメハ産駒はどうしてもダートでも人気になってしまう傾向にある。これなら、連対率・複勝率ともに高いハードスパン。それから勝ち鞍は少ないものの、単複の回収率で1位のスマートファルコンが狙い目じゃないだろうか。2月はダートが馬券成績分けるので、この辺りを踏まえつつダート戦線を効率的に狙ってみてはいかがでしょうか。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26