2009年4回中山1日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差は2000m対象の数値、土曜日がマイナス1秒5、日曜日がマイナス1秒1だった。
土曜は午前中の1R・2R時に雨がパラついたが、時計の出方に影響を及ぼすほどではなかった。野芝のみの開催で春開催後の貼り替え部分は昨年と比べて、8000平方メートルほど多かった。根付きは良く冷夏による生育部分の面もあるが、全体に良好な状態。開幕週らしく速い時計の出やすい馬場で、日曜は前夜の雨の影響から土曜と比較して時計の出方は鈍ったものの、それでもマイナス1秒1と速かった。高速馬場で前が止まらない傾向が随所に見られ、内寄りの馬が威力を発揮した。外の差し・追い込み馬には辛い状況だった。今週は引き続いてBコースが使用され、後半2週はCコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日がプラスマイナスゼロ、日曜日がマイナス2秒4。1200mは土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス1秒4だった。
この開催から砂圧が0.5cm厚くなり、9cm。砂が乾いた状態の土曜については1800m戦の方が水準のレベルながら、1200m戦はやや速めのコンディションだった。しかし日曜は前日の雨の影響で俄然高速化した。ただし1200mは高速には違いないものの、中距離ほどではなく土曜とは違い、1800m戦の方が速い時計の出るコンディションになった点は注意が必要。土曜は連対脚質に偏りがなく、日曜は逃げ・先行・好位の活躍が多かった。


  タイム分析
 2009/09/12 (土)  芝=-1.5  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 ハードパワー    牡2 未勝利 1:08.8 -1.4 --- -0.5 --- B D --
2R T1800 ロフティークリフ    牡2 未勝利 1:50.8 +0.7 --- +1.1 --- SL C --
5R T1600 ディミータ    牝2 新馬 1:37.7 +1.1 --- +1.4 --- SL D --
8R T1600 サクラバレット    牡4 500万下 1:33.3 -1.7 --- -0.5 --- B C --
9R T1800 ケイアイドウソジン    牡3 白井特別1000 1:47.4 -0.5 --- +0.9 --- E D --
11R T2000 ダイアナバローズ    牝3 紫苑S 2:00.4 -0.3 --- +1.2 --- E C --
 2009/09/12 (土)  ダ=±0 / 1200m=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1800 マエストラーレ    牝3 未勝利・牝 1:55.5 +0.3 --- +0.3 --- C E --
6R D1200 ハクシンアマゾーヌ    牝3 未勝利 1:12.7 +0.1 --- +0.7 --- E D --
7R D1800 バロンビスティー    牡4 500万下 1:54.4 +0.4 --- +0.4 --- D C --
10R D1200 ハイエモーション    牡4 浦安特別1000 1:10.2 -1.1 --- -0.5 --- B C --
12R D1200 マッドマックス    牡3 500万下 1:11.1 -0.8 --- -0.2 --- C C --

中山1R 2歳未勝利 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。ハードパワーが前走とは違って逃げて行く。直線でも先頭をキープして逃げ切り。やや離れた2番手にフランジパニ、さらに離れた3番手には接戦で内からブラックジョーク・プリンシプルレディ・ヴィーナススマイルが争っていたが、ブラックジョークが先着。とは言え、前の2頭は大きく離していた。
1着 ハードパワー 
新潟の直線1000mを2戦して0秒2差2着、0秒4差3着。これら2鞍のタイムランクはAとBだった。スピードが一枚上だったという事だろう。
7着 サイモンドルチェ 
1番人気で7着。前走の新馬がEランクの2着で、時計不足に泣いた形。高速馬場ではこの様にタイムランクの優劣がストレートに出ますから、この番組を是非参考にしていただきたいと思う。
中山2R 2歳未勝利 タイムSL
前半・中盤がかなり遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中山5R 2歳新馬 タイムSL
前半・中盤がかなり遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中山6R 3歳未勝利 タイムE
基準より0秒7遅い勝ちタイムだった。
中山8R 3歳上500万下 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。休養前と同じく逃げたサクラバレットが直線に入っても先頭をキープしている。2番手に居たベストランは一杯。1番人気ラドラーダは馬群の中でスペースが無く、やや外に持ち出されてスパート。ゴール前サクラバレットに迫ったが、サクラバレットが逃げ切った。
1着 サクラバレット 
1000m通過57秒1のハイペースでサクラバレットが逃げ切った。正月の中山でもハイペースで逃げて0秒2差5着と善戦。後続になし崩しに脚を使わせて粘り込むのがこの馬のパターン。脚質が脚質だけに安定性はないが、血統が地味な面も含めて常に人気の薄いタイプだけに、昇級しても狙って面白い存在ではある。
2着 ラドラーダ 番組注目馬
中1週でテンションが高く、好発を切ったがそこから中団まで下げた。これは恐らく折り合いを考えての事だと思う。しかし、これが裏目に出て直線で前が詰まり、しばらく追えなかった。あの位置から半馬身差2着まで追い上げたのは、抜群の瞬発力の証明だと思う。次走はまず勝てると思いますし、間隔を明けて東京1400m辺りを使って来たらどこまで弾けるか見てみたい馬。注目馬。
7着 カウアイレーン 
初めて控える競馬をさせて、直線窮屈になりながらも脚を使った7着のカウアイレーン。素質・能力は原級上位で、条件1つで巻き返せると思う。
8着 スマートステージ 
外枠が堪えた感の強いスマートステージ。素質・能力は原級上位で、条件1つで巻き返せると思う。
15着 コウヨウサンデー 
休み明けに加えて道中に不利があった。素質・能力は原級上位で、条件1つで巻き返せると思う。
中山9R 白井特別 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
2着 スズジュピター 
直線で追い出しが遅れたが、上がり600m推定タイムはメンバー最速の34秒9とキレる脚を使っていた。実力馬が軌道に乗ってきたし、左回りはさらにパフォーマンスが上がるタイプなので、時計が遅いからと言って軽視するのは禁物だと思う。
中山10R 浦安特別 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。逃げていたツウカイヤスナムにハイエモーションが並んで、直線に入って行った。手応え十分のハイエモーションが抜け出し、差を広げて行って1着。一方2番手は接戦。最内から伸びたフェールクークー、その外をアーリーアメリカンの争いとなったが、アーリーアメリカンがクビ差で先着、2着を確保した。
ハイエモーションのみが評価の対象となる。と言うのも2着アーリーアメリカンの時計は12Rの500万下を勝ったマッドマックスと同じですから、2着以下は着順を鵜呑みにはできない。
1着 ハイエモーション 
ハイペースで飛ばすツウカイヤスナムに競りかけて行き、競り潰して後続を千切った。休養前では1600万下でも善戦例があり、スピードは通用する。また、1400mに距離が伸びても対応できる。ただ、体質に弱い面があって全幅の信頼とまでは行かないと思う。
中山11R 紫苑S 注目
直線で1番人気のデリキットピースがヴィーヴァヴォドカを捕らえて先頭に立ったが、すぐ外からハウオリに被されにかかる。これは先行馬には2ハロン目が10秒台ですから、ちょっと辛い競馬になった。真ん中からダイアナバローズ、内に入ったラインドリーム、大外からエオリアンハープ3頭が一気に伸びて前を抜き去って、中のダイアナバローズが勝った。
基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。ただし、3着エオリアンハープが自己条件に出走した際には狙ってみたい。
1着 ダイアナバローズ 
オークス7着で6着のデリキットピースとは同タイムだった。そのデリキットピースが今回単勝2.3倍の1番人気。こちらが40.1倍の11番人気というのは、どう見てもおかしい。勝っても驚きのない裏付けはあったが、今回タイムランクEの接戦での勝利だけに本番では苦しいだろう。
2着 ラインドリーム 
ダイアナバローズ同様に本番では厳しいだろう。
3着 エオリアンハープ 番組注目馬
元々スタートが悪いとは言え、今回はスタンド前の発走という事もあったのだろう、半端な出遅れではなかった。それを最後方から4コーナー大外を回って0秒1差3着まで追い上げたのですから、立派。本番の権利は取れなかったのですから、次走は自己条件の1000万下を使ってくるはずで、ゲートの方も練習をして多少はマシになってくると思う。牡馬相手でも好勝負できるだけの決め手がある。注目馬。

  馬券Summary
簡単には取れない3連単
馬の入れ替えに当たる時期という事もあるのだろう、先週の中山は少頭数の競馬が多かった。3歳のスーパー未勝利や3歳以上500万下など、メンバーも一見して実力差がハッキリしている様で、配当的妙味の少ない馬連・馬単を買うよりも人気どころの3連単に目が行きがちだが、これが意外と難しくてトピックスで取り上げた様な高配当も飛び出していた。そもそも下級条件の人気馬というのは、絶対的な能力が信頼性が乏しいからこそ、その条件に甘んじている訳で最初から疑ってかかる方が良いと思う。馬券も3連単となると余計に難しいですから、こういうケースこそ競馬の原点に戻って単勝を買ってみるのも手ではないかなと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26