2018年5回阪神5日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにマイナス1秒0だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒台だが開催が進む毎に水準に近づいている。
 火曜から水曜にかけて雨が降ったが、芝に関してはその影響はほとんどなくて、開催進行につれて2週目より少し時計が掛かるようになった。3コーナーから直線にかけて、内が傷んでかなり掘れているように見えるが、内が伸びないということはなかった。今週からの3日間はBコースとなり、内の傷んだ部分がカバーされるが、先週時点で内が不利ではなかったので、コース替わりで極端に時計が速くなることはないと思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒6だった。遡っても6日間の馬場差を確認しておくと、マイナス0秒9からマイナス0秒6の間で推移しており、大きな動きはない。
 火曜から水曜にかけて降った雨の影響で、しっとりと水分を含んだ馬場で土曜は4日目より少し高速化した。日曜は土曜よりは乾いて少し時計が掛かるようになったが、まぁ土曜と日曜の馬場状態に大きな違いはなく、4日目から6日目まではほぼ同じ時計の出方だったと考えて問題はない。


  タイム分析
 2018/12/15 (土)  芝=-1.0  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1600 ブリッツアウェイ 牝2 未勝利 1:35.1 -0.7 --- +0.1 -0.8 C D 5.87
4R T2000 リーガルメイン 牡2 未勝利 2:02.8 +0.3 -0.5 +0.8 -1.0 D C 5.80
5R T1600 イルヴェントドーロ 牝2 新馬 1:38.6 +2.5 -0.8 +2.5 -0.8 SL C 9.38
9R T1200 イベリス 牝2 さざんか500 1:09.0 -0.6 --- ±0 -0.6 C D 7.54
11R T1200 エントリーチケット 牝4 タンザナH 1:08.5 +0.3 --- +0.9 -0.6 E D 9.67
12R T1400 ジョイフル 牡4 1000万下 1:20.8 -0.7 --- ±0 -0.7 C C 6.94
 2018/12/15 (土)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ナムラオッケー 牝2 未勝利・牝 1:25.7 -0.6 --- -0.1 -0.5 C D 7.79
2R D1800 スパンキーワールド 牡2 未勝利 1:54.7 -0.3 --- +0.4 -0.7 D D 7.10
6R D1200 プリンシアルーチェ 牝2 新馬 1:12.8 -0.8 --- -0.3 -0.5 B C 7.00
7R D1400 ジャスパープリンス 牡3 500万下 1:24.2 -0.7 --- -0.2 -0.5 C D 4.38
8R D1800 ノーウェイ 牡3 500万下 1:52.2 -0.9 --- -0.2 -0.7 C D 7.23
10R D1800 サトノプライム 牡4 赤穂特別1000 1:51.6 -0.7 --- ±0 -0.7 C C 7.21

阪神4R 2歳未勝利 
1着 リーガルメイン 通信簿
 1番人気1着だった。力通りの内容。競馬が上手くて、昇級しても相手なりに走れそう。
阪神5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神6R 2歳新馬 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。プリンシアルーチェが内枠から先行して抜け出した。
1着 プリンシアルーチェ 
 プリンシアルーチェは好スタートから2番手につけ、直線に入って外へ進路を変える時に少しバランスを崩しましたが、その後はしっかりと伸びた。ただし、ギリギリのBランクでそれほど余力がなく、昇級してすぐに通用するかとなると、微妙。
2着 ヒデノヴィーナス 
 2着のヒデノヴィーナスもスタートが良く、楽に好位につけた。直線入り口で内へ行きそうになったりもしたが、最後まで止まっていない。いずれ勝ち上がるチャンスが来そう。
3着 マゼ 番組注目馬
 3着のマゼは出遅れて後ろから。直線での伸びは目立ち、能力は高い。互角のスタートを切ればあっさり勝ちそう。
6着 ピエナキャプテン 
 他では6着のピエナキャプテン。前半で外から前に入られて、手綱を引いてズルズル下がったが、直線で盛り返して来ていた。
阪神8R 3歳上500万下 
1着 ノーウェイ 通信簿
 1番人気1着だった。前半はズブさを見せたが、後半はスムーズだった。楽勝と言える内容。昇級しても上位可能だろう。
阪神11R タンザナイトS タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
5着 ベルーガ 解説危険
 今回1番人気で5着だった。外から蓋をされて仕掛けが遅れたということが敗因とされそうだが、そもそもそんなに強くないと思う。この馬が人気になる原因は2歳時にファンタジーステークスを勝っている事だが、昨年のファンタジーステークスは、まぁ重賞だったんのだが、出走メンバーは重賞級ではなかったと思う。昨年のファンタジーステークスの出走馬で1000万より上のクラスを勝ったのはモズスーパーフレアだけ。そのモズスーパーフレアにはこのファンタジーステークスの1400mは長かったので、5着だったのですが、ベストの1200mで軌道に乗った。またファンタジーステークス2着のコーディエライトは1600万で11着・10着・11着・15着。当時、超スローだったので逃げたコーディエライトは恵まれただけ。差したベルーガは違うという意見もあると思うが、差して3着だったアマルフィコーストもう1600万を4回走って勝てていない。

  馬券Summary
ブラックタイド産駒の新馬戦と2戦目
 8/12の札幌5Rの2歳新馬戦で5番人気のブラックタイド産駒ポベーダテソーロが2着となって、このレースはBランクだった。
ブラックタイド産駒の新馬戦と2戦目
私はブラックタイド産駒はあまり人気がなくても、新馬戦で好走することが多いが、新馬戦2着の次走は連対率30%を切っているので、その傾向は頭に入れておきたいと言った。で、そのポベーダテソーロは次走5頭立ての3番人気で4着だった。同じ週に新潟の新馬戦で2着だったブラックタイド産駒のマイネルエキサイトは、次走3番人気で勝ったので、まぁ引き分けという感じだが、ブラックタイド産駒は新馬戦は走るが、新馬戦で好走したら次が危なっかしいというのは本当か?という検証を行う。
ブラックタイド産駒の新馬戦と2戦目
まずブラックタイド産駒の新馬戦の成績から。連対率11.3%が高いかと言うと微妙だが、実は5回しか1番人気になっていないことを考えれば好成績だと言える。そして2016年生まれ、つまり今の2歳世代は連対率が18.5%に上っている。2016年生まれが種付けされた2015年というのは、キタサンブラックが3歳の年で、種付け頭数が増えて繁殖牝馬の質も上がっているためだと思われる。で、ノーザンファームの生産馬・育成馬はというのは、もう血統が何であれ、新馬戦の好走確率がものすごく高いので、このノーザンファーム生産馬に限ったデータをおまけのようなモノだが、この現2歳世代からノーザンファーム生産馬が増加して、その馬たちが新馬戦を勝ちまくって、2歳世代全体の成績を押し上げていることがわかる。ちなみ、先週ブラックタイド産駒が新馬戦に4頭出走して、全て4着以下だったのだが、全てノーザンファームの生産馬ではなかった。
 ここからが本題の新馬戦で好走したブラックタイド産駒の次走だが、まぁ分かりやすく新馬戦に2着馬の次走を調べた。勝率は全体と比べて大きくは変わらないが、連対率は明らかに低い。以上をまとめると、ブラックタイド産駒は人気があまりなくても、新馬戦を好走する事が多いので、積極的に買うべきだが、新馬戦で2着や3着になった場合、次走の信頼度はあまり高くないので取り扱いに注意ということになる。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-