2009年4回東京2日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にマイナス1秒6だった。
東京で行われる5つの開催の中でもベストのコンディションと言われる秋の開幕週らしく、馬場差も高い数値をマークした。以前にもお話ししたが、時計や上がりが速すぎて対応できない能力的な問題、あるいは馬場整備技術の進歩という両側面はあるが、近年の開幕週の競馬は決して逃げ・先行が有利ではない。先週の連対馬脚質を眺めてもさほど違和感はない。ただし、1着先行・2着好位とか、1着好位・2着差しなどの様に前に位置した馬が小脚を効かせて押し切るパターンが多かった点はオープニングらしい傾向。もちろんおよそ半分のレースがスローだった事も大きな要因。そしていかにも上がりの脚に自信がありというタイプなら大外からでも馬券に絡んでいた訳です。どれぐらいの上がりなら価値があるのかと言うと、土曜10R古馬1000万下の上位馬の推定上がりなどを参考に2歳の新馬戦・未勝利クラスであれば、その中距離戦であれば34秒台前半なら十分に合格という感覚でとらえておいて良いと思う。なお3週目までAコースが使用され、4週目からBコース使用となる。
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜日がプラス0秒3、日曜日がプラス0秒7だった。
東京ではこの開催からダートの砂圧が9cmになった影響か、時計の出方が鈍くなっている。また、土曜よりも日曜の方が時計が掛かっていた点にも注意。同時に好位・中団からの差しが目立つように、まぁ東京は東京と言うべきか、上がり600mの脚力が結果に反映している事を原則として押さえておきたい。最近の専門紙では上がり600m最速表示が当たり前になっている。改めて上がりに注目して、終わった競馬の馬柱を見直すとなんで予想を外したのかなというレースが、ぞろぞろ出てくる。反省しきりの開幕週となった。


  タイム分析
 2009/10/11 (日)  芝=-1.6  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1400 シーマーク    牡2 未勝利 1:22.2 -1.2 --- -0.1 --- C D --
3R T1600 ブルーミングアレー    牝2 新馬・牝 1:35.0 -1.4 --- -0.1 --- C C --
5R T1800 ミッションモード    牡2 新馬 1:50.1 +0.6 --- +0.9 --- SL B --
7R T2000 ブレーブビスティー    牡3 500万下 2:00.2 -0.6 --- +0.5 --- D C --
9R T1400 フォーチュンワード    牝4 相模湖特1000 1:21.9 +0.2 --- +0.8 --- SL B --
10R T2400 トウショウウェイヴ    牡4 オクトH1600 2:24.2 -1.3 --- +0.6 --- D B --
11R T1800 カンパニー    牡8 毎日王冠G2 1:45.3 -0.3 --- +0.5 --- D B --
 2009/10/11 (日)  ダ=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 マイネピアチェ    牝2 未勝利 1:27.7 +1.3 --- +0.7 --- D D --
6R D1400 グリフィンゲート    牡3 500万下 1:25.0 +0.1 --- -0.5 --- B C --
8R D2100 トウショウゲーム    牡4 500万下 2:13.6 +1.4 --- +0.5 --- D D --
12R D1400 フキラウソング    牝3 1000万下 1:25.2 +1.0 --- +0.4 --- D C --


  馬券Summary
「まわり」と読んでもらう。今年も残すところ80日を切ったという事で、という事でどうかわからないが、漢字1文字で今年の競馬を振り返るという自己満足的な作業ではあるが、先週の東京の開幕競馬を見ていると最近の競馬はつくづくコース適正による棲み分けが定着したなぁと感じさせられた。先ほど扱ったブレーブビスティーやトウショウウェイヴは恒例でしたし、上半期のG1で見れば先週正に注目を集めた左利きのウォッカ。右利きのドリームジャーニーの強さが目立ち、あるいはダービー馬ロジユニヴァースも左向きとか言われたりする。リスク承知でもホーム&アウェーの力のぶつかり合いがあってこそ、勝負事は本当の盛り上がりを見せてくれると個人的には思っている。とか良いながら、天皇賞・ジャパンカップでウォッカ、有馬記念でドリームジャーニーかマツリダゴッホというのがあるのかなぁ…と個人的には自問自答を繰り返している。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai