2018年5回中山2日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにマイナス1秒6だった。
 ほとんど雨が降らず、乾いた馬場状態で速い時計が出たが、内を通る先行馬が圧倒的に有利ということはなかった。この開催は9日間を通してAコースが使用されるが、近年の傾向からすると、開催が進んでも極端に時計が掛かるようにはならないはず。
 先週の馬場差1800m対象の数値は、土日ともにマイナス1秒0。1200m対象の数値も土日ともにマイナス1秒0だった。
 夏に13年ぶりの路盤改修が行われて、秋は春までより速い時計が出るようになったが、この開催も同じだった。ほとんど雨が降らず、乾いていたが1800mも1200mもマイナス1秒0という馬場差になった。先週の結果を見ると、かなり前有利ということになっているが、馬場差がマイナス1秒になっている影響からではなくて、もともと先行有利のコースで、先行有利の展開が多かったということ。


  タイム分析
 2018/12/02 (日)  芝=-1.6  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1200 ヤマチョウヴォイス    牡2 未勝利 1:09.5 -0.6 --- +0.4 -1.0 D C 8.73
4R T1800 ヴィエナブロー    牝2 未勝利 1:48.6 -1.4 --- ±0 -1.4 C C 8.00
6R T2000 シェドゥーヴル    牡2 新馬 2:03.9 +0.4 -0.5 +1.5 -1.6 SL C 7.78
10R T1600 キャプテンペリー    セ5 市川S1600 1:32.5 -1.2 --- +0.1 -1.3 C C 7.25
11R T1200 ダイメイフジ    牡4 ラピスラ 1:08.1 ±0 --- +1.0 -1.0 E D 7.45
12R T2500 ロサグラウカ    牝3 1000万下 2:34.6 +0.1 -0.7 +1.4 -2.0 E D 7.75
 2018/12/02 (日)  ダ=-1.0 / 1200m=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 アマデウス    牡2 未勝利 1:12.5 -0.5 --- +0.5 -1.0 D D 8.67
2R D1800 マンボカリエンテ    セ2 未勝利 1:56.5 +0.4 --- +1.4 -1.0 E D 8.08
5R D1800 デアフルーグ    牡2 新馬 1:54.7 -1.8 --- -0.8 -1.0 B C 6.93
7R D1200 ショウナンガナドル    牡2 500万下 1:11.6 -0.7 --- +0.3 -1.0 D C 9.47
8R D1200 グッドヒューマー    牡4 500万下 1:10.8 -1.1 --- -0.1 -1.0 C D 6.62
9R D1800 ネコワシ    牡3 チバテレ1000 1:53.3 +0.1 --- +1.1 -1.0 E D 9.86

中山2R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
中山5R 2歳新馬 タイムB
 基準より0秒8速い勝ちタイムだった。デアフルーグが2着アラゴネーゼに9馬身差をつけて勝った。
1着 デアフルーグ 勝ち馬注目
 デアフルーグは好位で手応えが良く、前はいつでも交わせるという余裕の手応えで直線に入り、早めに先頭に立つとぶっちぎった。あと0秒1速ければAランクというタイムで、最後は流していたので、タイム短縮は可能。従って500万下でも通用するはず。ただ、2歳・3歳初期のダートの500万というのは、メンバーが揃ってキャリア1戦の馬が跳ね返されることがよくあるので、次走に関しては半信半疑の面もあるが、能力は通用する。
2着 アラゴネーゼ 
 2着のアラゴネーゼは早めに動いて、直線入り口では先頭。勝ち馬には千切られたが、2着は守った。ただし、タイムはDランク相当なので、次走は勝機とまでは言えない。
11着 トーキョーサバク 
 その他11着のトーキョーサバクをチェックしておきたい。4コーナーまでは2番手で良い手応えだったが、いきなり失速してしまった。恐らく距離が長いので、個人的には1400mで特に注目したいと思う。そもそもこの馬、東京ダート1600mでのデビュー予定だったが、抽選除外になって一週スライドし、1800mになったと。そういう経緯もある。
中山6R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中山9R チバテレ杯 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
中山11R ラピスラズリS タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
2着 モズスーパーフレア 
 このレース、ラップが前半が34秒0で後半が34秒1。まぁかろうじて前半の方が速いが、前半が下り坂で最後に登り坂がある中山1200mではスローに近い。そういうラップで、モズスーパーフレアは逃げて2着ではよろしくない様だが、この馬はハイペースで逃げて差し馬に脚を使わせてしまう方が強い。、まぁ2勝目が典型的で、この時は他の先行馬がみんな止まった。4勝目のセプテンバーステークスは、まぁ2着も先行馬だったが、この時は中山1200mで前半600m33秒2の逃げだった。ということで、今回の敗因はペースを落としすぎたことだと思う。スローで逃げてEランクのレースで2着だからと言って、評価を下げる必要はないと思う。
中山12R 3歳上1000万下 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
東京ダート1600mと中山ダート1800m
 秋に東京が2開催連続で行われて、冬は中山が先週から連続2開催行われるが、12月の中山には当然のことながら、前走が秋の東京だった馬が多く出走して来る。まぁコース替わりでどうなのかという判断が必要になる場面が多くなるが、近い条件なのに全く性質が違うコースの代表例として、東京ダート1600mと中山ダート1800mを取り上げる。具体的には東京ダート1600mで好走した馬が中山ダート1800mでどうなるんだろうかという事。
東京ダート1600mと中山ダート1800m
 この表、わかりにくいかもしれないが、前走が東京ダート1600mのタイムランクがAランク・Bランクだった馬が、中山ダート1800mに出走してきた時の成績。集計期間は2013年の頭から今年の4回中山まで。パッと目に付くのが前走2着馬の成績があまり良くないことで、東京ダート1600mを好タイムレースで2着に来た馬が、次走が中山ダート1800mだと連対率50%を切ってしまう。その前走2着馬の詳細を見てみると、東京ダート1600mで差して好走していた馬が、中山ダート1800mに出て来ると危なっかしいということが分かると思います。東京ダート1600mはJRAのダートのコースでは、最も差しが決まるコースなので、あそこで差して好走していても、先行寄りの中山ダート1800mでは信頼度が低いというのは、まぁデータを持ってくるまでもなくわかるが、データにもハッキリ出ているということ。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-