2018年4回中山9日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9からマイナス0秒4への変動、日曜がマイナス0秒4からマイナス0秒8、そしてマイナス0秒2への3段階の変動だった。まずはさかのぼって9日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、最終週の先週だけはマイナス1秒台ではなかった。また、雨の影響を受ける事が多く、開催日の半数以上が馬場差が変動だった。
 週なかに43.5ミリの雨が降ったが、金曜日に晴れて土曜は良馬場発表。ただ、土曜5R時から雨が降り出して、最終レースまで降り続いた。中間の雨が下の方に残っている事と、使われた頻度で、土曜の馬場差は2000m換算でマイナス0秒9からスタート。段々と掛かって行く変動で、11R時にはマイナス0秒4と水準に近づいていた。日曜は重発表でスタート。台風の影響もあって、さらに悪化が予想されたが、意外にも雨が上がって、日中は薄日の差す時間帯もあった。7Rから稍重発表まで回復している。ただ、遅れていた台風の雨が10R前からは本格的に降り出した。前日の最終的な馬場差マイナス0秒4から始まって、まずは乾いて速くなっていく変動。7Rにはマイナス0秒8まで持ち直したが、終盤は逆に掛かって行き、スプリンターズSはマイナス0秒2。先週の芝で最も時計を要す状態で行われた。脚質の偏りは本質的には無い。ただ、先々週同様に内の馬の活躍が目立ってはいた。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス3秒0。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒3からマイナス1秒5への変動、日曜がマイナス2秒1からマイナス1秒9への変動だった。さかのぼって9日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で、雨の影響を受けて総じて速い時計の出る馬場だった。特に開催6日目、そして最終日の先週日曜日は高速馬場となった。
 土曜は稍重で始まって、12Rは重馬場。朝の含水率はゴール前が5.6%、4コーナー9.4%と良馬場に近くて、1800mの馬場差はマイナス0秒9だった。1800mは1Rと8Rだけだが、8R時でも含水率そのものは、大きな変化はないと判断。1日を通した数値。日曜の1800mはマイナス3秒0。超高速馬場になった。中盤の6Rまでは前日と8Rに降った雨の影響で速くなり、一旦乾いたが12Rは再び強く降った雨で相殺されて、土曜のように終日対象だった。
 土曜の1200mはマイナス1秒3、高速に近い数値で12R時は降り続いた雨の影響から0秒2だけ速まった。日曜は1R時よりも8R時は乾いて、0秒2だけ時計を要していたが、高速馬場である事に変わりは無かった。1800mも1200mも差しが効かない馬場ではないが、結果として前に行った組が強かった。前が止まらないと言うよりは、逃げ・先行タイプにこうした馬場に適性の高い馬が多かった。その結果ではないかと考える。


  タイム分析
 2018/09/30 (日)  芝=-0.4 → -0.8 → -0.2  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T2000 ラージヒル    牡2 未勝利 2:02.0 -1.3 --- -0.9 -0.4 A B 6.14
4R T1200 フィルムフェスト    牝2 新馬 1:10.3 -0.1 --- +0.2 -0.3 C C 8.73
5R T1800 エアジーン    牝2 新馬 1:49.4 -1.0 -0.4 -0.9 -0.5 A C 6.57
7R T1600 レジーナドーロ    牝3 500万下 1:33.9 -1.0 --- -0.4 -0.6 B C 7.44
9R T1600 レッドアネモス    牝2 サフラン500 1:35.7 +0.2 -0.7 +0.1 -0.6 C C 6.20
10R T1200 ラフィングマッチ    牡3 勝浦特H1000 1:08.6 -0.2 --- +0.1 -0.3 C C 6.92
11R T1200 ファインニードル    牡5 スプリンG1 1:08.3 +0.5 --- +0.6 -0.1 D C 11.00
 2018/09/30 (日)  ダ=-3.0 / 1200m=-2.1 → -1.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 キタノオドリコ    牝2 未勝利 1:11.1 -2.0 --- +0.1 -2.1 C D 9.13
3R D1800 ナイトジュレップ    牡3 未勝利 1:52.1 -3.1 --- -0.1 -3.0 C D (8.50)
6R D1800 エジステンツァ    牡4 500万下 1:51.0 -3.0 --- ±0 -3.0 C D 5.42
8R D1200 オーヴァーライト    牡3 1000万下 1:09.2 -2.1 --- -0.2 -1.9 C D 8.67
12R D1800 サトノアッシュ    牡6 内房SH1600 1:49.9 -2.5 -0.3 +0.2 -3.0 C C 7.94

中山2R 2歳未勝利 タイムA
 このレースの勝ちタイムはこの開催の2歳未勝利クラスの基準タイムより1秒3速く、日曜2R時点の2000m対象の馬場差がマイナス0秒4だった事を踏まえても、 -1.3-(-0.4)=-0.9 で、基準より0秒9速い勝ちタイムとなる。タイムランクA、メンバーランクBと質の高い一戦だった。17頭中14頭が前走で掲示板内。メンバーランクもBと高かったが、決着時計もこの時間帯の馬場差を踏まえれば優秀。前半1000m1分0秒6。後半1分1秒4。よどみないラップを前で押し切った上位2頭はかなり強いと思う。
1着 ラージヒル 
 ラージヒルが3走目で勝ち上がった。1着ラージヒル、前走2着のDランク相当から一気にパフォーマンスアップ。母の半弟に金鯱賞・日経新春杯で2着したロードヴァンドールのいる血統。父がキングズベスト産駒だが、ロードヴァンドールに似て中・長距離で先行してしぶといタイプに育って行きそう。ただ、東京向きの瞬発力に課題も残るので、次走の狙いは慎重を期したいと思う。
2着 レオンドーロ 番組注目馬
 2着のレオンドーロ、こちらの前走2着はディキシーナイトに上がり600m推定33秒9の決め手を使われて差されたが、この馬自体も34秒2で上がっていて、3着馬には7馬身差をつけていた。そして今回も2着。持久力だけではなくて、追ってからの味も秘めているので、この馬は東京替わりも問題ない。次はチャンスに思う。
3着 サトノエルドール 
 3着のサトノエルドール、新潟1600mの新馬戦では上がり600m推定33秒5で3着。今回は差し切れても良い流れだったが、伸びては来ていても、前とは離されてしまった。コーナー4回が合わなかった事以上に2000mは長かった節がある。東京に変わって距離短縮で注目したい。
6着 クラサーヴィツァ 
 6着の3番人気クラサーヴィツァ。函館1800mの新馬戦で2着。レコード勝ちしたウィクトーリアには完敗したが、自身完全タイム差マイナス1秒6のAランク相当だった。このランクの高さから言っても、負けることは無いと思っていたが、直線で外に出してからは伸びきれなかった。プラス16キロの体重は重くは映らなかったが、前走後に北海道の地震に遭遇して馬場入りができなかった経緯があった。順調さを中間欠いた点と距離が微妙に長かった可能性がある。ハーツクライ産駒の牝馬で、雰囲気はある。次は変わって来そうな感じがする。
中山5R 2歳新馬 タイムA
 基準より0秒9速い勝ちタイムだった。出走馬14頭中牝馬が2頭だけで、その内の1頭であるエアジーンが勝った。
1着 エアジーン 勝ち馬注目
 1着のエアジーン、ハービンジャー産駒の牝馬で、半姉クィーンズベストは4勝。全兄インヴィクタは2勝。この父ハービンジャーの子供らしく、長い脚を使って、最後は突き放した。補正込みだが、タイムは速く、負かした相手も強かったと思う。中・長距離タイプ。牝馬オープンでも通用すると思う。
2着 エクリリストワール 
 2着のエクリリストワール、内枠なりに内を通って直線も鞍上の判断でインを突いて来た。オルフェーヴルの牡馬だが、この血統の割りに従順と言うか、どんな競馬でもできそうなタイプ。Bランク相当で、502キロの馬体と良化度を加味すれば、すぐにでも勝てそうな感じがある。
3着 アドマイヤレオ 
 あと3着のアドマイヤレオ、出遅れて後方待機から3コーナー過ぎに大外を追い上げた。差し切るかのシーンも一瞬あったが、ラストで脚が上がったのは仕方が無いと思う。0秒4差でギリギリのBランク。父はここに来て産駒が好調なノヴェリスト。2・3戦の内に勝てるんじゃないかなと考えている。
4着 ヴァイスカイザー 
 4着ヴァイスカイザーは1番人気だった。スタートでアオって最後方からゴール際の伸びが光っていた。この馬については、後でもう一回触れたいと思う。
4着 ヴァイスカイザー 解説推奨
 タイム分析で触れたが、スタートで出遅れ。そしてシンガリから。前半1000m1分2秒0のスローペースを思えば、絶望的とも言える位置から。先に動いた3着のアドマイヤレオ、これを交わしたかの伸びを見せた。とりわけ、坂を上がってからの脚が光った。ディープインパクト産駒の牡馬フォイヤーヴェルクの全弟だが、兄よりも馬体面で良い意味の軽さも感じる。また、その作りそのものも少し余裕があった。体が締まって東京に変われば多少の出負けも挽回できる。そう考える。
中山7R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。レジーナドーロが期待に応えて勝った。
1着 レジーナドーロ 勝ち馬注目
 1着のレジーナドーロ、新潟の前走3着は直線で進路がなくて外へ出すのが遅れて脚を余した。今回は中山1600mの大外枠と、不利な条件の中モレイラ騎手が我慢させて、瞬発力を引き出した。流れは速かったが、レースの上がりを1秒6上回る上がり推定34秒9は立派。父がキングカメハメハ、母が桜花賞馬レジネッタの良血。これで5戦2勝昇級しても上位候補に入る。
2着 テンワールドレイナ 
 2着はテンワールドレイナ、0秒1差でタイムランクはCになる。前走に続いての2着で、中山マイルが一番の適条件。東京が悪いわけではないが、中山と比較すると信頼度は落ちる。
3着 サクステッド 
 3着サクステッド、逃げたサイレントサードを途中から交わして逃げて、1000m通過57秒4のハイペース。0秒2差なら見方によっては、最も強い競馬をしていた。元々京成杯で0秒4差5着。素質は500万下では上位で、今回は新たな一面を示した。次走も有力に思える。
5着 スピリットソウル 
 5着のスピリットソウルは個人の危険馬としていた。このメンバーに入るとこの着順が指定席。そんな感じ。でも5番人気ですから、馬券の対象外になったとしても自慢はできない。
中山8R 3歳上1000万下 注目
1着 オーヴァーライト 
 2歳時、つまり昨年の12月にタイムランク・メンバーランクともにBのエスペランサ賞を差し切り勝ち。1000万下では上位の存在で、ここ4走中3走も同世代のオープン馬相手にしていた。出遅れた前走と違って、五分のスタートを切れて、中団で流れに乗れたのが勝因。あと0秒1速ければBランクで、まだキャリアが浅くて良化の余地も残している。ダートの1400m以下なら1600万下でも通用して良いと思う。
2着 ヤサシサ 
 2着のヤサシサ、外枠から行ききってハナを切った。前半600m32秒7は速いが、元々引きつけて逃げるタイプでもない。これで中山1200mは3戦して2着2回。唯一の着外も1600万下での0秒1差の4着ですから、得意な条件だった。東京は結果が出ていない。その際は過信できないと思う。
3着 ダイワスキャンプ 
 長谷川さんの推奨馬だった。3着ダイワスキャンプは届いたと思ったが、前走単勝を買ったらハナ差2着、個人の推奨馬として馬連にした今回は2着にハナ差の3着とついていないと言うか、私に本命にされたからダイワスキャンプがついていないと言うか、ともあれBランク相当の前走からDに近いCとランクを下げたのは、超高速の馬場が原因。乾いた砂ならいつでも差し切れると思う。
中山11R スプリンターズS GI
 タイムランクがD・メンバーランクはCだった。
スタートだが、少しバラけた感じだった。内のワンスインナムーンがラブカンプーを制して先頭に立って行った。前半600m33秒0、これは速いがべらぼうのハイペースと言うほどではない。また、途中からは隊列に乱れも無かった。2番手を進んだラブカンプーと好位の内を追走したラインスピリットが結果、2着と3着に踏ん張ったのは展開の産物が大だと思う。勝ったファインニードルだけが1頭、レベルが違った格好で、他の差し・追い込み勢は展開と特殊な馬場に泣いた。
1着 ファインニードル 
 1番人気のファインニードルがゴール寸前で差し切って、今年春秋のスプリントGIの覇者となった。1着のファインニードル、セントウルSから中2週だったが、パドックでは力強い歩様が目に付いた。中団外めを追走して4コーナーでは前と離されていたが、エンジンが掛かってからの伸びは迫力満点。一気に前を捕らえた。今年は香港遠征4着以外4戦全勝。新星の登場がなく、全体に層が薄い現在のスプリント界では抜けた存在だと思う。あとは再び香港に行った場合にどうか?という事。ロードカナロア級になれるかどうかへの条件になる。
川田将雅騎手春・秋とファインニードルがスプリント界をしっかりと勝ち切ってくれたという事が何よりうれしく思っている。なかなか最近あまり良さを見せてくれなくなってきている。なので、今日も返し馬で凄く良いなという感じではなかったのですが、競馬に行けば走ってくれるだろうという、そういう風にこう期待を込めて返し馬を終えた。前半もそんなに強く進んで行く事は無く、思っていたよりは少し外めになり過ぎてしまって、あれ以上内に入れるスペースを作る事ができなかったので、そんなに良い流れではない中で、競馬を進んで行きながら4コーナーの手応えもさほど良い状態ではなかったので、ただただ、信じるのみだった。直線向いてやっと動き出してくれて、その時に前との距離からするに、ゴールまでには何とか届いてくれるだろうと思った。僕は若い頃に乗せていただいていたのと、今年に入ってから乗せていただいていますので、去年のスプリンターとの比較はできないが、今年に関しては本当に凄く充実した内容でレースをこなしてくれていますし、国内では負けていないですし、着差はわずかだが、しっかりとGIも2つ勝ち切ってくれていますから、そういうところがこの馬の強さと言うか、本質の良さと言うか、そういう所なのかなと思っている。春にも香港の方へチャレンジしに行っているが、こうやってその経験も活かし、春も秋もスプリント界の頂点に立ってくれましたから、これから先この馬が目指すべき所に無事に歩んで行って、日本馬の短距離界の頂点の馬としての強さを見せてくれると良いなと思う。
2着 ラブカンプー 
 そして2着が11番人気ラブカンプー、3着は13番人気ラインスピリット。人気薄の馬が続いた。2着のラブカンプー、セントウルS2着時に毎回毎回厳しいラップを踏んでの上位入線を絶賛した。ただ、スプリンターズSに出走するとなると、流石に疲労が心配と言ったが、結果的に私の心配を跳ね返した訳で、正に脱帽。好スタート後に一旦はワンスインナムーンと競る形。相手にプレッシャーを与えておいて、スッと下げて息を入れた。この鞍上も完璧だったが、今回はむしろ馬の気性の強さの方を上に見たいと思う。
3着 ラインスピリット 
 そして2着が11番人気ラブカンプー、3着は13番人気ラインスピリット。人気薄の馬が続いた。3着のラインスピリット、1分7秒台の持ち時計はあるが、オープン好走時はだいたい1分8秒台。雨で決着時計が掛かった事と、内枠が好走の要因だと思うが、直線でワンスインナムーンとラブカンプーの直後に入って、しばらく待たされるシーンがあった。ここがスムーズだったら、2着はあったかもしれない。
4着 ダイメイプリンセス 
 その後夏の重賞で活躍したダイメイプリンセスが4着、5着にレッツゴードンキ、牝馬が続いた。4着のダイメイプリンセス、スタートで滑ったか挟まれたか。出遅れたが、その後の処置は正解だったと思う。内に入れてロス無く追い上げられた。夏場の充実は本物で、1200mの重賞で2戦連続の健闘は地力強化の証明でもある。ただ、気配は少し硬さも出てきてはいた。詰めて使うと危険だと思う。
5着 レッツゴードンキ 
 その後夏の重賞で活躍したダイメイプリンセスが4着、5着にレッツゴードンキ、牝馬が続いた。5着のレッツゴードンキ、外の追い込み勢では最先着。これまでGI2着は、内からの差しが多いので、外を回ってはこんなモノかもしれないが、前走5着といい、往年の鋭さは薄れてきている。そんな感じがする。
7着 ナックビーナス 
 7着ナックビーナス、2番人気はモレイラ騎手騎乗も大。キーンランドCの楽勝はモレイラ効果の他に、逃げた事と、メンバーに恵まれた点もあった。勝ちに行って甘くなったのは、一応はGIの壁と見ている。
10着 レッドファルクス 
 10着のレッドファルクス、4コーナーで競走中止したラッキーバブルスの影響を少なからず受けていた。外枠もキツかったようだが、前2年と比較して衰えも否めないと、そんな感じがする。
14着 アレスバローズ 
 14着のアレスバローズ、ディープインパクト産駒。本質的に良馬場が理想で、馬場が影響している。そう考える。
中山12R 内房S 注目
 勝ったサトノアッシュについて。
1着 サトノアッシュ 
 前走新潟の柳都Sを差して2着、自身の完全タイム差プラスマイナスゼロのCランク相当だった。今回、実績的にはそれなりに揃ってはいたが、アテにならない馬が多いメンバーという事で、前走の内容だけで本命を打った。ただし、障害を挟んで以前は1600万下でも頭打ちの時期もあった。正直自信はなかった。それがレースが終わってみて、思った以上に強かった事と逃げた事にも驚いた。ランクは今回もCになるが、乾いたダートで差して、超高速ダートで逃げ切ってと多彩な競馬ができたのが好印象。キングカメハメハ産駒、父クロフネの弟にダートで6勝のサトノファンタシーがいる。もう一段ギアが上がる気もしている。オープン特別でも注目したいと思う。

  馬券Summary
2歳ダート中距離の有望株
 4回中山2歳戦のダート中距離で高レベルの鞍が複数あったので、簡単におさらいしておくことにする。
まず2日目4R1800mの新馬戦で2着に5馬身差をつけたガルヴィハーラ。父ゴールドアリュールの牡馬で、萩原厩舎所属。完全タイム差はマイナス0秒4、Bランクだった。
2歳ダート中距離の有望株
次に5日目1R、1800mの未勝利戦を7馬身差で圧勝したダイシンインディー。この馬も父ゴールドアリュールの牡馬で戸田厩舎所属。完全タイム差はマイナス1秒8、文句なしのAランク。
2歳ダート中距離の有望株
Aランク勝ちはもう1頭いた。6日目1Rの未勝利戦を7馬身差で楽勝したデルマルーヴル。父パイロの牡馬で、こちらも戸田厩舎所属。完全タイム差はマイナス0秒9だった。
2歳ダート中距離の有望株
この内デルマルーヴルはデビューが8/25に行われた札幌ダート1700mの新馬戦で0秒8差の4着だった。この鞍は勝ち時計が完全タイム差がマイナス0秒8。あと0秒1速ければAランクの好内容だった。ちなみに当時1秒4差の7着に沈んだオリオンパッチはダイシンインディーの勝った未勝利戦で2着していて、勝ち馬には離されたがBランク相当では走っていた。また、番組注目馬にも挙がっている。
2歳ダート中距離の有望株
こうなると、その札幌の新馬戦を3馬身差のBランクで楽勝したロークアルルージュにも触れておく必要がある。父クロフネの牡馬で手塚厩舎所属。544キロの大型馬だった。
 関西馬については、4回阪神から新馬戦で注目馬が出ていた。9/17の6Rダート1800m戦を7馬身差で圧勝したクリソベリル。これはゴールドアリュールの牡馬で、ダートGI馬クリソライトの全弟。
2歳ダート中距離の有望株
完全タイム差がマイナス0秒1でタイムランクはCだったが、直線はほとんど馬なりのまま。追っていれば高レベル入りしていたのは、想像に硬くない。音無厩舎所属。
 2歳ダート中距離戦線から有望株が続出している。どの馬も楽しみな存在だが、これらに見合う番組が少ないのが少し残念に感じる。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26