2009年3回東京7日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
この開催に入って雨の影響を受ける日が多く、2週目以降は時計の掛かる馬場。特にダービーの行われた4日目、7R以降は馬場差を設定できないほどヒドい馬場となった。そして先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス0秒6。日曜日がマイナス0秒4。先週については雨の影響はなく、マイナスゾーンだったが連続開催の最終週とあって、高速馬場というレベルではなかった。
先週は今開催の初日以来の雨の影響を全く受けない週となった。土曜日は2回東京の後半や今開催の初日とほぼ同じ馬場差だったが、さらに使い込まれた日曜は土曜よりも若干ですが、時計を要する馬場となった。連続開催の8週目でしかも重馬場・不良馬場で2週開催した後ですから、内の方は芝が飛んで茶色く見えるが、そこを通ると全くダメという事ではない。外も伸びるが、内も粘るという公平な状態で、横一線に広がっての追い比べからゴール前では接戦となる見応えのあるレースが多かった。
この開催全てマイナスの馬場差。特に2週目・3週目は雨の影響で脚抜きが良くなったが、1日の中でも時間帯によって時計の出方が異なり、変動とする日が3回あった。そして先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともマイナス0秒7。こうして連続開催後半を振り返ると、1週目と4週目はほぼ同レベルの時計の出方だった事になる。
ダートも久々に雨の影響を全く受けない馬場コンディションで、今年春の東京開催における良馬場の際の標準的な馬場差となった。直線一気に近い追い込みも届いているが、だいたいペースや馬の力量によるもの。馬場状態が先行か差しどちらに有利だというものではない。1着・2着の先行と追い込みというケースもいくつかあった。


  タイム分析
 2009/06/13 (土)  芝=-0.6  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1800 マイネルアリオン    牡3 未勝利・若 1:48.9 ±0 --- ±0 --- C E
4R T2400 ロードアイアン    牡3 未勝利 2:29.7 +1.1 --- +0.9 --- SL E
6R T1600 メイショウコウセイ    牡3 500万下 1:34.6 -0.5 --- ±0 --- C C
8R T2400 ロードパンサー    牡3 くちなし500 2:27.9 +0.3 --- +0.3 --- C C
10R T2000 トランスワープ    牡4 稲村ヶ崎1000 1:59.1 -1.0 --- -0.4 --- B C
12R T1400 ヘヴンリークルーズ    牝4 1000万下 1:21.7 ±0 --- +0.4 --- D D
 2009/06/13 (土)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ビクトリアスバイオ    牝3 未勝利・牝 1:25.9 -0.3 --- +0.3 --- D D
2R D1300 シンクロナイザー    牡3 未勝利 1:19.0 -0.6 --- ±0 --- C C
5R D1600 シャルルマーニュ    牡3 500万下 1:36.6 -2.0 --- -1.3 --- A C
7R D1600 エイブルベガ    牡4 500万下 1:37.6 -0.4 --- +0.3 --- D C
11R D2100 マチカネニホンバレ    牡4 ブリリアH 2:09.9 +0.4 --- +0.6 --- D D
東京4R 3歳未勝利 タイムSL
特に中盤でペースが落ち、補正しきれずスローの扱いとする。
東京5R 3歳500万下 タイムA
基準より1秒3速い勝ちタイムだった。2番手から抜け出して行ったアローベアタキオンの内にサンライズスカイ、外にシャルルマーニュが並んで行き、シャルルマーニュが抜け出して行った。さらに後方追走から最内を突いたボンバルディエーレが伸び、アローベアタキオンらを交わし2番手に上がって入線。その後人気薄のウインペンタゴンが追い込んで3着となった。
1着 シャルルマーニュ 
残り300mぐらいまでずっと持ったままだった。満を持して追い出して、抜け出す楽勝だった。実は1勝目もほとんど同じ勝ちっぷりで、まだ全能力は発揮していない。となると昇級してもと言いたいところだが、2勝とも東京コース。父がフレンチデピュティとかクロフネ、母父がサンデーサイレンスという配合の馬多いが、この配合のダート向きに出た馬は東京得意と言うより東京専用という馬が少なくない。この馬もそのパターン…かもしれないので、昇級して他のコースで…という場合ちょっとおすすめできるかと言うとちょっと自信がない。
2着 ボンバルディエーレ 
こちらもクロフネ×サンデーサイレンス。こちらも1勝目新馬戦も東京ダート1600m。強い勝ちっぷりでタイムランクBだった馬ですから、500万下はいつでも勝てるはずなんだが、シャルルマーニュと同じ理由で東京以外ではどうかという不安が少しある。
東京10R 稲村ヶ崎特別 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。ジャングルテクノとスーパーキャノンが競り合って速いペース。直線は内から外に広がっての追い比べ。内を突いてギムレットアイ・外にマゼラン・ダイワオージー。しかしその間から3枠トランスワープが上がって抜け出して行き1着。そして大外のダイワオージーが2番手に上がって、3着も外のマゼランが内ラチ沿いのギムレットアイに先着していた。
スーパーキャノンとジャングルテクノが後続を引き離して、逃げ争いをした。東京の芝というのはペースが落ち着くのが普通ですから、こういうケースでは引っ張られて時計が速くなりがち。芝2000mでの完全タイム差マイナス0秒4というのはギリギリのBランクですから、過信禁物としたい。ただ、時計の価値とは別に注目は3着のマゼラン。
3着 マゼラン 番組注目馬
昨年の青葉賞以来1年1ヶ月ぶりの実戦だった。馬体重プラス22キロが全て太めという事はないが、追っての反応の鈍さがいかにも休み明けという感じだった。それでも外のダイワオージーと併せ馬になってから、何度かちょっと止まりかける様な仕草を見せながら、また伸びるというのを繰り返していた。今週からは500万下に出走できますからたぶん断然人気だろうが、勝機濃厚。今週阪神の香住特別に登録しているが、連闘で出走してきたら注目。注目馬。

  馬券Summary
第1レースの伊藤工真
昨年1勝に終わってしまって、同期の三浦騎手に大きく溝を空けられてしまったが、今年既に11勝。一方三浦騎手が32勝と昨年よりペースダウンしているが、それとは対照的に勝ち鞍を大きく伸ばしている。そして今年の11勝中4勝が第1レース。先週は土曜日が2着、日曜日が1着で、今年の第1レースの成績が32戦4勝2着6回となって連対率が3割を超えている。デビュー以来1度も1番人気に騎乗したことがなくてこの成績ですから、お買い得の騎手。特に第1レースでは注目。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai