2018年3回東京4日目

開催一覧
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス1秒3からマイナス0秒2への変動だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、先週土曜まではマイナス2秒1からマイナス1秒7の間での推移だったが、日曜は雨の影響で時計が掛かって行った。
 土曜の時点ではまだ先々週の高速馬場の延長線のイメージがあったが、少しずつ外差しの傾向は出始めていた。日曜日は朝から雨が降って、土曜と比較すれば、時計の掛かる馬場でスタートした。さらに後半へ向けて時計が掛かって行って、終盤は水準レベルに近づいた。2回開催を含めて、連続開催の東京で、先週日曜終盤は最も時計の掛かるコンディションだった。その日曜日だが、良馬場発表の4Rでも微妙な馬場の変化が感じられたが、ジョッキーの進路取りが明らかに変わったのは、午後の5Rからだった。雨に伴って馬場差も変動した。インが全くダメという訳ではなかったが、外が伸びる馬場に変わって行った。なお、今週からの2週はDコースが使用される。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒2からマイナス0秒7への変動だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、水準かそれに近いレベルの開催日が多いが、先週日曜は雨の影響で終盤時計が出やすくなった。
 数値が大きく動いている訳ではないが、前開催後半はプラスの数値。この開催に入ってマイナスの数値が続いている。そして先週日曜日は雨の影響で、終盤時計が出やすくなった。とは言え、高速馬場という程では無かった。連対馬を見ると、脚質の偏りは少なくて、脚質不問で力通りの決着が多かった。穴メーカーは先行馬で、人気薄の差し・追い込み馬が漁夫の利を得たというケースはほとんど無かった。


  タイム分析
 2018/06/10 (日)  芝=-1.3 → -0.2  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1600 ソロフレーズ    牡3 未勝利 1:34.8 -0.9 --- +0.1 -1.0 C C 10.50
4R T2400 トーセンヴィガー    牡3 未勝利 2:28.5 +0.2 -0.6 +1.2 -1.6 SL D 6.31
5R T1800 アガラス    牡2 新馬 1:51.2 +1.3 -1.2 +1.3 -1.2 SL C 7.23
8R T1800 ウインシトリン    牝4 500万下 1:48.1 +0.4 -0.5 +0.7 -0.8 D D 7.20
10R T1600 ショウナンアンセム    牡5 多摩川H1600 1:37.3 +3.7 -1.2 +2.9 -0.4 SL C 5.50
11R T1800 サトノアーサー    牡4 エプソムG3 1:47.4 +1.8 --- +2.0 -0.2 E C 7.88
 2018/06/10 (日)  ダ=-0.2 → -0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1600 イセベル    牝3 未勝利・牝 1:40.1 +0.9 --- +1.1 -0.2 E D 9.17
2R D1400 ゴムマリ    牝3 未勝利 1:26.5 +0.5 --- +0.7 -0.2 D E 10.40
6R D2100 サノサン    牡3 未勝利 2:14.1 +0.4 --- +0.8 -0.4 D C 5.88
7R D1400 ペイシャエヴァー    牡4 500万下 1:25.4 +0.5 -0.1 +0.7 -0.3 D C 9.11
9R D1400 アンティノウス    牡4 小金井特1000 1:24.0 -0.2 --- +0.2 -0.4 C C 7.40
12R D1600 アルクトス    牡3 500万下 1:36.6 -1.4 --- -0.7 -0.7 B D 8.36

東京1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
東京4R 3歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 トーセンヴィガー 
 勝ったトーセンヴィガーは状態が良くなって、スムーズなレースができればいつ勝っても良いレベルだった。父はトーセンホマレボシ。このレース5着のツインクルテソーロ、それから次のレースの3着のダディーズマインドも同じトーセンホマレボシ産駒だった。ですから、少し時計の掛かる馬場への適性を見せた感じがありますので、トーセンホマレボシの産駒は一歩進めて道悪で狙える種牡馬かもしれない。
2着 スズカノロッソ 
 2着のスズカノロッソ、こちらはモンテロッソ産駒なので、良発表でも馬場が緩かった事が良かったのではないかという気もしているが、今の未勝利クラスでは能力は上位。この後福島か、北海道の芝2600mで勝ち上がれそうな気がする。
3着 パルクデラモール 
 3着のパルクデラモールは、牝馬限定のダート戦でもどかしいレースが続いていたが、元々芝の新馬戦の2着馬ですから、改めて芝への適性の高さを示した。牝馬限定戦の芝でチャンスがあると思う。
8着 オメガハートビート 
 一方、1番人気のオメガハートビートは8着だった。敗因は体調が一息だった事と、距離が長かった事。この2点と見ている。
東京5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 アガラス 勝ち馬注目
 1着のアガラス、前回の放送で取り上げた2歳馬だった。父はブラックタイドで488キロ。良い馬だった。パドックで見てホント良い馬だと思った。競馬もセンスがあって、非常に手先が軽くて走るフォームも素晴らしい。減点なしの100点満点のレースだった。将来性は高いと思う。
2着 シークレットラン 
 2着のシークレットランはダンカーク産駒。個人的にダンカーク産駒は期待しているので、2着でも結果を出せてホッとしている。馬体は良いですし、センスも良い。今回は相手が悪かったという事。次走もかなり有力。
14着 ニシノサトル 
 もう1頭ダンカーク産駒がいた。ニシノサトル、16番人気で14着だったが、体がしっかりとすれば走ってきそうな雰囲気はある。ダンカーク産駒は芝でダメでも、ダートでつぶしが利くはずなので、是非注目してほしいと思う。
東京9R 小金井特別 注目
 このレース、降級馬2頭の決着になった。この開催はこういうレースが無いと困る。
1着 アンティノウス 勝ち馬注目
 1着のアンティノウスは以前と違って落ち着いて走れるようになった点で成長が伺える。今回は順当勝ちで、これはまだ通過点。1600万下までは難なく突破できるはず。
2着 ビックリシタナモー 番組注目馬
 2着ビックリシタナモー、4コーナー15番手からの追い込みだが、案外安心して見ている事ができたぐらいこの馬は切れる脚を使う。もちろん推定上がり600mは最速。次走もかなり有力。
3着 アオイサンシャイン 
 3着のアオイサンシャイン、非常に状態が良かったですし、距離短縮で良い形でレースを進める事ができた。先着2頭が強すぎた。
4着 ハルクンノテソーロ 
 4着のハルクンノテソーロは降級馬だった。と言うより、ユニコーンS2着馬と言った方がインパクトが強いかもしれない。ただし、この馬は出遅れますし、自分でレースも作れない。ビックリシタナモーとは違うタイプの追い込み馬ですから、過信は禁物。
5着 ケンコンイッテキ 
 5着のケンコンイッテキ、トモが弱くていつも良く見せない馬だが、今回は久しぶりに良く見せた。体調が整えば、馬も自信を持って走れるので、これを復調と受け止めたいと思う。
東京10R 多摩川S タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京11R エプソムC タイムE
 タイムランクがE・メンバーランクはCだった。およそ2年ぶりの実戦となったスマートオーディンがハナに立って、直線は外に出された。レースの流れとしては平均ペース。そしてやはり進路の取り方が道悪になって変わった。この時点で馬場は重まで悪化しているが、馬場差を考慮すると、それにしてもちょっと平凡なタイムだったという感じは否めない。ただ、内に進路を取った馬で大敗を期した馬に関しては、馬場が敗因という見方はできるかと思う。
 基準より2秒0遅い勝ちタイムで、メンバーランクはCだった。
1着 サトノアーサー 
 大外枠のサトノアーサーが抜け出して、重賞初制覇となった。スタートが良すぎて私の予想外の位置取りになったが、あの位置で折り合って走れたのは意外と言えば意外だった。この馬の元根は1着が皐月賞馬、3着が菊花賞馬の毎日杯の2着馬だという事。ですから、遅すぎた重賞初制覇という事で、これは秋の天皇賞を狙えるマイラーというイメージ。
2着 ハクサンルドルフ 
 その後ハクサンルドルフが2着、3着にグリュイエールが続いた。2着のハクサンルドルフは、ほぼ体制が決した後ゴール間際で追い込んだ脚は強烈だった。何と言うか、切れるという感じではなくて、ちょっと口では言い表せない凄みがあった。この馬重馬場をこなすが、重馬場だから2着に来たという訳ではない。
3着 グリュイエール 
 その後ハクサンルドルフが2着、3着にグリュイエールが続いた。3着のグリュイエールは一旦は2番手に上がって、ほぼ体制決したかに見えたが、そこで内へもたれたのが誤算で、ちょっと勿体ない3着になってしまった。それでも重賞で通用する力は示せたと思う。2100万の賞金なので、今後使いたいレースを使えるかどうか、それが心配。
4着 サーブルオール 
 4着のサーブルオール、一瞬伸びかかって止まってしまった。これが馬場のせいだったのか、オープンの壁だったのかちょっと判断しかねるが、こちらも重賞で通用する力は示せたと思う。
14着 ダイワキャグニー 
 問題は1番人気のダイワキャグニーで14着と大敗した。考えられる敗因は2つあると思う。1つはシンプルに馬場。もう一つは中2週の臨戦。実はこの馬、新馬勝ち以外の4勝は全て中6週以上のレース間隔。ですから、休み明け全力投球型というイメージもあるので、続戦が苦手なタイプかもしれない。
東京12R 3歳上500万下 タイムB
 このレースの勝ちタイムは古馬500万下の基準タイムより1秒4速いものだった。日曜12R時点の馬場差がマイナス0秒7だった事を踏まえても、 -1.4-(-0.7)=-0.7 で基準より0秒7速い勝ちタイムとなる。スタートでサーストンウィナーらが遅れ、最内のアンリキャトルも出脚が良くなかった。先手を取ったのはマサキノテソーロで、直線に入っても先頭で粘っているところにアルクトスが接近して行く。そしてアルクトスが抜け出し、差を広げて1着。その後1番人気ゴールドブラッドが追い上げ、2番手に上がったが、アルクトスが3馬身半差をつけていた。そしてマサキノテソーロ3着、後続は離れての入線となった。
1着 アルクトス 勝ち馬注目
 アルクトスがダート1600mで一変した。アルクトスはこの舞台で、タイムランクAで未勝利を勝った馬で、その後の2戦は中山と芝のレースでちょっと寄り道をしてしまった。正攻法でねじ伏せる強いレースだった。昇級しても通用する。
2着 ゴールドブラッド 
 2着のゴールドブラッドは降級馬だった。好位の内に収まって理想的な立ち回りだった。以前は他馬を気にする面があったが、この形で好走できた事は収穫と言える。相手が悪かっただけ。
3着 マサキノテソーロ 
 3着のマサキノテソーロは前走は14番人気で3着だったが、その時の先行策が刺激になったようで、今回は楽にハナへ行った。この辺りはいつも言うように、連続騎乗の妙というやつで、木幡初也騎手がテーマをもった乗り方をして結果を出した。
4着 オヒナサマ 
 3着から3馬身離された4着オヒナサマは、自身のタイムランクはDになるが、しっかり脚を溜めれば入着レベルにある事はわかった。
10着 アイヅヒリュウ 
 一方3番人気のアイヅヒリュウは出遅れて伸びを欠いて10着だが、初ブリンカーを気にしてちょっとスタートからヨレる感じで、レースに参加できなかった。

  馬券Summary
丸山元気騎手、飛躍の年
 今回、丸山元気騎手。飛躍の年になりそうだという事で、本当にそんな感じで取り上げる。周知の通り彼は、今年の1回新潟で12勝を挙げて開催リーディングジョッキーになった。勝ち星を量産して勝利数は既に昨年を上回っている。
丸山元気騎手、飛躍の年
 2014年から昨年までの4年間の成績は似たり寄ったりで、ほぼ30勝台で落ち着いているが、もしも今の勢いを保てれば、今年は昨年の倍以上の勝利数にたどり着く。実は彼はデビュー2年目の2010年に92勝を挙げているので、早い時期から秀でた才覚を見せていた。その後は中堅・若手らしい安定期を経て、今正に大ブレイクする好機が訪れた。
 まず92勝をした2010年とどこが違うのかというところだが、92勝した年はちょっと出来すぎだという事だった。勢いに乗ったという事もあるけど、がむしゃらに行ったという事。近年の30勝ぐらいが、今の自分のレベルだという事を冷静に分析していた。これは私の客観的な意見だが、やはりチャンスをモノにしている。今の若い人はなかなかチャンスがあって、何かも来ない。1回訪れたチャンスを結果を出している。その積み重ねが、今来ているというかな。メンタル面で強くなったという事は言えるかもしれない。この辺新潟はノウハウがあるのかなという感じがあるが、新潟は内周りと外周り、直線競馬もある訳だが、やはりコース・コースによってツボを得ていると言うか、仕掛けどころを掴んでいると思う。それと最も大事なのは、やはり馬場読み。馬場が荒れた時にどの進路を取るかというのは非常に重要な事。こうした仕掛けのタイミングや馬場読みというのは、佐藤哲三騎手が昔新潟で活躍した、それを彷彿とさせる。美浦トレセンに滞在している池添騎手の刺激を受けたようで、栗東トレセンにも滞在している。若い人はこういう事して良いと思う。こうした事によって、人脈も広がりますし、顔も覚えてもらえるし。この後函館に遠征する訳で、そういった意味では、個人的な営業と言っては変だが、顔を広めて行くという事は非常に大事な事。
 私、今年は結果を出して欲しいと思うが、本人としてはやはり大きいレース、GIにいっぱい乗って、そしてGIを勝ちたい、そういうジョッキーになりたいという事で、この辺はホントに今の若い人らしいと言うか、変わらないところかな。
今年ここまでの開催で吉岡さんが印象に残った馬・レースダイメイプリンセス  2走前、1回新潟3日目の11R4歳以上1600万下、直線1000mの駿風Sだが、タイムランクはEだったが、2馬身半差の楽勝だった。しかもこのレースは、初めての直線競馬で上がり600m最速。一杯の競馬をしておらず、高い適性を示した。実際中1週で臨んだ5/20の韋駄天S、4歳以上オープンの直線1000mは2馬身差の楽勝だった。今回も上がり600m推定最速をマークして、直線1000m2連勝という事で、2戦続けてこれだけのパフォーマンスを見せてもらうと、夏のアイビスサマーダッシュの本命候補に浮かび上がって来る。ちなみに、次走はCBC賞を予定しているそうです。血統については、半弟のダイメイフジが5月の安土城Sを優勝している。父はアグネスデジタルで、ダイメイプリンセスはキングヘイローですから、血統構成は大きく異なるが、母のダイメイダークは繁殖牝馬として、地味ですが、素晴らしい成果を収めている。持っている血脈の活用次第では、大物も期待できるかもしれない。

アーモンドアイ  3歳の3鞍を振り返る。GIII京都芝外周り1600mのシンザン記念で、このレースは2番手のツヅミモン、逃げたカシアスが2着・3着に残る、典型的な先行有利のペースで、SLランクだった。この流れを4コーナー大外で一気に突き抜けた勝ち方、これはちょっと衝撃的だった。
 GI阪神芝外周り1600mの桜花賞だが、シンザン記念以上にアーモンドアイの強さが目立った。上がり600m推定第2位のトーセンブレス34秒2で、アーモンドアイはそれを1秒を上回った。これはちょっと信じがたい。また、今年の桜花賞は能力の序列が明確に出て、面白いスポーツの面が出たと思う。
 オークスは同厩舎のコズミックフォースがダービーで3着だった。単純なタイム比較ではなく、コズミックフォースの国枝厩舎内での評価を想像すると、恐らくアーモンドアイの方が数段上だと思いますから、アーモンドアイがダービーに出走していたら、ワグネリアンより2馬身ぐらい前に出ていたかもしれない。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26