2018年2回東京1日目

開催一覧
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒6だった。
 昨年の開幕週と比較してもさらに時計の出やすい馬場になっていた。初日は逃げ・先行馬タイプの連対もあったが、日曜は前に行った馬の連対はゼロで、好位・中団・後方からの差し馬がまんべんなく活躍した。トータル的には差し馬が有利な状況だった。2回東京は6週の開催で、3週目まではこのままAコースが使われて、4週目・5週目はBコース。ダービーウィークの最終週だけがCコース使用される。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラスマイナスゼロだった。
 同じ良馬場でも1回開催後半よりも時計は少し出やすくなっていた。未勝利戦では逃げ馬が活躍していたが、クラスが上がると差し馬も台頭していた。ですから、能力差で着順が決まりやすい下級条件は前残りで、それ以外は差しも決まるイメージ。


  タイム分析
 2018/04/21 (土)  芝=-1.6  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2000 サクラレイメイ    牝3 未勝利・牝 2:02.4 +0.5 -1.2 +0.9 -1.6 SL D 7.31
6R T1800 ミッキーバード    牡3 未勝利 1:47.0 -1.7 -0.4 -0.7 -1.4 B D 8.40
9R T2300 グレートウォリアー    牡3 新緑賞500 2:22.5 +1.4 -1.3 +1.9 -1.8 SL C 8.17
10R T2000 グリュイエール    牡6 府中S1600 1:58.8 -0.6 -0.8 +0.2 -1.6 C C 6.27
12R T1400 キラービューティ    牝4 1000万下・牝 1:20.6 -1.1 -0.3 -0.3 -1.1 B D 5.60
 2018/04/21 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 キョウエイソフィア    牝3 未勝利・牝 1:25.7 -0.3 --- -0.2 -0.1 C D 8.13
2R D2100 ミラクルヒッター    牡3 未勝利 2:17.1 +3.4 -0.8 +2.7 -0.1 E D 9.00
3R D1300 ディアバビアナ    牝3 未勝利 1:19.8 +0.5 --- +0.6 -0.1 D D 8.33
4R D1600 ディーエスバズーカ    牡3 未勝利 1:40.3 +1.1 --- +1.2 -0.1 E D 7.64
7R D1400 ロードナカヤマ    牝4 500万下 1:25.9 +1.0 --- +1.1 -0.1 E D 9.33
8R D1600 セガールモチンモク    セ4 500万下 1:37.6 -0.4 --- -0.3 -0.1 C D 6.45
11R D1600 ルグランフリソン    牡5 オアシス 1:36.7 +0.9 --- +1.0 -0.1 E C 7.57

東京2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より2秒7遅い勝ちタイムだった。
東京4R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
東京5R 3歳未勝利・牝 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京6R 3歳未勝利 タイムB
 このレースの勝ちタイムは当開催3歳未勝利クラスの基準タイムより1秒7速く、1800m対象の馬場差がマイナス1秒4になる事を踏まえると、 -1.7-(-1.4)=-0.3 となる。ただし、ペース補正が0秒4入るため、 -0.3-0.4=-0.7 となり、基準より0秒7速い勝ちタイムだった。スタートだが、少しバラっとしたスタートでミッキーバード・ミスターオーネットらが遅れた。直線に入ると、逃げるオペラサンデーに後続が接近し、横に広がっての追い比べとなる。そして外からマイネルプリンチペが先頭を伺うが、最内を突いたミッキーバードが抜け出して行って、2馬身半差をつけて1着。2着マイネルプリンチペ、その外から追い込んだレッドオールデン3着だった。
1着 ミッキーバード 
 ミッキーバードがデビューから3走目で勝ち上がった。勝ったミッキーバードは発馬こそ一息だったが、その後は最内をロスなく立ち回って、直線に向くと1頭分だけ開いたスペースを突いて抜け出して来た。父ヴィクトワールピサ譲りの大きいフットワークしているが、それでいて不器用さが無くてレースセンスが良い。距離延長にも対応できそうですし、将来性は十分。
2着 マイネルプリンチペ 番組注目馬
 2着マイネルプリンチペは手応え良く4コーナー回って、追い出しを待つ余裕もあったが、勝ち馬には一気に抜け出されてしまった。今回は相手が強かったと見るべきで、ただ、前めにつけた馬の中では唯一粘っている点は評価できますし、次走も有力。
3着 レッドオールデン 
 3着レッドオールデンは休み明けで20キロ増の馬体重だったが、重め感はなく、上々の仕上がりだった。レースでは追われてスッと反応せずに、残り200m辺りからようやく加速して、ラストはよく伸びていた。休み明け2走目となる次走は楽しみ。
5着 フォーチュンリング 
 2番人気のフォーチュンリングは5着だった。体重10キロ増でも太め感はありませんでしたが、レースでは一瞬伸びかけた後にゴール前で粘りを欠いた。やはりこれは休み明けだった分だと思いますし、次走前進は期待できる。
東京7R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
東京8R 4歳上500万下 注目
 全体的に低調だった先週のダート戦の中で、最もタイムランクがBに近かったのがこのレース。上位馬には見所があったので、ここで取り上げておく。
1着 セガールモチンモク 
 勝ったセガールモチンモクは今回からブリンカーを着用して、その効果か序盤から行きっぷりが良かった。5番手追走からアッサリと抜け出した。馬具を工夫した事で、一皮むけた印象がありますし、昇級しても要注意。
2着 リアリスト 
 2着リアリストは逃げ馬が早々に失速したため、早めに先頭に立つ展開になった。それでも最後まで止まること無く後続には3馬身もの差をつけた。中山より東京の方がレースぶりは良いですし、しばらく東京が続くので、引き続き警戒が必要。
3着 バトルスピリッツ 
 3着バトルスピリッツは差しタイプの中では唯一掲示板に載った。今回でまだダートは2戦目ですし、伸びしろは十分にある。
6着 フィスキオ 
 3番人気のフィスキオは6着に敗れた。展開面を考えればよく差を詰めているが、前回・今回と出遅れている。その点は気がかりですし、次走も危うさはある。
東京9R 新緑賞 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京11R オアシスS タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。タイムランクは確かにEだが、メンバーランクは水準レベルで、評価できる馬もいたのでここで取り上げておく。
 4着以下となると、上位3頭に2馬身以上の差をつけられていますから、現状の力差を感じさせる内容だった。
1着 ルグランフリソン 
 勝ったルグランフリソンは大外枠から先行して2番手につけて、抜け出す形の競馬。確かに勝ち時計は平凡だが、道中ずっと頭を上げて、かなり折り合いを欠くシーンが目立った。少なくとも前には行ったが、スムーズな競馬はできていない。それでもラストまでここから崩れずに走りきった点は評価できる。いずれにしろ、今回は引っかかりながらも1600mを克服したという事実を考えれば、力を付けているのは間違いない。ベストの1400mならもっとやれる馬。次走も警戒が必要。
2着 サンライズノヴァ 
 2着サンライズノヴァは前に行った馬が残る展開の中、58キロを背負って、後方から大外に持ち出してラストまでよく差を詰めている。敗れはしたが、力上位を示すには十分な内容だった。フェブラリーS4着の実績は本物で、次走も期待できる。
3着 ドリームキラリ 
 3着ドリームキラリは勝ち馬にピタリとマークされる展開になって、ラップ以上に厳しい競馬になった。交わされた後もしぶとく粘っていますし、次走もオープン特別出走なら堅実に駆けてくれそう。
東京12R 4歳上1000万下・牝 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。キラービューティはこれで3勝全て芝1400mとなった。
1着 キラービューティ 
 キラービューティはスッと2番手につけて流れに乗ったレース運びだった。結果、直線に向くと競り合いを制した。前走は1600mで若干甘くなったが、過去2勝挙げている1400mで粘り強さを発揮した。昇級して即通用するとまでは言わないが、同じ距離に出走してくれば、大きく崩れることはないと思う。
2着 ディメンシオン 
 2着ディメンシオンは休み明けでマイナス8キロの馬体重だった。見た目極端に減った印象はなかったが、テンションは高かった。レースでは残り400mでスペースを見つけるとしっかりと伸びて前に迫った。次走、目方が減らなければやれる。
3着 キョウワゼノビア 
 3着キョウワゼノビアはスローペースの中、外を回る展開で、それを考えればよく差を詰めている。今回は休み明けでしたし、次走も圏内。
4着 サバイバルポケット 
 4着サバイバルポケットは遅いラップで逃げる事ができて、負担重量2キロ減の恩恵もあった。やや恵まれた印象がある。
5着 ワールドフォーラブ 
 5着ワールドフォーラブはよく差を詰めているが、ラップ的にここまで追い上げるのが精一杯だった。2戦連続展開に泣いた格好ですし、この馬はまだまだ見限れない。

  馬券Summary
今の東京芝に合っている騎手
 これは横山典弘騎手のこと。先週は実は2勝で2着2回3着1回と活躍した。中でも芝のレースの活躍が目立っていて、それぞれのレースを振り返ると、インからの差しで結果を残している事がわかる。
 まずは土曜5R、サクラレイメイ。スタートがちょっと悪くて、軽く寄られたのでさらに後ろのポジションになったが、その後はずーっとインを上手く立ち回る。直線も前が開くのを待って、ずーっとインにこだわって、結果この後最内からしっかりとしたフォームで抜け出して来て、ちょっと楽勝かなと思えるような内容だった。これは鮮やかな勝ちっぷりだった。

 続いて土曜6Rのミッキーバード。これも同じくスタートは早くなかった。まるで前のレースのVTRを見ているかのような感じだった。それでもその後ずーっとインをそつなく立ち回って、また不思議とインがキレイに開いてくるんですよね。これも最内から鮮やかに抜け出して、このまま1着という結果になった。

 最後が日曜の3R。ブラックキングダムという馬だが、これはスタートを決めて、その後はインをそつなく立ち回って、結果2着に敗れたが、一旦は先頭に立ちましたし、見せ場は十分だった。ですから、今の東京芝については、差しは決まるが流石に外一気では厳しいので、内をロスなく立ち回って、満を持して追い出すパターンがベスト。たぶん、今週くらいまで同じ傾向が続くと思うので、引き続き横山典弘騎手の手綱さばきには注目。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26