2009年3回京都4日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
京都も開幕週は雨の影響で相当に時計の掛かる馬場。時間帯によっても馬場差は異なり、変動としている。しかし先週は一転して速い時計の出るコンディションだった。
豪雨の影響を受けた1週目とは違ってパンパンの良馬場。速い時計が出る様になった。内と外に馬場状態の違いはない。という事は外を回るとただの距離損という事になる。結果的に内を通る馬の方が優勢だった。
開幕週は雨の影響で脚抜きの良い馬場。時間帯によって馬場差は異なるので変動としている。先週は乾いた馬場だったが、まずまず速い時計の出る馬場コンディションだった。
同じ良馬場でも1月の1回開催とは大分違って、速い時計が出ていた。基本は先行有利だが、ペースが上がれば差し馬も届くという健全なコンディション。


  タイム分析
 2009/05/03 (日)  芝=-0.9  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T2000 フロムジオリエント    牡3 未勝利 2:02.2 +0.2 --- +0.3 --- C D
4R T1600 ハギノトラスト    牝3 未勝利 1:34.7 -0.6 --- +0.1 --- C C
6R T1800 スリーロールス    牡3 500万下 1:47.1 -0.7 --- -0.8 --- B C
7R T1400 クレバーデューク    牡5 500万下 1:21.5 -0.3 --- +0.3 --- D D
8R T1800 ザサンデーフサイチ    牡5 紫野特別1000 1:47.2 +0.5 --- +0.5 --- D C
10R T3200 マイネルキッツ    牡6 天皇賞春G1 3:14.4 -1.8 --- -0.8 --- B C
12R T1200 スワン    牝4 鷹ケ峰特1000 1:08.6 -0.1 --- +0.4 --- D D
 2009/05/03 (日)  ダ=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ピサノルビー    牝3 未勝利・牝 1:54.1 ±0 --- +0.3 --- C D
2R D1200 ピサノプレミアム    牡3 未勝利 1:12.6 -0.2 --- +0.3 --- D C
5R D1400 ドクターラオウ    牡3 500万下 1:24.3 -0.6 --- ±0 --- C C
9R D1800 キングスエンブレム    牡4 上賀茂S1600 1:50.5 -0.5 --- -0.3 --- C C
11R D1800 シルクメビウス    牡3 端午S 1:51.1 -1.2 --- -0.4 --- B D
京都6R 3歳500万下 タイムB
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。直線2番手に居たテンシノマズルが先頭を伺うが、その外にスリーロールスが接近。抜け出し、差を広げていく。その後を追うように押し上げ、2番手に上がってきたナリタクリスタルは差を詰める事ができない。スリーロールスは2馬身半差の勝利。ナリタクリスタルも後続に2馬身以上の差をつけてのゴールとなった。
1着 スリーロールス 
ペース補正がマイナス0秒9というスローペース。これを好位から抜け出したモノだが、ラスト10秒9-11秒5というラップで2馬身半も離しているのですから立派。前走のはなみずき賞2着がタイムランクBの0秒2差でしたから、順当勝ち。そして2走前だが、毎日杯で8着だったが毎日杯出走馬のその後の成績はかなり優秀ですので、注目が必要。今回の3着トップゾーンは毎日杯11着・はなみずき賞3着だった。
2着 ナリタクリスタル 番組注目馬
毎日杯組み2頭の間に挟まったという感じで2着に入ったナリタクリスタルだが、こちらはアザレア賞の3着馬。このアザレア賞の上位馬の次走成績が優秀でして、今回の5着同着となっているジャコスキーはアザレア賞4着だった。つまりレベルが高かったレースの出身馬が今回も上位を占めている訳ですから、4着ファミリズム、そしてもう1頭の5着のマイベストソングも次走も注目。注目馬。
京都10R 天皇賞・春 タイムB
坂の下りから4コーナー、アサクサキングスや上位人気馬が外から押し上げて行った。アサクサキングスの内にマイネルキッツが居て、その直後にアルナスラインが居たがそのアルナスラインがアサクサキングスの外まで行く。直線に入ってアサクサキングスを交わしてもう勝ったぞという感じだが、内からスルスルっとマイネルキッツが抜けて来ていて、それに気づいたのかどうか、馬体を併せに内へ馬(アルナスライン)を寄せて行く。一応ゴール前で叩き合いの形になるが、半馬身ぐらの差が詰まらないままゴールに来てしまった。日経賞の1・2着が逆になってしまった。
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。
1着 マイネルキッツ 
昨年の新潟記念だが、先行馬がみんな止まってしまう厳しい流れで好位から2着に粘った事があったが、その時に所謂消耗戦に強いという印象はあったが、今回3200mであまり流れが緩まなかったので、持てるスタミナがフルに発揮されたという感じ。
==松岡騎手==
前回アルナスラインに負けたので、今日は負けたくなかったので良かった。いつも3・4コーナーで渋くなるので、早めに動いていこうと思っていた。直線の手応えは本当に良かったので、もしかしたら勝てると思った。Jpnしか勝った事がなかったのでG1を勝ててうれしい。今日は本当に勝つことができて良かったと思う、本命党のみなさんごめんなさい。
2着 アルナスライン 
かなり大型であまり器用ではない馬ですから、京都の外回りは得意。あまり向いていないはずの中山の内回り日経賞を勝っていたので、かなり力をつけて体調が良くなっていると判断したが、日経賞ではこちらが内・マイネルキッツは外を通ったが、今回それが逆になった分それが逆転されてしまった。残念だった。
==蛯名騎手==
良い位置で流れに乗れたし、4コーナーでもスムーズに前が開いて出てこられたから何とかなると思ったんですけどね。着差が着差だけに悔しいけど、この競馬で負けたんだから仕方がないですね。
3着 ドリームジャーニー 
距離は問題ないだろうと思っていたが、とにかく小さな馬ですから58キロ背負った時に今までほとんど動けていなかったので、58キロがどうかなと思ったらこなして伸びてきた。一般的にステイゴールド産駒って斤量が堪える馬が多いが、先週のアルコセニョーラと良いこなす例が増えてきた。
4着 サンライズマックス 
やはり58キロがどうかなぁと思っていたら一緒に伸びてきたので、ちょっとステイゴールド産駒に対する認識をちょっと変えなければならない状態になってしまった。
9着 アサクサキングス 
馬場差とかペーストか一切無視するが、昨年が3分15秒5で今年3分15秒3。かなり乱暴な事を言うと去年と同じぐらい走ってこの着順になってしまった。ひょっとすると実は今年よりも去年の方がレベルが低かったんじゃないかという結果になってしまった。
==四位騎手==
道中はこの馬のリズムで運べていたけど、4コーナーで1・2着馬とは手応えが違いすぎた。ハッキリとした事は言えないし、それだけとも思えないけど、メンバーを見ても昨年と比べて今年の方が楽になっていると思っただけに前走であの泥んこ馬場で走ったのがちょっとは影響しているのかも。
12着 モンテクリスエス 
これもアルナスラインと同じで大型で京都外回りは合うと思っていたが、合わなかった。正直よくわからないが、武豊騎手は下り坂が苦手なのかもしれないというコメントを出しているが、そうなのかもしれない。敗因はわからない。
14着 スクリーンヒーロー 
これはやっぱり3000mを超える距離という馬ではないと思う。
京都11R 端午S タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。道中でマクって行ったジョーメテオが先頭で踏ん張っている。一方メジロチャンプは勢いがなくなり、替わってシルクメビウスが浮上。ジョーメテオを交わしていく。さらに後方に居たアドマイヤシャトルが外から追い込んで、この馬もジョーメテオを交わし、シルクメビウスに迫って2着となった。
1着 シルクメビウス 
流れはあまり遅くなかったが、シルクメビウスはちょっと行きたがっていた。それでも直線力強く伸びて快勝だった。これで2月1日の京都6Rの2着カネトシコウショウ・そして3着のこの馬がオープン戦を勝ったことになる。先ほどの繰り返しだが…。という事は当時の1着シルバーキングの復帰戦はかなり楽しみという事になる。
2着 アドマイヤシャトル 番組注目馬
これでダートは4戦連続で上がり36秒台。ユニコーンS・東京1600mはちょっと速い上がりを出せる馬が合うレースなので、出走できる様なら面白い。注目馬。
3着 ジョーメテオ 
向正面で一気に先頭に立って粘った。今回は馬とケンカしないように思いきって行かせるという厩舎コメントが出ていたが、その通りの思いきった競馬でうまく行った。乗り方が難しいのは確かですから、次も同じように好走できるかとなると疑問。
5着 ナサニエル 
前回よりもペースが速くて行けなかったという感じだが、意図的に抑えたという面もある様。いずれにしてもあの位置から差しきれるほど速い上がりを出せるタイプではない。前に行った方が良いと思う。

  馬券Summary
ゴールデンウィークにつき…
ただでさえゴールデンウィークで高速道路が混む様に、今年は一部を除いて高速料金が1000円均一。競走馬の輸送に支障が出ることが予想されていた。出走レースが限られる上級条件の馬とか3歳500万クラスの馬は、出走する週を選んでもいられないが、下級条件の未勝利戦とか古馬の500万、これはちょっと同じ様な番組が毎週の様にありますので、渋滞に巻き込まれるくらいなら翌週でも良いやという事がある。という事で先週の特に土曜日の下級条件は出走馬のレベルが低くなっていたと思う。例えば土曜の京都4R、前走着順の最高が4着という組み合わせ。5Rは16頭中13頭が前走2桁着順。6Rは14頭中11頭が前走8着以下。12Rは前走1着から3着だった馬が1頭も居ないという組み合わせだった。その辺りはちゃんとメンバーランクに反映しているので、わざわざ言う事でもないがランクの低いレースが並んでいるのは偶然ではないという事。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai