2009年1回東京6日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
雨の影響を大きく受けた1週目は極端に時計を要した。初日は昼頃と比較して、後半は乾いてきており、馬場差を同一にできない事から変動とした。2週目は良馬場でも水準よりいくらか時計が掛かったが、先週は一転して速くなっている。
先週月曜日に芝刈りが実施された。洋芝の育成が順調すぎて草丈が長くなってきたため。その影響で、時計の出方が俄然早まった。また内を突く馬の活躍が目立ち、全般に前に行った組が強かった。日曜は土曜よりも若干掛かったと判断。最終週の今週もDコースが使用される。
1週目は雨の影響を受け、速い時計の出るコンディション。水の浮いた土曜は午前と午後で時計の出方が異なるため、変動扱い。2週目は砂が乾燥して水準より大きく時計を要したが、先週は同じ良馬場でも2週目と比較すると速くなっていた。
砂圧を厚くしてる事から、良馬場では時計が掛かっている。ただ、それでも2週目よりも速くなったのは、芝が影響する程ではないにしても、土曜早朝に1時間ほどパラッと雨が降った事。適時散水している事だと思う。脚質に偏りはなく、日曜は乾燥が進んで土曜よりも0秒1掛かったと見ている。


  タイム分析
 2009/02/15 (日)  芝=-0.4  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 ラミアクイーン    牝3 新馬 1:49.8 +0.4 --- +0.1 --- C C --
6R T2000 アプレザンレーヴ    牡3 500万下 2:01.0 -0.5 --- -1.0 --- A B --
8R T1600 エイダイセルリア    牝4 500万下 1:35.7 +0.9 --- +1.2 --- E D --
10R T1400 ドラゴンファング    牡4 雲雀S1600 1:20.6 -0.6 --- -0.3 --- B C --
11R T3400 モンテクリスエス    牡4 ダイヤモHG3 3:29.4 -0.7 --- ±0 --- C D --
 2009/02/15 (日)  ダ=+0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 エアイグアス    牡3 未勝利 1:26.9 +0.6 --- +0.1 --- C D --
2R D2100 トーセンルーチェ    牡3 未勝利 2:16.0 +1.8 --- +0.3 --- C D --
3R D1600 クリアソウル    牝3 未勝利・牝 1:40.9 +1.3 --- +0.7 --- D E --
7R D1300 トーセンセイント    牡5 500万下 1:18.8 +0.3 --- -0.2 --- C C --
9R D1600 カネトシコウショウ    牡3 ヒヤシン 1:38.4 +0.5 --- -0.1 --- C B --
12R D1600 カネスラファール    牡5 1000万下 1:37.6 +0.4 --- -0.2 --- C C --

東京5R 3歳新馬 注目
メンバーランクはBに近いCだった。
1着 ラミアクイーン 
内めを追走してなかなかの瞬発力を発揮した。キングカメハメハ産駒で準OP上位で活躍したハイソサエティー・キングアーサーの半妹に当たる。マイルならもっと弾けるかもしれない。
2着 スマイルトゥゲザー 
センス十分なレースぶり。オークス馬スマイルトゥモローの子供。小降りだが母の様に引っかかるところが見られないのが良い。
3着 ダイワハスラー 番組注目馬
坂路の動きは今ひとつ。全体に途上を感じさせる仕上げながら、最後に決め手を発揮した。この辺りがいかにもアグネスタキオン産駒。次走は大きく変わって来そう。次走注目。
東京6R 3歳上500万下 タイムA
直線に入って、トレジャーバトル・マイヨールが先行組に後続が接近。まずネオレボルーションが並びかけて行くが、さらに外から目立つ勢いで伸びてくるのがアプレザンレーヴ。抜け出し、さらに差を広げて1着。そしてピサノカルティエは内めを突こうとしたものの、前が壁。外に出され、そこからネオレボルーションを交わして2番手に上がって行った。
1着 アプレザンレーヴ 
体重は12キロ減っていたが、細くはなかった。前2戦が太かったと思う。とにかく見ての通りあか抜けした好馬体。テンションは少し高めだが、道中の折り合いもついていた。まだまだ荒削りな面があるが、抜けてくる脚が一桁違っていた。しかも素質馬が揃っていただけに、価値のある勝利。どこかで権利を取ってクラシックを狙うという事だと思うが、ステージが上がるとあと一歩のところがあるシンボリクリスエス産駒の中にあって大物なのは間違いないと思う。
2着 ピサノカルティエ 番組注目馬
前が窮屈になり、外に出されたのがラスト200mを過ぎてから。これがなくとも2着は2着だっただろうが、2戦連続で脚を余しており、原級ではトップクラス。次走注目。
3着 ネオレボルーション 
外枠から前半折り合いを欠いていた。それでも踏ん張っており、1戦ごとに力を付けている。
東京9R ヒヤシンスS 注目
ここ2年、フェラーリピサ・サクセスブロッケンが勝っている出世レース。今年も好メンバーが揃った。直線、先頭は抜け出したラヴェリータ、2番手から抜け出して先頭。中からメイショウダグザ、しかしその外から一気に来たのがカネトシコウショウ。内の各馬を抜き去って、まとめての差しきり勝ち。2番手はゴール寸前で内を捌いたランフォルセが上がった。
1着 カネトシコウショウ 
前走、当時3着だったシルクメビウスが小倉の自己条件を選択したのに対し、こちらは格上挑戦。しかし逃げた前2戦と一転し、控える競馬から速い感じで突き抜けた。この競馬ができれば鬼に金棒。現在ダートのこの世代は4戦4勝のスーニが強いが、こちらもダートは3戦3勝。どちらが強いかは闘ってみないとわからない。
2着 ランフォルセ 
直線で少し狭くなった。ダートのオープンでは上位。
3着 ラヴェリータ 
200m延長で若干最後甘くなった。しかしダートのオープンでは上位。
6着 キクノアポロ 
広いコースのダート戦は初めてだった。追って甘かったがこの経験が次走以降に繋がりそう。
東京10R 雲雀S タイムB
1着 ドラゴンファング 
これで休養を挟んで3連勝。東京は6戦6連対。さらにトータルな成績でも不利があった2戦目で連対を外しただけですから、ほとんど底が割れてない中でのオープン入り。この条件なら十分上でも通用すると思う。
2着 メガトレンド 
1600mでは若干甘くなるが、1400mでは過不足なく脚を使ってくる。こちらも東京がベター。
6着 アーバニティ 
またも折り合いを欠いてしまった。現状、内枠でも引いて前に壁を作れる形でないと信頼できない。
東京11R ダイヤモンドS 
1着 モンテクリスエス 
このレースは前半1000mが60秒5、中盤が61秒1。2ハロン13秒台が続いて、後半の1000mが61秒3と全く緩みのない3400mという事で、しかも4コーナー手前から各馬の追い合いが急。そのときに一歩待って直線に向いた北村騎手の好判断だったと思う。元々エンジンのかかりが遅いタイプで、ステイヤーとしては一級品の素質を秘めていた。東京も相性は良い。タイムは速いが53キロも向いたと思う。ただ、力でねじ伏せたとまでは行かない内容なので、天皇賞云々はまだ早計だろう。
==北村宏司騎手==
ゲートの中で馬が少し緊張していて、立ち遅れたが、その後はスムーズに追走できた。道中は前が飛ばしているのを見ながら、折り合いに気をつけてゆっくり行った。ずっと手応えは良かったが、早めに抜け出し過ぎないように気をつけた。前が速かったので時計も速くなったが、抜け出して遊ぶ余裕もあったので、強い内容だった。
2着 ブレーヴハート 
軽ハンデと我慢した馬が上位に来る展開が味方したと思う。本質的には中・長距離タイプ。2000m〜2400mが良いタイプで、本格的なステイヤーではないと思う。
3着 スノークラッシャー 
軽ハンデと我慢した馬が上位に来る展開が味方したと思う。本質的には中・長距離タイプ。2000m〜2400mが良いタイプで、本格的なステイヤーではないと思う。
4着 ベンチャーナイン 
展開が向いたと思う。それで外から伸びてきて、ゴール前止まったのは距離が長かったためという感じがする。
6着 エーシンダードマン 
4コーナー手前からビービーファルコンとかと一緒に動いたクチ。仕掛け早だが、調教師さんの指示だったらしいので、仕方のないところもあると思う。
12着 フローテーション 
掛かったという事なんだが、有馬記念と良い、ちょっと行きたがる癖がついている。ステイヤーズSで行かせてしまった事が、結果を引いてるのかなという感じがする。あくまでも菊花賞の乗り方がベストだと思う。
==ルメール==
途中から馬が行きたがったので、気分良く走らせようと前に行かせたら、余計に掛かってしまった。最後の直線も途中までは手応えがあったが、最後はバテてしまった。この馬にはちょっと距離が長いのかもしれない。
東京12R 4歳上1000万下 注目
2着 マイディアサン 
前走中京の500万下での勝利は時計的にはさほどでのものではないが、ゴールへ向かってラップを上げて行った勝ち方に見所があった。番組の注目馬にもなっていた。カネスラファールの内田博幸騎手の追い合いには屈したが、一端は完全に抜け出して3着以下には決定的な差をつけている。クラスに目処を立てたとともに、ラップに隠れた強さを証明できたと思う。

  馬券Summary
春近し。高レベル続出の3歳戦に注目
先週の東京は芝でAランクが2鞍。Bランクが3鞍。合計5鞍の内4鞍が3戦だった。また、ダートはBランクが1鞍だけだったが、これも3歳未勝利でのものだった。さらに3歳ダートのオープン戦、ヒヤシンスSはタイムランクこそCだったが、メンバーランクはBでレース内容は白熱していた。サンデーサイレンスが死亡してから競走馬全体のレベルが一息と一部の地域で言われたりしているが、今年の3歳世代はここ数年と比較しても、レベルの高い競馬が多い気がする。これからがクラシック本番。本格的な春の訪れが待ち遠しい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai