2009年2回阪神5日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
春の阪神1回開催は雨の影響を強く受け、かなり時計の掛かる日が多かったが、この開催は前の開催に比べれば雨の影響は少なく、水準よりやや掛かるレベルでまずまず安定している。ただ、時計はあまり掛かっていないとは言え、連続開催の終盤に入り、内目が荒れて来たのか外を回る差し馬の上位進出が目立った。
雨の影響の有無により、週によって馬場差にバラつきがある。また同じ週でも前開催4週目やこの開催1週目は土日で時計の出方が異なったが、1週目・そして先週は土日で同じ数値だった。ただ、先週は良馬場で雨の影響がなかったにも関わらず、まずまず速い時計が出ていた。


  タイム分析
 2009/04/11 (土)  芝=+0.3  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 イイデエース    牝3 未勝利・牝 1:49.1 +0.5 --- -0.2 --- C C
6R T2000 ボンバルリーナ    牝3 未勝利 2:04.5 +2.1 --- +1.1 --- SL B
8R T2000 トップカミング    牡3 アザレア500 2:06.4 +4.9 --- +3.3 --- SL D
9R T2400 ゼンノグッドウッド    牡6 大阪―ハH 2:28.7 +3.7 --- +2.2 --- SL E
10R T1400 ジョリーダンス    牝8 阪神牝馬G2 1:21.4 +0.9 --- +0.7 --- D D
 2009/04/11 (土)  ダ=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 フレッドバローズ    牡3 未勝利 1:13.0 -0.3 --- +0.2 --- C D
2R D1800 トランセンド    牡3 未勝利 1:53.7 -1.0 --- -0.2 --- C C
4R D1400 メイショウモネ    牡3 未勝利 1:26.1 +0.2 --- +0.8 --- E D
7R D1800 スリーベイダー    セ5 500万下 1:52.5 -0.6 --- +0.2 --- C C
11R D1800 バンブーアズーリ    牡4 1000万下 1:50.9 -1.4 --- -0.6 --- B C
12R D1400 ファルネーゼ    牝4 1000万下・牝 1:24.7 +0.5 --- +1.1 --- E D
阪神4R 3歳未勝利 タイムE
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
阪神5R 3歳未勝利・牝 注目
初出走のネオカーニバルが先頭に立ったが、直線に入って後続も接近して来る。スターリースカイ・ラヴインザダークと人気の2頭、その間を割ってイイデエース、外からオデットシチー。この中からゴールが近付いてもう一伸びしたイイデエースがスターリースカイを交わして抜け出し、外からオデットシチーも伸びて来たがスターリースカイも踏ん張って2着は確保した。
1着 イイデエース 
2走前の芝のレースは先行して失速しており、芝に戻った事に加え、控える競馬で脚を溜めた事も勝因と言える。1番人気スターリースカイとの追い比べを制した訳ですから、状態も良くなってきているのだろう。
2着 スターリースカイ 
またしても2着。2着が4回続いている。とは言え、今回のレースを見てもこの馬自身も伸びてはいる。1頭強い馬がいて勝ちきれていないという印象。牝馬限定戦なら近いうちにチャンス。
3着 オデットシチー 
今回がデビュー戦。前半は後方を追走していたが、早めに押し上げ直線も良い脚を使っていた。使われての上積みは大きいはず。
4着 ラヴインザダーク 
2番人気。追い比べでやや劣った辺り、若干距離が長かったのかもしれない。芝1600mなら見直したい。
阪神6R 3歳未勝利 注目
5Rに続いて芝中距離の未勝利戦。タイムが遅かったのはスローペースだったためで、メンバーは揃っていた。こちらからも初出走馬を強調したい。
水準より3秒ほど遅い超スローを向正面で2番手に押し上げたのがボンバルリーナ。マクりきらない形は成功しないケースが多いが、大きなストライドで早々と勝負を決めにかかる。4コーナーでかなり外を回ったテイエムハリアーが追い込み、さらに勢い良くサクラキングオー。ゴール前、2着・3着は入れ替わっていた。
かなりゆったりしたペースだったため、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 ボンバルリーナ 
前半は中団に居たが、中盤でペースが緩んで早めに押し上げた鞍上の好騎乗も光った。
2着 サクラキングオー 番組注目馬
スタートで遅れて道中は後方を追走していたが、直線は外から一気に追い込んで来た。外差しが優勢になっていたとは言え、メンバーランクBのレースだった上に、この馬の序盤のロスを考えれば高く評価できる。注目馬。
阪神8R アザレア賞 タイムSL
かなりゆったりしたペースだったため、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神9R 大阪ハンブルクC タイムSL
かなりゆったりしたペースだったため、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神10R 阪神牝馬S 
エリモハルカ・アルティマトゥーレと重賞初挑戦の2頭がレースを引っ張っていた。外差しを警戒したかの様に淡々とした流れを作って、直線を早めスパート。アルティマトゥーレやウエスタンダンサーが押し切っても良い競馬だったが伸びを欠いた。好位から捌いたザレマに襲いかかったのはジョリーダンス。一気に抜けた。速い脚を使えなかった3着オディールも短距離での安定感は示していた。
1着 ジョリーダンス 
やはり阪神の芝1400mの相性が抜群。あと叩き2戦目に走る傾向も強い。ただし、ヴィクトリアマイルというのは去年不利があっての7着でしたから、あれ以上の好走も期待できそう。
==四位騎手==
今日初めて乗せてもらったが非常に良いファイトがあった。今日は初騎乗なので、あまり周りを見ないでこの馬のペースで行こうと思っていたので丁度良い具合になった。次も期待できそう。
2着 ザレマ 
切れ味不足だが、コース取りも良く牝馬同士ならという堅実だけを続けている。
3着 オディール 
切れ味不足だが、コース取りも良く牝馬同士ならという堅実だけを続けている。
5着 レジネッタ 
もう少し外で競馬がしたかったのではないかなと思う。
8着 ポルトフィーノ 
状態面もあるのだろうが、個人的には重賞レベルになると差し馬の脚質とは言い難い面があると見ている。
==武豊騎手==
状態は良かったと思うし、スムーズなレースもできたのですがちょっとわからない。
阪神11R 4歳上1000万下 タイムB
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。今回は逃げたバンブーアズーリが直線でも先頭をキープ。後続とのリードを保って逃げ切る体制。2番手に居たドリームトラベラーがやや一杯。スプリングサンテ、そしてアイアンキングが上がって来たが、それら2番手争いを尻目にバンブーアズーリは差を広げて2着スプリングサンテに8馬身差をつけていた。
1着 バンブーアズーリ 
今回はスンナリ逃げられた事で能力を遺憾なく発揮した。バンブーアズーリは昇級してもスンナリ行ける組み合わせなら要注意。メンバーをチェックして取捨選択したいところ。ちなみに、この馬にとっての2走前2回京都8日目の大津特別出走馬はその後好成績。次走かその次で1着となった馬が6頭も居る。他にも着順を上げている馬が目立つ。
2着 スプリングサンテ 
好位の内々を上手く立ち回り、恵まれた印象もある。人気になる様なら消して妙味アリと言えるかもしれない。
3着 アイアンキング 
ムラなタイプ。人気になる様なら消して妙味アリと言えるかもしれない。
15着 ウエスタンシーザー 
1週目の放送で注目馬としたが、予想外の大敗。15着だった。前走を昇級初戦の悪いなりの3着という風に見立てて期待したが、さらにレース内容が悪くなってしまった。走る気がなかったというコメントが残っている通り、ちょっと深刻な負け方。改めて次走と言うよりは、夏に降級してからの出直しに期待したい。
阪神12R 4歳上1000万下・牝 タイムE
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
初出走馬の健闘
先週芝の未勝利戦は土日で計3鞍行われた。馬券の対象となった9頭の内4頭は初出走馬だった。土曜5R3着オデットシチー、6R2着サクラキングオー、日曜4R2着ダノンヨーヨー・3着サクラメガスター、いずれも道中はじっくり構えて直線追い込んで来た。だからと言って今週以降、初出走馬全て買いという訳ではないが、いきなり力を発揮できるコンディションにある初出走馬は多い印象はある。ある程度仕上がっている場合には、軽視は禁物という意味でこのポイントにした。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai