2009年3回中京1日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともマイナス1秒8だった。開幕週という事もあって、芝が密に生えそろった絶好のコンディションだった。所謂見た目だけ良いという雰囲気ではなくて、芽つきもしっかりとした印象。また芝のレース数は多かったが、別段レースを消化するごとに痛んでいったという感じはなかった。脚質的には未勝利クラスこそ前残りが多かったが、それ以外のクラスは差し馬もちゃんと届いていましたから、開幕週しかも時計の出方が速かったにも関わらず行った行ったの競馬が少なかったのは大きな特徴。なお今週もう1週Aコースが使用されて、後半2週はBコース使用となる。
ダートの馬場差1700m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒6だった。土曜は2Rを除いて逃げ馬が勝利していたが、逆に日曜は逃げ馬が勝ったのは1鞍のみだった。土日で脚質傾向は大きく違った。


  タイム分析
 2009/05/23 (土)  芝=-1.8  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1800 タガノアルデバラン    牝3 未勝利・牝 1:48.5 -0.6 --- +1.0 --- E D
4R T1200 レッドハイヒール    牝3 未勝利 1:08.0 -1.8 --- -0.7 --- A D
5R T2000 スティアヘッド    牡3 未勝利 1:59.8 -2.2 --- -0.4 --- B D
6R T1200 アイディンパワー    牡3 500万下 1:08.2 -1.0 --- +0.1 --- C D
8R T2000 ポーラーライツ    牡4 小牧特H1000 1:59.7 -0.2 --- +0.6 --- D D
10R T1200 トレノジュビリー    牡6 テレビ愛 1:06.9 -0.7 --- +0.4 --- D D
12R T2000 ヒシクローザー    牡4 500万下 1:59.3 -1.3 --- +0.5 --- D D
 2009/05/23 (土)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 アイノタンゴ    牡3 未勝利 0:59.9 -0.2 --- +0.2 --- C D
2R D1700 アドマイヤインディ    牝3 未勝利・牝 1:47.7 +0.3 --- +0.9 --- E D
7R D1700 ワイルドアフリカ    牝4 500万下・牝 1:46.6 +0.7 --- +1.3 --- E D
9R D1700 ラヴェリータ    牝3 昇竜S 1:43.6 -2.0 --- -1.4 --- A C
11R D1700 シルクストリート    牡7 1000万下 1:45.5 +0.4 --- +1.0 --- E D
中京2R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
中京3R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
2着 ヤマニンライラ 
直線で前が壁になってしまって、勝ち馬とはその分の差もあると思う。走破時計は平凡だったが、次走も牝馬限定戦に出走なら有力候補だと思う。
中京4R 3歳未勝利 タイムA
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。最内枠から先頭に立ったレッドハイヒール、速いペースで逃げながらも直線で2番手にシゲルクラマヤマに並ばせることなく突き放していく。そのままリードを保って1着。シゲルクラマヤマの方がややスピードが鈍り、3番手に居たタマモリバーが交わして2着となった。
1着 レッドハイヒール 
逃げて快勝だった。この勝利でJRA通算700勝となった角田騎手の話では、追って味のある馬ではないので意識的に後ろ離していったという好判断が光った。加えて開幕週・最内枠という条件も揃っていたのも事実。ですから、昇級即通用するかとなると、ちょっと疑問な部分もある。
4着 エイシンダヴィンチ 番組注目馬
本馬場入場の段階からかなりうるさかった。しかも競馬に行くとスタートで後手を踏んでそれでも上がって行く脚は見所十分だった。南半球産で成長途上だが、所謂走る脚は持っている印象なので、競馬慣れが見込める次走は有力だと思う。注目馬。
中京5R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。速いペースで逃げていたゴールドキーパーが一杯。その外にマイネルリズム・ダークセクター・スティアヘッドが並んで行く。中でも外の2頭の争いからスティアヘッドが抜け出して1着。ゴールが近付き、外からタクティクスが伸びて内のダークセクターを交わして2着に上がった。
1着 スティアヘッド 
前走はじっくり構える競馬だったが、今回は早め進出で押し切った。1走毎のレース慣れは顕著。
5着 ローズリパブリック 
直線で狭いところに入って追い出しをちょっと待たされた。まともなら3着はあったかなという内容。
8着 マルブツジャンボ 
脚捌きが硬くて、出来が一息に映った。今回の走りがこの馬の実力ではないと思う。
中京7R 4歳上500万下・牝 タイムE
基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
2着 マチカネオイカゼ 
勝ち馬には突き放されたが、レース内容は安定している。次走も牝馬限定出走なら引き続き有力。
中京9R 昇竜S タイムA
基準より1秒4速い勝ちタイムだった。外枠からハナに立ったラヴェリータが直線に入っても先頭をキープ。早めに2番手へと上がってきたスタッドジェルランがラヴェリータに並んで行こうとするが、差は詰まらない。3番手にジョーメテオ、2番人気ドクターラオウは伸びが無く結果前に居た馬がそのままの順序で入線した。
1着 ラヴェリータ 
今回はおよそ2ヶ月の実戦だったが、気性の勝ったタイプだけに仕上がりは良かった。レースではスピードの違いでハナに立つと、その後は引っかかる事無くスムーズなレース運びだった。直線に向くとむしろ後続を突き放す様な感じでしたから、現状は溜めるよりも多少強引でもハナに行った方が持ち味を出せそうなタイプ。回転の早い走法は正にダート巧者のソレだと思う。
中京11R 4歳上1000万下 タイムE
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
開幕週で見えてきた馬場傾向
開幕週の芝と言えば、高速決着イコール前残りをイメージするかと思うが、今開催の開幕週は高速決着ではあったが先行有利ではなかった。中京開催がこのパターンで始まるときは2週目から急に先行有利の馬場なることはないですから、現段階で差し有利と決めつけるのは早計だがひとまず差しもきっちりと届く馬場だという傾向は頭に入れておきたい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai