2018年4回中山4日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週は3日間開催だったが、芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス1秒3からマイナス1秒5への変動、月曜がマイナス1秒5からマイナス1秒3への変動だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒台だが、先週は雨の影響もあって、数値が水準 方向に動いた。
 週初めに降った雨は木曜までには乾いたが、金曜夜から土曜朝にかけて雨が降った。また競馬開催中も少量の雨が降って、土曜は稍重発表。完全良馬場の開幕週よりは時計を要していたが、それでもマイナス1秒台には止まっている。土曜の馬場差は終日対象。日曜は土曜より回復した状態から始まって、レースを追う毎にさらに乾いて、高速寄りに近づいて北。月曜は日曜後半の馬場差、マイナス1秒5で進行していたが、12R直前に大粒の雨が降り出した。よって変動となり、12Rだけは2000m換算の数値でマイナス1秒3だった。
先々週と比較すると前に行った組の好走が多くなっていたが、これは主に展開面によるもので、脚質的な偏りや内・外の有利・不利はなかった。今週からの後半2週はCコースで行われる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜と月曜はマイナス0秒8。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜と月曜はマイナス0秒6だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値となっている。ただ、1800mは1週目より2週目の方が水準方向に動いたの対し、1200mはマイナス方向に動いた。
 金曜夜からの雨に加えて、開催中も少量の雨。土曜は稍重発表だったが、朝の含水率は良馬場時に近かった。路盤の更新などで、高速に近かった先々週同様に、速い時計の出やすい馬場。ただ、時計の出方自体は先々週よりも標準寄りだった点は注意が必要。1200mは逆に開幕週よりも速くなっていた。日曜と月曜は土曜よりも乾いて水準に近くなり、中・長距離はマイナス1秒台を割り、1200mも土曜よりも0秒2だけ掛かっていた。脚質の偏りはなくて、中山のダートにしては追い込みも良く決まってはいた。


  タイム分析
 2018/09/16 (日)  芝=-1.3 → -1.5  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1200 ホウオウカトリーヌ    牝2 未勝利 1:08.6 -1.6 --- -0.8 -0.8 A D 8.47
3R T1600 ヴィッテルスバッハ    牡2 未勝利 1:36.2 ±0 -0.3 +0.7 -1.0 D D 8.00
5R T1800 サルウェーテ    牡2 新馬 1:51.4 +1.0 -0.9 +1.4 -1.3 SL C 8.17
7R T2500 マスラオ    セ4 500万下 2:33.7 -1.6 --- +0.3 -1.9 C D 7.36
9R T2000 オスカールビー    牝3 汐留特別500 1:59.2 -2.4 --- -0.9 -1.5 A D 8.75
10R T1200 ショウナンアエラ    牡4 初風特別1000 1:07.9 -0.9 -0.1 -0.1 -0.9 C C 7.75
 2018/09/16 (日)  ダ=-0.8 / 1200m=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ケイゴールド    牝2 未勝利・牝 1:12.7 -0.4 --- +0.2 -0.6 C D 8.69
4R D1200 オーヴォドーロ    牝3 未勝利 1:12.1 -0.5 --- +0.1 -0.6 C D (4.50)
6R D1800 シゲノブ    牡3 未勝利 1:54.8 -0.4 --- +0.4 -0.8 D D 9.33
8R D1800 ベディヴィア    牡4 500万下 1:53.7 -0.3 --- +0.5 -0.8 D D 5.30
11R D1800 ヒラボクラターシュ    牡3 ラジオ日 1:51.4 -0.4 --- +0.4 -0.8 D D 8.86
12R D1200 ギンゴー    牡5 500万下 1:11.5 -0.4 --- +0.2 -0.6 C D 9.79

中山2R 2歳未勝利 タイムA
 このレースの勝ちタイムは2歳未勝利クラスの基準タイムより1秒6速く、1200m対象の馬場差がマイナス0秒8だった事を踏まえても -1.6-(-0.8)=-0.8 で基準より0秒8速い勝ちタイムだった。テンモントムが先手を取って直線に入って行った。ホウオウカトリーヌ、カステヘルミが合わせて進出してテンモントムを交わして行く。そしてホウオウカトリーヌが抜け出すとリードを広げ、4馬身差で1着。カステヘルミが2着、その後トーセンリストが追い上げて3着入線。
1着 ホウオウカトリーヌ 勝ち馬注目
 ホウオウカトリーヌが2走目で勝ち上がった。1着のホウオウカトリーヌ、デビュー戦は新潟1400m戦を逃げた4着だった。スローペースで気負って走っていた。1200mに短縮して完璧に折り合えた事が大きいのだが、2着に4馬身差の楽勝で、同じ日の古馬1000万下に0秒7差は優秀。坂上からの伸びが強烈だった。マツリダゴッホの牝馬。馬体の柔軟性、バネの良さは一級品と言える。1400mに延長しても今度は違うはず。2歳オープンでも短距離なら楽しみな存在。
2着 カステヘルミ 
 2着以下は4馬身以上離された。2着カステヘルミ、前走では勝ち馬に先着しての3着だった。良化度は薄くてもこのぐらいは走れる。
3着 トーセンリスト 
 3着のトーセンリスト、直線しぶとく伸びて来た。マイナス8キロだった馬体重が、これ以上減少しない事が次の条件になる。
中山5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中山9R 汐留特別 タイムA
 基準より0秒9速い勝ちタイムだった。まずはスタート。このスタートでワタシヲマッテル・ラレッサングルらが遅れる。一方オスカールビーが先手を取って後続を離して行った。中盤でもペースを緩めず、直線でもリードを保っている。結果7馬身差をつけての逃げ切り勝ち。2・3番手は一杯となって、ラレッサングルが2着。外から伸びて来たキューンハイトが3着入線だった。
1着 オスカールビー 
 オスカールビーが単勝1.8倍の支持に応えた。1着オスカールビー、Aランク対象は2着馬に1秒2差をつけた勝ち馬のみ。2番手以下を離しての大逃げは、前走小倉の格上挑戦、西海賞3着と同じだったが、その前走が前半1000m1分2秒2のスローに対して、今回は59秒8。ペースを落とさなかった。それでいて、後半59秒4でまとめたのですから、2着以下が千切られるのも無理は無い。ここでは戦って来たメンバーが違うのも確かだろうが、それを踏まえても完全タイム差の0秒9は速い。同じような逃げが打てれば、もちろん1000万下でも上位候補。

  馬券Summary
今年の京都新聞杯組
 今年の京都新聞杯はタイムランクがB、メンバーランクがC。完全タイム差はマイナス0秒7であと0秒2速ければAランクだった。賞金加算に成功した1着ステイフーリッシュと2着アドマイヤアルバは日本ダービーに駒を進めて10着と9着。敗れはしたが、高レベルで激走した後の反動があったとも考えられる。ここで注目したいのは、その他の上位組が次走でことごとく勝っている点。
今年の京都新聞杯組
 まず3着シャルドネゴールドは3回中京で1000万下を完勝。1600万に上がって先週土曜中山のレインボーSは2着だったが、スローペースで脚を余していた。
4着のグローリーヴェイズ、新潟の1600万下をBランクで快勝。無事なら菊花賞に直行の予定。
5着メイショウテッコンは3歳オープンの白百合Sを逃げ切った後、福島のG3ラジオNIKKEI賞も制した。
6着のユーキャンスマイル、新潟の1000万下をAランクで勝っている。
さらに17着のシンガリ負けを期したタニノフランケルまでもが、小倉の1000万下をBランクで楽勝した。
こうして見ると京都新聞杯組のレベルの高さに驚く。なお、月曜のセントライト記念にタニノフランケルを含めて3頭が出走して、全て着外だったが、これらは京都新聞杯でも着外で、今回人気もなかった。5着メイショウテッコンが既に重賞を勝った事に加えて、それぞれのレース内容に余裕があり、またランクも高かった事から取り上げた馬たちがオープンでも活躍できるのは確かだと思う。これらを今後につなげると共に、上位組ではステイフーリッシュ・アドマイヤアルバ・メイショウテッコンが今週の神戸新聞杯に登録がある。神戸新聞杯にはダービー1着馬・2着馬も登録があって、出走してくればさらにレベルは高くなるが、京都新聞杯組は1角崩しの穴馬として狙っていく価値はありそう。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26