2009年1回札幌7日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
さかのぼって4週間の馬場差、ここまで同じAコースで行われて来たが、大きな変化はない。そして先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にマイナス0秒8だった。なお1回札幌は6週12日間の開催で、このままAコースが使用される。
金曜日にかなり多量の雨が降った影響が残って、土曜日は3週目より少し時計が掛かる馬場だった。日曜は雨の影響は抜けたが、今度は使い込まれた分時計が掛かる様になって結果的に土曜と日曜は同じ馬場差となった。芝のレース数が例年より少ない事もあって、開幕してからAコース連続使用で4週経っても極端に時計が掛かるようにはなっていない。ただし、徐々には掛かってきた。
さかのぼって8日間の馬場差、3週目終了までは大きな変化はなかった。ただ、先週の馬場差1700m対象の数値は土曜日がマイナス1秒7、日曜日がマイナス0秒8。土曜日は雨の影響で脚抜きが良くなった。
金曜日に大量の雨が降ったので、その影響で土曜日は終日重馬場だった。今開催初めて良馬場ではなくなって、一気に高速化。日曜日は3Rまで稍重、5R以降は良馬場だったが馬場差は1日を通した数値で前半2週のレベルに戻った。


  タイム分析
 2009/07/11 (土)  芝=-0.8  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 クロガネ    牡2 未勝利 1:10.9 -0.2 --- +0.3 --- D C --
4R T1200 ノーワンエルス    牡2 新馬 1:10.5 -0.8 --- -0.3 --- B C --
6R T2000 テーオージュピター    牡3 未勝利 2:03.1 -0.2 --- ±0 --- C B --
8R T2600 テーオーストーム    牡3 富良野特500 2:42.9 +0.4 --- +0.8 --- D B --
11R T1500 メジロチャンプ    牡3 サロベツ1000 1:28.7 -0.3 --- +0.3 --- D C --
 2009/07/11 (土)  ダ=-1.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1000 オンザスローン    牝3 未勝利 0:59.4 -0.6 --- +0.4 --- D D --
3R D1700 ヤラマイカ    牡3 未勝利 1:45.9 -1.3 --- +0.4 --- D C --
5R D1000 エレガントスピーチ    牝3 未勝利 0:58.9 -1.1 --- -0.1 --- C D --
7R D1000 クリノビリオネア    牝3 500万下 0:58.4 -0.9 --- +0.1 --- C C --
9R D1700 チュニジアンブルー    牡3 オーロラ1000 1:44.0 -1.1 --- +0.6 --- D C --
10R D1700 スノーマジック    牝3 500万下・牝 1:44.5 -1.4 --- +0.3 --- C B --
12R D1700 エーシンモアオバー    牡3 500万下 1:43.9 -2.0 --- -0.3 --- C C --

札幌4R 2歳新馬 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。クリノキングビートが逃げ、2番手にタイキブルースで直線に入って行った。その後に居たノーワンエルスが外から先行馬を交わして行く。一方内目を進んだジョーヴァリアントが先行2頭の間を割って伸びてくるが、ノーワンエルスが勢いで勝って1着。やや離れてジョーヴァリアント、タイキブルースと続いた。
ギリギリのBランク。ちょっと勝ち馬も2着以下も特に強調は出来ない。
札幌6R 3歳未勝利 注目
勝ったテーオージュピターを取り上げる。
1着 テーオージュピター 
好位から外を回って直線入り口で先頭という横綱相撲。しかもこのレース、上がりが12秒3-12秒0-11秒8とどんどん速くなっている。そのため2着馬が5馬身も千切られたのだと言えるが、それだけテーオージュピターには余力があった。前走見て注目馬としていたが、この後昇級しても上位候補とできる。
札幌8R 富良野特別 注目
勝ったテーオーストームを取り上げる。
1着 テーオーストーム 
内を通っていたとは言っても、ペースが速くなった3・4コーナーでも抜群の手応え。昨年12月以来ながら楽勝だった。半兄オーロマイスターはゴールドアリュール産駒らしく、ダートに変わって連勝中だがこちらは父がマンハッタンカフェ。マンハッタンカフェ産駒には短距離馬も多いが、父と同じように3歳夏に芝2600mで本領発揮という印象。上でも通用すると思う。

  馬券Summary
再戦模様だったが…
土曜の9R、3歳以上1000万下のオーロラ特別は11頭立てで、そのうち7頭の前走が今開催3日目の層雲峡特別だった。1番人気は層雲峡特別2着のタガノショータイムだったが、今回は4着。勝ったのは層雲峡特別8着だったチュニジアンブルー、3着は層雲峡特別4着のマルサンテクニカル、そして2着は層雲峡特別と同じ日にタガノショータイムより0秒9も遅い時計で500万下を勝ったトウカイプライムだった。層雲峡特別はハンデ戦、そして先週のオーロラ特別は定量戦だが、タガノショータイムは2キロ増、そしてマルサンテクニカルは4キロ増、マルサンテクニカルの方が重くなっている訳ですから、これら2頭の着順が斤量の影響で入れ替わったとは言えない。札幌競馬はちょっと再戦模様となる場合が多いが、結果も再戦模様とならない事が少なからずある。他にも例はあるが今回良いサンプルだったので、取り上げた。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai