2009年2回中京6日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
初日・2日目、そして変動扱いの4日目は雨の影響で時計が掛かった。それに対し、3日目・5日目はほぼ水準。6日目つまり先週の日曜日は土曜よりはやや時計が掛かった。
日曜9Rの様に外を通った2頭で決着を見るレースもあったが、内を通った馬がダメだった訳ではない。その典型例が日曜11R・高松宮記念。ちなみにこれら2鞍というのは、どちらも1200m戦で前半600mは1000万下の9Rの方が0秒2速かった。結局9Rはそれだけペースが速かったから、内の先行馬は厳しかったと推測できる。
雨の影響で脚抜きの良かったのは、初日と4日目。それ以外は水準前後で大きな差はない。特に2日目については重馬場発表ながら、高速馬場ではなかった点に注意。
目立った傾向はないが、小回りとは言え、差し馬も届く傾向にあった。


  タイム分析
 2009/03/29 (日)  芝=+0.4  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T2000 ニシノラブキング    牡3 未勝利 2:02.5 +0.4 --- -0.7 --- B C
5R T1200 エムオーミラクル    牝5 500万下・牝 1:09.8 +0.7 --- +0.5 --- D C
7R T1800 フサイチダイチャン    牡4 500万下 1:49.6 +1.7 --- +0.7 --- D D
8R T2000 ダイワオージー    牡5 熱田特別500 2:01.0 +0.4 --- ±0 --- C C
9R T1200 ゲットブラック    牡5 三河特別1000 1:08.8 +0.2 --- ±0 --- C C
11R T1200 ローレルゲレイロ    牡5 高松宮記G1 1:08.0 +0.6 --- +0.4 --- D D
 2009/03/29 (日)  ダ=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 コロナ    牝3 未勝利 1:01.3 +1.1 --- +0.9 --- E D
1R D1000 アッサムリーフ    牡3 未勝利 1:01.3 +1.1 --- +0.9 --- E D
2R D1700 チョップチョップ    牡3 未勝利 1:47.7 +0.2 --- -0.1 --- C D
4R D1000 メジロシーゴー    牝4 500万下・牝 0:59.9 +0.6 --- +0.4 --- D D
6R D1700 ケイジージュニアー    牡4 500万下 1:46.5 +0.6 --- +0.3 --- C C
10R D1700 アドマイヤダンク    牡5 桶狭間S1600 1:45.6 +1.3 --- +1.0 --- E D
12R D1700 ダノンジュピター    牡4 1000万下 1:46.1 +1.0 --- +0.7 --- D C
中京1R 3歳未勝利 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
中京3R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒7速い勝ちタイム。早めに押し上げたニシノラブキングが4コーナーで先行馬に並びかけ、外から抜け出そうとする。一方内ラチ沿いから伸びて来るのは、コスモルマン。ただ、2頭の勢いではニシノラブキングが上。先頭に立って、差を広げて1着。ヴァンクリマが間からしぶとく伸びて来たが、コスモルマンが抜かせなかった。
1着 ニシノラブキング 
中盤で落ちたペースも補正すると基準より0秒7速い。この馬の場合、流れを味方にしたというより自ら打って出て先行馬をねじ伏せた。ここでは地力上位だったという事。
2着 コスモルマン 
内めを立ち回っていた。ただ、引き続きこんなレースができるのであれば上位候補。
3着 ヴァンクリマ 番組注目馬
昨年8月の札幌戦以来だったが、直線はよく詰め寄っている。次走は良化が見込める。注目馬。
4着 マイネルメビウス 
末脚は堅実。
13着 ジュウクタイザン 
過去2回番組で取り上げられていた様に能力はある。今回だけでは見限れない。
中京10R 桶狭間S タイムE
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
中京11R 高松宮記念 
ローレルゲレイロが逃げて先頭。二の足でハナを主張したローレルゲレイロの藤田騎手がG1の水準としては測ったような平均ペースに持ち込んで、積極的にラストスパートをかける。スリープレスナイトも内々3番手から早めにこれを捕らえに行く。伸びを欠いたキンシャサノキセキやドラゴンファングの外から、ソルジャーズソング・トウショウカレッジ・ファリダット辺りが伸びるが、前2頭は既にマッチレース。残り100mからしぶとく差し返したローレルゲレイロ、最後まで回転数が落ちず、力強いフィニッシュだった。
1着 ローレルゲレイロ 
暮れの香港スプリント遠征を経て、東京新聞杯・阪急杯とビュンビュン逃げる競馬を繰り返してきて、昨年よりもスプリント能力を高めてきた印象が強いという臨戦過程だった。それが活きたという事と、下見での気配も抜群だった。藤田騎手にとっては2002年のショウナンカンプとはひと味違う逃げ切り勝ちといったところだと思うが、迷いなく作戦を完遂したというベテランの腕これが見事だったと思う。キングヘイロー産駒というのは中京の芝に相性が良い。お父さんもこのレースの勝ち馬だった。
==藤田伸二騎手==
作戦は決まっていたので…。あっさり一瞬交わされたが、そこから僕の馬も余力が残っていたので、よく差し返してくれた。褒めてあげたい。比較的良いときに沢山乗せてもらっているので、良いイメージしかない馬なのでやっとG1勝てて今後また頑張ってくれると思う。
2着 スリープレスナイト 
一端は勝ち馬を交わしたかに見えたが、残り100mで勢いを失った。順調であれば…と惜しまれる内容だった。臨戦過程の違いというのが、文字通り明暗を分けた訳だが…。見方によっては危なげのない2着という感じもする。悲観するほどではないと思う。
==上村騎手==
スタートも良く、道中もスムーズに流れて乗れていた。直線では一端ローレルゲレイロを半馬身ぐらい交わしたが、ラスト100mを過ぎた辺りで止まってしまった。それでも地力のあるところは見せてくれた。
3着 ソルジャーズソング 
内枠からある程度流れに乗りつつ、脚を溜める事ができた。直線での捌きはやや強引なところがあったかもしれないが、ワンチャンスの捌きをモノにしたという好走。ゲートの不安がつきまとう馬だが、良馬場でこその末脚というに安定感が出てきている。
4着 トウショウカレッッジ 
内枠の利をかなり活かした好走だと思う。
5着 コスモベル 
内枠の利をかなり活かした好走だと思う。
6着 ファリダット 
スタートであおって外外を回るロスが響いた。G1級のポテンシャルは再確認できたと思う。
14着 アーバニティ 
これは外枠が可哀想でしたし、直線これからという時に前をカットされた。自慢の脚を使えずじまい。
16着 ビービーガルダン 
ジョッキーのコメントにもある通り、左回りに戸惑いがあったという事、さらに直線で不利を受けたという事。

  馬券Summary
良化度を数値化
ダートのタイムランク上位を取り上げた土曜3Rのナムラブレットは中京ダート1700m戦で連闘した。前走の時計と比較すれば、実は0秒1しか速くなっていないが、前走時の馬場差はマイナス1秒4、今回はプラスマイナスゼロですから、馬場コンディションを踏まえるとわずか中5日で1秒5時計を詰めた事になる。同じコース・距離だけに比較しやすい。芝で取り上げたテイエムカゲムシャも中5日の連闘だった。この馬の場合馬場差を踏まえれば、前走2着時と時計自体はほぼ同じ。しかし今回は余力十分の勝利だった。それだけ今回はコンディションが良かったとも、相手のレベルが前走時より低かったとも考えられる。従って、昇級即上位候補に上げなかったが吹っ切れた走りが気になって、取り上げた。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai