2009年2回阪神4日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
1回開催は開催を通じて雨の影響を強く受け、時計の掛かるコンディションだった。この開催に入って1週目は水準レベル、先週は土曜日雨の影響で変動、日曜日は水準より若干掛かるコンディションだった。
その土曜日はBコースに変わって、最初の開催日という事で芝で最初に行われた5R時はマイナスの馬場差だった。しかし、雨が降る中レースは行われて行き、あとのレースになるほど時計が掛かっていた。レース毎にコンディションは変わって行ったので、変動にしている。各レースの完全タイム差・タイムランクを参照。この様に雨の影響を受けた事もあったのか、馬群の外めを回る馬の上位進出が目に付いた。
前開催後半、雨の影響により土日で時計の出方が違った。この開催に入って1週目は水準レベルで、土日とも同じ数値。先週はまたも雨の影響で変動となった。
まず土曜日、
午前中の馬場差:-0秒2
午後は雨の影響で脚抜きが良くなり、レース毎に時計は出やすくなった。一方日曜日は逆。
午前中の馬場差:-0秒7
午後はやや馬場が乾いて水準方向に近付いて行った。土日とも各レースの完全タイム差・タイムランクを参照。雨の影響もあったのだろうが、前めに位置し、内を回った馬の粘り込みが目立った。


  タイム分析
 2009/04/05 (日)  芝=+0.3  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1400 ベルフローラ    牝3 未勝利 1:23.0 ±0 --- -0.2 --- C C
6R T1600 イコピコ    牡3 500万下 1:37.4 +2.4 --- +1.5 --- SL D
8R T1400 ミゼリコルデ    牝4 千種川H1000 1:21.7 +0.2 --- ±0 --- C C
9R T1800 ブーケフレグランス    牝4 難波S1600 1:47.6 +1.7 --- +1.4 --- E D
10R T2000 ドリームジャーニー    牡5 産経大阪G2 1:59.7 +0.9 --- +0.2 --- C B
 2009/04/05 (日)  ダ=変動
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 キシュウグラシア    牝3 未勝利・牝 1:11.8 -1.5 --- -1.0 --- A D
2R D1800 ガリアーノ    牡3 未勝利・若 1:55.7 +1.0 --- +1.7 --- E E
3R D1400 ピュアシルヴァー    牡3 未勝利 1:25.5 -0.4 --- +0.1 --- C C
7R D1800 ショウサンウルル    牝3 500万下 1:53.4 -0.4 --- +0.1 --- C D
11R D1400 スマートブレード    牡8 1000万下 1:24.2 ±0 --- +0.2 --- C D
12R D1800 サンデーヒストリー    牡4 500万下 1:53.1 ±0 --- +0.3 --- C C

阪神1R 3歳未勝利・牝 タイムA
勝ったキシュウグラシアがAランクの対象。2着以下に1秒4以上の差をつけ、基準より1秒0速い勝ちタイムだった。スピードの違いで先頭に立ったキシュウグラシア、直線に入っても追われる事なく後続との差を広げて行く。2番手ブラストアート以下懸命に追われているのとは対照的に、キシュウグラシアは余裕の手応えで差を広げていく。6馬身・7馬身と広がっていき、ゴールでは9馬身差がついていた。
1着 キシュウグラシア 
メンバーにかなり恵まれたとは言え、おいでおいで大楽勝だった。確かに今回は逃げての圧勝だったが、差す競馬ができる事は前走から実証済み。昇級しても自在に立ち回って、上位候補。
阪神2R 3歳未勝利 タイムE
基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
阪神6R 3歳500万下 タイムSL
中盤がかなりゆったりしたペースで補正しきれず、スローの扱いとする。
阪神9R 難波S タイムE
基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
阪神10R 産経大阪杯 
4コーナーに入ったところ、注目のディープスカイは外を上がっていった。ヴィクトリーが離して逃げて、前半が1分丁度だった。その時点で2番手は約1秒の差があった。何かが仕掛けることなく、レースの本質としては上がりの瞬発力勝負。正攻法で望んだディープスカイも流石に動きづらく、結果的にはドリームジャーニーが満を持して引き金を引いたという形ではないだろうか。それでも一瞬は差し返す様な感触もあったダービー馬、攻められる様な内容ではない。
1着 ドリームジャーニー 
ディープスカイをバッチリマークできる位置取りから痛みの少ない馬場の外を回し、出し抜くと言ったら大げさだが、独特のピッチを効かせて早めに捕まえた。小回り向きの切れ味は流石だと思う。強い調教をこなしつつ、完成の域に入ってきた印象。金鯱賞から宝塚記念という事だが、もたれやすい左回りで同じ脚が使えるかが次走のポイント。
==池添騎手==
うまく乗れたと思う。アタマ・クビぐらい抜けたが、流石ダービー馬だけあって差し返して来たので一瞬また差し返されるんじゃないかなという風に思ったが、何とか凌いでくれた。折り合い付けて、それだけを考えてそしたらディープスカイが前に居たのでコレマークで行こうと思って乗った。ここ2走、勝ちという結果を残せなかったので、今日大きな勝ち鞍を上げることができて良かったと思う。
2着 ディープスカイ 
復帰戦としたら上々でしたし、もっと直線が長いコースで競ってこそ底力がモノを言うのではないかという事。今回はやや軽い競馬になった結果であり、特にアレコレと語る必要はないかなと思う。次走安田記念は実績のある舞台。
==四位騎手==
同じ休み明けだった神戸新聞杯の時とは比べものにならないくらいパワフルだった。それだけに何とかしたかったんですけど…。負けるとすればこういう形しかないと思っていた。勝った馬にうまく乗られてしまった。次走の安田記念までには時間があるので、しっかり立て直して巻き返したい。
3着 カワカミプリンセス 
スタートからじっくり脚を溜める姿勢で望み、ゴール寸前ではその通り鋭く3着に上がった。昨年の秋は目標にされて悔しい思いをしたといういきさつもあるでしょうし、東京マイルのG1を狙える立場でもある。しっかり見直しておきたい競馬だったと思う。
7着 マツリダゴッホ 
好位の内々から労せずして前が空き、一瞬は先頭だったが最後の急坂で失速した。切れ味の差だけでは片付けられない負け方。環境の変化なのか、速い追い切りが裏目と出たのか敗因は定かではないが、チグハグでストレスが大きかった有馬記念、これの影響と言うかソレを引きずってなければ良いなあという思い。
==武豊騎手==
掛かり気味でも十分にコントロールが効いていたし、凄く良い感じに進められた。内の方は確かに馬場が悪いけど、4コーナーではキレイに前が空きましたしね。そこから伸びなかった辺りは僕も今日が初めて乗っただけに、ちょっとよくわかりませんね。
阪神12R 4歳上500万下 注目
勝ったサンデーヒストリーを取り上げる。手応え良く内々の4番手を進んで来てさぁどこを割ろうかという体制で4コーナーを迎える。チラチラと外を見えていたが、結局は進路を見いだせずそのまま内へ突っ込む。バテた馬を1頭、また1頭と捌くのに骨を折って、馬体を接触したりもしていた。ただ、気を抜くタイプとしてはむしろこの様なタイトな競馬の方が集中して走れる利点もあると言える。最後は迫力勝ちという趣。4着以下は差が開いた。
1着 サンデーヒストリー 
3ヶ月ぶりの実戦だったが、好仕上がりだった。直線狭いところに入りかけ、ヒヤッとしたが前が開いてからは流石の伸び。追ってからの味があり、順調に使えればもっと出世しそう。

  馬券Summary
底を見せていない馬
この時期3歳未勝利戦では、あまりレース経験のない馬の新鮮さが変わる事がある。古馬の500万下より1000万下でも強い馬が勝ち上がっていて、キャリアの浅い馬でも能力上位なら休み明けでも通用するなと感じさせられた。ダートで取り上げた土曜11Rを勝ったデジタルキャッシュは昨年秋に2戦2勝で今回休み明け。日曜12Rを勝ったサンデーヒストリーも昨年秋にデビューして3着・1着・2着。そして今回は休み明けだった。3歳未勝利における初出走馬とは違って、既に実戦で能力も披露している訳ですから、取捨選択の判断もしやすいと言える。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai