2018年4回中山8日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9からマイナス0秒4への変動、日曜がマイナス0秒4からマイナス0秒8、そしてマイナス0秒2への3段階の変動だった。まずはさかのぼって9日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、最終週の先週だけはマイナス1秒台ではなかった。また、雨の影響を受ける事が多く、開催日の半数以上が馬場差が変動だった。
 週なかに43.5ミリの雨が降ったが、金曜日に晴れて土曜は良馬場発表。ただ、土曜5R時から雨が降り出して、最終レースまで降り続いた。中間の雨が下の方に残っている事と、使われた頻度で、土曜の馬場差は2000m換算でマイナス0秒9からスタート。段々と掛かって行く変動で、11R時にはマイナス0秒4と水準に近づいていた。日曜は重発表でスタート。台風の影響もあって、さらに悪化が予想されたが、意外にも雨が上がって、日中は薄日の差す時間帯もあった。7Rから稍重発表まで回復している。ただ、遅れていた台風の雨が10R前からは本格的に降り出した。前日の最終的な馬場差マイナス0秒4から始まって、まずは乾いて速くなっていく変動。7Rにはマイナス0秒8まで持ち直したが、終盤は逆に掛かって行き、スプリンターズSはマイナス0秒2。先週の芝で最も時計を要す状態で行われた。脚質の偏りは本質的には無い。ただ、先々週同様に内の馬の活躍が目立ってはいた。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス3秒0。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒3からマイナス1秒5への変動、日曜がマイナス2秒1からマイナス1秒9への変動だった。さかのぼって9日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で、雨の影響を受けて総じて速い時計の出る馬場だった。特に開催6日目、そして最終日の先週日曜日は高速馬場となった。
 土曜は稍重で始まって、12Rは重馬場。朝の含水率はゴール前が5.6%、4コーナー9.4%と良馬場に近くて、1800mの馬場差はマイナス0秒9だった。1800mは1Rと8Rだけだが、8R時でも含水率そのものは、大きな変化はないと判断。1日を通した数値。日曜の1800mはマイナス3秒0。超高速馬場になった。中盤の6Rまでは前日と8Rに降った雨の影響で速くなり、一旦乾いたが12Rは再び強く降った雨で相殺されて、土曜のように終日対象だった。
 土曜の1200mはマイナス1秒3、高速に近い数値で12R時は降り続いた雨の影響から0秒2だけ速まった。日曜は1R時よりも8R時は乾いて、0秒2だけ時計を要していたが、高速馬場である事に変わりは無かった。1800mも1200mも差しが効かない馬場ではないが、結果として前に行った組が強かった。前が止まらないと言うよりは、逃げ・先行タイプにこうした馬場に適性の高い馬が多かった。その結果ではないかと考える。


  タイム分析
 2018/09/29 (土)  芝=-0.9 → -0.4  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1200 ヴォイスオブジョイ    牝2 未勝利 1:10.2 ±0 --- +0.5 -0.5 D D 10.73
5R T1600 オトナノジジョウ    牝2 新馬・牝 1:36.6 +0.1 -0.3 +0.5 -0.7 D C 8.36
7R T2200 チャロネグロ    牡4 500万下 2:13.0 -1.4 --- -0.5 -0.9 B D 7.93
9R T1200 ディアンドル    牝2 カンナS 1:09.5 +0.2 --- +0.6 -0.4 D D 7.67
10R T2000 マイネルファンロン    牡3 習志野特1000 2:01.8 +0.9 -0.7 +0.8 -0.6 D C 5.86
11R T1600 プロディガルサン    牡5 ロードカ1600 1:33.8 +0.1 --- +0.4 -0.3 D C 6.18
 2018/09/29 (土)  ダ=-0.9 / 1200m=-1.3 → -1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 タンクティーエー    牡2 未勝利 1:55.9 -0.5 --- +0.4 -0.9 D D 7.64
3R D1200 ミッキーマンドリン    牝3 未勝利 1:11.5 -1.1 --- +0.2 -1.3 C D (11.00)
6R D1200 スビールアスール    牝4 500万下・牝 1:10.3 -1.6 --- -0.3 -1.3 B C 7.00
8R D1800 ネコワシ    牡3 500万下 1:54.1 +0.1 --- +1.0 -0.9 E D 7.58
12R D1200 マンカストラップ    牡4 500万下 1:10.9 -1.0 --- +0.5 -1.5 D D 8.81

中山6R 3歳上500万下・牝 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。スビールアスールは降級4走目で勝ち上がった。
1着 スビールアスール 
 スタートを決めての逃げ。前半600m33秒6は馬場差を踏まえると平均で、直線もしっかりと伸びた。新潟で差して3着もあるが、現状行ききるのが一番だと思う。ただ、完全タイム差マイナス0秒3はBランクギリギリ。東京1300mの1000万下では今年の2月に逃げて0秒4差の6着だった。次に狙うなら暮れの中山辺りではないだろうか。
2着 クーリュ 
 2着のクーリュ、勝ち馬に0秒1差でCランク相当。これで4戦連続の2着。東京1400m・札幌1000m、そして今回と条件を問わない。軽い重量で好走していた時期からすると体質が強くなって、差す脚も出てきている。ランク的には相手次第という事になるが、結果として上位に加わっている。そんなタイプ。
3着 リチュアルローズ 
 そのクーリュと同タイム、アタマ差の3着がリチュアルローズだった。3着リチュアルローズ、本来器用さを欠くタイプだが、モレイラ騎手がロス無く立ち回って来た。ただ、クーリュを交わせそうで交わせなかった辺り、良い脚が短いので、東京は少し狙いが下がる。
5着 トラストロン 
 5着のトラストロン、この馬としてはスタートも互角でしたし、ある程度ついて行けてもいた。直線で伸びきれなかったのは、行くと甘い点と1200mが本質的に短い点だと思う。ベストの東京1400mからマイルで、脚を溜められれば面白いと思う。
中山7R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。チャロネグロは降級して4走目で勝ち上がった。
1着 チャロネグロ 
 1着のチャロネグロ、前半1000mは少し遅めの平均ペースだが、向正面でヴァンベールシチーが動いて、4コーナー手前からは外をプレシャスブルーが進出。出し入れの激しい展開だった。モレイラ騎手はこれを察知してか、3コーナーでも後方から3頭目。脚を溜めるだけ溜めて他馬に逆に脚を使わせながら、一気に外をマクって勝負を決めた。馬も強かったが、メリハリの利いた騎乗が楽勝の要因だと思う。元々能力は1000万下上位で、再昇級後も互角以上だが、東京は4戦して2着1回だけ。脚の使いどころが難しくて、頭から狙うなら暮れの中山まで待った方が良いと思う。
2着 アルカサル 
 2着以下は4馬身以上離された。2着アルカサルは0秒7差、Cランク相当。新馬・水仙賞と連勝した馬で、本調子に一息でも得意の中山ならこのくらいはやれる。ただ、この馬も東京は微妙。
3着 プレシャスブルー 
 3着プレシャスブルー、勝ち馬が強すぎて結果として早仕掛けになった。降級馬で、中京の500万下ではこの後500万・1000万を連勝したバティスティーニを負かして勝っている。休養明けだけに、今回は上々。左回りに実績があり、次走が東京でも新潟でも楽しみ。
4着 トータルソッカー 
 あと4着のトータルソッカー。先行流れ込みが戦法。ジリ脚だが、堅実で10着に崩れた前走は4コーナーで不利があった。左回りの1000万下で2着と3着がある。東京の中・長距離で警戒を要する。
中山8R 3歳上500万下 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
中山10R 習志野特別 
2着 フリージングレイン 解説危険
 戸崎騎手で3番人気だった。1000m通過1分3秒6の超スローで、これを見越したモレイラ騎手のマイネルファンロンが向正面でマクって楽勝したレース。フリージングレインは内枠でじっくりと脚を溜めて、直線は最内を突いて2着。全く無駄のない競馬で、中山芝はこのような形に持ち込みやすいので、7戦2勝2着3回3着1回で得意にしている。ただ、これが東京では脚が長続きしない。7戦して3着が3回だけ。他馬脚(?)を使う事も考えられるが、その場合でも中山ほどは信頼できないと思う。

  馬券Summary
2歳ダート中距離の有望株
 4回中山2歳戦のダート中距離で高レベルの鞍が複数あったので、簡単におさらいしておくことにする。
まず2日目4R1800mの新馬戦で2着に5馬身差をつけたガルヴィハーラ。父ゴールドアリュールの牡馬で、萩原厩舎所属。完全タイム差はマイナス0秒4、Bランクだった。
2歳ダート中距離の有望株
次に5日目1R、1800mの未勝利戦を7馬身差で圧勝したダイシンインディー。この馬も父ゴールドアリュールの牡馬で戸田厩舎所属。完全タイム差はマイナス1秒8、文句なしのAランク。
2歳ダート中距離の有望株
Aランク勝ちはもう1頭いた。6日目1Rの未勝利戦を7馬身差で楽勝したデルマルーヴル。父パイロの牡馬で、こちらも戸田厩舎所属。完全タイム差はマイナス0秒9だった。
2歳ダート中距離の有望株
この内デルマルーヴルはデビューが8/25に行われた札幌ダート1700mの新馬戦で0秒8差の4着だった。この鞍は勝ち時計が完全タイム差がマイナス0秒8。あと0秒1速ければAランクの好内容だった。ちなみに当時1秒4差の7着に沈んだオリオンパッチはダイシンインディーの勝った未勝利戦で2着していて、勝ち馬には離されたがBランク相当では走っていた。また、番組注目馬にも挙がっている。
2歳ダート中距離の有望株
こうなると、その札幌の新馬戦を3馬身差のBランクで楽勝したロークアルルージュにも触れておく必要がある。父クロフネの牡馬で手塚厩舎所属。544キロの大型馬だった。
 関西馬については、4回阪神から新馬戦で注目馬が出ていた。9/17の6Rダート1800m戦を7馬身差で圧勝したクリソベリル。これはゴールドアリュールの牡馬で、ダートGI馬クリソライトの全弟。
2歳ダート中距離の有望株
完全タイム差がマイナス0秒1でタイムランクはCだったが、直線はほとんど馬なりのまま。追っていれば高レベル入りしていたのは、想像に硬くない。音無厩舎所属。
 2歳ダート中距離戦線から有望株が続出している。どの馬も楽しみな存在だが、これらに見合う番組が少ないのが少し残念に感じる。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-