2018年2回東京6日目

開催一覧
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒7だった。まずはさかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、3日目までがマイナス1秒6、4日目以降がマイナス1秒7でほとんど変わりがない。
 先週は木曜日に雨が降ったが、その影響はなくて速い時計の出るコンディションが続いていた。あと、上位馬の脚質を見ると土日で12鞍あったが、逃げ馬の連対は3頭・先行馬も2頭のみで前回の馬券Summaryでお話した通り差し馬の活躍が目立った。差し有利だというのを理解しつつNHKマイルCでテトラドラクマに本命を打った自分が非常に情けないなと思う。ただ、このコース設定が替わって、今週から2週はBコース、最終週Cコースで使用される。同じ脚質傾向が続くかとなると何とも言えない部分がある。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラスマイナスゼロだった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、4日目を除けば水準レベルでの数値となっている。
 時計の出方は水準レベルだった。あと、連対馬については好位・中団からの差しタイプの活躍が目立った。先々週までは未勝利クラスは前残りが多かったが、先週は差しも届いていた点が前半2週との大きな違い。


  タイム分析
 2018/05/06 (日)  芝=-1.7  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1800 グレンフィナン    牡3 未勝利 1:48.0 -0.7 -0.6 +0.2 -1.5 C D 8.73
4R T2300 ドルチェラヴィータ    牝3 未勝利 2:23.9 +1.8 -1.5 +2.3 -2.0 SL D 6.33
6R T1400 ディロス    牡3 500万下 1:21.4 -0.9 -0.4 -0.1 -1.2 C D 7.57
8R T2000 サーレンブラント    牡4 1000万下 1:58.3 -1.8 --- -0.1 -1.7 C C 7.27
9R T1600 レッドオルガ    牝4 湘南S1600 1:33.9 +0.3 -0.9 +0.8 -1.4 D C 7.58
11R T1600 ケイアイノーテック    牡3 NHKマG1 1:32.8 -1.0 --- +0.4 -1.4 D C 5.11
 2018/05/06 (日)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1600 プローシブル    牡3 未勝利 1:40.4 +1.2 --- +1.2 ±0 E D 7.86
2R D1300 ポートナイトサイト    牝3 未勝利・牝 1:20.7 +1.4 --- +1.4 ±0 E D 7.20
5R D1600 ゲンパチカイナル    牡3 500万下 1:37.7 -0.5 --- -0.5 ±0 B C 4.80
7R D1600 ポルトドレーヴ    セ5 500万下 1:37.7 -0.3 --- -0.3 ±0 C D 8.33
10R D2100 フェニックスマーク    牡4 ブリリアH 2:10.8 +1.1 --- +1.1 ±0 E C 5.73
12R D1400 スズカゴーディー    牡4 立川特別1000 1:25.2 +1.0 --- +1.0 ±0 E C 8.13

東京1R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
東京2R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
東京4R 3歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京5R 3歳500万下 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。番組注目馬ゲンパチカイナルの圧勝だった。
1着 ゲンパチカイナル 
 ゲンパチカイナルはスタートが早くてスッと2番手につけて、馬なりで先頭に立つと後続を全く寄せ付けなかった。ホント行きっぷりが良くて、競馬ぶりに安定感がある。2走前の未勝利戦1着時のタイムランクがBで、2着だった前走もBランクのレース。そして、今回もBランク。毎回は速い時計で走っている点は評価できる。次走はおそらく?ステークスかユニコーンS辺りに出てくる可能性が高い。ただ、これらのレースというのは同レベルの馬たちが一堂に会するケースが多いので、次走上位候補とはしないが、当然印を打つべきレベルにはある。
2着 キングスヴァリュー 
 2着キングスヴァリューは休み明けでも太め感のない仕上がりだった。レースでは先行してよく粘っているが、今回は勝った馬が単純に強かった。今回から着用したブリンカーの効果が伺えるので、次走も圏内。
3着 ヴァルディノート 
 3着ヴァルディノートはよく追い上げているが、前半のダッシュが一息なので、恐らく序盤の芝の部分を走るレースよりもオールダートのコースの方が合っていると思う。
東京9R 湘南S 
5着 イストワールファム 解説推奨
 まずスタートで躓いた。これだけでもかなり大きな不利。ただ、意外と二の脚の加速が良くて、この辺りまでスッと取り付く。馬券買っていた人からすると問題なく、不利を回避できたなという形になった。ここから(向正面辺り)、また頭を上げて躓きよりもひどくちょっとバランスを崩すシーンがあった。それでも直線に向くと一旦勝ち負けに加わるとまでは言わないが、この辺り2着争いに加わって来る。結果最後は前半のロスがやはり響いて伸び負けするが、ここからもバタっと止まる事無く踏ん張っている。ですから、ロスの多い競馬でよく踏ん張っていると思いますし、この内容なら次走まともなら巻き返して来ると見て、狙い馬として選んだ。
9着 ボールライトニング 通信簿
 3番人気9着だった。スローペースに最後方から大外。レースの上がり600m33秒3では、手も足も出なかった。今週は結果が良くなく、申し訳なく思う。
東京10R ブリリアントS タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
東京11R NHKマイルC GI
 スタートだが、カツジ・プリモシーンさらにケイアイノーテックも良いスタートではなかった。ちょっと穴人気を集めた馬たちが出遅れるような形になったが、意外とラップ以上に先行争いは激しい感じになって、先行馬には息の入らない展開になった。その結果、結構直線向くと内・外分かれての追い比べになって、ちょっと先行タイプと言うよりか、後ろから来た馬同士の争いになる。一旦ギベオンが抜け出すが、そこにレッドヴェイロンが迫って、さらにその外からケイアイノーテックが伸びて来て、ゴール寸前で差し切るという決着になった。
 タイムランクがD・メンバーランクはCだった。
1着 ケイアイノーテック 
 外から鮮やかにケイアイノーテックが差し切ってGI初制覇。ゲートが開くとジョッキー結構気合いを付けたが、全然前に進んで行かなかった。その結果腹をくくっても後方からの競馬をして、直線勝負に賭けたが、それが見事にハマった。この馬ずっとマイルの距離に使われて来たが、今回の反応とか見ていると何か、マイルよりかもっと長い距離の方が良いような気がする。ですから、今後休ませて秋に備えるとのことだが、中距離使ってきても面白い1頭じゃないかなという気がする。
藤岡佑介騎手ありがとうございます。もう嬉しいですね。何とか届いたかなという感じだったが、回りのみんなに勝てるのかどうか確認した。ちょっと内・外が離れていたので、どうなのかなという感じだった。後方も後方だった。流れに乗りたいなと思っていたが。もう踏み遅れだけしないようにと思って、必至に動かしていたので、直線向いてエンジン掛かった時にはひょっとしたらと思った。まだまだホント可能性の多い馬だと思いますし、今日は目一杯走ってくれたので、また休んで元気な姿を見せて欲しい。ありがとうございます。
2着 ギベオン 
 2着にはギベオン、3着にはレッドヴェイロンと勝ち馬と同タイムの接戦だった。ギベオンはマイルの流れにも戸惑う事なく、早め早めの競馬で、一旦先頭に立ったが、逆に早めに先頭に立った事によってちょっとフワッとして、それでもミスターメロディが来たらもう一伸びした。強い内容の2着だったと思いますし、距離面の融通が利きそう。
3着 レッドヴェイロン 
 2着にはギベオン、3着にはレッドヴェイロンと勝ち馬と同タイムの接戦だった。3着レッドヴェイロンも外めを回って、ケイアイノーテック同様長く良い脚を使ったが、わずかに競り負ける形になった。ただ、こちらもどんどん差し脚に磨きかかって来てますし、今後が楽しみな1頭。
4着 ミスターメロディ 
 4着が芝2走目となったミスターメロディ。私的には速い時計の決着どうかと思いましたし、距離も1ハロン長いと思ったが、ホント一瞬もう先頭を伺うかという場面もありましたし、見せ場十分だった。ベストは1400mだと思うが、乗り方一つでマイルもこなせる。
5着 プリモシーン 
 もったいなかったのが5着プリモシーン。先ほどあったようにスタートが悪かったですし、直線向いてもちょっと前が壁になって外に持ち出すロスがあったので、恐らくスムーズなら勝ち負けになっていたと思うので、こちらも能力全開とまでは行かなかった。
12着 タワーオブロンドン 
 1番人気のタワーオブロンドンは12着。3番人気テトラドラクマは14着と敗れた。12着タワーオブロンドンはちょっと返し馬を見てほしいが、硬いとは言わないが、ピッチ走法で走る馬。やはり距離的にはマイルで勝ったりもしているが、1400mがベストかなという気がしますし、今回は前が詰まった事のみが敗因とされているが、ひょっとしたら距離がそもそも長い可能性というのもあると思う。
C.ルメール騎手スタートで躓いてしまって、いいポジションを取れませんでした。直線は反応が少し遅かったですが、前が開いたのでそこに入ろうとしたら、突然寄られるアクシデントがありました。引っ掛かるところはなかったので、距離は問題ないと思います。
14着 テトラドラクマ 
 1番人気のタワーオブロンドンは12着。3番人気テトラドラクマは14着と敗れた。14着テトラドラクマだが、こちらは前に行ったが他馬に競りかける形になって、全く息が入らなかった。しかも、直線寄られて。ただ、寄られた時には脚も無かったですから、先行馬の宿命と言うか、ちょっと競られた時のモロさが出てしまった。
東京12R 立川特別 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
好調厩舎、勢い持続
 これは藤原英昭厩舎の事。何と5月6日終了時点で33勝をマークしている。これは現時点で昨年1年間の全国リーディングの18位に該当する成績。ホント驚異的な数値だと思う。ちなみに、昨年の同じ週、5月7日終了時点での勝ち星は15勝だった。出走回数は昨年が106戦で、今年が109戦なので、ほとんど同じでそんな中今年は昨年の倍以上のペースで勝っている訳なのですから、ホント凄いの一語。
好調厩舎、勢い持続
ちなみに、今年の33勝中、関西圏の本場に当たる阪神・京都での勝ち星より、それ以外の開催場での勝ち星が多いのが大きな特徴。関東圏の東京・中山、そしてローカルの中京・小倉を合わせると何と20勝もマークしている。実際先週も東京で3勝を挙げていた。昨年の同時期も実は全15勝中10勝が京都・阪神以外だったので、傾向としてはほぼ同じ。そして特徴としては左回りの底力勝負になりやすい、広いコースで強い。ですから、東京で8勝、中京で7勝勝ち星の半数近くをマークしている。今年の藤原厩舎を見ていると、ホント勝てる番組があるとピンポイントで使いに行って、きっちり結果を残しているというパターンなので、中でも東京とか中京では滅法強いですから、厩舎自体の管理馬のレベルが高いので、人気になりますから、馬券的な妙味はあまりないとは思うが、東京開催はしばらく続きますから、東京で使って来るようならより信頼度は高まると見て良いと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26