2009年1回札幌6日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
前半4日間は全てマイナス1秒1の馬場差で安定していた。そして先週の芝の馬場差、2000m対象の数値は土曜日がマイナス1秒0、日曜日がマイナス0秒9だった。
先週水曜日と金曜日に少し雨が降ったが、その影響はほとんどなくて開幕当初と比べて若干時計が掛かっているが、相変わらず速い時計が出る状態で安定している。今年の札幌は芝のレース数が少ないので、開催が進んでも極端に時計が掛かる様にはならないだろう。1回札幌は12日目まで全てAコースが使用される。
前半4日間を振り返るとマイナス0秒8かマイナス0秒7の馬場差と、ほとんど変化はなく安定したコンディションだった。そして先週の馬場差1700m対象の数値は土曜日がマイナス0秒6、日曜日がマイナス0秒4だった。
ダートも雨の影響がなくて、2週目より少し時計が掛かる様になったが、それまでここまで6日間は開催を通じて安定している。


  タイム分析
 2009/07/05 (日)  芝=-0.9  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1200 キョウエイアシュラ    牡2 新馬 1:10.5 -0.8 --- -0.3 --- B C
5R T2000 トパンガ    牡3 未勝利 2:02.7 -0.6 --- -0.1 --- C B
9R T1200 グランプリエンゼル    牝3 函館スプG3 1:08.5 +0.1 --- +0.6 --- D D
11R T1200 ストラテジー    牝5 札幌スH1000 1:09.0 -0.4 --- +0.1 --- C D
12R T1200 プレンティフェスタ    牝4 500万下 1:09.3 -0.6 --- -0.1 --- C C
 2009/07/05 (日)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 シャルマンスタイル    牝3 未勝利・牝 1:47.5 +0.3 --- +0.7 --- D C
2R D1000 ナイアード    牝3 未勝利 1:00.0 ±0 --- +0.2 --- C E
3R D1700 トーホウアレス    牡3 未勝利 1:47.0 -0.2 --- -0.1 --- C C
6R D2400 ブルーベドウィン    牡4 500万下 2:37.0 +2.3 --- +2.3 --- E E
7R D1000 ストレートイン    牡3 500万下 0:59.3 ±0 --- +0.2 --- C B
8R D1700 メイショウタメトモ    牡4 北斗賞1000 1:45.7 +0.6 --- +1.0 --- E C
10R D1700 ヴェイルドクリス    牝4 500万下・牝 1:47.4 +1.5 --- +1.9 --- E D
札幌4R 2歳新馬 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。サダムシンプウが先頭、そしてスワットその内にシルクファルシオン、外にトップオブザヘヴンと続いて直線の争い。これら内目の馬の叩き合いでは、スワットが一旦は抜け出すが、ゴール前外からキョウエイアシュラが接近し、ゴール前で抜け出していた。
1着 キョウエイアシュラ 
矢作厩舎の所属。矢作厩舎の新馬勝ちはあまり多くないという事をこの番組で何回か言っているが、牡馬の新馬勝ちというのは特に少なくて、例えば今の3歳世代だと、ユニコーンS2着のグロリアスノアだけ。その他の世代でも新馬勝ちをする様な牡馬は最低でも3勝はする。そういう厩舎。
キョウエイアシュラはもたもたしていたと言うか、エンジンの掛かりが非常に遅かったが、最後の伸びが目立った。いかにも使って良化しそうなレース内容で、次走も注目。
札幌5R 3歳未勝利 注目
この時期の3歳未勝利戦でメンバーランクBというのは滅多につけないが、このレースは粒揃いだったと思う。落ち着いた流れで4コーナーでは馬群が密集している状態だった。好位の内に居たトパンガがうまく内を捌いて抜け出して来るが、スズカマグナムがちょっと行き場がなくて直線で大外まで行く羽目になってしまった。そこからよく伸びてくるが、2着までだった。
1着 トパンガ 
昨年夏の札幌でデビュー寸前まで行っていたが、どうにも調教時計が詰まってこないので、デビューを断念して1回放牧に出した。そして結局デビューは今年の3月までズレ込んでしまった。3月の内に3戦して2戦目はタイムランクAで0秒8差の4着。3戦目はタイムランクBで0秒2差の2着。勝つ寸前まで来ていたが、ココでも我慢してまた放牧。そして約3ヶ月空けてここまで待った。待った甲斐があって馬体が成長、と言ってもまだまだ成長途上でこれから強くなる馬。
2着 スズカマグナム 番組注目馬
道中トパンガのすぐ後ろに居て、そして4コーナー手前から前が詰まり気味で手綱を引っ張っていた。そして直線では大外まで出すことになった。トパンガが内を捌いて抜けてきたのに比べると、大分ロスがあって勝ったも同然と言って良い2着だった。今回も注目馬とする。注目馬。
札幌6R 3歳上500万下 タイムE
基準より2秒3遅い勝ちタイムだった。
札幌8R 北斗賞 タイムE
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
1着 メイショウタメトモ 
今年春の1000万下での2着・1着はどちらもタイムランクEだった。こちらはいつも通りに走っているだけで、昇級すると苦しいと思う。
2着 プラチナメーン 
初日の大通り特別、タイムランクBのレースでも2着だった。馬場差を考慮しても1秒3遅くなっているが、前半のペースが大通り特別よりも約2秒遅かった。ただ、ペースが遅かったと言ってもペース補正する程ではなかった。この2頭は前半のペースが速くても遅くても上がりは同じ程度というタイプの馬。前半のペースの違いがそのまま走破時計に現れたと考えられる。今回Eランクだからと言って評価を落とす必要はない。前回も言ったが、スンナリ行けるかどうかが重要。という事で注目馬とはしないが、繰り返しになるが評価を下げる必要もない。
3着 トーセンゴライアス 
初日の大通り特別、タイムランクBのレースでも3着だった。馬場差を考慮しても1秒4遅くなっているが、前半のペースが大通り特別よりも約2秒遅かった。ただ、ペースが遅かったと言ってもペース補正する程ではなかった。この2頭は前半のペースが速くても遅くても上がりは同じ程度というタイプの馬。前半のペースの違いがそのまま走破時計に現れたと考えられる。今回Eランクだからと言って評価を落とす必要はない。本質的にスタミナ型なので、小回りの1700mがベストという馬ではない。という事で注目馬とはしないが、繰り返しになるが評価を下げる必要もない。
札幌9R 函館SS 
シンボリウエストが先頭で4コーナーを回るが、エーシンエフダンズらが接近していた。シンボリウエストも粘っているが、その直後に居た3頭が伸びてくる。その中から抜け出して来るのがグランプリエンゼル。エーシンエフダンズがちょっと外へ動いてマヤノツルギの進路を妨害したという事だが、それは置いておいて、好スタートから少し下げていたタニノマティーニが最後に伸びて2着だった。
1着 グランプリエンゼル 
NHKマイルCの直後にこの後はスプリント路線で活躍しそうだという様な事を言った。そして先週の重賞展望では、51キロは有利なので、注目とした。その通りになったので特に感想はないという非常に嫌な言い方をしてしまうが、問題はこの先。夏の間に短距離重賞で3歳馬が活躍するのは主に斤量が極端に軽いから。秋になると実は3歳馬はあまり活躍しない。この後4歳以上の馬との斤量差が詰まってきた時に買えるかと言うとちょっとまだ半信半疑だと思う。
==熊沢騎手==
ポジションや道中の感じはイメージ通りだったが、抜け出す時の脚はこちらが思っていた以上に速かった。それだけ力をつけているんだろうね。高速決着だとどうかと思うから、ここの洋芝も合うんじゃないかな。抜け出してからはちょっと遊んだけど、馬も大人になっているし前回の内容からも1600mくらいまでなら融通が効きそう。これからが本当に楽しみです。
2着 タニノマティーニ 
昨年のキーンランドC1着以来の好走。これで札幌芝は4戦2勝2着1回。函館でも4勝していて、とにかく北海道は得意。もう9歳ですから連続での好走は難しいと思うが、キーンランドCでもコースは得意なので注意。
5着 アーバンストリート 
CBC賞に続いてまた上がり最速だが、届かなかった。勝ったシルクロードSの様ないわゆるズブズブの追い込み競馬にならないと、1200mの重賞では出番がないという事だと思う。
7着 マヤノツルギ 
不利がなくてもどうだったか?という印象だが、不利を受けた後はほとんど追っていない。従って着順や着差以上の評価は可能だが、不利があったから次走は注目という程ではないと思う。
札幌10R 3歳上500万下・牝 タイムE
基準より1秒9遅い勝ちタイムだった。
1着 ヴェイルドクリス 
4コーナー手前から直線にかけて外を回って、マクって先頭に立った後はその惰性の勢いのままゴールした様な勝ちっぷりだった。推定の上がり600mは36秒8。これは優秀だが、それ以上の性能の高さを見せている。レース全体のレベルはともかく、ヴェイルドクリスだけは別格だったという事。牡馬相手の1000万下でいきなり通用するかどうか疑問ではあるが、少しレベルが低い組み合わせなら1000万下でも見劣らないと思う。

  馬券Summary
ダート1000mで3歳馬が活躍
1回札幌は12日間にわたって第7Rに500万ダート1000mという条件が組まれているが、ここまで6日間の結果を見ると3歳馬が大活躍している。これまでに6鞍行われた訳だが、1着・2着の12頭中8頭が3歳馬だった。ダート1000m戦というのは勝負の大半がスタートダッシュで決まる。静止状態からのダッシュ比べでは、斤量が軽いというのは非常に効果がある。また今の時期の3歳馬はダート1000mが初めてというケースも少なくない。なぜかと言うと、ダート1000mの3歳500万下というのは今年で言うと5月31日に中京で1鞍行われただけだから。芝でもダートでも例えば1200mや1400mでスピードを見せていた3歳馬はその時は仮にバテていたとしてもダート1000mなら買える。しかも斤量が軽いという恩恵がある。ただし、このタイプが勝って1000万下に上がると今度は適したレースが非常に少ないというのは前回言った通り。初の1000mの時にピンポイントで馬券を仕留めたい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai