2018年3回阪神2日目

開催一覧
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒7、日曜がマイナス1秒8だった。
 2回開催から1ヶ月半ほどの間隔だったが、芝は順調に生育して、速い時計の出るコンディションだった。1年前の開幕週と同レベルの高速馬場だった。ただ、開幕週で高速馬場と言っても、中団後方に位置した差し馬が優勢だった。土日の11鞍中中団・後方の馬が連対しなかったレースは1鞍だけだった。今週もう1週Aコース、そして後半2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。
 水曜と木曜と雨が降って、金曜正午時点では稍重だったが、土日の開催日は良馬場だった。馬場差はマイナスとは言え、時計の出方は水準レベル。連対馬については、土日トータルで見ると、偏りはなかった。


  タイム分析
 2018/06/03 (日)  芝=-1.8  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1400 シングルアップ    牡2 新馬 1:21.8 -1.7 --- -0.4 -1.3 B C 4.90
6R T1800 ニホンピロヘイロー    牝3 未勝利 1:46.4 -1.6 --- ±0 -1.6 C C 7.71
8R T1600 チャレアーダ    牝4 500万下 1:33.2 -1.4 --- ±0 -1.4 C C 7.31
9R T2000 サラス    牝3 城崎特別500 2:00.7 -0.2 -0.8 +0.8 -1.8 D D 5.38
11R T2400 サイモンラムセス    牡8 グリーH1600 2:24.2 -1.5 -0.6 +0.1 -2.2 C C 6.75
 2018/06/03 (日)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ブリスフルデイズ    牝3 未勝利・牝 1:26.0 +0.1 --- +0.2 -0.1 C E 8.15
2R D1200 ツウカイウイング    牡3 未勝利 1:13.0 -0.1 --- ±0 -0.1 C D 7.75
3R D1800 シンハラージャ    牡3 未勝利 1:55.2 +0.9 --- +1.0 -0.1 E D 10.07
7R D1800 エオリア    牝4 500万下・牝 1:53.1 ±0 --- +0.1 -0.1 C C 8.70
10R D1400 マルカソレイユ    牝4 洲本特別1000 1:24.5 +0.3 --- +0.4 -0.1 D C 7.50
12R D1200 タテヤマ    牡4 500万下 1:12.4 +0.1 --- +0.2 -0.1 C C 9.21

阪神3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
1着 シンハラージャ 
 勝ったシンハラージャ、父がオルフェーヴル、2016年オークス馬シンハライトの半弟になる。タイムランクE・メンバーランクD。昇級して即通用とは行かないと思うが、ダートを平凡なタイムで勝った馬というのは、能力の高さだけで適性外の条件で勝ったというタイプもいる。また、補正が入る程ではなかったが、中盤でペースが落ちた事も時計が遅かった要因。この馬、もう一度芝の走りを見てみたい。
1着 シンハラージャ 通信簿
 1番人気1着だった。詰めの甘さがあると言う理由で危険馬に選んだが、レース自体が持久戦になり、いつもの甘さを補うことができた。いずれにしろ、外れは外れすみませんでした。
2着 タマモストーム 
 2着のタマモストームは左回りの前走4着を除けば、残り6戦全て3着以内という堅実派で、この手のタイムは走破タイム自体を気にしなくて良い。次走もかなり有力だと思う。
阪神5R 2歳新馬 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。キンシャサノキセキ産駒シングルアップが勝った。
1着 シングルアップ 
 シングルアップの兄ランスマンは550キロで新馬勝ちしたが、こちらは518キロ。若干シャープさはあるが、跳びが大きくて短距離馬のイメージはちょっとない。ただ、父がキンシャサノキセキですから、非常に前向きな走りだった。完全タイム差はマイナス0秒4。走法からは1600mまではこなせそう。
2着 ハッピーアワー 
 2着のハッピーアワーは出遅れたが、まぁまぁ上手くカバーできたかなという感じだった。祖母がヨハネスブルグの妹で、筋の通った牝系。3着に2馬身半差をつけていますから、五分のスタートを切れれば次走有力。
3着 コスモスターリング 
 3着のコスモスターリングは逃げて3着。良いスピードがあるので、今後は距離短縮策も有効だが、いずれにしても早いうちに未勝利は卒業できそう。
7着 アンラッシュ 
 一方1番人気のアンラッシュは7着だった。外へ逃げてレースにならなかった。3コーナーから直線外側に逃避して、平地調教注意を受けている。
阪神11R グリーンS 注目
 勝ったサイモンラムセスについて。
1着 サイモンラムセス 
 今回が57戦目の8歳馬で、逃げて楽勝だった。モズアスコットが連闘で安田記念を優勝した。こちらも連闘だった。連闘使いは火事場のバカ力みたいな凄い力を出すことがあると、以前連闘について取り上げた事があるが、私は中1週は疑ってかかるが、こういう連闘はむしろ推進派で、喜んで馬券を買う方。それはさておき、サイモンラムセスはこれで逃げて連勝した。逃げで開眼したとすれば、オープン入りしてでもどこかで穴を出す可能性がある。ちょっと次走以降もこの馬気になる。

  馬券Summary
日本ダービーのセオリー
 私なりに今年の日本ダービーを検証してみたが、明らかに近年のダービーは1つのセオリーが確立されたと考えている。今回はそれを紹介したいと思う。
日本ダービーのセオリー
 まずは表をご覧下さい。過去5年の優勝馬の共通点の1つは位置取り。4コーナー8番手以内にいる事だが、これは今も昔も理想的なダービーポジションがある事を示唆している。そして上がり600mの推定タイムは実は最速ではない。瞬発力、速い上がりは必要ではあるが、じっくり構えて直線に駆ける末脚勝負では厳しいという事。過去5年の2着馬を加えて、連対馬10頭で見ても全て上がり最速ではない。これはある程度のポジションで折り合いを付けて、流れに乗れないと勝負にならない事を意味している。驚くべき事には、優勝馬5頭はいずれも皐月賞と戦法が全く違う。位置取りの違いが一目瞭然だと思う。これはどういう事かと言うと、私が思うにはだが、やはり騎手が馬の能力を信頼しているからこそできる事だと思う。今年の優勝馬のワグネリアンの勝因だが、福永騎手が外枠から序盤で好位を取りに行った事に尽きると思う。これをすると引っかかるリスクがありますから、昨年のレイデオロ、ルメール騎手も早めにポジションを上げて行った。要するに引っかかるリスクを恐れずに、ポジションを取りに行くということは、ある程度の位置を取りに行っても、最後までしっかりと馬を保たすことができるという自信がなければできない。これは馬の能力への絶大な信頼であり、連続騎乗の妙でもある。馬の能力や体調に疑問を感じたら、これはできない。付け焼き刃的な乗り変わりでもダービーは勝てないと思う。過去30年、見ると4番人気以下の優勝は今年のワグネリアンを入れて4頭しかいない。ただ、ワグネリアン、内枠だったら恐らく3番人気には支持されていたと思う。自信を持って乗れる馬というのは、実力の裏付けがありますから、大方1番人気から3番人気に支持されている。

 以上の事から導き出される結論、ダービーの予想のコンセプトは連続騎乗で、上位人気に支持されている馬。さらに手頃なポジションから、速い上がりを繰り出せる馬を探せるというになる。脚質に関係なく、瞬発力は要求されるというのは、競馬の今の時台の典型だが、特に瞬発力の有無は要チェック。これは過去の成績で、上がり最速をマークしているかどうかというのが1つチェック次項になる。来年以降しばらく使える馬券作戦、戦略じゃないかと思っている。
美浦所属の関東馬から期待の2歳馬フェルシュテルケン
美浦所属の関東馬から期待の2歳馬
 手塚貴久厩舎の牡馬のフェルシュテルケン。セレクトセール取引馬で、父ダノンシャンティ。ダノンシャンティは2010年のNHKマイルCをレコード勝ち。母はワールドエースの半姉。ワールドエースは2014年マイラーズCをレコード勝ちしている。この血統的背景から見ると、切れるマイラーのイメージ。3回東京3日目、つまり今週土曜日の芝の1400mをルメール騎手で予定している。 アガラス
美浦所属の関東馬から期待の2歳馬
 古賀慎明厩舎の牡馬のアガラス。ブラックタイド産駒で母のロッシェノワールは3歳5月の遅いデビューで、芝の未勝利戦・500万下を連勝している。母系からは南部杯などを勝ってダートで活躍したユートピア。それから函館記念など、芝の重賞を勝ったアロハドリームがいる。ちょっと適性はわからないが、つぶしが利きそうなタイプ。この馬、今週の日曜の芝の1800mをルメール騎手で予定している。 キタサンルージュ
美浦所属の関東馬から期待の2歳馬
 奥村武厩舎の牝馬キタサンルージュ。父はヘニーヒューズ、兄弟にこれと言った活躍馬はいないが、祖母のキタサンヒボタンは2001年に芝の新馬戦からファンタジーSまで4連勝した。奥村武調教師は、全身気勢の塊と言った感じで、かき込む走法なのでダート向きのパワータイプとおっしゃっていた。東京5日目のダート1400m北村宏司騎手で予定している。 ブルーアガヴェ
美浦所属の関東馬から期待の2歳馬
 同じ奥村武厩舎だが、4頭目としては牡馬のブルーアガヴェ、これを挙げておく。セレクトセール取引馬で、父はディープインパクト。奥村武厩舎はこの東京開催で昨年はテンクウ、一昨年はイブキで新馬勝ちしているが、「それより上じゃないかと。走りますよ。この馬」と先生は期待していた。こちらは東京7日目芝1600mを田辺騎手で予定している。 クィーンユニバンス
美浦所属の関東馬から期待の2歳馬
 こちら田村康仁厩舎の牝馬クィーンユニバンス。田村厩舎は今週、恐らくイフユーワナとシークレットランという馬を下ろすと思うが、この2頭も良いが、クィーンユニバンスの方は血統馬ですからね。セレクトセール取引馬で父はヴィクトワールピサ。半姉、アドマイヤミヤビで昨年のクイーンCを1分33秒2で勝ったのは記憶に新しい。祖母がディープインパクトの半姉という事で、クラシックを狙える血統。こちらは東京8日目の芝の1800mを田辺騎手で予定している。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26