2018年3回新潟4日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3。直線1000m対象の数値は土日ともにプラスマイナスゼロだった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、先週は開幕週と比較すれば水準方向に動いた。
 開催2週目の上、雨の影響が残って開幕週より水準方向へ動いたが、時計が掛かるという程ではなかった。連対馬については、大きな偏りはなく差し馬も届いていた。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒2。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒4からマイナス0秒2への変動だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、終日良馬場の日はなく、全てマイナスの数値だが、マイナス1秒台になった日はなかった。
 雨の影響が残ってはいたが、高速馬場と言う程ではなかった。日曜は土曜よりも乾いて、1800m・1200mともに水準方向に動いた。日曜の1200mについては、2・6・8・11Rと行われた時間帯に幅があって、1日の中でも後半の方が乾いた。連対馬の脚質については、前めに位置した馬の粘り込みが多かった。


  タイム分析
 2018/10/21 (日)  芝=-0.3 / 直線=±0  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 イベリス    牝2 未勝利 1:10.5 +0.5 --- +0.7 -0.2 D C 9.24
5R T1600 トロシュナ    牝2 新馬・牝 1:35.8 +0.4 --- +0.6 -0.2 D D 10.87
9R T1000 サラドリーム    牝3 500万下・牝 0:55.4 +0.1 --- +0.1 ±0 C D 7.85
10R T2000 ジャーミネイト    牡4 浦佐特別500 1:59.7 -0.3 --- ±0 -0.3 C D 5.58
12R T1400 ハトホル    牝3 十日町特500 1:21.6 -0.1 --- +0.1 -0.2 C D 8.29
 2018/10/21 (日)  ダ=-0.2 / 1200m=-0.4 → -0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1200 ロンドンテソーロ    牡2 未勝利 1:12.2 -0.9 --- -0.5 -0.4 B D 7.08
3R D1800 マルヨシャバーリー    牡4 500万下 1:52.8 ±0 --- +0.2 -0.2 C C 5.25
6R D1200 メイショウミズカゼ    牡4 500万下 1:12.2 +0.3 --- +0.6 -0.3 D D 8.27
7R D1800 グランサム    牡3 500万下 1:53.5 +0.7 --- +0.9 -0.2 E D 6.75
8R D1200 カレイドスコープ    牝3 500万下・若 1:11.7 -0.2 --- +0.1 -0.3 C D 7.50
11R D1200 モズワッショイ    牝5 北陸S1600 1:11.5 +0.8 --- +1.0 -0.2 E D 9.30

新潟2R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。初めてのダートだったロンドンテソーロが初勝利を挙げた。
1着 ロンドンテソーロ 
 勝ったロンドンテソーロ、父はExceed And Excelでその父はDanehill。4コーナー2番手から上がり600m最速で快勝。初ダートで適性の高さを示した事は確かだが、前走の1400mから200mの距離短縮の方が大きかったのではないでしょうか。ダート1200mなら昇級しても注意が必要。
2着 アマデウス 
 2着のアマデウス、2着でもBランクになりますから相手が悪かったという事。こちらも初ダートで適性の高さを示した。
3着 アスカリ 
 一方3着のアスカリと5着のパープルヌーン、この2頭は前走タイムランクDの阪神の未勝利戦に出走していて、6着と5着だった。今回は3番人気・4番人気に支持されたが、前走で芝を走っていた、初ダート組に先着を許した。低レベルのダート戦よりも芝を走っていた、初ダート組の方が強かったという典型的な例で、これは予想上の定石の一手でもある。
4着 ゴールデンチョイス 
 4着のゴールデンチョイス、前走芝のタイムオーバーこれは入れ込んで発汗がキツかったという事で、母系からダート適性は高くて落ち着いて走れれば、これぐらい走れるという事。
5着 パープルヌーン 
 一方3着のアスカリと5着のパープルヌーン、この2頭は前走タイムランクDの阪神の未勝利戦に出走していて、6着と5着だった。今回は3番人気・4番人気に支持されたが、前走で芝を走っていた、初ダート組に先着を許した。低レベルのダート戦よりも芝を走っていた、初ダート組の方が強かったという典型的な例で、これは予想上の定石の一手でもある。
新潟5R 2歳新馬・牝 注目
 勝ったトロシュナ、この馬について触れておく。
1着 トロシュナ 番組注目馬
 トロシュナの父はスクリーンヒーロー。自身の上がり600m推定は33秒7だった。新潟芝1600mの2歳新馬戦で上がり600m33秒7以下で勝った43頭目の馬だが、10月の新潟開催では2年前のリカビトス以来。ラスト200mのラップに物足りなさをちょっと覚えるモノの、追い込んで3馬身差の勝ち方は圧巻。半姉に今週のスワンSに特別登録のあるデアレガーロがいるが、この母系はちょっとテンションが高くなりやすくて、短距離指向が強いので、父がスクリーンヒーローという事で、この馬がどんな馬に育っていくのかが興味深い。とりわけ次走も注目と思う。
新潟7R 3歳上500万下 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
新潟11R 北陸S タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
伝説の新馬戦になるのか?!
 もはや10年前となってしまうが、伝説の新馬戦と言われたレースがあった。
伝説の新馬戦になるのか?!
 2008/10/26 京都5R芝外1800mの2歳新馬戦。アンライバルド・リーチザクラウン・ブエナビスタ、そしてちょっと忘れちゃうんですが、スリーロールスが菊花賞を秋に勝つ。実はこの時の5着エーシンビートロンという馬がいて、エニフSを勝ってダートを8勝するが、隠れたお宝もこういうレースには別路線で出てくるかもしれない。さて、今年だが、ワールドプレミア・メイショウテンゲンで決まって、非常にタイムランク・メンバーランクともにBだった訳で、ラスト400m、こちら11秒2-11秒7だった訳だが、上位4頭がちょっと後ろを引き離すような形になったが、下馬評の良い馬といういうのかな、揃ってそこそこの走りは見せてくれた。という事で、この1着から4着については、先ほどのタイム分析で触れたので、それ以下の馬をちょっと触れておきたい。
伝説の新馬戦になるのか?!
 高馬の2頭が5着・6着に負けてしまった。まず5着のディープサドラーズだが、これはちょっとやはりまだ気性が幼くて、フワフワ走っていた。という事で、今後はもうちょっと距離が伸びてゆったりとして走らせても良いかもしれないが、変わってくる可能性は高い。
それから6着のダノンテイオーだが、これはレース前のコメントに、大久保龍志調教師が「まだ気性的にも幼いし、トモに緩さも残る現状」だというような事をコメントをしていますから、長い目で見ても良いんじゃないかと思う。
伝説の新馬戦になるか、お宝レースで終わるかは微妙だが、しかしタイムランクで素晴らしい記録が出た訳ですから、これは伝説の新馬戦になるんではないかと、期待を持ちたいところ。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-