2018年2回新潟2日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒5。直線1000mは土日ともにマイナス0秒4だった。
 新潟の馬場開設に入る前に先週からJRAのホームページで朝の含水率が発表される事になった事に触れておく。これがレース毎に発表される訳ではないので、例えば先週日曜の小倉のような状況になると、その発表された含水率がそのままストレートに何かの役に立つという事はないが、土曜と日曜の馬場差が違うのかどうか、それを判断する材料の1つになるとは思う。そして先週の新潟芝の含水率、あくまでも朝一の含水率だが、これが土曜のゴール前が11.9%、4コーナーが13.9%。そして日曜の朝もゴール前が11.9%、4コーナーが13.9%と全く同じだった。他の条件にも特に違いはないので、土日の馬場差は同じで、2000m対象がマイナス1秒5。直線1000mがマイナス0秒4だった。夏の新潟1週目としては2012年以降で最も速い時計が出るコンディションだった。開催前のエアレーション作業とシャタリング作業によって、1週目でもそれほど高速馬場ではなく、しかし開催が進んでも直線雨の影響を受けなければ、馬場差があまり変わらないというのが、近年の夏の新潟の芝の傾向だったが、果たしてこのままこのマイナス1秒を超える馬場差が続くのかどうかは、2週目以降の注目点の1つとなる。今年も夏の新潟は6週全てAコースで行われる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒4。1200m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3だった。
 朝の含水率は土曜がゴール前が2.3%、4コーナーが1.9%。日曜はゴール前2.8%で4コーナー1.7%。かなり乾いていたが、その割には極端に時計が掛かるコンディションではなかった。勝ち馬に関しては大半が4コーナーで前に取り付いていた馬。これは新潟のダートらしい決着が多かった。


  タイム分析
 2018/07/29 (日)  芝=-1.5 / 直線=-0.4  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1600 ケイデンスコール    牡2 未勝利 1:34.3 -1.0 --- +0.2 -1.2 C D 6.55
2R T2000 ラヴベローナ    牝3 未勝利・牝 1:59.7 -1.8 -0.5 -0.8 -1.5 B C 7.75
5R T1600 エイカイキャロル    牝2 新馬 1:37.0 +1.4 -1.4 +1.2 -1.2 SL C 8.77
6R T1400 ビックピクチャー    牝2 新馬・牝 1:22.4 -0.8 -0.2 +0.1 -1.1 C C 6.89
8R T2000 モクレレ    牡4 500万下 1:57.3 -2.7 --- -1.2 -1.5 A B 5.22
9R T1600 アドマイヤシナイ    牡4 村上特別500 1:33.7 -0.2 -0.8 +0.2 -1.2 C C 8.50
11R T1000 ダイメイプリンセス    牝5 アイビスG3 0:53.8 -0.3 --- +0.1 -0.4 C D 7.88
 2018/07/29 (日)  ダ=+0.4 / 1200m=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1800 ペイシャエリート    牡3 未勝利 1:55.2 +1.4 --- +1.0 +0.4 E D 9.00
7R D1200 ドナプリモ    牝3 未勝利 1:12.2 -0.4 --- -0.1 -0.3 C D 8.20
10R D1200 アスタースウィング    牡4 苗場特別1000 1:10.4 -0.9 --- -0.6 -0.3 B C 6.36
12R D1800 バレッティ    セ4 500万下 1:53.3 +0.5 --- +0.1 +0.4 C D 6.18

新潟2R 3歳未勝利・牝 タイムB
 基準より0秒8速い勝ちタイムだった。ラヴベローナがレコードをマークしての勝利だった。
1着 ラヴベローナ 
 ラヴベローナは3コーナーから4コーナーにかけて外に膨らまず、ジッとしていて、直線入り口で少しだけ外に出して押し切った。東京の長い直線だと伸びきれない、あるいは伸び負けするというレースだったが、コーナリングの上手さを新潟内周りで最大限に活かしたと思う。ヴィクトワールピサ産駒だが、ヴィクトワールピサ産駒はコーナリングは上手いけども、長い直線では伸び負けするという事が多くて、この馬も小回りコース向きだと思う。次走も新潟だとして、内周りなら500万下でも上位可能。外周りならちょっと割引が必要かと思う。
2着 ラストマイア 番組注目馬
 2着のラストマイアは勝ちに行って少しだけ負けたというモノで、内容は十分。次走は有力。
3着 パストゥレイユ 
 3着のパストゥレイユはピッチ走法で、そのためスタート直後の先行争いで楽に好位を取れたが、直線では伸び負けした。新潟なら内周りの方が良いというのは確かなので、思い切って1400mに使ってみると面白いんじゃないかと感じた。
新潟5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
新潟6R 2歳新馬・牝 注目
 勝ったビックピクチャーについて。
1着 ビックピクチャー 勝ち馬注目
 このレースを予想するにあたって、まず考えたのが新潟の内周り1400mでディープインパクト産駒を本命にしたくないなぁという事だった。という事で2着のファクトゥーラを本命にしていたが、単勝を握っている私をあざ笑うかのように、外から差し切った。レース内容は予想通り前に行けず、直線でもなかなかエンジン全開にならなかったが、残り200m付近からの瞬発力はすごかった。直線の長いコースならさらにパフォーマンスが上がると思う。
新潟8R 3歳上500万下 タイムA
 このレースの勝ちタイムは古馬500万下の基準タイムより、2秒7速く、2000m対象の馬場差がマイナス1秒5だった事を踏まえても -2.7-(-1.5)=-1.2 で基準より1秒2速い勝ちタイムとなる。直線に入って横一線の追い比べとなった。その中で、中程から間を割ってトーセンアイトーンが抜け出して行こうとするが、外からエリティエール、内からはモクレレが伸び、さらにアストラサンタンも粘っている。そして最内のモクレレが抜け出して1着。トーセンアイトーン1馬身半差2着だった。
1着 モクレレ 勝ち馬注目
 アパパネを母に持つモクレレが3勝目を挙げた。モクレレは内周りの合流地点でもまだ進路を探しているという状態で、他馬の勢いからすると仕掛け遅れにも見えたが、4頭が並んでからの伸びが全く違って突き抜けた。以前とは馬の中身が違うという印象で、いよいよ本格化したのだと思う。同じだけ走れば1000万下も勝てるタイムなので、休み明けで好走した反動がなければ、上の1000万下も一気に突破できそう。
1着 モクレレ 解説推奨
 今回のタイムや勝ちっぷりの素晴らしさはタイム分析で既に述べたが、以前の事を考えると別の馬という印象。デビュー当時は気性難からまともに追い切りができず、当然のように力を出せなかった。その後もブリンカーをつけたり外したりと試行錯誤が続いていたが、4歳夏になって肉体も精神も完成してきた。同じだけ走れば1000万下も勝てるタイムで、問題は次走も同じだけ走れるかどうかだが、体が完成してきたので、反動は出にくいでしょうし、気性難も収まってきたので変な自滅も無いだろうと思う。すなわち、今回と同じだけ走れるだろうと、そういう風に判断して推奨する。
2着 トーセンアイトーン 
 2着は1番人気のトーセンアイトーンだった。トーセンアイトーンは直線に入ると早めに仕掛けてスーッと上がって来て、一旦は先頭。モクレレの決め手には屈したが、長く脚を使っていて、いかにも新潟外周り向き。このクラスの関西馬は次も新潟を使える保証がなくて、次走が小倉だとちょっと危なっかしいので、番組注目馬にはしないが、次走も新潟外周りに使えればかなり有力。
3着 アストラサンタン 
 3着のアストラサンタンは馬任せで進んで、外の差し馬が伸びて来たところで追い出し。伸び負けしたが、遅くないペースを前で運んでこのタイムなら上々。今回人気はなかったが、次走も上位候補となる。
4着 エリティエール 
 4着のエリティエールは外から鋭く伸びて来たが、最後は苦しくなった。まだ脚が長続きしないようだが、キャリアが浅く、これから成長しそう。
新潟10R 苗場特別 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。アスタースウィングが再昇級2走目で勝ち上がった。
1着 アスタースウィング 
 この勝ったアスタースウィングは気性がちょっと…と言われる事が多いが、ブリンカー着用後はダート1200m以下では凡走らしい凡走がない。今回は変に抑えず、行かせた事で気分良く走って楽勝。昇級して多頭数の内枠に入ったりすると、依然として危なっかしいと思うが、気分良く走れば上のクラスで通用するだけの能力はある。
2着 アルーアキャロル 
 2着のアルーアキャロルは今回が初の1200mで、なおかつスタートも遅かったが、ダートに入った辺りからの行きっぷりが良く、抑えるのに苦労しているぐらいだった。休養明けでもあって、大事に乗っていたようだが、直線での伸びは流石というもの。1200mがベストだとは思わないが、1600mではまともに引っかかったりするようになっているので、もう短距離の方が良いのかもしれない。ベストの距離がどこかはまぁともかく、このクラスでは力が上という事。
3着 ストロボフラッシュ 
 そしてストロボフラッシュは好位で脚を溜めてしっかり伸びたが、上位の2頭が強かったという3着。組み合わせ次第で勝つチャンスはある。
新潟11R アイビスSD 重賞
 タイムランクがC・メンバーランクはDだった。4枠のラブカンプーが外の馬を制するように先頭に立って行った。400m通過21秒8というのはまぁまぁ速いが、土曜の500万下が400m22秒1で前残りになっているという高速馬場でもあり、先週の馬場の重賞でこのペースなら前が止まらない。外に寄ってきた先行馬4頭がなかなか止まらず横に広がったままなので、直後にいたダイメイプリンセスはしばらく進路がなく、外枠が徒になるところだったが、前4頭の内に進路を取って抜け出した。逃げたラブカンプーが粘って2着、3着ナインテイルズ、4着レジーナフォルテと前に行っていた馬が上位を占めた。
1着 ダイメイプリンセス 
 ダイメイプリンセスが勝って重賞初制覇。直線1000mでは3戦3勝。管理する森田直行調教師もこれが重賞初制覇となった。ダイメイプリンセスが駿風Sも韋駄天Sも前崩れのペースに乗じて差して来たという印象だったが、今回のように前残りの展開になれば普段より前につけるという、そういう自在性を見せたのは収穫だと思う。ただ、現時点では、1200mの重賞ではまだどうかなという気はする。
2着 ラブカンプー 
 2着に入ったラブカンプーも森田直行厩舎、ワンツーフィニッシュだった。この2着のラブカンプーは3歳牝馬で51キロだった。51キロの3歳牝馬は高い確率で好走するレースではあるが、距離が長くて完全に前崩れの展開だったフィリーズレビューでも大バテはしていないという、基本的な能力の高さを示したとも言える。
3着 ナインテイルズ 
 そして3着がナインテイルズ。3着ナインテイルズは完全に前崩れになった韋駄天Sで逃げて5着だった馬。今回のような前残りの展開になれば、このぐらいは走れる。
4着 レジーナフォルテ 
 そして4着のレジーナフォルテは昨年の3着馬だが、3歳時に51キロで好走した牝馬は翌年以降54キロを背負うと好走できないというのがこのレースだが、そのぐらい負担重量の影響が大きいレースだと言うことだが、それに加えて今回は自分より外の枠の馬が先行して外側で横に広がっているという最悪の展開だった。これだけ悪い条件が重なったので、4着は健闘だと言える。

  馬券Summary
札幌のモレイラ
 J.モレイラ騎手が先週から短期免許で騎乗して、土日で7勝2着2回3着2回4着以下6回。特に土曜日はほとんど何でも来ちゃうという状態だったが、得意とか不得意はある模様。これまでも日本では札幌での騎乗が多くて、今年も主に札幌で乗るはずなので、先週までの札幌のコース別の成績を出すと、このようになっている。
札幌のモレイラ
連対率50%を超えるのがダート1700m・ダート2400m、そして芝1500m・芝1800m・芝2600m。距離が長い方が成績が良いとも取れるが、私はコーナーが多いコースが得意なのだと推測する。勝つときのレース運びを見ると、4コーナーの手前からスーッと上がって来て、直線入り口で先頭というパターンが多い。直線入り口で先頭というのが勝ちパターンなのは当たり前と言えば当たり前だが、これはいつも最初から先行している訳ではなくて、コーナーで上がって来る事が多い。コーナーでロス無く馬に負担をかけずに加速するのが上手いので、コーナーが多いコースで成績が良いのだと思う。ただし、コーナーが4つあるコース形態でも、芝の2000mはあまり良くない。っと言っても普通の基準ならすごい連対率だが、芝2000mはスタートから最初のコーナーまでが長くて、全体に占めるコーナーの割合が多くない。得意箇所が少ないという事、それが原因じゃないかと思う。今週以降もまぁモレイラさんが乗っているというだけの理由で、全て人気になりそうだが、信頼度が極めて高いコースと、信頼度が普通になるコースがあるという事は知っておきたい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26