2009年2回東京4日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
2回東京1週目は雨の影響で時計が掛かっていた。特に初日は相当な道悪だったが、先週は土日とも乾いた馬場で行われた。
1週目は豪雨の影響を受けていましたから、それとは一変してパンパンの良馬場になった。で、速い時計が出る様になった。内を通った先行馬も残るが、外を通る差し馬も届くという不公平感のないコンディションだった。
1週目は雨の影響を受けた。初日から2日目前半は時間帯によって時計の出方は変化しているものの、簡潔に言えば脚抜きの良い馬場。しかし2日目後半は水準レベルに近付いて行った。そして先週は土日とも変動がなく安定していた。
白い砂がもうもうと舞い上がっていて、かなり乾いている状態だったが、馬場差はマイナスとなった。ハイペースのレースが多かったのが特徴で、強い馬が居るとそのまま好タイムになるが、メンバーが揃っていないレースだとみんなで一緒に止まってしまって平凡なタイムになっていた。タイムランクCがないというのが特徴。これは珍しい。


  タイム分析
 2009/05/03 (日)  芝=-0.8  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T2000 アオゾラペダル    牝3 未勝利・牝 2:02.4 +0.2 --- +0.3 --- C D
5R T1600 マイネルアウストロ    牡3 未勝利 1:35.0 -0.8 --- -0.2 --- C D
8R T1800 ロックバルーン    牡4 500万下 1:48.2 +0.5 --- +0.6 --- D E
9R T2400 シングライクバード    牝4 陣馬特H1000 2:25.2 -1.0 --- ±0 --- C B
11R T1800 ブロードストリート    牝3 スイート 1:48.2 +0.8 --- +0.5 --- D C
12R T1600 ムラマサノヨートー    牡5 1000万下 1:33.6 -0.6 --- ±0 --- C D
 2009/05/03 (日)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 サウロビスティー    牝3 未勝利 1:27.2 +1.0 --- +1.4 --- E D
2R D1600 レオパレード    牡3 未勝利 1:39.9 +0.4 --- +0.8 --- E D
6R D1300 ケイアイダイオウ    牡3 500万下 1:17.9 -1.0 --- -0.7 --- B B
7R D1600 グロリアスノア    牡3 500万下 1:37.4 -1.2 --- -0.8 --- A C
10R D1400 ウエスタンマックス    牡7 立夏S1600 1:24.0 +0.5 --- +0.9 --- E D
東京1R 3歳未勝利 タイムE
基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
東京2R 3歳未勝利 タイムE
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
東京6R 3歳500万下 タイムB
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。2枠モアザンスマートが先頭に立ち、直線に入った辺りは粘っていたが、同枠のケイアイダイオウがそれに並んで行く。さらにグリフィンゲートも接近。交わせる様に伸びたケイアイダイオウとグリフィンゲートがゴールまで叩き合っていた。外のグリフィンゲートが抜け出しかけたところ、内のケイアイダイオウが盛り返し、アタマ差で先着。やや離れた3番手にはトーセンピュリニーが粘り込んだ。
1着 ケイアイダイオウ 
これでダートは1着・2着・1着。そして2着はタイムランクBの500万条件で0秒1差ですから、順当勝ち。ただユニコーンSでは初距離となる点も含めてどうだろうか。夏になって1000万下のダート短距離に出走するとその時は斤量が54キロになる。そこで注目したい馬。
2着 グリフィンゲート 番組注目馬
3着に3馬身半差をつけた。メンバーランクをBとした様に粒揃いの組み合わせでこれなら次も上位争い濃厚。注目馬。
東京7R 3歳500万下 タイムA
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。このレース、逃げていたのはラブリイローズ続いてトサップだったが、直線に入りこれら2頭の間を割ってグロリアスノアが抜け出し、差を広げて行く。2番手にフェイマステイルが上がって来たがやや一杯。その外からティアップザスターが伸びて2着。3番手争いでは外のハリマノワタリドリがツクバタイヨウに競り勝っていた。
1着 グロリアスノア 
同じ東京ダート1600mの新馬戦を平凡な時計で勝ったグロリアスノアだが、休養明けの芝のオープン若葉S16着から一変した。矢作厩舎だが新馬戦でそんなにビッシリ仕上げて来ない厩舎ですから、遅い時計であっても新馬戦を勝っているというだけで注目に値する。成長したというよりも、仕上がってきたという感じなのだろう。ユニコーンSではどうかと思うが、それにしても今回2番人気というのには驚いた。
2着 ティアップザスター 
東京ダート1600mで1勝目を挙げていた馬。切れ味とか速い上がりが要求されるダートとしては特殊なコースなので、コース実績がある馬には注意が必要というのが、このレースの教訓だろう。
東京10R 立夏S タイムE
基準よりも0秒9遅い勝ちタイムだった。
東京11R スイートピーS 注目
タイムランクDだが、オークストライアルですから振れておく。まずメンバーランクをCとしたが、これは3歳のオープンとしてはCという意味で年によっては500万の様なレベルになってしまうスイートピーSとしては、かなりレベルの高い組み合わせだった。
好位で手応え良く進んでいる様に見えたルージュバンブーが直線半ばで手応えが一気に悪くなった。その内2頭分のところを通ってブロードストリート、そして外のサクラローズマリーの2頭に一気に交わされてしまう。2頭が抜け出して1・2着濃厚という体制になったところで、さらに後ろから伸びてくるのがニシノルーファスだが、間に合わず3着までだった。
この1・2着がオークスで通用するかどうかというのが問題だが、桜花賞で0秒4差の5着だったルージュバンブーを今回の1・2着はそれぞれ0秒6・0秒4離した。ただルージュバンブーはマリエンバード産駒によくあるが、良い脚が一瞬というタイプでして、東京コース向きではない。従って相手の強さに関係なく3着から5着が多いというタイプなので、単純な比較はできない。さらにこの1・2着2頭とも忘れな草賞・スイートピーS・オークスという臨戦過程になりますので、これはちょっと苦しいと思う。
3着 ニシノルーファス 番組注目馬
不器用だがバテることがない長距離型。是非オークスに出したかったという馬。逆に言うと器用さを要求されるコースだと仮に500万に出走しても全面的には信頼できないというタイプ。注目馬。

  馬券Summary
ダートのハイペースは能力差が出やすい
先週の東京ダートだが、後半が前半より1秒以上掛かるレースばかりだった。そしてタイムランクはAが2つ、Bが2つ、Cがなくて、Dが2つそしてEが5つもあった。ダートのハイペースになると、バテるのが普通。でもバテない馬が居ると好タイムになってバテる馬ばかりだと時計が掛かる。脚を余している馬がほとんど居ないレース展開ですから、先週の東京ダートのタイムランクの信頼度はかなり高いものになっていると思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai