2018年3回東京6日目

開催一覧
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロからマイナス0秒3への変動、日曜はマイナス1秒0だった。まずさかのぼって8日間の馬場差を確認すると、マイナス2秒台・マイナス1秒台の開催日が多く、速い時計の出るコンディションだったが、4日目・5日目は雨の影響で変動となり、特に5日目の先週土曜は終日水準レベルの馬場差だった。
 先週はDコース使用になった訳だが、金曜から土曜にかけての雨で、土曜は重馬場でスタート。9R以降は稍重になったが、他の開催日と比べて時計は掛かっていた。日曜は土曜と比べて馬場は乾いて、マイナス1秒台になったが、開催1週目のような高速馬場ではなかった。なお、日曜日は稍重でスタートして、5Rから良馬場になったが、馬場差は1日を通した数値。芝の馬場傾向、Dコース使用1週目だったが、土曜1Rから馬場の内側を避けて通る進路取りがこれから始まった。馬場の中ほどから外が伸びる傾向が強まった。2着の逃げ残りはあったが、逃げ切りが1頭もなかった点は興味深い。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス2秒1、日曜がマイナス1秒8だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、この開催3日目までは水準に近いレベルで推移していたが、4日目以降雨の影響を受け、先週は一気に高速化した。
 雨の影響を受けて、しかも水が浮くのではなく脚抜きの良い高速馬場だった。土曜と比較すれば日曜は乾いたが、それでもかなり速い時計の出る馬場だった。高速決着とは言え、先行馬に有利だった訳ではなく、脚質不問の地力勝負が多かった。逃げ残りはあったものの、逃げ切りは日曜7Rの勝ち馬だけ。逃げ馬にはちょっと受難の週だったかもしれない。


  タイム分析
 2018/06/17 (日)  芝=-1.0  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1400 シンボリティアラ    牝3 未勝利 1:21.6 -1.4 --- -0.7 -0.7 B C 6.33
5R T1600 トーセンギムレット    牡2 新馬 1:36.5 -0.3 -0.3 +0.2 -0.8 C C 5.67
6R T1400 ロードアクア    牡2 新馬 1:24.8 +1.0 -1.0 +0.7 -0.7 D D 7.20
8R T2000 ブレステイキング    牡3 500万下 1:59.3 -1.5 --- -0.5 -1.0 B C 5.78
9R T2400 ムイトオブリガード    牡4 町田特H1000 2:24.8 -1.4 -0.5 -0.7 -1.2 B C 4.20
12R T1800 ウラヌスチャーム    牝3 500万下・牝 1:47.0 -0.7 -0.3 -0.1 -0.9 C C 5.73
 2018/06/17 (日)  ダ=-1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ダテノライトニング    牝3 未勝利 1:24.7 -1.3 --- +0.3 -1.6 D D 9.50
2R D2100 リキサンゴルト    牡3 未勝利 2:12.1 -1.6 --- +0.8 -2.4 D D 8.25
3R D1600 ベルクカッツェ    牡3 未勝利 1:37.1 -2.1 --- -0.3 -1.8 C D 7.33
7R D1300 レッドオーガー    牡4 500万下 1:16.7 -1.8 --- -0.3 -1.5 B C 6.38
10R D1600 シヴァージ    牡3 青梅特別1000 1:35.2 -2.0 --- -0.2 -1.8 C C 9.64
11R D1600 ルヴァンスレーヴ    牡3 ユニコーG3 1:35.0 -2.1 --- -0.3 -1.8 C C 5.22

東京4R 3歳未勝利 タイムB
 このレースの勝ちタイムは当開催3歳未勝利クラスの基準タイムより1秒4速く、1400m対象の馬場差がマイナス0秒7になる事を踏まえても、 -1.4-(-0.7)=-0.7 で基準より0秒7速い勝ちタイムだった。シンボリティアラが距離短縮、初めての1400mで初勝利を挙げた。このレース、セイウンアカマイの離し逃げになったが、2番手以降は落ち着いたペース。
1着 シンボリティアラ 
 シンボリティアラはマイペースを守って押し出されるように抜け出した。前向きな気性だが、ムキになる訳ではありませんし、緩急自在のラップを刻めるレース巧者。昇級しても芝1400m以下なら通用しそう。
2着 ファーベライト 
 2着のファーベライトは3着に2馬身差。決定的な差。中1週続きですから、この後は少しレース間隔を開けてくると思う。福島だと芝1200mの選択になると思うが、サムライハート産駒はローカル場所向きなので、勝機は十分だろう。
3着 ニシノラプランセス 
 3着のニシノラプランセス、先着2頭との位置取りの差を考慮すると使った脚はさほどでもない。これは距離適性の差もあるかもしれない。小回りの芝1800mぐらいが丁度良いかもしれない。
東京5R 2歳新馬 注目
1着 トーセンギムレット 
 1着のトーセンギムレット、評判馬のベルクワイアを撃破して初陣を飾った。父はディープブリランテ。出遅れたが、その後のリカバーはスムーズで、ゴール間際に内から差し切った。調教では抜群に動いていましたし、3番人気という高評価からも走る下地はあった。母のエラドゥーラはアメリカ産の外国馬で、この内包する血脈から見ると、大物を出す可能性は十分にあると思う。
2着 ベルクワイア 
 2着のベルクワイアは新馬勝ちは当確級と見ていたが、今回は相手が悪かったとしか言いようがない。スタートを含めて全て及第点以上のレースはできている。次走は勝てると思う。
東京7R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。降級馬レッドオーガーが逃げ切った。降級馬3頭の決着になった。
1着 レッドオーガー 
 レッドオーガーはとにかくハナだけは譲らない強気のレースをして、その分ペースは速くなってしまったが、今回は減量騎手の有利さを活かしきった。完勝。
2着 チリーシルバー 
 2着のチリーシルバーは無理をせずに2番手で自分のリズムを守って2着は確保。次走も有力だろう。
3着 アーバンイェーガー 
 3着のアーバンイェーガーは一瞬はインから抜け出しかかったが、最後は脚色が鈍ってしまった。1300mにも対応できるが1400mでもう少し脚を溜める形の方が合っているように思う。
4着 ハーモニーライズ 
 4着のハーモニーライズは安定した末脚を繰り出せるのが長所で、相手と展開次第。
5着 ホウオウジャッジ 番組注目馬
 5着のホウオウジャッジ、今回放牧明けで12キロ体が減っていたように、本調子とは言えなかった。それでもキャリア2戦目、昇級戦でここまでやれたように、能力の高さは示した。立て直した次走に注目。
東京8R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。3歳馬ブレステイキングが1番人気に応えている。
1着 ブレステイキング 勝ち馬注目
 ブレステイキングはここで負けたら困るという、それぐらいのレベルの馬。前走のプリンシパルSは2着だったが、勝ち馬がダービー3着馬。3着が京成杯3着馬。この馬は将来のオープン馬ですから、今回全く危なげない勝利だったと思う。
2着 チャロネグロ 
 2着のチャロネグロ、推定上がり600mは最速だが、シンガリで全く流れに乗れなかった。2000mは短いので、降級して500万下、まぁこの相手ですから楽に2着は確保できたという感じはする。左回りで結果を出せたとは言え、ちょっとこのレースは心許ない。
3着 アグニシャイン 
 3着のアグニシャイン、脚部不安でおよそ1年7ヶ月ぶりの出走だった。2着から3馬身差ですが、能力の高さは十分に示したと思う。この後順調なら500万下脱出は時間の問題だろう。
4着 ミッキーバード 
 4着のミッキーバード、放牧明けで昇級戦だった。良発表でも柔らかい馬場で、それがちょっと堪えたかもしれないが、能力は500万下でも通用する。
東京9R 町田特別 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。ムイトオブリガードが断然の支持に応えて勝った。
1着 ムイトオブリガード 勝ち馬注目
 ムイトオブリガードは前走は1着同着だったが、スタートが遅くてよそ行きのレースだった。先行して抜け出した今回がこの馬の本来の姿で、ハンデ戦を考えると完勝と言える着差。昇級しても即通用。
2着 フォイヤーヴェルク 
 2着のフォイヤーヴェルクはやっとの2着だった。少し脚を溜めた時の方が結果は良いような気もするが、要は上がり600m35秒台前半で、上位に食い込める馬場と流れ、これがベストなのだろう。
3着 クロノスタシス 
 3着のクロノスタシス、初めての芝で自身もBランクで走破。ただし、レースの上がり600mは35秒5で、もっと速い上がりの決着になった時にどうかという部分があって、まだ半信半疑。
4着 イチダイ 
 4着のイチダイは伸びなかった。この馬はパンパンの良馬場向きだが、近走の歯がゆさを見ると2400mではちょっと限界も感じる。思い切って距離を縮めるという手もあると思う。
東京11R ユニコーンS 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。最内枠からセイウンクールガイが先手を取って直線に入る。前半の600mが34秒8、馬場差がマイナス1秒8ですから平均ペースという判断で良いと思う。ただ、比較的にやはり前へ行った馬が頑張って残っているというレースですから、後ろの組にはあまり有利な流れではなかったように思う。その中で勝ったルヴァンスレーヴの強さだけが光ったというレース。
1着 ルヴァンスレーヴ 
 1番人気ルヴァンスレーヴが3馬身半差で勝った。相変わらずスタートは良くない。ただ、外枠という事もあって、その後はスムーズに挽回できましたし、直線はホント馬なり強めという形で、楽勝ですから東京コースでの強さは格別。小回りコースへの適応というのが今後の課題だろう。
2着 グレートタイム 
 2着争いは接戦で、外のグレートタイムが内のエングローサーにアタマ差で先着した。これは先ほども言ったように、先行馬に有利な流れになったんじゃないかなと思うので、やっとの2着だったが、これだけの瞬発力を使えれば、上々という感じがする。
3着 エングローサー 
 それからエングローサーも、ダートに矛先を向けて堅実な走りを見せて、今回1600mをしっかり走り切れた事は今後の自信につながるだろう。
4着 ホウショウナウ 
 4着のホウショウナウは2番手からの流れ込み。5着のセイウンクールガイは逃げて残ったと。この2頭は先行有利の流れだったと思う。
5着 セイウンクールガイ 
 4着のホウショウナウは2番手からの流れ込み。5着のセイウンクールガイは逃げて残ったと。この2頭は先行有利の流れだったと思う。
8着 グリム 
 問題は2番人気で9着だったグリム。直線で包まれて外からかぶされて、全くレースになっていないので、これは参考外で良い。

  馬券Summary
宝塚記念のセオリー
 今年春の天皇賞はシュヴァルグランが2着。これがハーツクライ産駒は5年連続で2着で、過去10年で[0-5-3-13]という成績になった。勝ち鞍はないが、非常に高い適性を示している。このように、あるレースに特に高い適性を示すという種牡馬はいて、それは時台に応じて変わってくる。例えば、一時期のダイヤモンドS、ダンスインザダーク産駒が活躍した。さて、今週行われる宝塚記念、それもこの傾向が見られる。
宝塚記念のセオリー
 ステイゴールド産駒が5勝で、同産駒の活躍は誰しも気づくが、出走頭数は少ないものの、グラスワンダー産駒、それからスペシャルウィーク産駒が頑張っている点は見逃せない。実はグラスワンダー・スペシャルウィーク・ステイゴールドは1999年の宝塚記念の1着?3着馬で、宝塚記念で走った馬の産駒は宝塚記念でも走るのではないかという仮説を立てた。グラスワンダーは2011年の勝ち馬アーネストリーの父だが、昨年2着のゴールドアクターの祖父、つまりスクリーンヒーローの父でもある。意外と苦戦しているのがディープインパクト産駒で、ディープインパクトは宝塚記念を勝っているが、その年は京都で行われた。また、ハーツクライ産駒も振るわない。梅雨あるいは夏競馬の時期に、阪神の芝2200mに高い適性を示す種牡馬を探すという事、これは宝塚記念を検討する上で、血統面からのアプローチになると考える。という事で、結論、ステイゴールド産駒を狙いましょうでは、ちょっと陳腐になってしまうので、今後宝塚記念を席巻しそうな候補としてルーラーシップ産駒を挙げておく。ルーラーシップ自身は2012年オルフェーヴルの2着している。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26