2009年2回福島8日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
梅雨の時期らしく雨の影響を受ける日が多い開催だった。良馬場発表の日であっても初日を除けば速い時計の出やすいコンディションと言える日はなかった。そして先週の芝の馬場差、2000m対象の数値は土曜日がプラス0秒2、日曜日がプラスマイナスゼロだった。
木曜日に雨が降った後に曇りが続いて晴れなかったため、乾ききらなかった。それで土曜日は雨の影響が残っている状態だった。そして日曜日は若干ではあるが、土曜日より速い時計が出る状態になった。開催最終週に土日共良馬場だと日曜の方が時計が掛かったと思ってしまうが、先週はそうではなかった事が注意点。内が完全に荒れていて外が伸びたが、ほとんどの馬が外を通っていた。内を通った馬は一か八かの作戦とか、直線を向いたところでもう手応えがなくなっていたという場合で、従って直線で意図的に内を通ってそして伸びなかった馬を見直すという戦術は成立しないと思う。
さかのぼって8日間の馬場差。雨の影響で脚抜きが良くなった日とほぼ水準レベルの馬場差だった日、大まかには2つに別れる。2日目・5日目そして変動の6日目は高速馬場だった。そして先週の馬場差、1700m対象の数値は土曜日が変動、日曜日がプラスマイナスゼロだった。
木曜の雨の影響が残って土曜日は稍重スタートだった。徐々に乾いて行ったので馬場差は変動で9Rの時点ではプラスマイナスゼロ、つまり同じ様に変動していても6日目の様な脚抜きの良いコンディションではなかった。そして日曜日も馬場差はプラスマイナスゼロ。相変わらず先行有利で、4コーナーで3番手以内に居ないと厳しかった。


  タイム分析
 2009/07/12 (日)  芝=±0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 ケイバズキ    牡3 未勝利 1:10.0 +0.2 --- +0.2 --- C C
5R T1200 クロフォード    牝2 新馬 1:10.1 -0.5 --- -0.5 --- B C
6R T2000 エプソムジャンボ    牡3 未勝利 2:02.4 +0.4 --- +0.4 --- D C
8R T1800 クーデグレイス    牝3 織姫賞500 1:48.2 +0.3 --- +0.3 --- C D
10R T1200 ショウナンカザン    牡4 尾瀬特別1000 1:08.9 +0.2 --- +0.2 --- C D
11R T2000 ミヤビランベリ    牡6 七夕賞HG3 2:00.2 +1.5 --- +1.5 --- E C
12R T2000 キングスパーク    牡4 500万下 2:00.7 -0.1 --- -0.1 --- C C
 2009/07/12 (日)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1150 シックスシグマ    牡3 未勝利 1:09.3 ±0 --- ±0 --- C D
3R D1700 ビューティファイン    牝3 未勝利・牝 1:47.6 +0.3 --- +0.3 --- C D
7R D1700 アストレーション    牡3 未勝利 1:47.5 +0.2 --- -0.2 --- C C
9R D1700 ケイアイコンセプト    牡4 彦星賞H1000 1:45.2 ±0 --- ±0 --- C C
福島5R 2歳新馬 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。逃げていたカホマックスが4コーナーではかなり内を空けて直線に入って行った。2番手セイコーライコウはその外、好位を進んでいたクロフォードはさらに外を回ってスパートする。追い比べから抜け出して来たのは、クロフォードで先行馬を交わすと後は押さえられていた程だった。
1着 クロフォード 
枠順を見た瞬間に芝1200mの内枠だったので、これは試練だなと思ったが仕掛けて好位を取ると少し掛かり気味というぐらいの手応えだった。ところで4コーナーで外へ出して行くときはそんなに手応えは良くなかった。それでも直線で大外へ行くとグイグイ伸びて差し切った。コンパクトにまとまった馬体でバネのある走り。距離は1600mぐらいあった方が良いと思う。次が新潟のオープン特別辺りなら有力。
2着 セイコーライコウ 番組注目馬
ビッシリ追っていなかった分勝ち馬に劣ったという感じ。次走は有力だと思う。注目馬。
福島11R 七夕賞 タイムE
4コーナー、ほとんどは外を回って行くところグラスボンバーが内から上がっていく。内から上がって直線に向いて斜めに外に出て行くという感じで一旦先頭に立つ。これは奇襲が成功したという感じだったが、直線半ばから外の差し馬が殺到してくる。その中から抜け出して来るのがミヤビランベリ。そのさらに外からアルコセニョーラとホッコーパドゥシャが伸びて2着争い。長い写真判定の末アルコセニョーラが2着だった。
基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
1着 ミヤビランベリ 
昨年七夕賞を勝った頃は4コーナーで先頭に居るかどうかというのが全てという様な馬だったが、すっかり自在性が身についた。以前として極端に上がりの速い競馬には不安が残るが、夏の間は新潟以外なら合う条件のレースが続く。ただこれからローカルの重賞に出走するとなると、今度はハンデとの戦いになる。
==北村友一騎手==
枠も良かったので、自信をもってこの馬のリズムで走らせる事だけだった。入れ込みも大分マシになって来て、競馬にも幅が広がって来たのは良い事だと思う。4コーナーがちょっと思っていたよりもちょっと手応えが怪しくなってしまったが、直線向いてからもうひと頑張りしてくれて最後はしっかりと伸びてくれた。57キロでも力を見せてくれたので、次も楽しみ。落ち着きが凄く出てきたなと、やっぱり厩舎スタッフの皆さんが一生懸命落ち着かせてやってくれてるからだと思う。
2着 アルコセニョーラ 
ミヤビランベリとホッコーパドゥシャの間に入って窮屈な体制のままだったが、よく伸びて来た。福島牝馬Sでは56キロで好走したが、やはりこの馬はハンデが軽い時こそ狙い。次は新潟記念だと思うが、恐らくまだハンデ54キロ以下だろう。引き続き注意。
3着 ホッコーパドゥシャ 
エプソムCで8キロ増えていた体重が2キロとは言え、さらに増えていたが特に問題はなかったと思う。ちょっと安定感には欠けるが、溜めさえ効けば速い上がりで伸びてくる。平坦コース・ローカルがベスト。
4着 トウショウシロッコ 
マイナス24キロという馬体重には驚いたが、別に細くはなく好仕上がりだった。ただ内枠を引いたという時点でかなり厳しくなってしまう馬場状態で、4コーナーで外へ出して行ったがそこでちょっと外の馬とぶつかったりして審議対象になってしまった。それで自身もスムーズではなかった。中山でも好走しているが、ベストは直線の長い東京か新潟。従って新潟記念での前進に期待。
福島12R 3歳上500万下 注目
2点補足する。まず勝ちタイム2分00秒7は直前の11R重賞の七夕賞より0秒5遅いだけなので、高い評価を受けてしまいそうだが、七夕賞はタイムランクE。そしてこのレース自体はCランクにすぎないので注意が必要。また、七夕賞は前半1000mが61秒1で後半1000mは59秒1。こちらは前半が58秒4で後半は62秒3。ラップも全く違った。そのためこの12Rでは前半後方に位置していた馬が上位を占めている。逆に前へ行った馬にとってはかなり厳しかったので、逃げて8着のリバイバルシチーや2番手につけて9着のトウショウパンサーには注目。止まり方を見ていると次は是非買ってくださいとまでは言えないが、穴候補にはなる。

  馬券Summary
牝馬限定平場>混合特別
牝馬限定平場は混合特別よりレベルが高かった。先週の土曜の福島には500万下のダート1700m戦が2鞍組まれていた。7Rが牝馬限定の平場戦、9Rが混合の特別戦。この日は時間帯によって時計の出方が異なったが、馬場差を踏まえてこれら2鞍の完全タイム差は同じとなった。9Rの方がスローペースだったというならともかく、ペースは速くて時計が出やすいペースだったはずなのに馬場差を考慮して完全タイム差は同じだった。要するに7Rは牝馬限定戦としては質が高かった。これはレース前から何となく読めた結果で、7Rの方がメンバーが揃ってたと思う。それでも7RをメンバーランクBとまでして良いかどうかちょっと悩んだが、9Rよりもメンバーが揃っていたという事を示す為にBとした。いずれにしても牝馬限定戦としては、最高レベルに近いメンバーでしたから、ここの上位馬は今後も活躍しそう。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai