2018年5回中山7日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒8からマイナス0.4へ変動だった。まずは遡って8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスゾーンだったが、前半2週はマイナス1秒台だったのに対し、後半は水準に近づいた。特に先週日曜終盤は2000m対象の数値でマイナス0秒4だった。
 この開催は全てAコースが使用されるが、Aコース4週目になっても見た目には芝が傷んでおらず、2週目以降は馬場差が安定している。先週は日曜の後半に雨が降り出すまでは3週目と全く同じ馬場差。日曜の後半は雨の影響で、時計掛かるようになって行った。で、その日曜の後半に雨の中でレースが行われたことで、芝は傷んだはず。次の開催日つまり今年の最終開催日である28日まで中4日しかありませんから、その最終日は良馬場でも先週の日曜後半より時計がかかる可能性はある。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒9。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス1秒1からマイナス1秒3への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、強風の影響を受けた5日目の1800mを除けば、全てマイナスゾーンだった。1200mは総じて速い時計の出るレベルだった。
 火曜日から金曜日まで雨が降らず、土曜は乾いた状態でスタートしたはずだったが、速いタイムが出る馬場状態だった。土曜の後半に小雨が降ったこともあって、日曜も土曜と同じく速いタイムが出るコンディションだった。先週はいつも以上に前残り傾向が強かったが、馬場の全体的には乾いていても、内側の方は走りやすかったという可能性がある。その結果、内を通る逃げ・先行馬が勝って、速い勝ちタイムになっていたのだと考えられる。土曜は後半に小雨が降ったものの、ダートの最後のレースが8レースだったので、馬場差は変動にはならなかった。日曜日は1200mだけが変動になっているが、これは雨が降り出す前に1800mのレースが終了していたため。


  タイム分析
 2018/12/22 (土)  芝=-0.9  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1200 カステヘルミ    牝2 未勝利 1:09.4 -0.7 --- -0.2 -0.5 C D 7.93
4R T1600 フィリアプーラ    牝2 未勝利 1:34.4 -1.7 --- -1.0 -0.7 A C 8.44
9R T1200 ディアンドル    牝2 クリスマ 1:08.5 -0.6 --- -0.1 -0.5 C D 7.08
11R T2500 ルックトゥワイス    牡5 グレイH1600 2:32.7 -1.0 --- +0.1 -1.1 C D 6.90
12R T1800 オハナ    牝3 ノエル賞1000 1:49.6 +1.7 -0.5 +2.0 -0.8 SL D 6.31
 2018/12/22 (土)  ダ=-0.9 / 1200m=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 アポロチーター    牡2 未勝利 1:11.6 -1.4 --- -0.3 -1.1 B D 7.83
2R D1800 ネオレインボウ    牡2 未勝利 1:55.9 -0.2 --- +0.7 -0.9 D D 7.77
5R D1800 アルマスティング    牡2 新馬 1:56.7 +0.2 --- +1.1 -0.9 E C 10.27
6R D1200 トーアシオン    牡2 新馬 1:11.8 -1.4 --- -0.3 -1.1 B C 9.43
7R D2500 ギャラルホルン    牡3 500万下 2:41.5 -1.0 --- +0.3 -1.3 C D 8.43
8R D1200 アルベルティーヌ    牝3 500万下 1:10.3 -1.6 --- -0.5 -1.1 B D 7.29

中山1R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。最内枠から1番人気のアポロチーターが先手を取って行った。直線に入っても勢いは衰えず、先頭をキープし3馬身差で逃げ切った。2番手にはシゲルスピネルがいたが、パイロジェンが接近して行き、交わして2着。半馬身差でシゲルスピネルが3着だった。
1着 アポロチーター 
 アポロチーターが今回は逃げ切った。アポロチーターはダッシュ良く出て行って逃げ切った。ギリギリのBランクで、余裕の勝ちっぷりでも無かったので、昇級してすぐに通用するとは言えないが、スピードは十分にある。
2着 パイロジェン 
 2着以下は好タイムではないが、2着のパイロジェンは4コーナーで手応えが良くなかった割にはよく伸びた。
3着 シゲルスピネル 
 逆に3着のシゲルスピネルは4コーナーで手応えが良かった割に、直線で伸びを欠いてしまった。
4着 シゲルアコヤガイ 
 そして3着から5馬身差離れた4着以下はEランク相当になる。まず4着のシゲルアコヤガイはダッシュがつかず、置かれたものの直線でよく伸びていた。
6着 シゲルトルマリン 
 6着のシゲルトルマリンは出遅れて最後方近くになりながら直線でかなりの伸びを見せていた。次走で大幅にタイムを詰めて来る可能性がある。
中山4R 2歳未勝利 タイムA
 このレースの勝ちタイムは、2歳未勝利クラスの基準タイムより1秒7速く、1600m対象の馬場差がマイナス0秒7になる事を踏まえても、 -1.7-(-0.7)=-1.0 で基準より1秒0速い勝ちタイムだった。まずスタートだが、外枠から遅めのスタートの馬がいた。コスモリミックスがまずは先手を取って行くが、4コーナーをそのまま回って行く。直線に入ってもコスモリミックスが頑張って粘っていたが、大外からフィリアプーラが猛然と追い込んで来る。楽々と差し切って1着。さらにおその後をガロシェが追い上げて、コスモリミックスをアタマ差交わして2番手入線。
1着 フィリアプーラ 勝ち馬注目
 フィリアプーラが2走目で勝ち上がった。前半が34秒5-46秒1で後半が48秒3-36秒7という前傾ラップ。特にラスト200mが12秒8と掛かったため、フィリアプーラとガロシェが一気に差して来た。で、フィリアプーラは互角のスタートから、あえて下げたという感じでだったが、4コーナーで外を回して差を詰め、直線では力強く伸びた。東京のスローで差し届かず、中山のハイペースで綺麗に差し切る辺りはハービンジャー産駒らしいところ。クラスが上がっても、極端な瞬発力勝負にならなければ、好勝負可能だと思う。
2着 ガロシェ 
 前半が34秒5-46秒1で後半が48秒3-36秒7という前傾ラップ。特にラスト200mが12秒8と掛かったため、フィリアプーラとガロシェが一気に差して来た。2着のガロシェは少し出遅れたが、すぐに中団まで追い上げ、4コーナーでも外を回さずに上手く捌いた。通ったコースなどを考えると、勝ち馬には完全に力負けしたという印象だが、ルーラーシップ産駒らしくハイペースになって良さが出た。
3着 コスモリミックス 
 一方3着は逃げ粘ったコスモリミックスだった。この3着のコスモリミックスはハイペースの逃げだった。東京で溜め逃げするより、中山で飛ばした方が好成績なので、平坦小回りコースに行けばさらに良さを活かせそう。
6着 ベルクワイア 
 それから2番人気で6着のベルクワイアだが、こちら新潟で2着だった時に次走危険馬に挙げた馬だが、まぁとにかく芝では追って伸びない。そろそろダートに行きそうだが、次走も芝なら軽視したいところ。
中山5R 2歳新馬 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
2着 タッチングムービー 解説危険
 このレースの勝ちタイムが完全タイム差プラス1秒1。0秒5差のこの馬はプラス1秒6で、この番組を見ているとタイムが遅いということは一目瞭然だが、良馬場の中山ダート1800mで1分57秒2という字面だけ見ると優秀なので、次走は人気になると見て取り上げる。前半の行きっぷりが良くなかったのに、差して来たレースぶりからも人気になりそうだが、結果的に上がりが掛かって差しが間に合っただけだと思う。
中山6R 2歳新馬 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。トーアシオンが内・外の馬を制するようにハナに立って、直線に入った。余力があり、後続との差を広げてそのまま逃げ切った。2番手にいたフィリーズランはやや離され、それにタマブラックパールが外から並んで行き、クビ差で先着。フィリーズランは3着入線だった。
1着 トーアシオン 
 このレースも勝ち馬が後続に差をつけて逃げ切った。前半600mが35秒0と、中山1200mにしては速くならなかったこともあって、トーアシオンが楽に逃げ切った。楽な展開で、ギリギリのBランクではあるが、余裕があったのは確か。まぁタイム短縮の可能性は十分にある。
2着 タマブラックパール 
 2着は勝ち馬から3馬身以上離された。まず2着のタマブラックパールだが、もっさりとしたスタートで4コーナーでは外へ膨れ気味。不器用な大型馬というレース内容だったが、直線ではよく伸びた。距離はもう少し長い方が良いように見える。
3着 フィリーズラン 
 3着のフィリーズランは外枠から好スタート。押して行ったが、行ききれずそれでも上がって行って3コーナーでは2番手。前半に結構脚を使っているが、それでも粘り強かった。スムーズに先行できるような組み合わせ・枠順ならもっと走れそう。
中山7R 3歳上500万下 注目
 4着だったワイルドゲームについて。
4着 ワイルドゲーム 
 4コーナーで何とか外に出したいという動きをしている。ところが、外も前も塞がっていて、外の馬をちょっと押したりしていたが、外に出せずスムーズさを欠いた。直線でやや強引に外へ出してからの伸びはかなり目立っており、4コーナーで思った通りの進路を取れていれば、もっと際どかったと思う。そもそもこの馬は中山よりも東京向きで、それは成績にも今回のレースぶりにも現れているが、中山ではかなり展開に左右される。次走も中山だと連下級という扱いになるが、東京2100mなら狙えるので、覚えておきたいところ。
中山8R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。1番人気ダノンチャンスが今回も逃げたが、直線に入って後続を突き放すことができない。2番手にいたシスルが並んで行き、さらにその外からアルベルティーヌが接近して来た。そしてアルベルティーヌが抜け出して1着。2着がシスル。ダノンチャンスは3着だった。
1着 アルベルティーヌ 
 アルベルティーヌが前走13着から一変した。アルベルティーヌは上手く好位の内に入って、脚を溜めと言ってもまあ手応えは良くなかったが、直線で早めに左手前に変えるとグングン伸びた。4コーナーで手応えが良くなかったのは、右手前が得意ではないということかもしれない。ちなみに、左回りのダート1400m以下では5着以下がない。まぁスタートしてすぐに内を見て、空いてるスペースに誘導したこと。直線に入るとすぐに左手前に変えさせたことなど、ジョッキーの腕も光ったが、夏に減り続けた体重が戻ったことも好走要因の一つだろう。今の状態なら1000万でも上位可能でしょうし、東京ならさらに期待できそう。
2着 シスル 
 2着シスルは休み明けで20キロも体重増えていたが、全く太め感はなく、全て成長分だった。このクラスは近いうちに勝てそう。
3着 ダノンチャンス 
 その後1番人気ダノンチャンスは3着だった。3着ダノンチャンスはペースも速かったですし、ピッタリとマークされる展開で厳しかったが、それでも踏ん張った。休養が多い馬だが、順調に使えればこのクラスは勝てる。
8着 フロースヒルデ 
 そして8着のフロースヒルデ、こちらダッシュがつかずほぼ最後方になったんですが、直線で鋭く伸びた。JRAでは初めてのダート短距離だったが、ここがベストの条件も模様。次走も人気にはなりそうもないが、注意が必要。
中山11R グレイトフルS 注目
 9着だったゴールドフラッグについて。
9着 ゴールドフラッグ 
 まぁまず出遅れて後ろからになる。その後2周目の3コーナーからマクったのは良いが、実はその時点でかなりペースが速くなっていた。このペースが速くなっている地点のコーナーで、外をマクるとロスが大きいですし、まぁそこで馬なりで上がっているのならともかく、もうここでバシバシとステッキが入っていた。このレース運びは、直線で完全にバテてしまっても不思議ではなかったが、残り200m辺りまでは、ちょっと踏ん張ってると言うより、伸びそうになっていた。スタミナ豊富ですし、このクラスで好勝負になるだけの能力があると思う。
中山12R ノエル賞 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。6着だったトーホウアイレスについて、触れておく。
6着 トーホウアイレス 
 この後直線で前が詰まってブレーキをかけるが、そして勝ったオハナが伸びた後に外へ出して伸びて来るが、完全に脚を余してしまった。スローペースで上がりが速い展開ですから、あんなところでブレーキを踏んでいては、もう万事休すだが、外に出してからの伸びは目立っていた。今年秋の成績が振るわないが、このクラスで何度か好走している馬。最後の伸びに復調気配は感じられたので、そろそろ注意が必要だと思う。

  馬券Summary
ノヴェリスト再び
 今年8月にノヴェリスト産駒の傾向を取り上げた。初年度産駒である現3歳世代の1勝目の月別成績が11月0勝、12月1勝、1月0勝、2月0勝となっており、寒い時期が苦手としたが、初年度産駒の1勝目に絞った傾向にすぎないので、本当に寒い時期が苦手なのかを追跡調査した。
ノヴェリスト再び
先週終了時点での何ら条件をつけてない、ノヴェリスト産駒の月別成績は11月から12月にかけて一気に落ち込んでいる。昨年の11月は未勝利だったんですが、今年の11月は3勝していて、もしかして寒い時期が苦手ということはないのかと若干不安になったが、12月になって昨年同様の落ち込みを見せている。年が明けて1月・2月も不振が続きそうだと思う。
ノヴェリスト再び
また、ノヴェリスト産駒はダートが得意ではなくて、ただでさえ寒い時期が苦手なのに、そこにダートのレースが増えるので、ますます成績が低下するとした。その後も相変わらずダートでは不振で、ダートでは203戦して8勝2着14回。連対率10.8%あるが、ダートの次に芝に出走すると35回やって2勝2着4回で連対率が17.1%。ダートから芝に変わった時が、一つの狙い所となる。最後にちょっとある馬だが、9月に札幌の未勝利戦はAランクで圧勝したノヴェリスト産駒のライデンシャフト。10月の重賞アルテミスステークスでハイペースの逃げながら、0秒9差だったが、12月の500万では2秒5も負けてしまった。この大敗の原因が、もう冬が苦手なノヴェリストに由来するものだとすると、春に暖かくなった頃に復活することがありそう。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26