2018年2回小倉8日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒2、日曜がマイナス1秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響で時計が掛かって行った2日目後半を除けば、全てマイナス1秒台だが、徐々に水準方向に近づいて行く。
 水曜日から木曜日にかけて雨が降ったが、その影響はなく、先週土曜の馬場差は6日目と同じだった。日曜は芝の傷みが進んで、少し時計が掛かるようになったが、それでもマイナス1秒以上であり、なおかつ内を避けて通るようにもなっていない。今週からBコースへ移るが、先週の感じだと仮柵を設置した事で、極端に速い時計が出るようになるとも思えない。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒2だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響で時計が出やすくなった2日目後半を除くと、マイナス0秒3からマイナス0秒1の間で推移している。
 水曜から木曜にかけて雨が降って、土曜朝の含水率は今開催の開催日の中では最も高かったが、時計の出方に影響する程ではなく、土曜の馬場差は2週目・3週目と同じだった。日曜は含水率が下がった事もあって、土曜よりは少し時計が掛かるようになった。土曜の11Rを除いて前残りという決着が続いているが、土曜の11Rは前に行きたい馬が揃ってハイペース。小回りコースなので、前有利だけれども、1700mでハイペースになれば、差しも間に合うというのは、小回りコースのダートの一般的な特徴。


  タイム分析
 2018/08/19 (日)  芝=-1.1  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1200 ファストアズエバー    牝2 未勝利 1:09.1 -0.5 -0.2 ±0 -0.7 C D 9.73
3R T2000 バイマイサイド    牡3 未勝利 1:59.5 -1.3 --- -0.2 -1.1 C D 7.44
5R T1800 ヴィクトリアピース    牝2 新馬 1:51.1 +2.1 -0.4 +2.7 -1.0 SL C 7.93
6R T1200 シャドウノエル    牝3 未勝利 1:08.4 -0.7 --- ±0 -0.7 C C 8.30
7R T1800 カレンシリエージョ    牝3 500万下・牝 1:46.4 -0.7 --- +0.3 -1.0 C D 7.53
9R T1200 テイエムヒッタマゲ    牡4 戸畑特別1000 1:07.5 -0.6 --- +0.1 -0.7 C C 8.08
10R T1800 タニノフランケル    牡3 西部スポ1000 1:45.4 -1.0 -0.4 -0.4 -1.0 B C 7.83
11R T1200 アレスバローズ    牡6 北九州記HG3 1:06.6 -0.7 --- ±0 -0.7 C C 10.47
 2018/08/19 (日)  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1000 スタークォーツ    牝2 未勝利 0:59.6 +0.1 --- +0.2 -0.1 C D 7.42
4R D1700 レッドアルディ    牡3 未勝利 1:47.6 +1.3 --- +1.5 -0.2 E D 3.78
8R D1700 ミスズフリオーソ    牡3 500万下 1:45.0 -0.2 --- ±0 -0.2 C C 6.53
12R D1700 ララメダイユドール    牡4 500万下 1:46.3 +1.1 --- +1.3 -0.2 E D 7.67

小倉2R 3歳未勝利 
2着 アシャカド 解説危険
 このレースのラップが前半34秒7、後半が34秒4。前半がずっと下り坂なので、前傾ラップが当たり前であり、前半が後半より1秒速い程度なら前残りになる小倉芝1200mでは、前半34秒7というのは超スローペースであり、これで逃げて2着というのはかなり恵まれたと言える。物見をして前に進んで行かなかったというデビュー戦よりは進歩しているが、この2着で人気になるようならかなり危ないと思う。
小倉3R 3歳未勝利 
1着 バイマイサイド 通信簿
 1番人気1着だった。気性的な難しさを憂慮して危険馬に選んだが、今回はそれ以上にメンバー的に恵まれた印象が強い。結果勝つには勝ったが、直線で少しばかりヨレる面を見せていた点が気がかり。次走人気になるようなら、まだ危うさはあると思う。
小倉4R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
小倉5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。7着だったミッキースピリットについて触れておく。
7着 ミッキースピリット 
 4コーナーでちょっと外へ行きそうな素振りをしていたので、たぶんソレを警戒したんだと思う。直線でも左に行きそうだと感じたのか、先頭に立っても左からステッキを入れていたところ、それに過剰に反応したのか、他の理由があるのかわからないが、内にヨレてラチに突っ込みそうになった。そこで後ろのブルベアペスカに迷惑をかけたが、自身もちゃんと走っていれば、3着はあったのではないかという感じ。ただ、苦しくなったからヨレてしまったという面もありそうで、たぶん1800mは長いのだろう。特に距離を短縮して来た時に注目したい。
小倉8R 3歳上500万下 
2着 ダンサクドゥーロ 
 2番人気2着だった。積極的に先手を取りに行ったのが奏功。ペースは速かったが、後続が追走に苦しみ、これは勝てたと思ったのですが…。流石に最後はおつりがありませんでした。500万下ならそろそろ勝てそう。
5着 スズカガルチ 
 1番人気5着だった。まずは申し訳ありませんでした。前回は残り800mから400mにかけてペースダウンしてそこでポジションを上げて行けたが、今回はそこでペースが落ちず、マクれなかった。展開に左右されるタイプを番組注目馬にした時点で失敗していた。
小倉10R 西部スポニチ賞 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。3ヶ月半ぶりの実戦だったタニノフランケルが積極策で逃げ切った。
1着 タニノフランケル 
 前半1000mが59秒5、後半1000m57秒4というスローペースでタニノフランケルが逃げ切った。これで逃げた時は3戦3勝だが、全てコーナー4つで10頭以下の少頭数。また、今回に関しては、速くないペースでの逃げなのに、4コーナーで後ろが離れているという展開にも恵まれた。直線で追い比べになると厳しいので、多頭数では理想の展開に持ち込みにくいですし、さらに上のクラスで理想の展開に持ち込めるとは思えない。何しろウオッカの仔なので、常に人気になるが、取り扱い注意という感じ。
2着 カフジバンガード 
 2着のカフジバンガードはタニノフランケルのと言うか、幸騎手の上手い逃げに翻弄されてしまった。脚を使うだけ使って、差を詰め切れないというキツい展開だったが、それでも直線で止まっていない。次走も上位候補として良いだろう。
小倉11R 北九州記念 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。ゴールドクイーンが最内枠から先手を取って4コーナー。前半600mが32秒4。差し馬が好走できるペースだが、今年は外を回って間に合う馬場になっていなかった。内でジッとしていたアレスバローズは前が詰まっても文句は言えないレース運びだったが、先行2頭の間が開いて全くロスなく抜けて来た。早めに先頭に立っていたラブカンプーはアレスバローズに差されてからも粘っていたが、ダイメイプリンセスが最後に差して2着に上がった。
1着 アレスバローズ 
 アレスバローズが重賞を連勝した。アレスバローズはハンデ戦のCBC賞を勝って、そこからハンデが2キロ増えるという、普通は連勝できない臨戦過程だったが、重賞連勝を決めた。直線であそこが空くというのは、かなりのラッキーだが、ペースが速くてもこの馬としては前の方につけていた事がラッキーを呼び込んだとも言える。ただ、内枠で壁を作れたので、好位につけても折り合いに不安がなかったという事は大きい。どんな状況でも好走できるタイプでは無いと思う。
2着 ダイメイプリンセス 
 その後アイビスSDの1・2着馬ダイメイプリンセス・ラブカンプーが続いた。2着のダイメイプリンセスはCBC賞が9着で、1200mの重賞ではどうかと思ったが、直線が平坦なら1200mでも問題ない模様。セントウルSやスプリンターズSは坂コースの1200mなので、それをどう克服するかという事。
3着 ラブカンプー 
 その後アイビスSDの1・2着馬ダイメイプリンセス・ラブカンプーが続いた。3着のラブカンプーの前半32秒4で行ってギリギリ2着に残れそうだという粘りは驚異的で、51キロだった事を差し引いても高く評価できる。1200m以下、特に平坦コースの1200m以下では今後も好勝負しそう。
6着 アサクサゲンキ 
 一方6着には2番人気のアサクサゲンキ、7着に1番人気のダイアナヘイローと共に着外だった。アサクサゲンキは今回もダッシュが鈍く、後ろから。直線で外に出そうとしたところで、閉められて進路を切り替えるロスはあったが、仮にスムーズだったとしても間に合わなかったと思う。ちょっと1200mでは、速さ負けしている現状なので、1400mの方が良いような気がする。
7着 ダイアナヘイロー 
 一方6着には2番人気のアサクサゲンキ、7着に1番人気のダイアナヘイローと共に着外だった。続いて7着のダイアナヘイロー、アレスバローズやダイメイプリンセスと同じような位置から特に不利もなく伸びていない。実質トップハンデの55.5キロで人気に応えられる程、抜けた存在ではないという事。
小倉12R 3歳上500万下 注目
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
夏血統ノヴェリスト
 現3歳世代が初年度産駒のノヴェリストだが、2回前の放送で取り上げたオルフェーヴルと同じように、初年度産駒の新馬・未勝利戦の成績を月ごとに出してみると
夏血統ノヴェリスト
11月未勝利、12月1勝、1月・2月が未勝利と来て、3月に2勝、そして4月に5勝。この部分だけを見ると晩成タイプが多いように見えるが、恐らくそうではなくて、寒い時期が苦手という事だと思う。2歳6月から9月までの新馬戦では、芝に限らると4勝2着6回で、連対率は38.5%。晩成タイプが多い種牡馬の成績ではない。ここでさりげなく芝に限ればと言ったが、目立つ特徴としてダートが合わない馬が多いという事がある。軽い芝でスパッと切れる産駒が多くないので、ダートに使いたくなるようだが、この表の集計期間では全てのクラスを通じてダートではわずか6勝。その6勝は全て1番人気から3番人気の上位人気で、しかも1番人気の時の連対率が30.8%しかない。寒い時期が苦手と思われる上に、冬は下級条件のレースの多くがダートなので、1月から2月の勝ち上がりがゼロというのは、当然とも言える結果だと思う。芝なら2歳の初期から走るが、冬は不振なので、ダート、特に冬のダートでは軽視して、温かくなって来たら注目。また、ダートで凡走していても芝で一変する産駒がいるので、これも狙い目となる。一例として8/5の新潟4R芝1600mを勝ったアビームはダート12着の直後に芝で2着。その後にダート13着でその直後に芝で1着という、ノヴェリスト産駒のサンプルのような成績になっている。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-