2009年2回中京5日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
初日・2日目、そして変動扱いの4日目は雨の影響で時計が掛かった。それに対し、3日目・5日目はほぼ水準。6日目つまり先週の日曜日は土曜よりはやや時計が掛かった。
日曜9Rの様に外を通った2頭で決着を見るレースもあったが、内を通った馬がダメだった訳ではない。その典型例が日曜11R・高松宮記念。ちなみにこれら2鞍というのは、どちらも1200m戦で前半600mは1000万下の9Rの方が0秒2速かった。結局9Rはそれだけペースが速かったから、内の先行馬は厳しかったと推測できる。
雨の影響で脚抜きの良かったのは、初日と4日目。それ以外は水準前後で大きな差はない。特に2日目については重馬場発表ながら、高速馬場ではなかった点に注意。
目立った傾向はないが、小回りとは言え、差し馬も届く傾向にあった。


  タイム分析
 2009/03/28 (土)  芝=+0.1  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1200 レッドアイ    牡3 未勝利 1:10.2 +0.3 --- +0.2 --- C D
5R T1800 セトノオレンジ    牝3 未勝利 1:51.5 +2.3 --- +1.4 --- SL D
10R T2000 マイネルクラリティ    牡3 フリージ500 2:00.5 -0.7 --- -0.8 --- B C
11R T2500 オープンセサミ    牡6 恋路ケH1000 2:34.6 +1.1 --- +1.0 --- E D
12R T1200 テイエムカゲムシャ    牡5 刈谷特別500 1:09.3 +0.2 --- +0.1 --- C C
 2009/03/28 (土)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 パープルスター    牝3 未勝利・牝 1:48.2 +0.7 --- +0.7 --- D E
2R D1000 ワイドヒリュウ    牡3 未勝利 0:59.9 -0.3 --- -0.3 --- B D
3R D1700 ナムラブレット    牡3 未勝利 1:46.8 -0.7 --- -0.7 --- B D
6R D1700 ロッソトウショウ    牝4 500万下・牝 1:47.0 +1.1 --- +1.1 --- E D
7R D1000 エーシンエスヴィー    牡5 500万下 0:59.9 +0.6 --- +0.6 --- D C
8R D2300 ウォーターボーイズ    セ4 500万下 2:28.2 +0.6 --- +0.6 --- D C
9R D1700 ケイアイコンセプト    牡4 500万下 1:46.5 +0.6 --- +0.6 --- D C

中京2R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
中京3R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。内から逃げたトーホウライダーにプロヴィデンス、さらにナムラブレットが接近。特に外のナムラブレットの勢いは目立ち、直線ではトーホウライダーを交わして先頭に立って行く。トーホウライダーも粘っているが、2馬身半差をつけ後続はさらにバラけて行く。トーホウライダーと3着プロヴィデンスの差は7馬身あった。
1着 ナムラブレット 
Aランク一歩手前のBランクだった。連闘でも馬体を維持し、大きな上積みを見せた。
2着 トーホウライダー 
暮れの新馬戦が離れた4着で、ここはやや間隔が開いての2走目。最内枠から積極的な競馬をした。小回りコースなら先行力を活かせそう。
中京5R 3歳未勝利 タイムSL
スローの扱いとなる。
中京6R 4歳上500万下・牝 タイムE
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
中京10R フリージア賞 タイムB
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。逃げていたマイネルクラリティに後方からマクって、カルカソンヌが接近。その間にケイアイドウソジン、ダノンヒデキが居て直線の争い。マイネルクラリティとカルカソンヌ、離れていた馬体が接近しての叩き合いになり、カルカソンヌが並んで来るとマイネルクラリティがもう一伸びして抜かせなかった。
1着 マイネルクラリティ 
芝中距離で堅実ですし、中京の芝2000mではこれで2戦2勝。前めでスムーズにレースを進められれば、なかなか抜かせないしぶとさがある。
2着 カルカソンヌ 番組注目馬
同タイムアタマ差2着。追い上げてくる脚は目立った。ロングスパートで流石にラストは相手のしぶとさに屈したが、前走で減っていた体が回復し、力を発揮。引き続き自己条件出走なら上位候補。注目馬。
中京11R 恋路ケ浜特別 タイムE
基準より1秒0遅い勝ちタイム。
前半バージンフォレストが飛ばして11秒台のラップが続いたが、後続はそこまでキツいペースでは進んではいなかった。その後中盤、スローダウンして13秒台。そしてラスト800mは全て12秒台。上位人気の追い込み馬は流れに対応しきれなかった感もある。それでもピエナグッドラックは追い上げて4着。1番人気で9着のテンシノゴールドは、過去中京の芝で2勝しているものの、今は阪神外回りのようなコースの方が力を出せそう。2頭とも今回の敗戦では評価を下げられない。
中京12R 刈谷特別 注目
勝ったテイエムカゲムシャを取り上げる。
1着 テイエムカゲムシャ 
前3走2着が続いていたが、今回は好位から余裕十分の手応えで抜け出した。2着から1着と言うと順当に良化したという事になるのかもしれないが、見違える勝ちっぷり。1000万下で不振が続いていた時期がありましたから、昇級即通用とは言い切れないが、以前とは違った走りを見せるかもしれない。

  馬券Summary
良化度を数値化
ダートのタイムランク上位を取り上げた土曜3Rのナムラブレットは中京ダート1700m戦で連闘した。前走の時計と比較すれば、実は0秒1しか速くなっていないが、前走時の馬場差はマイナス1秒4、今回はプラスマイナスゼロですから、馬場コンディションを踏まえるとわずか中5日で1秒5時計を詰めた事になる。同じコース・距離だけに比較しやすい。芝で取り上げたテイエムカゲムシャも中5日の連闘だった。この馬の場合馬場差を踏まえれば、前走2着時と時計自体はほぼ同じ。しかし今回は余力十分の勝利だった。それだけ今回はコンディションが良かったとも、相手のレベルが前走時より低かったとも考えられる。従って、昇級即上位候補に上げなかったが吹っ切れた走りが気になって、取り上げた。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai