2009年3回阪神8日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
さかのぼって8日間の芝の馬場差の推移。マイナス1秒台の馬場差だった日が半数以上ある様に、基本的に速い時計の出やすい開催だった。ただ8日間全て良馬場発表だったとは言え、雨の影響を受けた日もある。2日目はプラスの馬場差、5日目は水準レベルと他の開催日と比べれば時計は掛かっていた。そして先週の芝の馬場差、2000m対象の数値は土曜日がマイナス1秒0、日曜日がマイナス1秒1だった。
先週の半ばから雨が降って、土曜日はその影響が少し残っていた。それでも中間ローラーをかけた事もあって、6日目よりは少し高速化した。馬場が乾いた日曜日はさらに速くなって、ほぼ2週目の馬場差まで戻した。内回りの直線入り口からゴールにかけてコース内側の芝が薄くなっている。特に日曜日は外を通った馬の伸びが目立ったが、コーナーでは外を回る必要はない。そして逃げた馬が直線で徐々に外へ出てくるというレースが多かった。そのためゴール前の映像を見ると、時計の掛かる芝だと思ってしまうが実際には速い時計が出ている。
さかのぼって8日間の馬場差。開催を通じて基本的には速い時計の出るコンディションだったが、その中でもマイナス1秒台の日、そうでない日とバラつきがあった。そして先週の馬場差、1800m対象の数値は土曜日がマイナス1秒9、日曜日はマイナス0秒9だった。
雨の影響が残って土曜日は良馬場発表での高速馬場だった。良馬場ではなかった2日目よりも速かった点に注意。そして日曜日は乾いて土曜日よりも1800mで1秒分掛かる馬場になった。発表は土日とも良馬場ですから、時計比較の際には注意。


  タイム分析
 2009/07/12 (日)  芝=-1.1  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1800 マイネアロマ    牝2 新馬 1:48.8 -0.5 --- -0.6 --- B C --
5R T1400 ダノンプログラマー    牡3 未勝利 1:20.9 -1.9 --- -1.1 --- A C --
7R T1200 ムーンクレイドル    牝4 500万下 1:08.4 -0.9 --- -0.2 --- C D --
8R T1600 マイネルエデン    牡3 戎橋特別500 1:33.8 -0.8 --- +0.1 --- C B --
9R T1400 マイネエスポワール    牝4 小豆島特1000 1:20.7 -0.8 --- ±0 --- C D --
11R T2200 キタサンチーフ    牡3 500万下 2:13.3 -0.9 --- +0.3 --- C D --
 2009/07/12 (日)  ダ=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 オシャベリコパ    牝3 未勝利・牝 1:25.6 -0.1 --- +0.6 --- D C --
2R D1800 トランソニック    牡3 未勝利 1:53.9 -0.6 --- +0.3 --- C C --
6R D2000 シャイニーキング    牡3 未勝利 2:06.8 -1.2 --- -0.5 --- B C --
10R D1400 ランザローテ    牡6 プロキオG3 1:22.7 -0.1 --- +0.6 --- D C --
12R D1800 スズカルビー    牝4 500万下 1:52.6 -0.5 --- +0.4 --- D C --

阪神4R 2歳新馬 タイムB
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。ダイワバーバリアンが先頭に立ち、直線に入って行ったが好位からそれに並んで来るのがマイネアロマ。叩き合いから抜け出すのは外のマイネアロマ。その後内ラチ沿いからダノンアンチョが伸び、ダイワバーバリアンを交わして2番手に浮上。外からサンライズモールが追い込むものの、届かず4着だった。
しぶといレースぶりでマイネアロマが勝ったが、2着ダノンアンチョの方に注目。
2着 ダノンアンチョ 番組注目馬
角居厩舎の牡馬というのは非常に新馬勝ちが少なく、開業以来芝の新馬戦を勝ったというのは実は6頭しか居ない。そしてその6頭中5頭は現在(引退前)オープン馬。つまり2着なら上々。またダノンアンチョは最内を通って来た。この日芝のあの部分を通って好走した馬は居ない。530キロ以上ある大型馬でもあって、叩いての上積みも大きいだろう。次は勝てると思う。注目馬。
3着 ダイワバーバリアン 
素質は高いと思う。
阪神5R 3歳未勝利 タイムA
基準より1秒1速い勝ちタイムだった。フリークパラダイス・ヴィーヴァサルーテが速いペースで先行しており、直線に入った辺りで失速。変わってその外からダノンプログラマーが上がって抜け出して行く。さらに差を広げていき1着。離れた2着はワールドロレックスとその外アイエスプラスワンが叩き合っていたが、ワールドロレックスが先着をしていた。
1着 ダノンプログラマー 
芝1800mとか2000mあるいはダート1800mで人気ほど動けていなかったが、初めての芝の短距離で圧勝した。適正はここにあったという事。条件さえ合えば、500万下でも上位可能だと思う。
2着 ワールドロレックス 番組注目馬
初の1400mだった。1600mでは4着以下が1回しかなくて、1800mでは掛かり気味になって甘くなっていたというレースぶりだった。ですから距離短縮は好材料だと思っていたが、それ以上に距離短縮が効果的だった馬、つまり勝ち馬が居たという事。ちょっとついてないが、次も芝短距離なら勝機。注目馬。
阪神6R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。前走とは一転、積極策を取ったシャイニーキングが直線でも先頭で踏ん張っている。2番手ハジメレンジャーも懸命に追われての叩き合い。3番手マーブルアロー以下はやや離れて首位争いは前の2頭。ハジメレンジャーがゴール前詰め寄るものの、シャイニーキングが逃げ切っていた。
1着 シャイニーキング 
道中14秒台もあったラップで行った行ったとなった。阪神のダート2000mというのは上のクラスでちょっとペースが速くなると追い込みが効くが、下級条件ではこういう単調な前残りが多い。そのような事を考慮して勝ったシャイニーキングは昇級するとどうか?という評価になる
2着 ハジメレンジャー 番組注目馬
次走注目馬とする。4着だった2走前、そして3着だった前走この馬に先着した5頭の内4頭は次走勝っている。今回も最後まで差を詰めていて3着には4馬身差つけた。注目馬。
阪神10R プロキオンS 
サイキョウワールドが内枠から逃げ、その後トーホウドルチェ・ランザローテの順で直線に入って行った。直線半ばでトーホウドルチェがサイキョウワールドを交わして先頭に立っている。それを追って伸びてくるのがランザローテ。交わされたサイキョウワールドが結構粘っているが、そこで外から伸びてくるのがバンブーエールだがちょっと59キロ背負ってる分か3着に終わってしまった。
1着 ランザローテ 
中山1800mのマーチSで9着、東京1600mのオアシスSで5着と来て1400mで1着となった。スピードタイプなのでこの距離がベスト。地方の交流重賞には1400mが多く組まれていますから、今後はその路線で活躍しそう。
==武豊騎手==
最後よく頑張ってくれた。元々素質があった馬だが、怪我とかがあってなかなかここまで順調に来れなかったが、ようやく今本格化して初めてだが良かったと思う。まだまだキャリアも浅いですし、レースもまだ少し弱い部分もあるので、今日は凄く良いレースができたがこれからもっと鍛えて行きたい。
2着 トーホウドルチェ 
前走の安芸S1着が初めてのダート1400mだった。それでもベストは1200mかなと思っていたが、1400mの重賞でもしぶとかった。先行力があって流れにあまり左右されないのが強み。今後もダートの短距離路線では中心となりそう。
==和田竜二騎手==
うまく溜めが効いたし、イメージしていたよりスムーズなレースができた。直線では何とか押し切れると思ったが、並ばれてから相手がしぶとかったので…。
3着 バンブーエール 
前走さきたま杯では59キロで2着だったが、今回伸びを欠いた。59キロともなると最後に登り坂があると特に堪えるんだと思う。しかも今回は1・2着馬とはそれぞれ3キロ差・5キロ差だった。悲観する内容ではないと思う。
==松岡正海騎手==
スローでもスムーズに流れに乗れたし、前はいつでも捕まえられると思っていた。59キロを背負っていても相手関係を考えれば差しきらないとイケナイのですが…。
4着 サイキョウワールド 
トーホウドルチェに交わされる時にもう既に手応え一杯になっている様に見えたが、そこからがしぶとく粘った。5着以下がだらしなかったとも言えるが、これがまだダート3戦目だった。適正はあると思う。

  馬券Summary
外差し馬場でも時計は速い
所謂外差し馬場で時計が掛かるのは、コーナーで既に外を回っている、つまり余計に距離を走っているからという理由もある。先週の阪神芝、最後の直線は明らかに内が荒れていて、好走しているのは大半が馬場の中程から外を通っている馬。とは言え、コーナーでは外を回っていなくて、直線で徐々に外へ移動していた。従って荒れた内側を避ける事による距離損はないだけで、その結果時計がかかるどころかむしろ速いという結果になっている。芝の見た目というのは、重要な情報だがそれが結果に及ぼす影響というのは場合によっては違うという事。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai