2018年2回阪神2日目

開催一覧
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒6だった。連続開催ですので、さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、ここ2週週単位では水準方向に動いている。
 中間の降雨量は44.5ミリだったが、気温の上昇とともに回復が進んで行った。内も中山ほど荒れてはいない。馬場差は先々週から、土日ともに0秒2だけ掛かる範囲で止まった。土曜は差し・追い込みも決まっていたが、より回復した日曜は前に行った組が強かった。今週からBコース替わりとなるが、インが少し傷んで来ている内・外周りの3・4コーナーもフォローされるので、内が有利に。また時計も速くなる事が予想できる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒7からマイナス0秒5への変動、日曜がマイナス0秒4だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値。前の開催5日目は雨の影響で特に脚抜きの良いコンディションになった。
 中間の雨の影響から土曜は稍重発表。前開催7日目の稍重時と同じ数値のマイナス0秒7でスタートした。ただし、芝同様に乾きが早くて、馬場差は変動。12R時が0秒2プラス寄りに進んで、マイナス0秒5だった。日曜はさらに乾いて、前開催1・2週の完全な良馬場時とほぼ同じ数値になっていた。脚質的には先行・差しが互角。偏りはない。


  タイム分析
 2018/03/25 (日)  芝=-0.6  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 レーヴドリーブ    牝3 未勝利 1:47.9 -0.5 -0.8 -0.8 -0.5 B C 6.50
6R T2400 メイショウロセツ    牡3 未勝利 2:30.1 +1.4 -1.2 +0.9 -0.7 D C 7.30
9R T2000 エールデュレーヴ    牝5 四国新聞1000 2:01.9 +1.7 -0.8 +1.5 -0.6 SL D 5.83
10R T1200 オールインワン    牡5 淀屋橋S1600 1:08.3 -0.2 -0.1 +0.1 -0.4 C D 12.23
11R T1600 ロジクライ    牡5 六甲S 1:32.9 -0.1 --- +0.4 -0.5 D D 8.75
 2018/03/25 (日)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 タガノエルフ    牝3 未勝利・牝 1:26.6 +0.5 --- +0.8 -0.3 E D 8.33
2R D1200 ハルキストン    牡3 未勝利 1:13.5 +0.2 --- +0.5 -0.3 D D 8.20
3R D1800 マンナム    牡3 未勝利 1:55.4 +0.8 --- +1.2 -0.4 E D 7.08
7R D1400 メイショウタイシ    牡3 500万下 1:25.7 +0.4 --- +0.7 -0.3 D C 8.58
8R D1800 カタヨクノテンシ    牡5 500万下 1:54.0 +0.9 --- +1.3 -0.4 E D 8.71
12R D1800 ハリケーンバローズ    牡5 1000万下 1:51.8 -0.5 --- -0.1 -0.4 C C 6.00

阪神1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
阪神3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
阪神5R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒8速い勝ちタイムだった。3走続けて2着だったレーヴドリーブが今回は勝った。
1着 レーヴドリーブ 
 1着のレーヴドリーブ、GI馬レーヴディソールを筆頭に兄弟馬がほとんど走っている血統。これまでも好内容を示しながら、2着3回。初勝利が遅くなったのはオルフェーヴル産駒に共通した奥手の特性だと思う。競馬の形態としては、???を続けながら、かなりレース上手にはなって来ている。今なら上のクラスでも互角に戦える。
2着 バイマイサイド 番組注目馬
 2着のバイマイサイド、0秒2差で完全タイム差はマイナス0秒6。スタートは相変わらず遅めだが、取り付いて直線は勝ち馬の少し後方。ただ、狙った内が狭くなって進路を切り替えるロスがあった。スムーズだったら勝っていたとまでは言えないが、差はもっと接近していたはず。サングレーザーの半弟、次は確勝と見る。先週の阪神芝Bランクは全て外周り1800mだった。ペースは遅くても純粋な脚力の違いが結果に出やすいコース。この高ランクは将来の芯にもなって来る。

 2番人気2着だった。相変わらずスタートは遅いが、推定上がり1位の末脚で高レベルレース2着。次も期待できる。
3着 ダレモカレモ 
 3着ダレモカレモ。この馬までがBランク。流れに乗れて能力を発揮できましたし、ランクアップで地力強化も伺えるが、上位2頭とは元根の差が大きくて、次も大丈夫と思える決め手にも欠ける。あくまでもメンバー一つ。
10着 ロードレガリス 
 10着のロードレガリス、新馬戦がセンテリュオの半馬身差2着今回は3番人気だった。外を回った事もあるが、後方追走からさっぱり伸びて来なかった。レースレベルが一気に上がった事も大きいと思うが、ハーツクライ産駒でも母系からダートがベターな気もしている。この馬はダート替わりで馬券を買いたい馬。
阪神8R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
阪神9R 四国新聞杯 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神11R 六甲S 注目
1着 ロジクライ 
 1着ロジクライ、ジュエラーの猛追を退けてシンザン記念を制した実績がある。この後骨折が判明して1年11ヶ月の長期休養があった。復帰3戦目の前走、1600万下の節分Sを逃げ切った訳だが、今回の勝ち方はオープンに再昇級して、さらに余裕が加わった印象がある。休養のせいで無理使いしていない部分もあるのだろうが、この内容なら重賞でも楽しみが増えた。
2着 グァンチャーレ 
 2着のグァンチャーレ、3戦連続でオープン特別2着。今回内で脚を溜めていたが、ゴール前は外から伸びたボールライトニングにハナ差まで迫られていた。堅実だが、勝つ場面の浮かびにくいタイプ。距離は今回のマイルよりも1800mがベスト。
3着 ボールライトニング 解説推奨
 3着のボールライトニング、2着馬とは内・外の差。格上挑戦だけに上々だと思う。この馬には後ほど触れたいと思う。

 前走の武庫川Sは3ヶ月ぶりの休養開けだった。プラス10キロと馬体にも余裕がある作りだった。スローペースで差して勝ったヒーズインラブが最内なら、4コーナー先頭で2着のクリアザトラックも内。そんな中1頭だけ大外を回ってアタマ+ハナ差の3着。これなら次走は買いとチェックしたが、番組の関係からかまさかのオープン特別への格上挑戦だった。結果3着でも今回も2着グァンチャーレより強い競馬とは、タイム分析で指摘した通り。次は恐らく自己条件だと思う。新馬戦・京王杯2歳Sと連勝したのが1400m。距離短縮しても魅力がある。
阪神12R 4歳上1000万下 注目
1着 ハリケーンバローズ 勝ち馬注目
 まず1着のハリケーンバローズ。骨折で1年2ヶ月の休養後、復帰戦の小倉を勝ち上がって1000万下も突破した。今回も含めてこれまでの4勝は全てCランクだが、ランク以上の楽勝・完勝の連続で、この分なら準OPに入っても通用する。そんな気がしている。10キロ絞れて546キロの馬体もまだ締まってきて良い感触がある。上積みも期待して良いと思う。
2着 カフジキング 
 2着のカフジキング、小倉の早鞆特別に続いて連続の2着はなんと12回目の2着でもある。今回はハイペースに乗じて差し込んで来た面はあるが、それを考慮に入れてもこの堅実さには頭が下がる。
3着 ヘヴントゥナイト 
 3着ヘヴントゥナイト、ダートに転じて中央初勝利を挙げたが、小倉1700mの勝ち時計はハリケーンバローズよりも0秒1速かった。1000m通過1分1秒2のハイペースで飛ばす、エルデュクラージュの2番手を追走して、4コーナーでは追い上げてきたハリケーンバローズとダンサクドゥーロにプレッシャーをかけられる厳しい展開。それを考えれば強い3着で、内容は0秒2先着された2着馬よりも上とも取れる。次走も注目して見たいと思う。

  馬券Summary
なし
なし
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26