2018年2回中山3日目

開催一覧
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、比較的水準に近いレベル。
 水曜から木曜にかけて雨が降ったが、土曜の時点で既に馬場は乾いていた。1週目より少し水準寄りの馬場となったのは、雨の影響ではなくて開催進行に伴う自然な変化。内側がかなり傷んでいるように見えるが、緑色の洋芝がなくて野芝が茶色いというためであって、内を通ると不利という程では無かった。この先、次の3回中山1週目までAコースのままだが、気温が上がって芝が育つ時期なので、今週以降馬場差がマイナス方向に動いても不思議では無い。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒6。1200m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒3だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、1800m・1200mともにマイナスの数値はないが、3日目つまり先週土曜だけは他の開催日と比べると時計が出やすくなっていた。
 水曜から木曜にかけて降った雨の影響で、土曜は稍重だった。1800m・1200mともに1週目より速いタイムが出るコンディションだった。日曜は乾いて良馬場になって、さらに風の影響もあって、土曜より時計が掛かるようになったが、1週目とほぼ同じだった。ちなみに日曜日の風と言うのは南風で、これは最後の直線が追い風となる。1200mが1週目と同じ馬場差なのに、1800mは少しだけ速くなっているというのは、その追い風の直線を2回通るため。ただし、大幅に時計の出方に影響するほどの強風ではなかった。


  タイム分析
 2018/03/03 (土)  芝=-0.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1600 ワールドヘリテージ    牡3 未勝利 1:36.4 +0.5 -0.2 +0.5 -0.2 D C 7.00
6R T2000 コスモレリア    牡3 未勝利 2:02.5 -0.4 --- -0.1 -0.3 C C 6.60
9R T2500 エスティーム    牡4 潮来特別1000 2:36.2 +1.7 -1.1 +1.0 -0.4 SL C 5.56
11R T1200 キングハート    牡5 オーシャG3 1:08.3 +0.3 --- +0.5 -0.2 D C 11.20
 2018/03/03 (土)  ダ=+0.3 / 1200m=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 カレイドスコープ    牝3 未勝利・牝 1:13.0 +0.1 --- +0.1 ±0 C D 9.43
2R D1800 ラインアストリア    牝3 未勝利 1:56.7 +1.0 --- +0.7 +0.3 D D 7.00
3R D1200 プロミネンス    牝3 新馬 1:12.8 -0.3 --- -0.3 ±0 B D 10.21
4R D1800 ミッキーポジション    牡3 500万下 1:54.3 -0.4 --- -0.7 +0.3 B C 7.25
7R D1200 トウカイパシオン    牝3 500万下 1:12.2 ±0 --- ±0 ±0 C D 7.40
8R D1800 ルフォール    牝5 500万下 1:54.4 +0.4 --- +0.1 +0.3 C C 6.44
10R D1800 ハイランドピーク    牡4 上総SH1600 1:52.3 -0.1 -0.3 -0.7 +0.3 B C 9.69
12R D1200 マイネルエスパス    牡6 1000万下 1:11.9 +0.6 --- +0.6 ±0 D D 8.75

中山3R 3歳新馬 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。プロミネンスが1番人気に応えて逃げ切った。
そして大きく離された3着以下はEランク相当となる。レースを経験した事で大きく前進して来る馬もいそうだが、同じぐらいしか走れないなら次走も苦しい。
1着 プロミネンス 
 二の足で先手を取ったプロミネンスがそのまま逃げ切ったが、ギリギリのBランクでなおかつ余力十分という勝ちっぷりでもなかった。すぐに500万で通用するという感触はこのレースを見る限りない。
2着 ユーリトミクス 
 2着のユーリトミクスで完全タイム差はプラスマイナスゼロとなる。標準の勝ちタイムなら勝てるというタイムで、同じ日の未勝利戦より0秒1遅いだけだが、次走は確勝級と言う程ではない。あくまでも組み合わせ次第となる。
中山4R 3歳500万下 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。ミッキーポジションが中山ダート1800mで連勝した。
1着 ミッキーポジション 勝ち馬注目
 ミッキーポジションは前半は好位でしびれるような手応え。その手応えのまま徐々に前との差を詰めて行き、直線で競り勝った。大きく出遅れた前走ほどではないが、相変わらずスタートは早くなくて、これ以上相手が強くなるとスタートの遅さが致命傷になる可能性もあるが、今回のタイムも内容もオープンで通用するレベル。手応えの割に前を差すのに手こずったという印象だが、これは2着馬を褒めるべきだと思う。
2着 マイネルユキツバキ 番組注目馬
 2着マイネルユキツバキは遅くないペースで逃げて3コーナーからプレッシャーをかけられる展開でも最後まで止まらなかった。次走はかなり有力だと思う。
3着 テトラルキア 
 3着のテトラルキアは4コーナーでミッキーポジションの後ろにいたが、その時点で手応えが違いすぎた。それでもしぶとく伸びていて、完全タイム差はマイナス。次走も上位候補になる。
6着 スパイスマジック 
 その他では6着のスパイスマジックをチェックしておきたい。まずスタート直後に両サイドから挟まれてポジションが下がって、直線では内にもたれて追いにくくなっていたが、それなりに伸びていた。スンナリ先行できれば、一変する可能性はある。
中山9R 潮来特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
5着 ショパン 
 5着だったショパンに触れておく。結論から言ってしまうと、中山の内周りが絶望的に合わないという印象。こういうタイトなコーナーで加速するのが苦手なようで、4コーナーで外へ膨らみつつポジションを下げてしまった。直線でもじわじわとしか伸びなかったが、恐らく中山の急な坂も苦手なんだろう。これまでの多くの良績は京都外周り。坂の下りを加速のきっかけとして、平坦な直線に入るパターンだと好走できるので、この後京都外周りに出てきた時には改めて注目。っと言ってもエアグルーヴの仔なので、人気は下がらない。
中山10R 上総S タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。断然の1番人気に支持された番組注目馬ハイランドピークが逃げ切った。
1着 ハイランドピーク 勝ち馬注目
 ハイランドピークが期待通りの逃げ切り勝ちだった。中盤でペースを落として息を入れ、後ろが追いついて来たところでペースを上げるという、前走同様の完璧なレース運びだったとは言え、馬場差を考慮しても日曜のオープン、総武Sより速いタイムでの楽勝。オープンでも有力だと思う。
2着 ネイビーブルー 
 ハイランドピークを負かしに行くようなレースをすると、苦しくなるもので、2着のネイビーブルー・3着ロードシャリオは千切られたとは言え、これは優秀な内容だと思う。次走も上位候補。特にネイビーブルーは内枠も災いして前半は不本意な位置取りだったはず。ペースが緩んでいる地点だったとは言え、一気に追い上げてハイランドピークに並ぶところまで行くというのは楽な展開ではなかった。
3着 ロードシャリオ 
 ハイランドピークを負かしに行くようなレースをすると、苦しくなるもので、2着のネイビーブルー・3着ロードシャリオは千切られたとは言え、これは優秀な内容だと思う。次走も上位候補。
中山11R オーシャンS 重賞
 タイムランクはD・メンバーランクはCだった。ネロが先手を取って4コーナーに入って行く。気合いを付けて行ったネロの逃げで600m通過33秒5。スローペースではないが、中山1200mの重賞としては特に速くはないので、残り200mを切ってもネロが先頭だったが、4コーナー4番手からジワジワ伸びて来たキングハートが差し切った。キングハートと一緒に伸びるかと見えたレーヌミノルは力尽き、外から伸びたナックビーナスが2着。後方から直線で猛然と伸びたダイメイフジも迫ったが3着までだった。
1着 キングハート 
 ゴール前はキングハートが外のナックビーナスにアタマ差で競り勝って、重賞初制覇となった。そして高松宮記念への優先出走権を得ている。キングハートは昨年夏の函館スプリントS2着の後、外を回りすぎたり、京都のスローペースで切れ負けしたりしていたが、休み明け2戦目の今回、普通のペースの好位で流れに乗って、久しぶりに力を発揮した。10番人気での勝利だが、人気がなさすぎたというだけでフロックでも何でもない。ただし、タイムは平凡なので、高松宮記念では今回と同じだけ走ってもどうだろうという評価になる。
2着 ナックビーナス 
 勝ち馬と同タイムアタマ差2着がナックビーナス、3着が1番人気ダイメイフジだった。2着ナックビーナスは昨年の秋からスローペースを先行しての好走が多かったが、少しペースが速くなった今回は好位差しに構えて好走した。これは鞍上の腕もあると思うが、馬も自在性がある。GIではどうかと思うが、今後もこの路線では上位を争いそう。
3着 ダイメイフジ 
 勝ち馬と同タイムアタマ差2着がナックビーナス、3着が1番人気ダイメイフジだった。3着のダイメイフジは、スタートは互角だったが、ダッシュが鈍くてごちゃごちゃとした馬群に入り、徐々にポジションが下がってしまった。直線での伸びは群を抜いていて、スムーズなら勝っていたかもしれないが、最近3回続けてスローペースのレースだった事も前半のダッシュの鈍さの原因だと思う。ただしペースが速ければ、差しに回っても力を出せるというのは、昨年12月に中山で見せていて、ある意味では展開に左右されない馬。今回のメンバーでは高松宮記念で好走する可能性は一番高いと思う。
6着 レーヌミノル 
 3番人気のレーヌミノルが6着だった。久しぶりの1200mでしたし、牝馬で55キロを背負っていて、これは上位馬と比べて斤量面で分が悪かったが、このペースの2番手追走で6着というのは物足りない。次走もあまり期待できないような気がする。

  馬券Summary
中京ダート1400mは差しが決まりやすい
 今週から中京が始まるので、中京関連をという事で中京のダートについて。今の中京コースは直線が長くて差しが決まりやすいというイメージがあると思う。実際、それは間違いではなくて例えばダート1800mの各コースで4コーナー3番手以内の馬の成績というのを比べると、連対率が最も高いのは京都で、最も低いのが中京。ただし、そんなに大きな差はない。
中京ダート1400mは差しが決まりやすい
 しかし中京のダートでも1400mは明らかに差しが決まりやすい。中京ダートの他の距離は4コーナー3番手以内の馬の連対率が30%を超えているが、1400mは26%。また、他の競馬場のダート1400mと比べても連対率は低い。この表では東京と同じになっているが、小数点以下2桁まで行くと中京の方が低い。中京ダート1400mは差しが決まりやすいコースだという事を知っていても、実は中京ダート1400mの馬券を買う上でそれほど役には立たず、中京ダート1400mで先行して失速した馬の次走の方が狙い目としやすいが、阪神や京都のダート1400mで先行して好走した馬が、中京ダート1400mに出てきたら少しは疑う必要があるという感じ。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26