2009年2回東京5日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
この開催1週目、中でも初日は雨の影響を強く受け、かなり時計の掛かる馬場コンディションだった。2週目は一転して速い時計の出る馬場で、先週は雨の影響が残っていたものの、2週目と比べ、大きく掛かっている訳ではなかった。
先週火曜日から金曜日まで雨が降り、土曜日芝で最初に行われた3Rは稍重だった。ただ、5R以降は良馬場で行われた様に3R時点でももう良馬場に近い稍重だったと見る。馬場差は1日を通じて一定とした。2週目よりほんの少し時計が掛かる状態になった。日曜日は完全な良馬場だったが、馬場差は土曜と同じ。使い込まれた分で相殺されたという感じ。やはり2週目より少し時計が掛かっているが、以前として速い時計が出る状態。馬場の内・外に極端な差はなく、内を通っても粘れるし、外からの差しも効いている。先週まではAコース、今週からはBコースが使用されるが、この状況だと仮柵が移動したことによって、傾向が大きく変わる事はないだろうと予測される。
1週目は雨の影響を強く受け、2日目前半までは脚抜きが良く、速い時計の出る馬場。2週目は土日とも同じ数値で水準レベルに近付いた。しかし先週は土日で時計の出方が違った。
中間の雨のよって土曜日は重馬場で始まった。10R以降は稍重だが、馬場差は一定とした。脚抜きが良く、速い時計が出る状態。極端な前傾ラップこれは6R、先行した馬があまり強くないこれは12Rといったケースを除けば前残りが目立った。日曜日は朝から良馬場で行われた。1600mにして土曜日より1秒掛かる馬場。ほぼ2週目と同じレベル。逃げた馬の成績はあまり良くないが、好位にはつけていないと勝てなかった。


  タイム分析
 2009/05/09 (土)  芝=-0.7  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1600 カヤドーモトヒメ    牝3 未勝利・牝 1:35.3 -0.5 --- +0.1 --- C D --
5R T2000 ブレーブビスティー    牡3 未勝利 2:01.8 -0.4 --- -0.5 --- B C --
7R T1400 ストロングロビン    牡3 500万下 1:22.0 -0.4 --- +0.1 --- C D --
9R T1400 コアレスコジーン    セ6 高尾特別1000 1:21.4 -0.3 --- +0.2 --- C C --
11R T2000 ケイアイライジン    牡3 プリンシ 1:59.9 -0.6 --- +0.1 --- C C --
 2009/05/09 (土)  ダ=-1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ザドライブ    牡3 未勝利 1:25.8 -0.4 --- +0.9 --- E D --
2R D1600 レッドシャドウ    牡3 未勝利 1:37.9 -1.6 --- -0.1 --- C D --
6R D1600 フリソ    牡3 500万下 1:36.7 -1.9 --- -0.4 --- B C --
8R D1300 ヤマニンプロローグ    牝5 500万下 1:18.2 -0.3 --- +0.9 --- E C --
10R D2100 ピサノエミレーツ    牡4 丹沢SH1600 2:09.4 -1.0 --- +1.0 --- E D --
12R D1600 ワーキングウーマン    牝5 1000万下・牝 1:37.6 +0.4 --- +1.9 --- E D --

東京1R 3歳未勝利 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
東京5R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。直線に入って逃げていたメジログリースの外にウマザイル・ヒルトップシーン、そしてマツリダガッツ・ブレーブビスティーが上がって来た。勢いが目立つのは外の馬で、ブレーブビスティーが内の馬を交わして行き1着。マツリダガッツはブレーブビスティーに差を広げられながらも、内のヒルトップシーンには先着を果たしていた。
1着 ブレーブビスティー 
上位人気2頭マツリダガッツ・ヒルトップシーンも伸びたが、さらに外から力強く伸びて快勝した。レース上がり600m34秒5を自身推定上がり33秒7で差しきっているのですから文句なし。
先週少し触れたが矢作厩舎は新馬戦の時点ではビッシリ仕上げていない事が多い。4戦目で仕上がったという印象だが、ブレーブビスティーが0秒7差の7着だった前走、4月4日の阪神5Rジョウノワンダーが勝った未勝利戦は注目に値する。これで当時の2着・3着・4着・7着が勝ち上がった事になる。5着アルモンはその後芝1400mやダートに出走して勝っていないが、芝の中距離に戻して来たら注目。6着エーシンゴーシュアはその後出走していないが、これも復帰したら注目。
2着 マツリダガッツ 
もはやツいていないとしか言いようがない。この馬に芝で先着した馬はこれまで5頭居るが、その内4頭が500万下でも3着以内に入っている。内ピサノカルティエ・ブレイクナインは500万下ももう勝っている。逆に言うとマツリダガッツに芝で先着すると500万下でも通用しますので、ブレーブビスティーも昇級しても注目できるという事。
3着 ヒルトップシーン 
ヒルトップシーンにとっても相手が強かった。こちらもすぐに順番が回ってくるだろう。
東京6R 3歳500万下 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。逃げていたミスターレンチは直線に入って失速。替わってアークビスティーが上がって来るが、外から迫ってくるのはフリソ・ノアプレミアムら。そこからフリソが抜け出し、差を広げて1着。一方2番手は接戦となった。外のノアプレミアムが内のアークビスティーに並んで交わしかけたところ、アークビスティーも盛り返して来る。叩き合いはゴールまで続き、アークビスティーが先着した。
1着 フリソ 
前半800mが46秒4、後半800mが50秒3というかなりの前傾ラップだった。だからと言って追い込んで勝ったフリソを展開に恵まれたとして軽視する必要はない。
2着 アークビスティー 番組注目馬
やはり注目は2着アークビスティー。この馬前走タイムランクAのレース、昨年12月のレースだがこれを圧勝した。当時破った2着ヒゼンリバイバル・3着スギノブレイド・4着スマイルキングが既に勝ち上がっている様に、レベルの高い一戦だった。従ってアークビスティーが500万下で通用するのは当然と言えば当然だが、その昨年12月以来4ヶ月ぶりの出走で、超ハイペースの先行になった。5着ぐらいでもかなり評価できるが、3着ノアプレミアムに差さそうで差されないまま2着を確保しましたから、かなり価値があると思う。注目馬。
12着 ミスターレンチ 
逃げて12着まで沈んでしまったミスターレンチを穴馬候補として取り上げる。単純に1600mは長かったとも言えますので、距離短縮で注意が必要。
東京8R 4歳上500万下 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
3着 マルターズマゼル 
この組み合わせだと1番人気になるのは仕方なく、下級条件のダート短距離で差し一手の馬がかぶった人気というのはやっぱり本当に危ない。この馬着順は安定しているが、3着・4着が非常に多い。人気の時に軸として買うのではなく、人気が無いとき連の相手として買うべき馬だと思う。
東京10R 丹沢S タイムE
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
東京11R プリンシパルS 注目
直線に入ってオオトリオウジャが先頭に立ちかけるものの、やや一杯。その外からアントニオバローズ・ケイアイライジン・ヒカルマイステージ、内からヤマニンウイスカーが上がって来た。アントニオバローズが一旦は抜け出したが、その外に並んで来たケイアイライジンがゴール前で交わして1着。アントニオバローズも大外のヒカルマイステージには抜かせず2着は確保した。
1000m通過59秒9で後半1000mが60秒0というペース。
1着 ケイアイライジン 
スローの中をジョッキークラブTと弥生賞では不発の5着。そしてかなり速いペースになった若竹賞を勝っていた。速めのペースになったことも幸いしてきっちり差しきった。っと言っても展開に恵まれたという意味ではなく、この馬はスローペースからヨーイドンという競馬になると不発に終わりやすいという事。
2着 アントニオバローズ 
急仕上げの皐月賞とは体調が一変していた。今年のダービーは出走へのボーダーラインがすごく高くて、収得賞金2400万のアントニオバローズでさえ、ちょっと危ういという事でここに出走して来たが、そのためプリンシパルSにしてはメンバーが揃って、実際激しい内容になってレースレベルも低くはないが、激しい競馬をした後に中2週でダービーというのは難しいステップ。馬の能力がどうこうではなく、臨戦過程がどうかという事。
3着 ヒカルマイステージ 
今まで道悪でしか勝っていなかったが、良馬場でも切れる事を証明した。
5着 ヤマニンウイスカー 
正攻法で5着だった。この馬ちょっと立ち回りがうまいと言うか、内をうまく捌く事が多く逆に内で詰まる事も多かったが、その立ち回りのうまさで好走してきた馬。東京の力勝負になるとちょっとこの程度なのかなぁという印象。
12着 オオトリオウジャ 
デビューからの2連勝は超スローを後方待機から速い上がりで追い込むというモノだったが、今回は当時より3秒以上速い流れを先行した。その為末を失ったんだろうと思うが、これは良い経験になると思う。
東京12R 4歳上1000万下・牝 タイムE
基準より1秒9遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
矢作厩舎の関東遠征
先週矢作厩舎は東京に8頭、新潟に3頭出走させて、地元の京都は0頭だった。先週に関してはグランプリエンゼルがNHKマイルCに出走したので、それに合わせて東京に集めたという事情もあるはずだが、普段から関東への遠征が非常に多い厩舎。調教師が東京出身というのはさておき、馬の適正や相手関係を見てうまく狙ってくるという厩舎。余計な話だが、非常に想定がハッキリしない厩舎で、新聞屋は非常に困ることが多い。水曜の想定では新潟、木曜の朝の変更で東京になりました、そして夕方の確定メンバーを見たら京都に出ていたという事がよくある厩舎。そのぐらいギリギリまでレースを選んでいるので、特に下級条件の遠征馬には注目。先週の3歳未勝利戦は6頭遠征させて、1勝2着2回だった。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai