2018年3回阪神1日目

開催一覧
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒7、日曜がマイナス1秒8だった。
 2回開催から1ヶ月半ほどの間隔だったが、芝は順調に生育して、速い時計の出るコンディションだった。1年前の開幕週と同レベルの高速馬場だった。ただ、開幕週で高速馬場と言っても、中団後方に位置した差し馬が優勢だった。土日の11鞍中中団・後方の馬が連対しなかったレースは1鞍だけだった。今週もう1週Aコース、そして後半2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。
 水曜と木曜と雨が降って、金曜正午時点では稍重だったが、土日の開催日は良馬場だった。馬場差はマイナスとは言え、時計の出方は水準レベル。連対馬については、土日トータルで見ると、偏りはなかった。


  タイム分析
 2018/06/02 (土)  芝=-1.7  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1400 メイショウツバキ    牝3 未勝利 1:21.4 -1.3 --- -0.1 -1.2 C D 6.93
5R T1600 ジャミールフエルテ    牡2 新馬 1:35.9 -0.6 -0.3 +0.5 -1.4 D C 4.67
7R T2600 サトノグロワール    牡3 未勝利 2:39.0 -2.0 --- +0.2 -2.2 C D 8.08
9R T1200 トンボイ    牝3 戎橋特別500 1:08.5 -0.8 --- +0.2 -1.0 C C 8.00
10R T1800 ブラックスビーチ    牝4 三木特H1000 1:45.7 -0.7 -0.9 -0.1 -1.5 C C 5.00
11R T2000 ストロングタイタン    牡5 鳴尾記念G3 1:57.2 -1.6 --- +0.1 -1.7 C C 7.00
 2018/06/02 (土)  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ヒザクリゲ    牝3 未勝利・牝 1:12.7 -0.4 --- -0.3 -0.1 B D 7.82
2R D1400 メイショウテンモン    牡3 未勝利 1:26.7 +0.8 --- +1.0 -0.2 E D 9.36
3R D1800 エイシンメッセ    牝3 未勝利・牝 1:55.0 +0.7 --- +0.9 -0.2 E D 8.17
6R D2000 クルスデルスール    牡3 未勝利 2:08.0 +0.1 -0.5 -0.2 -0.2 C D 7.44
8R D1800 ドゥリトル    牡3 500万下 1:53.9 +0.8 -0.3 +0.7 -0.2 D C 5.88
12R D1400 キタサンデイジー    牝3 500万下 1:24.4 -0.5 --- -0.3 -0.2 B C 6.11

阪神1R 3歳未勝利・牝 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。ヒザクリゲが詰め切れないレースが続いていたが、今回は完勝だった。
1着 ヒザクリゲ 
 ヒザクリゲは前走は引っかかって4着だっただが、今回は2番手で折り合った。ただ、序盤は力みがあった。この点では改善の余地があると思う。とは言え。2番手から上がり600m最速ですから、これは完勝と言って良いだろう。
2着 メイショウルチル 
 2着のメイショウルチル、前走経験馬相手のデビュー戦で出遅れて4着だった。2戦目の今回はハナへ行って2着。兄が短距離のオープン馬フミノムーンで、素質は十分ですから、次走も牝馬同士なら有力。
3着 バトードラムール 
 3着のバトードラムール、放牧を挟んで攻めの動きが良くなっていた。前走からの距離短縮策も良かった模様。今期は起動に乗ってくると思う。
阪神2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
阪神3R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
阪神4R 3歳未勝利 
2着 タイセイトレンディ 通信簿
 1番人気2着だった。最後直線に向いてちょっと内に刺さった分、伸び負けしてしまった感じだろうか。着差が着差だけに勿体なかったですが、いずれにしても未勝利クラスは力上位ですから、次走も信頼して良いと思う。
阪神5R 2歳新馬 注目
 今年最初の2歳新馬戦となった。
1着 ジャミールフエルテ 
 1着ジャミールフエルテはセレクトセール当歳1億800万円の高額取引馬で、父はオルフェーヴル。上がり600m推定タイムは最速で、ラスト400m11秒8-11秒7の加速ラップを差し切った。今後に注目したい。
2着 スマートユニバンス 
 2着のスマートユニバンスは調教ではあまり動いていなかった。所謂実戦タイプで、芝向き。前向きさがありましたし、レースの取り口は良かったと思う。
3着 リゲイン 
 3着のリゲインは見た目は先行流れ込みだが、物見がひどくて直線はまともに追えなかったと和田竜二騎手はコメントしている。集中して走れていなかったということ。
阪神10R 三木特別 注目
 4歳降級馬が2頭出走していて、それら2頭のワンツー決着になった。
1着 ブラックスビーチ 
 1着のブラックスビーチは逃げて上がり600m33秒3ですから、これは後続は手も足も出ない。前半1000m1分0秒5の緩やかなペースで、1分45秒7ですからいかに高速馬場だったかがよくわかる。
2着 インヘリットデール 
 2着のインヘリットデールは推定上がり600mは33秒1。この馬にとってはこれがほぼMAXの上がりだと思う。今回は逃げた勝ち馬のレース。次走はかなり有力だろう。
3着 ロードスター 
 3着ロードスター、4着レッドイグニスは先行して流れ込んだだけだった。このペースで、この馬場では当然こうなる。ちょっと単調なレースだった。
4着 レッドイグニス 
 3着ロードスター、4着レッドイグニスは先行して流れ込んだだけだった。このペースで、この馬場では当然こうなる。ちょっと単調なレースだった。
阪神11R 鳴尾記念 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。予想通りマルターズアポジーが先手を取って4コーナーにさしかかる。前半の1000m58秒2で、馬場を考えるとそれ程速いという感じはないが、やはりある程度前にいないと勝負にならないというレースだった。今直線の映像で、前にいる5頭。この争いになる。ストロングタイタンは上手く内から抜け出して、これはやはり外めの枠でも内に潜り込んだという事で、好騎乗もあったと思うが、案外この2頭で後ろが切れてしまったというのが、ちょっと案外な気がした。
1着 ストロングタイタン 
 ストロングタイタンが内から抜けだしレコードタイムで重賞初制覇。この勝利で池江泰寿調教師は鳴尾記念4連覇となった。ストロングタイタン、一叩きして状態が上がっていたのだと思う。外枠だったが、4コーナー最内という事で、非常にコースロスが無く思い描いていたレースができたように映った。先行した馬がちょっと不甲斐なく、差し・追い込み馬で切れる脚を使えた馬もいなかったので、好位組が平凡な上がりで差して来たという感じで、何かこうしのぎを削った良いレースには見えなかった。なお、レコード決着だが、馬場差がマイナス1秒8だった事からもわかるように、かなりの高速馬場だったという事で、見かけのタイム程の価値はない。
2着 トリオンフ 
 2着は1番人気のトリオンフ、3着が2番人気のトリコロールブルーだった。2着のトリオンフは勝ち馬と同じ上がりを駆使しした。レース運びとしては完璧だが、微妙なコース取りの差はあったかもしれない。小回り向きの器用さはあるが、切れる脚を使えない。
3着 トリコロールブルー 
 2着は1番人気のトリオンフ、3着が2番人気のトリコロールブルーだった。3着トリコロールブルーは名うての鉄砲巧者で、今回を入れて中9週以上の間隔だと、3勝2着1回3着1回。直線は外から伸びそうで伸びあぐねて、トリオンフに2馬身半差をつけられてしまった。ちょっともどかしかったが、GIIIで通用の能力はあると思う。
4着 マルターズアポジー 
 3番人気マルターズアポジーは4着。先ほど言った前半1000m58秒2は馬場差を考慮すれば、さほど厳しい流れだったとは思わない。この馬牡馬にしては繊細なのか、どうも関西圏は鬼門。この後夏競馬に向けて調子を上げて来て欲しいところ。
5着 サトノノブレス 
 5着サトノノブレスは4コーナー2番手から逃げたマルターズアポジーも交わせなかった。この5着はちょっと物足りない。
阪神12R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。キタサンデイジーが昇級戦を制して、ダート1400mで連勝。
1着 キタサンデイジー 勝ち馬注目
 キタサンデイジーはここ2走、どちらも減量騎手器用だったが、2勝ともに完全タイム差はマイナス。今回は特に49キロの恩恵が大きかったと思う。父はサンプルの少ないViolenceで、その父はMedaglia d'Oroになる。母系には1998年スプリンターズSを優勝したマイネルラヴがいる。
2着 ヨドノビクトリー 
 2着のヨドノビクトリーは降級馬。レースは完璧に近かったが、この時期やはり49キロ対57キロ。負担重量8キロ差のために負けるケースはしばしばある。仕方ない。
3着 ニホンピロタイド 番組注目馬
 3着のニホンピロタイド、芝1600mで新馬勝ちして今回は初めてのダート・初めての短距離だった。外枠で無難に対応できたので、この条件への適性は見せたと思う。近親にニホンピロアワーズがいますから、特にダートは合っていそう。
5着 ゲキリン 
 1番人気で降級馬だったゲキリン、これについては後ほど触れる。
5着 ゲキリン 解説危険
 1番人気だった。降級馬で今回が休み明けだった。しかもこのレースは、タイムランクBでしたから次走も人気になると思うが、どうもこの馬は乗り難しいイメージがあって、信頼がおけないと思っている。1800mだったが、ルメール騎手で引っかかったレースが、どうも印象に強く残っていて、今回も道中で頭を上げている仕草を見ると、短距離で手の内に入れている藤岡康太騎手と言えども、この馬はコンスタントに力を発揮できるかどうか疑問。あまり人気で買うメリットはないと思うので、あえて危険馬とした。

  馬券Summary
日本ダービーのセオリー
 私なりに今年の日本ダービーを検証してみたが、明らかに近年のダービーは1つのセオリーが確立されたと考えている。今回はそれを紹介したいと思う。
日本ダービーのセオリー
 まずは表をご覧下さい。過去5年の優勝馬の共通点の1つは位置取り。4コーナー8番手以内にいる事だが、これは今も昔も理想的なダービーポジションがある事を示唆している。そして上がり600mの推定タイムは実は最速ではない。瞬発力、速い上がりは必要ではあるが、じっくり構えて直線に駆ける末脚勝負では厳しいという事。過去5年の2着馬を加えて、連対馬10頭で見ても全て上がり最速ではない。これはある程度のポジションで折り合いを付けて、流れに乗れないと勝負にならない事を意味している。驚くべき事には、優勝馬5頭はいずれも皐月賞と戦法が全く違う。位置取りの違いが一目瞭然だと思う。これはどういう事かと言うと、私が思うにはだが、やはり騎手が馬の能力を信頼しているからこそできる事だと思う。今年の優勝馬のワグネリアンの勝因だが、福永騎手が外枠から序盤で好位を取りに行った事に尽きると思う。これをすると引っかかるリスクがありますから、昨年のレイデオロ、ルメール騎手も早めにポジションを上げて行った。要するに引っかかるリスクを恐れずに、ポジションを取りに行くということは、ある程度の位置を取りに行っても、最後までしっかりと馬を保たすことができるという自信がなければできない。これは馬の能力への絶大な信頼であり、連続騎乗の妙でもある。馬の能力や体調に疑問を感じたら、これはできない。付け焼き刃的な乗り変わりでもダービーは勝てないと思う。過去30年、見ると4番人気以下の優勝は今年のワグネリアンを入れて4頭しかいない。ただ、ワグネリアン、内枠だったら恐らく3番人気には支持されていたと思う。自信を持って乗れる馬というのは、実力の裏付けがありますから、大方1番人気から3番人気に支持されている。

 以上の事から導き出される結論、ダービーの予想のコンセプトは連続騎乗で、上位人気に支持されている馬。さらに手頃なポジションから、速い上がりを繰り出せる馬を探せるというになる。脚質に関係なく、瞬発力は要求されるというのは、競馬の今の時台の典型だが、特に瞬発力の有無は要チェック。これは過去の成績で、上がり最速をマークしているかどうかというのが1つチェック次項になる。来年以降しばらく使える馬券作戦、戦略じゃないかと思っている。
美浦所属の関東馬から期待の2歳馬フェルシュテルケン
美浦所属の関東馬から期待の2歳馬
 手塚貴久厩舎の牡馬のフェルシュテルケン。セレクトセール取引馬で、父ダノンシャンティ。ダノンシャンティは2010年のNHKマイルCをレコード勝ち。母はワールドエースの半姉。ワールドエースは2014年マイラーズCをレコード勝ちしている。この血統的背景から見ると、切れるマイラーのイメージ。3回東京3日目、つまり今週土曜日の芝の1400mをルメール騎手で予定している。 アガラス
美浦所属の関東馬から期待の2歳馬
 古賀慎明厩舎の牡馬のアガラス。ブラックタイド産駒で母のロッシェノワールは3歳5月の遅いデビューで、芝の未勝利戦・500万下を連勝している。母系からは南部杯などを勝ってダートで活躍したユートピア。それから函館記念など、芝の重賞を勝ったアロハドリームがいる。ちょっと適性はわからないが、つぶしが利きそうなタイプ。この馬、今週の日曜の芝の1800mをルメール騎手で予定している。 キタサンルージュ
美浦所属の関東馬から期待の2歳馬
 奥村武厩舎の牝馬キタサンルージュ。父はヘニーヒューズ、兄弟にこれと言った活躍馬はいないが、祖母のキタサンヒボタンは2001年に芝の新馬戦からファンタジーSまで4連勝した。奥村武調教師は、全身気勢の塊と言った感じで、かき込む走法なのでダート向きのパワータイプとおっしゃっていた。東京5日目のダート1400m北村宏司騎手で予定している。 ブルーアガヴェ
美浦所属の関東馬から期待の2歳馬
 同じ奥村武厩舎だが、4頭目としては牡馬のブルーアガヴェ、これを挙げておく。セレクトセール取引馬で、父はディープインパクト。奥村武厩舎はこの東京開催で昨年はテンクウ、一昨年はイブキで新馬勝ちしているが、「それより上じゃないかと。走りますよ。この馬」と先生は期待していた。こちらは東京7日目芝1600mを田辺騎手で予定している。 クィーンユニバンス
美浦所属の関東馬から期待の2歳馬
 こちら田村康仁厩舎の牝馬クィーンユニバンス。田村厩舎は今週、恐らくイフユーワナとシークレットランという馬を下ろすと思うが、この2頭も良いが、クィーンユニバンスの方は血統馬ですからね。セレクトセール取引馬で父はヴィクトワールピサ。半姉、アドマイヤミヤビで昨年のクイーンCを1分33秒2で勝ったのは記憶に新しい。祖母がディープインパクトの半姉という事で、クラシックを狙える血統。こちらは東京8日目の芝の1800mを田辺騎手で予定している。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26