2009年2回京都5日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
この開催の1週目、そして先週は雨の影響を受けて大きく時計を要していた。2週目は雨の影響を受けなかったが、時計の出方は鈍かった。
金曜夜の雨の影響から、土曜は重馬場発表だった。開催が進んでインコースの荒れが顕著のようで、馬場の中から外を進出してくる馬の台頭が目立った。日曜は稍重スタートから後半に良馬場まで回復したが、数値は1日を通したもので、時計の出方は相変わらず水準よりもかなり鈍かった。最終週もCコースが使用される。
4Rまで:-1秒5
7R以降:-1秒1
1週目は雨の影響から水準よりもかなり時計の速いコンディション。逆に良馬場発表の2週目は時計を要したが、先週は再び雨の影響を受けて、時計の出方が早まった。
土曜は雨の影響が大きく、速い時計の出やすいコンディション。ただ、昼を挟んで午後は乾いてきており、4Rまでと7R以降の時計の出方が異なることから、変動とした。日曜はさらに乾いてきたが、それでも水準よりはかなり速かった。ただし日曜日も馬場発表が途中で変更されたが、こちらは1日を通した数値。なお、土日を通して逃げ・先行馬の前残りが多かった。


  タイム分析
 2009/02/14 (土)  芝=+2.2  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2200 フォゲッタブル    牡3 未勝利 2:17.7 +2.1 --- -0.6 --- B B
6R T1800 アドマイヤアゲイン    牡3 新馬 1:51.0 +2.0 --- -0.6 --- B C
9R T1200 スパラート    牡3 寒桜賞500 1:11.1 +1.7 --- +0.4 --- D D
10R T1400 スズカコーズウェイ    牡5 宇治川特1000 1:23.3 +2.0 --- +0.5 --- D D
 2009/02/14 (土)  ダ=変動
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 マイネスターライト    牝3 未勝利・牝 1:12.1 -0.9 --- +0.1 --- C D
2R D1800 ケージーサミット    牡3 未勝利 1:51.7 -2.6 --- -1.1 --- A D
3R D1400 シークロノス    牡3 未勝利 1:24.3 -1.6 --- -0.4 --- B C
4R D1900 アグネスヨジゲン    牡6 500万下 1:59.2 ±0 --- +1.6 --- E D
7R D1200 カラベルラティーナ    牝5 500万下 1:11.3 -0.6 --- +0.1 --- C D
11R D1800 ウォータクティクス    牡4 アルデバH 1:49.2 -1.0 --- +0.1 --- C C
12R D1400 フライデイフライト    牡5 1000万下 1:22.8 -1.0 --- -0.1 --- C D
京都2R 3歳未勝利 タイムA
基準より1秒1速い勝ちタイムだった。
今回は先手を取ったシルバーフィールド。道中軽快に逃げていたが、ただ1頭迫ってくるのがケージーサミット。直線半ばで並びかけ、交わして先頭に立って1着になる。とは言え、シルバーフィールドも粘っており、3番手に上がってきたオーサンルビーにゴール地点では5馬身の差をつけていた。
1着 ケージーサミット 
2走前にその後500万下をAランクで勝つシルバーキングに0秒1差の3着。能力上位だった。昇級しても通用するが、現状は脚抜きの良いダートがベストだと思う。
2着 シルバーフィールド 番組注目馬
逃げて2着のシルバーフィールドは、乾燥したダートでもケイアイゲンブのAランク勝ちにアタマ差の2着があり、馬場状態に関わらず次走は首位候補。注目馬。
京都3R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 シークロノス 
馬体は絞れていましたし、前走の1800mから1400mへと距離短縮がプラスとなった様。ただし、昇級して即通用するかとなると、疑問が残る。
2着 ニホンピロララバイ 
こちらを強調したい。前の馬が止まらない中クビ差までよく詰めていた。引き続きダート1400m出走なら次走も有望視できる。
京都5R 3歳未勝利 タイムB
逃げるアドマイヤメジャーの外にエアペイシェンス、そしてメイショウケンロク。内を突くのはキングウェールズ。これら4頭の中ではマクって来たメイショウケンロクの手応えが良いが、さらに外から伸びて来たのがフォゲッタブルだった。内の馬を交わして抜け出し、さらに差を広げて初勝利を挙げた。
フォゲッタブルの初戦はデルフォイの勝ったタイムランクBの新馬戦で5着だった。このデルフォイ組はと言うと、むしろ下位の着順の馬が勝ち上がっている。それだけ変わって来る素質を秘めた馬が揃っていたという事だが、かと言って上位入線馬が弱いかと言うと、それは決めつけられない。2着だったアドマイヤメジャーは今回は5着だったが、逃げて馬場の悪いところを走らされていましたし、2戦目に8着だったエアペイシェンスも今回は3着と巻き返している。3着のリリープレジャーを含めて見限るのは早計ですし、勝ったデルフォイの次走も注目。
1着 フォゲッタブル 
父ダンスインザダーク・母エアグルーヴの評判馬が2戦目で一変。馬場の外めを豪快に突き抜けた。馬体が8キロ絞れた事も大きいが、見た目の印象は初戦時のパドックと比較して、断然力強いさばき。調教の追い切りも迫力が出てきた様で、文字通り良化したと思う。メンバーランクBの一戦をタイムランクBでこの強い勝ち方。今後のレース次第では皐月賞はともかくとして、青葉賞からダービー辺りで頭角を現して来そうな感触がある。
京都6R 3歳新馬 タイムB
逃げていたゴッドフェニックスだが、直線半ばでやや一杯となる。その外からトランセンド、アドマイヤアゲインが併せる様に伸びて差を詰めてくる。2頭の叩き合いでは、トランセンドが半馬身ほどリードしていたが、アドマイヤアゲインがしぶとく伸びて1着。その後を追うようにプルシアンオリーブが3番手に上がってゴール。
1着 アドマイヤアゲイン 
時計が掛かる馬場にしては、上がりは速かったが、1着アドマイヤアゲイン・2着トランセンドはいずれもワイルドラッシュ産駒。芝よりもダートの適正が高い種牡馬だけにパンパン馬場の高速決着に対応できるかと言うと半信半疑な面がある。
2着 トランセンド 
時計が掛かる馬場にしては、上がりは速かったが、1着アドマイヤアゲイン・2着トランセンドはいずれもワイルドラッシュ産駒。芝よりもダートの適正が高い種牡馬だけにパンパン馬場の高速決着に対応できるかと言うと半信半疑な面がある。
3着 プルシアンオリーブ 番組注目馬
勝ち馬に次ぐ推定上がりで3着に肉薄したプルシアンオリーブ、父マンハッタンカフェ・半兄にブラックオリーブの血統から、こちらは速い馬場の適正が高く、注目したいと思っている。注目馬。
京都11R アルデバランS 注目
予想通りウォータクティクスが逃げて直線に入っても、先頭をキープしている。ただ、好位内目からカフェオリンポスが上がって、イブロンと共にウォータクティクスに並びかけようとする。ゼンノパルテノンは伸びを欠いて、内の3頭の争い。ウォータクティクスは外から来られてもう一踏ん張り。カフェオリンポスとほぼ同時の入線だったが、ハナ差で逃げ切っていた。
1着 ウォータクティクス 
ダートに転じてここまで4連勝。どこまで強いのか天井知らずのウォータクティクスが、カフェオリンポスにハナ差まで詰め寄られる辛勝だった。もちろん初めてのオープン相手で56キロを背負って、ハナでも凌いだのが素質と能力の高さだが、逆に考えれば準OPのパピオンシチー級を相手にした前走とはメンバーの骨っぽさが違ったという事だと思う。オープン特別は通過したとして、重賞となると現状ではどうだろうか。折り合って差す競馬を早く身につけたいと思う。
京都12R 4歳上1000万下 注目
離して逃げたネヴァシャトルが一杯になって、トウショウクエストとフライデイフライトの叩き合い。3番手からダノンジュピター、その外からテイエムフルパワーが伸びてくるが、ゴール前は2頭の争い。フライデイフライトが内のトウショウクエストを1馬身離して完勝のゴールだった。
1着 フライデイフライト 
'クラス2走目のフライデイフライトが早め進出からトウショウクエストをねじ伏せた。昇級初戦はセントラルココーストの4着だったが、このセントラルコースト組は2着のハイエモーション、3着ラインプレアー、4着フライデイフライトと全て次走で勝ち上がった事になる。さらに勝ったセントラルコーストは前々回も指摘したが、連闘で準OPを楽勝して根岸Sでも3着と、ハイレベルな1戦と記憶に止めておきたいと思いますし、キャリアがまだ8戦のフライデイフライトは、素質的に上のクラスでも楽しみ。血統と馬体の良さ、競馬を覚えてきた事などダートの短距離ならいきなり通用しても不思議はないと思う。'

  馬券Summary
関東・関西の逆転現象
この時期の東京は1開催しかない関係から、東京狙いの関西馬が数多く登場してくる。また、東京を1度使っておこうという3歳有力馬の遠征も多い。これらの関係と、第3場で小倉が開催されている事も加わって、どうも本場である京都開催でのメンバーランクが低くなりがち。ちなみに先週のメンバーランクBは土曜5R1鞍だけ。東京でメンバーランクBが3鞍あった事を考えると、京都は通常より低めと言って良いだろう。逆に考えれば、関東馬は東京で出走させるよりも、与しやすいということ。実際関東馬の上位入線が目に付いた。土曜4R2着のマルサライガー、そして7Rはカラベルラティーナ、マルターズマゼルのワンツー。9Rの寒桜賞はスパラートが勝ち、3着・4着・5着も関東馬。さらにアルデバランSは2着・3着・4着が関東馬だった。逆転現象もこの時期だからこそ、信憑性を帯びてくる。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai