2018年2回小倉5日目

開催一覧
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス1秒2だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響を受けた2日目後半以外は全てマイナス1秒台の馬場差だが、徐々に水準方向に近づいている。
 先週は雨が降らず乾いた馬場だったが、3週目を迎えて芝が傷み始めた。そのため、少しだけ時計が掛かるようになったが、それでもまだ高速馬場の部類。Aコース4週目となる今週はさらに芝の傷みが進みそうだが、それでも良馬場なら馬場差はマイナス1秒以上の高速馬場だと推測する。なお、Aコースは今週までで来週からはBコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、雨の影響を受けた2日目後半以外は水準に近いレベルだった。
 雨が降らず乾いた状態が続いていて、馬場差は2週目と同じだった。この表だけ見ると、土曜は前残りばっかりで日曜は差しが決まっているように見えるが、これはメンバー構成やレースの流れの問題で、馬場コンディションは土日とも同じだった。


  タイム分析
 2018/08/11 (土)  芝=-1.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 ダンツブライト    牝2 未勝利・九 1:10.1 +0.5 --- +1.3 -0.8 E E 7.57
2R T1800 オーシャンスケイプ    牝2 未勝利 1:48.2 -0.5 --- +0.7 -1.2 D C 4.20
4R T2000 レッドアルジーヌ    牝3 未勝利・牝 1:59.7 -1.1 --- +0.2 -1.3 C D 7.33
6R T1200 レジーナファースト    牝3 未勝利 1:07.4 -1.7 --- -0.9 -0.8 A D 7.80
7R T1800 ウインイノベーター    牡3 未勝利 1:48.0 +0.1 --- +1.3 -1.2 E D 8.88
8R T1200 シングルアップ    牡2 フェニッ 1:08.4 -0.3 --- +0.5 -0.8 D D 7.43
10R T2000 ドミナートゥス    牡3 宮崎特別1000 2:00.1 +0.9 -0.8 +1.4 -1.3 SL D 5.86
12R T1200 ミトノアミーゴ    牡3 500万下 1:07.7 -0.8 --- ±0 -0.8 C D 9.81
 2018/08/11 (土)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1000 ナンクルナイサー    牝3 未勝利 0:59.0 ±0 --- +0.2 -0.2 C D 7.17
5R D1000 エイシンノホシ    牝2 新馬 1:00.0 +0.3 --- +0.5 -0.2 D C 8.09
9R D1700 スズカフロンティア    牡4 500万下 1:44.8 -0.4 --- -0.1 -0.3 C C 8.07
11R D1700 コパノチャーリー    牡6 阿蘇SH 1:43.1 +0.1 --- +0.4 -0.3 D D 7.83

小倉1R 2歳未勝利・九 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
小倉6R 3歳未勝利 タイムA
 基準より0秒9速い勝ちタイムだった。1番人気クラウンチャンプが先手を取り、直線半ばまで粘っていたが、外からレジーナファーストが伸びて抜け出す。内めからウインドショコラが上がって来るものの、レジーナファーストが3馬身半差をつけて1着。3着争いではジョーマキアートが先着した。
1着 レジーナファースト 
 2走続けて2桁着順のレジーナファーストが一変。レジーナファーストはダートへの出走を考えていたようだが、優先出走権がない中1週ではちょっとそちらへは入らず、結局芝へ出走した。前半32秒8という超ハイペースでハマった面はあるが、ガッチリと溜めてテンションの高さや口向きの難しさを封じ込めて能力を引き出せた。まぁ気性に難があるので、続けて好走できる保証はないが、タイムはかなり優秀。
2着 ウインドショコラ 
 2着以下は3馬身半以上開いた。2着のウインドショコラは芝1600m・ダート1800mと使って来て芝1200mで一変した。展開がハマったという内容でもありませんし、3馬身半差でもタイムはまだ優秀な部類。人気薄での好走だが、次走も上位候補となる。
3着 ジョーマキアート 
 3着ジョーマキアートは初めての1400m以下だったが、スピードを活かせた。こちらも次走上位候補となる。
5着 クラウンチャンプ 
 1番人気のクラウンチャンプは逃げて5着だが、これは超ハイペースだったので仕方ない。自分のペースで運べれば巻き返せる。
小倉7R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
小倉9R 3歳上500万下 注目
 4着だったメイショウタカトラについて。
4着 メイショウタカトラ 
 このレース、900m通過が54秒4。それだとピンと来ないかもしれないが、1000m通過が推定60秒4で超ハイペースではないけども、ハイペース。しかもスタート直後から押して先手を主張して行った上に突かれて、1000m通過後も息を入れられず、苦しい展開だった。さらに直線で早めに勝ち馬に並ばれているが、一旦前に出られてからも食い下がっているように、力は示している。次走もまた今回のように、逃げにこだわるレースをするかどうかはわからないが、普通に先行して行けばもっと上位に入れると思う。
小倉10R 宮崎特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
4着 ヴェルテアシャフト 解説危険
 これ超スローペースのレースだが、前を捕まえられないどころか後ろから差された。スローペースだと位置取りに関係なく鋭さ負けするタイプかと言うと、そうではなくてこの馬の2勝はどちらも超スローペースだった。要するにあまり強くないという事だが、どういう訳かいつも人気になる。新馬戦が目立つ勝ち方ではなかったのに、2戦目に1番人気になった時もへぇーっと思ったが、今回の2番人気にもちょっと驚いた。これほど内容の良くない負け方をしても、人気は下がらないはずなので次走も軽視したいところ。
小倉12R 3歳上500万下 注目
 3着同着のトモジャクアルトと5着のピュアコンチェルトについて。まずこのレースは前半600mが32秒9。いくら前半が下り坂の小倉芝1200mとは言え、500万下で33秒を切ると先行馬はキツい。
3着 トモジャクアルト 
 ほぼ先行総崩れという展開となっただけに、3番手追走から3着のトモジャクアルトは評価できる。交流戦のダートで勝って来たばかりだが、それで2番人気だったのは、低調な組み合わせで押し出されたという面もあるが、その評価は間違っていなかったと言える。次走も上位候補となる。
5着 ピュアコンチェルト 
 続いて5着のピュアコンチェルト、こちらは初めての1200mという不安要素がありながら、他に前走成績が良い馬が3番人気のタガノフレイアしかいなかったので、押し出された1番人気になったが、その初めての1200mが超ハイペースになったため、スタート直後から気合いをつけていても、どんどん位置が後ろになってしまった。差し馬向きの展開なので、直線で伸びては来たが、いかにも1200mでは距離不足という内容だった。次走も1200mなら、ちょっと評価を下げたいが、1400m以上に使ってきたら巻き返す可能性は高い。

  馬券Summary
大物種牡馬の2年目産駒
 ディープインパクトの初年度産駒、2008年生まれにはリアルインパクトやダノンシャークなど、ダービーの後高齢まで活躍した馬はいるが、ダービーまでの期間に重賞を勝ったのはダノンバラード・トーセンラー・マルセリーナの3頭だけ。それぞれダービーまでは重賞1勝ずつだった。しかし、2年目つまり2009年生まれの産駒からはダービーまでに重賞を勝った馬が9頭出ていて、その中には三冠牝馬ジェンティルドンナがいた。キングカメハメハの場合も同様で、2006年生まれの初年度産駒でダービーまでに重賞を勝ったのは、函館2歳Sのフィフスペトル1頭だけだったが、2年目の2007年生まれからはダービーまでに重賞を勝つ馬が4頭出て、その中には三冠牝馬アパパネがいた。他にも朝日杯FSを勝ったローズキングダムが出ている。
ダービーまでに活躍できるかどうかと言うのは、もちろん馬の素質も重要だが、その素質は早いうちに開花させられるかどうかという育成技術も重要で、産駒の数が多い種牡馬の場合、その産駒の育成ノウハウが2年目に確立されるのだと思われる。特にノーザンファームの生産・育成馬に関しては、その傾向が顕著。
これら2頭の種牡馬と同じ、社台スタリオンステーションにけい養されているオルフェーヴルの初年度産駒、全体の勝ち上がりが遅かったという事は前回紹介したが、それでもダービーまでに重賞を勝った馬が3頭出ている。育成ノウハウが確立されたであろう、2年目の産駒。つまり今の2歳馬は傾向が変わってくる可能性がある。現時点でオルフェーヴル産駒は晩成と決めつけない方が良いだろうと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26