2018年1回福島5日目

開催一覧
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラス0秒6だった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値で、特に強風の影響も受けた4日目はかなり時計が掛かっていた。
 最終週だったが、先週だけはBコースが使用された事に加えて、乾いた馬場で1・2週目より時計は出やすくなった。っと言っても初日から3日目までと比べ、若干時計が出やすくなったというレベル。なお、4日目は強風の影響で例外的なケース。また、コース変わりの週ではあったが、内が有利・前が有利という事はなかった。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒4だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値ですが、先週は1・2週目と比べると数値は水準寄りになった。
 先週は1・2週目と比較していくらか時計は出やすくなっていた。結果的に1回福島では稍重でスタートした4日目は時計が出やすくなったのではなくて、強風の影響で最も時計が掛かっていたという点に改めて注意が必要。土曜は前めにつけた馬で決着した。ただ、日曜は中団からの差し馬が5鞍全てで連対した。土日トータルで見れば、大きな偏りはなかった。


  タイム分析
 2018/04/21 (土)  芝=+0.6  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1200 カワキタロマン    牡3 未勝利 1:10.9 +1.1 --- +0.7 +0.4 D D 9.62
7R T2000 サクセステーラー    牡3 未勝利 2:02.9 +1.1 --- +0.5 +0.6 D D 8.20
9R T1800 ジャコマル    牡4 500万下 1:48.4 +0.5 --- ±0 +0.5 C D 7.13
10R T1200 アドマイヤデライト    牡5 伏拝特別500 1:09.5 +0.3 --- -0.1 +0.4 C D 8.00
11R T1800 キンショーユキヒメ    牝5 福島牝馬G3 1:46.8 +1.0 --- +0.5 +0.5 D D 8.83
 2018/04/21 (土)  ダ=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1150 サイドストリート    牝3 未勝利 1:09.3 ±0 --- -0.2 +0.2 C D 8.73
3R D1700 ロジペルレスト    牡3 未勝利 1:47.3 ±0 --- -0.3 +0.3 C D 8.90
6R D1700 セータコローナ    牝5 500万下 1:46.7 +0.7 --- +0.4 +0.3 D D 7.25
8R D1150 シュピールカルテ    牝4 500万下・牝 1:09.5 +1.0 --- +0.8 +0.2 E D 8.62
12R D1700 サウスザスナイパー    牡4 花見山特1000 1:45.7 +0.5 --- +0.2 +0.3 C D 8.38

福島8R 4歳上500万下・牝 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
福島10R 伏拝特別 注目
1着 アドマイヤデライト 
 1着アドマイヤデライト、これは昨年4月に障害に転向したしたが、勝つ事ができずに前走から平地に戻って来た。しかも芝1200mで復帰したが、差を詰めて4着と善戦した。そして今回は、内枠から好位をロスなく運んで、直線で抜け出すという安定した内容だった。思えば年明けの障害戦は540キロ台だったので、絞れて来た事も良化した要因かもしれない。昇級してもメンバー次第で注意が必要。
6着 コンピレーション 
 もう1頭触れておきたいのは1番人気で6着に終わったコンピレーション。大きく出遅れた訳ではないが、出脚がつかずに後ろ目の位置になった。4コーナーで外を回って、直線追い上げては来た形になった。評価を落とすようなら、逆に次は押さえておきたいと思う。
福島11R 福島牝馬S 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにDだった。スタートでキンショーユキヒメらが遅れた。一方、大方の予想通り逃げたのはカワキタエンカだった。先手を取って淡々と流れるような形になったが、勝負所各馬の動きが速くて、直線向くとローカルの重賞らしく内・外分かれての追い比べになった。カワキタエンカは内で飲み込まれそうになるが、そこからもう一踏ん張り見せて、また勝つのかなと思ったところで、キンショーユキヒメが外から一気に伸びてゴール寸前クビ差捕らえて1着という決着になった。
1着 キンショーユキヒメ 
 キンショーユキヒメが差し切って重賞初制覇。長く良い脚を使う特性を上手く活かしたと思う。小回りの1800mがやっぱり合っていると思う。ヴィクトリアマイル出てきて東京のマイルというのはちょっとイメージとして湧かない部分がある。
2着 カワキタエンカ 
 2着がカワキタエンカ、3着デンコウアンジュ。カワキタエンカもよどみのないラップで結構競られながらも粘りましたから、これは評価できる2着だが、こちらも東京のマイルって事になるとなかなかイメージが湧いてこない。
3着 デンコウアンジュ 
 2着がカワキタエンカ、3着デンコウアンジュ。それなら3着デンコウアンジュの方が東京で実際、アルテミスS勝ったりとかヴィクトリアマイル2着とかありますから、東京マイルならさらに良さが出そうな感じはある。
4着 トーセンビクトリー 
 トーセンビクトリーは好位、流れに乗ってスムーズな競馬だったが、直線は競り負けた。ちょっと物足りない内容だった。
5着 レイホーロマンス 
 5着レイホーロマンスは確かに勝負所でごちゃついたが、それはやっぱり手応えが悪かったからごちゃついたという見方もできますし、こちらは広いコースの方が良さそう。
福島12R 花見山特別 注目
1着 サウスザスナイパー 
 ヒルノサルバドールが逃げる形になった。2番手にサウスザスナイパーがつけて、直線はこれら2頭の順序が入れ替わってサウスザスナイパーが抜け出して1着になった。確かに単調と言えば単調な一戦だったが、サウスザスナイパーはここ2走、特に前走はスムーズに逃げる事が出来ずに息が保たなかった。スンナリと行ければ2馬身半をつけての勝利も頷ける結果となった。
3着 タガノジーニアス 
 3着タガノジーニアスは前半控えていたが、早めに上がって直線も追い上げて来た。前回・今回と1700mで1着・3着だが、1800mでも好走歴がありますし、次走も圏内。

  馬券Summary
今の東京芝に合っている騎手
 これは横山典弘騎手のこと。先週は実は2勝で2着2回3着1回と活躍した。中でも芝のレースの活躍が目立っていて、それぞれのレースを振り返ると、インからの差しで結果を残している事がわかる。
 まずは土曜5R、サクラレイメイ。スタートがちょっと悪くて、軽く寄られたのでさらに後ろのポジションになったが、その後はずーっとインを上手く立ち回る。直線も前が開くのを待って、ずーっとインにこだわって、結果この後最内からしっかりとしたフォームで抜け出して来て、ちょっと楽勝かなと思えるような内容だった。これは鮮やかな勝ちっぷりだった。

 続いて土曜6Rのミッキーバード。これも同じくスタートは早くなかった。まるで前のレースのVTRを見ているかのような感じだった。それでもその後ずーっとインをそつなく立ち回って、また不思議とインがキレイに開いてくるんですよね。これも最内から鮮やかに抜け出して、このまま1着という結果になった。

 最後が日曜の3R。ブラックキングダムという馬だが、これはスタートを決めて、その後はインをそつなく立ち回って、結果2着に敗れたが、一旦は先頭に立ちましたし、見せ場は十分だった。ですから、今の東京芝については、差しは決まるが流石に外一気では厳しいので、内をロスなく立ち回って、満を持して追い出すパターンがベスト。たぶん、今週くらいまで同じ傾向が続くと思うので、引き続き横山典弘騎手の手綱さばきには注目。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26