2009年3回京都6日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
1週目は雨の影響を強く受けて、時計の掛かる馬場。2週目は一転して速い時計の出るコンディションになり、先週も雨の影響は残っていたものの、それほど時計は掛かっていなかった。
先週木曜日にかなり雨が降った影響が残って、土曜日芝では7Rまで稍重だった。と言っても2週目より少し時計が掛かるという程度。10R以降は良馬場となったが、馬場差は1日を通じて一定と判断した。少し外が伸びる様になったという印象。日曜日は完全な良馬場だったが、馬場を使い込んだ分と相殺されたのか、土曜日と同じ馬場差だった。外差し馬場という程ではないが、5Rの様なスローペースにならなければ、差し馬がよく台頭していた。京都は最終週の今週も引き続きDコースが使用される。
1週目は雨の影響で脚抜きが良く、速い時計の出る馬場だったが、2週目以降は5日目を除けばマイナス0秒8の馬場差で安定している。
木曜の雨の影響で土曜日は終日稍重だった。脚抜きが良く、速い時計が出るコンディション。基本的に前残りだが、差し馬も結構上位に来ていた。脚抜きが良ければ必ず前残りという法則はありません。日曜日は完全に乾いて良馬場となって、馬場差は2週目と同じになった。逃げた馬が3着以内に残るのは普通で、人気の先行馬が順当に来るケースが目立った。


  タイム分析
 2009/05/10 (日)  芝=-0.7  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1400 グッドルッキング    牝3 未勝利・牝 1:22.5 ±0 --- +0.5 --- D D --
5R T2000 ナイトフッド    牡3 未勝利 2:02.4 +0.4 --- +0.3 --- C C --
6R T1600 オールターゲット    牡3 未勝利 1:35.7 +0.4 --- +1.0 --- E C --
8R T1800 シゲルキリガミネ    牝3 矢車賞500 1:47.3 -0.5 --- -0.3 --- C C --
9R T2400 エーシンジーライン    牡4 白川特別1000 2:25.9 -0.2 --- +0.3 --- C C --
10R T1600 ライブコンサート    セ5 都大路SH 1:33.0 +0.3 --- +0.9 --- E C --
 2009/05/10 (日)  ダ=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 テイエムリュウジン    牡3 未勝利 1:54.7 +0.6 --- +0.5 --- D D --
2R D1400 ナムラタイタン    牡3 未勝利 1:24.9 -0.8 --- -0.2 --- C D --
7R D1200 ピサノアラシ    牡3 500万下 1:11.9 -0.2 --- +0.3 --- D C --
11R D1200 スリーサンビーム    牡4 1000万下 1:10.8 -0.5 --- ±0 --- C D --
12R D1900 トーセンモナーク    牡4 500万下 1:58.0 -1.2 --- -0.7 --- B C --

京都6R 3歳未勝利 タイムE
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
京都10R 都大路S タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
京都11R 4歳上1000万下 注目
2着オオヒメについて。
2着 オオヒメ 
阪神で3・4着だったが、その前は京都で2着・2着だった。要するに直線に急な坂がなければ着順が上がる馬ですから、今後も平坦コースなら買い。阪神や中山では軽視という扱いで良いと思う。
京都12R 4歳上500万下 タイムB
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。中央初出走となったトーセンモナークが先頭に立って直線に入ってもリードを保っている。後続は懸命に追われているが、なかなか差は縮まって来ない。2番手のパレスミサイルがゴール前差を詰めては来たが、トーセンモナークは並ばせることなく余力を残して1着。2着パレスミサイルと3着サクラシザーズは8馬身の差があり、バラけての入線となった。
1着 トーセンモナーク 
元々中央デビューの予定だったが、デビュー前に骨折してしまって結局秋まで復帰できず、一旦登録は抹消して浦和で2連勝しての再登録となった。500万下では能力が違うという勝ちっぷりで早めにゴール前流してしまったのでBランクに止まったが、まだまだ時計は詰まる。昇級しても上位候補と言うより連勝濃厚ではないかと思う。芝でも大丈夫そう。
2着 パレスミサイル 番組注目馬
3コーナーですぐ前の馬が故障して転倒してしまって、それを避ける動作をしてちょっと気合いを入れ直す動作があってロスがあった。それでも最後は差を詰めてきたと言っても、トーセンモナークが流していたからなんだが、3着には8馬身差をつけた。先行できず不発という事もたまにある馬だが、能力自体はいつでも500万下は勝てるというレベル。注目馬。

  馬券Summary
復活か確率変動か
一昨年17勝、昨年14勝だった熊沢騎手が先週も京都で2勝追加して、今年既に17勝。平地が10勝障害7勝で障害リーディングは現在トップ。そして平地10勝中6勝は2桁人気で全て単勝30倍以上。とにかく凄いことになっているが、これが復活なのか一時的な確率変動なのかという事だが、『復活』だと判断している。サンデーサイレンスの全盛期はフワッと折り合いをつけて、瞬発力を引き出すタイプの騎手が大活躍していたが、サンデーサイレンスの直仔がほとんど居なくなって、腕力で馬を動かすタイプすなわち熊沢騎手の様なタイプが復権していると感じている。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai