2018年2回京都6日目

開催一覧
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 京都は通常と同じく土曜・日曜の開催だった。先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒8からプラス2秒3への変動。日曜が設定不能だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値で、特に先週は土曜午後からはかなり時計が掛かって行った。
 土曜午前の時点で馬場差はプラス0秒8だった。そこから雨が降り続いて行って、後になるほど時計が掛かって行った。土曜夜も雨が降って、日曜は一層時計が掛かった。そもそも年明けの京都芝はコンディションが良くなかった上、連続開催の6週目。雨の影響を強く受けて、かなり時計が掛かった。連対馬については、土日9鞍で逃げ・先行馬は2頭だけ。土曜日は中団・後方、日曜は好位の馬が目立った。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒9からプラス0秒2へと変動、日曜がマイナス1秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、先週土曜前半までは時計の掛かるコンディションだったが、その後水準に近づいた。そして日曜は脚抜きの良いコンディションとなり、年明けの京都ダートでは初めてマイナス1秒台となった。
 土曜の序盤は今開催前半と同じく、時計の掛かるコンディションだったが、昼前から雨が降り続いて時計が出やすくなった。さらなる雨で、日曜は前半2週とは一転して速い時計の出るコンディションとなった。連対馬については、差しが不発という事では無かったが、前めにつけた馬の粘り込みが目に付いた。そして連対馬28頭のうち、4コーナー2番手以内の馬が15頭と半数を超えていた。


  タイム分析
 2018/02/11 (日)  芝=設定不可  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1600 クリノフラッシュ    牝3 未勝利 1:38.4 +2.9 --- --- --- - C 7.00
6R T1800 ビービーデフィ    牡3 新馬 1:53.0 +4.0 -1.0 --- --- - C 7.87
9R T1400 キアロスクーロ    セ5 宇治川H1000 1:23.8 +2.5 --- --- --- - D 6.73
10R T2400 ガンコ    牡5 松籟SH1600 2:28.2 +2.8 -0.6 --- --- - C 3.78
11R T2200 クリンチャー    牡4 京都記念G2 2:16.3 +4.6 --- --- --- - B 5.67
 2018/02/11 (日)  ダ=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 エイスノート    牝3 未勝利 1:12.0 -1.0 --- -0.3 -0.7 B D 5.36
2R D1800 トモノコテツ    牡3 未勝利 1:54.7 +0.4 --- +1.5 -1.1 E D 8.93
3R D1400 プリヴェット    牝3 未勝利・牝 1:25.7 -0.2 --- +0.7 -0.9 D C 5.64
4R D1800 グレートタイム    牡3 500万下 1:51.6 -1.8 --- -0.7 -1.1 B C 7.86
7R D1200 ローゼンタール    牝5 500万下 1:11.0 -0.9 --- -0.2 -0.7 C C 6.00
8R D1900 スズカガルチ    牡4 500万下 1:57.5 -1.9 --- -0.7 -1.2 B D 7.86
12R D1400 テイエムグッドマン    牡4 1000万下 1:24.4 +0.6 --- +1.5 -0.9 E D 8.43

京都1R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。エイスノートがダートに転じて2走目で勝ち上がった。エイスノートが2番手から抜け出して快勝。2着に逃げたアメリカズハートが入って完全に前残りの平均ペース。スタートで遅れ気味になった1番人気プロネルクールは届かなかった。
1着 エイスノート 
 勝ったエイスノートは3戦目。前走初ダートで2着。今回はスンナリ2番手を進めたのが勝因だろう。
2着 アメリカズハート 
 2着アメリカズハートの父だが、JRAでオープンまで行ったバロズハート。アメリカズハートがJRAの現役馬では唯一の産駒。バロズハートの父はアフリートで、母父サンデーサイレンス。タイムランクはCランク相当だが、前に行くスピードは大きな武器。是非1勝して父の名を高めて欲しいもの。
4着 プロネルクール 
 1番人気4着プロネルクール。能力高いが、スタートが上手ではなくて揉まれ込んでしまった。実はここ3戦内枠ばっかり引いている。今後外枠を引いたら、積極的に狙いたいと思う。
京都2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
京都4R 3歳500万下 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。番組注目馬グレートタイムが断然の支持に応えた。
1着 グレートタイム 勝ち馬注目
 完勝。インでジーッとしていて、直線で外に出すともう脚色の差は歴然としていた。テーオーエナジーが襲いかかったが、寄せ付けなかった。東京大賞典を勝ったローマンレジェンドの近親。交流重賞で活躍したミラクルレジェンドの2番仔になる。父はキングカメハメハで、ダートで活躍するために産まれて来たような血統。オープン入りするまで4戦を要してしまったが、完全タイム差マイナス0秒7でAに近いBですから、今後の活躍は間違いないだろう。
2着 テーオーエナジー 番組注目馬
 次走狙いたいのは自身もBランク相当だった2着テーオーエナジー。4コーナー手前で進路がなく、追い出しを待たされ、直線では少し寄られる場面もあったが、追い出されると一気に勝ち馬に迫った。このレースができるなら、次走は勝てるのではないだろうか。
3着 ブルベアジネンジョ 
 3着ブルベアジネンジョだが、14番人気と人気薄だったが、この馬未勝利戦勝った時も10頭立ての最低人気で、単勝2万馬券だった。忘れた頃にもう一発やりそうな気もするので、忘れないようにしたい。
京都5R 3歳未勝利 
11着 ルナステラ 通信簿
 1番人気11着だった。4コーナーで急に手応えが悪くなり、後は馬なりのまま。ただ、前走も4コーナーでは手応えが悪くて置かれ気味になり、そのまま追い続けたらラスト200mで一気に加速した。今回も諦めずに追って欲しかったが、結果に関しては申し訳ございません。
京都8R 4歳上500万下 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。再びブリンカーを付けてきたスズカガルチが変わり身を示した。1番人気ネクストムーブが2着だったが、12番人気のスズカガルチが勝って3着に11番人気エフハリストで穴馬券となった。
1着 スズカガルチ 
 勝ったスズカガルチ、休み明け3戦目で1戦毎にレースぶりは良化していた。ただ、それだけで買うのはちょっと難しかったが、今回向正面でマクったのがちょっとハマった感じもある。何もかも上手く行った印象。勝つ時はそういうモンだが。
2着 ネクストムーブ 
 次走の狙いはやはり2着ネクストムーブの方だろう。直線ではアッサリ勝つかと思われたが、3頭合わせになったのが良かったのか、スズカガルチが盛り返してしまった。これで4戦連続3着以内。今回勝ち馬に上手く乗られた感じで、疲れさえ無ければ次走は勝てるだろう。
3着 エフハリスト 
 3着エフハリストは久々に馬券になった。1度このクラスを勝っていて、このクラスでは上位。次走以降人気がなければ是非狙ってみたいと思う。
京都9R 宇治川特別 注目
 設定不能となった日曜の芝のレースの中では最も見所があるように感じた。前半600m35秒2とこの馬場にしては速めに流れた。
 3着以下はあまり狙えない。
1着 キアロスクーロ 
 勝ったキアロスクーロだが、不良馬場で2着があるように道悪は上手いと思う。勝負所の4コーナー手前で外からスーッと上がって行くと、直線先頭に立って後続を完封した。今回強い勝ち方だったが、馬場に恵まれたというのは大きい。この馬にとって1000万下は壁のようになっていて、このクラス今回で通算14戦目でようやく勝った。流石に上のクラスですぐに通用する馬ではないんじゃないだろうか。ただし、重・不良のハンデ戦は上でも注意した方が良いと思う。
2着 サフランハート 
 2着サフランハートは1000万下通算8戦目で、これが3度目の2着。重馬場は苦にするタイプではない。また、今回は初めてハンデ戦を使って負担重量がいつもより1キロ軽かったのも良かっただろう。今後もこのクラスでは人気になるでしょうし、いずれ勝てると思うが、すぐに勝つとまでは言えない。積極的には買いにくい1頭だろうか。
京都11R 京都記念 重賞
 馬場差が設定不能のためタイムランクはなく、メンバーランクはBだった。スタートでレイデオロ・アクションスターがやや遅れた。ともかく、馬場コンディションが悪くて道悪適性が着順を決めてしまった印象がある。道中もかなり走りにくそうにしている馬が見受けられて、GI馬が4頭出たがちょっと残念な馬場状態になってしまった。ただし、4歳4頭が上位を占めたのは、今後に向けて明るい材料ではないだろうか。最後の叩き合い、ここからだが4歳4頭が死力を尽くした感じ。非常に見所があったレースではなかったかと思う。最後クリンチャーが勝った。クリンチャーの重馬場適性も良かったと思う。
1着 クリンチャー 解説危険
 クリンチャーが間を割って抜け出しGIホースを敗った。菊花賞での走りを見ればわかる通りで、いかにもこの馬場は向いていた。斤量に恵まれたのはあるが、直線は重戦車のようにドカドカと真ん中を伸びて来た。こういう馬場なら、当然GIでも勝ち負けになるんじゃないだろうか。
 この馬はもう皆さんおわかりの通り、明らかな重馬場巧者だと思う。ここ2走ちょっと僕は馬場に恵まれたのかなと。もちろん、馬が強くないと重賞勝てないですが、今回馬場に恵まれた印象がある。次走良馬場で人気ならちょっと嫌ってみたい。ただ、ズルい感じで非常に申し訳ないが、ただし重馬場以上ならむしろ買いかなと。
2着 アルアイン 
 アルアインもそれほど重馬場は苦にしない。それにしても同じ57キロでダービー馬に競り勝ったというのは大きい。皐月賞以降そんなに活躍していなかったが、まだまだやれるという手応えを掴んだんじゃないかと思う。
3着 レイデオロ 
 3着レイデオロだが、スタートで両隣の2頭に遅れを取って後方からになった。少しずつ位置を上げていったが、4コーナー大外を通ってやや距離ロスがあった。それから斤量2キロ軽いクリンチャーに差されたのはちょっと仕方がないと思う。ただ、アルアインは抑えて欲しかった。そこが少し残念だった。
4着 モズカッチャン 
 4着モズカッチャンは直線でインに入れて凄い伸び脚だった。一旦は決まったかと思ったが、最後は牡馬と牝馬の差が出ただろうか。それからGIを勝っているため54キロだったのも、わずかな差に出たかもしれない。
5着 ケントオー 
 5着ケントオー。この馬実は密かに狙っていたが、上位4頭とはやはり差があった。着順は悪くても常に上位とは差のない競馬をしてる。いつか穴を開けるという事で、覚えておいて損はないんじゃないか思う。
京都12R 4歳上1000万下 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
東京ダート1600m以上の検証
 「まりなるトリオトライフェクタ」で1回東京ダート1600m以上は前走から中9週以上の休み明けを狙った方が良いよというアドバイスをさせてもらったが、この条件、実際に良く好走している。去年が良かったので、これを挙げたが今年も本当に良い。初日から4日目まで、新馬戦・未勝利戦を除く東京ダートマイル以上は7鞍行われたが、そのうち5鞍で「前走から中9週以上の馬」が勝って、2着3回3着3回。単勝回収率146%、複勝回収率は84%だった。その内容も4日目のダート2100m金蹄Sを8番人気クラシックメタルが1着。3日目12Rの1600mでは5番人気トレンドラインが勝って、7番人気ディアコンチェルトが2着、3番人気ジェイケイライアンが3着。2日目6Rの2100mは5番人気キングリオ、7番人気グランドバローズで決まるなど、穴馬券がかなり出ている。他、人気ではあったが初日8Rを勝ったネイビーブルーも休み明けだった。
今挙げた中の多くは、昨年秋の東京以来だった。東京ダート1600mや2100mというのは、やっぱり適性があるかないかが大きいと思われる。合わない中山を年末年始で使って疲れた馬よりも、東京を求めて休んでいた馬の方が好走する確率は高いのかなと。これは今後も覚えておいた方が良いのかと思う。今週もだが、次回以降の東京でも使えるセオリーではないかと思っている。是非使って下さい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26